2023.11.16

絵画を高価で売るための方法を知ろう

Category

絵画

Tags

「この絵 売ろうかしら」
絵画を手放す理由は多岐にわたります。

最初は気に入って購入したけれど、もう飽きちゃった。
新しいお家に引っ越したら飾る場所がなくなった。

祖父母からもらった絵画を飾ってみたら雰囲気に合わなかった。
遺品整理をした中に絵画があった。

絵画が不要になったからといって、すぐに捨てるのは注意が必要です。
なぜなら、絵画には価値がある可能性があるからです。

まずは、その絵画の価値を把握することから始めましょう。
絵画を高価で売るためには、いくつかの重要なポイントがあります。

☑ 絵画買い取り金額を飛躍的に高くする方法
☑トラブルや詐欺にあわないための知識
☑評価がグンと変わる!しまい込んである絵画をカンタンにお手入れする方法

この記事では、それらを詳しく説明していきます。
絵画の処分を考えたときの参考にしてください。

【秘策!】絵画買い取り金額を2倍?にする方法

さて、ここで絵画の買取額を最大限に高める秘訣を解説します。絵画の買取額が2倍になるかもしれません。

鑑定書を作る目的で鑑定依頼をすれば、高額な鑑定料がかかりますが、一括査定の場合ほとんどが無料です。専門家の目で判断してもらえる。これだけでも一括査定のメリットはあります。

厳密に言えば「鑑定」と「査定」は違うものです。無料鑑定で出てくるのは鑑定書ではなく査定書です。しかし、一括査定であれば、複数の業者の専門家が見るので、鑑定結果と査定結果には大きな違いは生じません。

複数業者の一括査定をする

絵画は、高価買取が可能なものが多くあります。しかし、絵画の価値を見極めるには様々な知識が必要です。絵画についていくら勉強していても、専門家相手では知識不足を見抜かれ、安い買取価格を提示されるかもしれません。また、何件ものお店を直接回るのはかなりの労力がかかります。

そして、最大のメリットは専門家の査定を受けられることです。

査定料が無料

一括査定の多くは無料で利用できます。査定結果に納得できなければ、買取を断っても費用はかかりません。そして、安心して複数の買取業者から査定を受けて、最良の条件で絵画の売却を検討できます。

手間と時間の節約

一括査定サービスを利用すると、複数の買取業者に個別に査定を依頼する場合に比べ、大幅に手間と時間を節約できます。一度の申し込みで複数の見積もりが得られるため、手続きが簡単です。

比較が容易

複数の査定結果を比較することができます。これにより、最も高額な買取業者を選びやすくなります。高値で売却するために大切なポイントです。

安心を得られる

一括査定サービスでは、査定量が無料のうえ、数社に個別依頼をするよりラクに複数の査定がわかります。そして、査定結果を比較することで、一番条件のいい買取業者に買取を依頼できます。これらの点から、絵画を売るときの不安が軽減されます。これが一括査定を受ける最大のメリットです。注意する点としては、信頼性の高い一括査定サービスを選ぶことが重要です。

一括査定のデメリット

便利な絵画一括査定ですが、デメリットもあります。

まずは、個人情報です。一括査定サイトには、個人情報を入力する必要があります。セキュリティで保護されているとはいえ、個人情報が漏洩するリスクがあることも知っておく必要があります。

また、信頼できない業者に依頼してしまうリスクもあります。一括査定サイトに登録している業者はさまざまで、必ずしも信頼できるとは限りません。

以上が、絵画一括査定のデメリットです。

絵画の鑑定には注意が必要

絵画を売却するとき、鑑定書が必要?と思い安易に鑑定を依頼すると、思わぬ落とし穴があります。ここでは鑑定についてご説明します。

鑑定は、絵画専門家や鑑定士が行います。絵画鑑定士は絵画の制作者、年代、技法、状態などを詳細に評価し、市場での評価額を提供します。専門家の鑑定は、絵画を売却する際の強力な武器となります。

鑑定書の重要性

絵画鑑定士による鑑定結果は、鑑定書として提供されます。

鑑定書とは、絵や美術品が本物であることを証明する書類です。大きなお店では、この書類がないと商品を売ることができない場所もあります。

絵画は偽物がたくさん出回ることがあるので、鑑定書はとても大切なものです。この鑑定書は絵画の正確な価値を証明するために非常に重要です。将来の売却時や保険の加入時にも役立つ資料となります。

鑑定士に依頼する方法

絵画買取業者には鑑定士がいる場合が多いので、そうした業者に依頼します。お店に直接行かなくても、写真鑑定や宅配鑑定などの方法があります。

多くの買取業者のホームページには、鑑定依頼が簡単にできる送信フォームがあります。それを利用すれば簡単に依頼ができます。依頼後は専門家が鑑定し鑑定書を出してくれます。

鑑定書を作成するデメリット

鑑定書を作るための鑑定には、高額の鑑定料が必要になる場合が多いです。鑑定料は業者によって異なりますが、一般的には1点あたり3万円から6万円程度が相場です。鑑定を依頼したものの、絵画の評価が鑑定料より低かったら本末転倒です。

鑑定を依頼する場合は慎重に判断しなければいけません。

トラブルや詐欺にあわないための知識

ここでは、絵画を売る際に起こり得るトラブルや詐欺の具体例をご紹介します。

慣れない絵画売却ですので、トラブルは避けたいものです。

これらのケースを知っておくことで、未然に詐欺やトラブルを回避することができます。

低価格の詐欺

買取業者が絵画の価値を過小評価し、実際よりも低い価格で買取を行う詐欺があります。売り手が絵画の正確な価値を知らない場合、この詐欺に巻き込まれる可能性が高まります。

