2023.11.17

家にある絵画はどうやって売るの?買取や売却について徹底解説!

Category

絵画

Tags

お住まいのご自宅で大切にしていた絵画の売却・査定をしたいと考えているなら、高値で買取してもらえる優良買取業者を探しましょう。

現在でも多く作成されている絵画は、骨董屋だけではなく、最近になって新しくできたリサイクルショップでも買取を行っています。

しかし、より高額買取になりやすいお店を厳選したほうが、同じ絵画でも高く売れることは間違いないでしょう。

今回は、下記のようなお困り事のある方に向けてのお知らせです!

「今、所有している絵画の価値を知りたい!」

「高値で買取できる絵画って何?」

「引っ越しや片付けで大量に出た絵画を買い取って欲しい!」