そうならないためには、絵画についての知識を深め、信頼性のある鑑定士や専門家のアドバイスを受けることが重要です。

また、複数の買取業者から査定を受け、価格の相場を確認することもトラブル回避になります。

買取業者の不正行為

一部の買取業者は契約を履行せず、絵画を適正な価格で買取しない場合があります。また、契約内容に違反することもあるため、注意が必要です。

対策としては、契約書の徹底確認や信頼性のある業者選び。さらに証拠の保存、そして専門家のアドバイスなどの対策を講じることで、買取業者とのトラブルを最小限に抑え、安心して絵画の売却を行うことができます。

評判の悪い買取業者

信頼性の低い買取業者に絵画を売却すると、買取価格が低くなるだけではなく、支払いが遅れるなどの契約違反。査定の根拠や評価ポイントが説明されないなどの問題点が発生する恐れがあります。

信頼性のある買取店を見極めるために、以下のポイントを確認してください。

不正な買取店を利用しないためのチェックリスト

☑インターネットで買取店の評判や口コミを調査し、信頼性の高い店舗を選ぶ。

☑買取店が古物商許可を持っていることを確認し、合法的な営業を行っているか確認する。

☑売却時に正式な契約書を交わし、取引条件や価格などを明示的に記録する。

☑複数の買取店から査定を受け、査定額が大きく異なる場合は詳細な説明を求める。

☑複数の買取店の査定額を比較し、市場相場と比較して適切な価格か確認する。

☑契約書に書かれている条件や手数料をよく確認し、不明瞭な点は質問する。

☑買取店の過去の取引実績や評判を調査し、信頼性を確認する。

☑買取店が強制的な取引を試みる場合警戒する。急かされる口調に乗らない。

業者選びに大切なのは慎重さです。大事な絵画は安心できる業者に託しましょう。

多様化により新たな価値観

絵画買取には、絵画技法や特徴・種類を理解することは必要ですが、新しい価値観により意外な作品が高価買取になるケースが増えています。以前は価値が低かったアート作品に意外な高値がつくことがあります。

これは若者を中心に、アートに対する価値観が以前に比べ多様化しているからです。

若年層の絵画購買意欲は年々高まり、SNS映えする作品が人気を集めている報告もあります。従来とは違う価値観が広がることで、新たな脚光を浴びる絵画が増えてきています。

こうした背景があり、あなたの所有する絵画も従来にはない価値がある可能性があります。

「どうせ高く売れない」と思わないで、思い切って一括査定をしてみましょう。

意外な金額に驚くかもしれません。

絵画のお手入れにより評価がグンと変わる

飾らなくなった絵画を、放置していませんか?

最後に、絵画がより高く売れるための絵画のお手入れについてご説明します。

絵画を高額で売るためには、作品の状態が大切です。絵画を湿気が多い場所で保管しているとシミやカビが発生してしまい、せっかくの絵画が台無しになるかもしれません。

また、絵画が露出した状態で放置していれば、表面にほこりがたまります。これを無視すると、色あせの原因となり、絵画の価値が大きく低下します。

絵画の状態を良好に保つためには、正しい保管が大切です。

絵画の状態を良く保つ方法をいくつか示します。

絵画は定期的な掃除が必要です。 絵画の表面に積もったほこりや汚れをやさしい筆や乾いた布を使用して取り除きましょう。ただし、強い圧力をかけないように注意してください。あまり強くこすると、表面の絵の具がはがれてしまいます。

額縁の内側の四隅に溜まったゴミはなかなか取りずらいものです。その際には綿棒を使うと便利です。

また、絵画を適切な温度と湿度で保管しましょう。直射日光や高温多湿な場所から遠ざけ、乾燥や湿度が安定した場所に保管します。湿度が高いところで保管すれば、カビが発生しやすくなります。

しかし、湿度管理は難しいものです。

簡単な方法としてはシリカゲルを使いましょう。シリカゲルは湿気を吸収することができる調湿剤です。絵画を入れた箱にシリカゲルを一緒に入れて保管すれば、絵画の劣化を防ぐことができます。

絵画の状態を適切に保ち、メンテナンスすることは、作品の価値を維持し、高く売却するために重要な要素です。絵画の保管に少しの気遣いをすることで、買取価格に大きな差が生まれます。

まとめ

絵画の売却は慎重な準備と知識が必要です。

まず、絵画の評価を知ることが大切です。一括査定を利用し、査定結果を確認すれば絵画の適正な価格を把握できます。

次に、信頼性の高い買取業者を選びましょう。

業者の評判や口コミを調べ、実績のある業者を選ぶことが重要です。また、絵画専門鑑定士が在籍している業者を選ぶと、的確な査定が期待できます。

複数の買取業者から査定を受けることもおすすめです。一括査定サービスを利用して、複数の業者から査定額を比較しましょう。これにより、最良の条件を見つけやすくなります。

新しい価値観により、絵画の価値も変わりつつあります。今まで高い評価がされていない絵画でも、意外な高値の評価がされるかもしれません。

絵画の保管方法にも気を配りましょう。状態の悪い絵画は高値で取引されません。

この記事では、あなたの絵画を高値で売るためのヒントやコツをご紹介しました。

絵画を売る際の参考にしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事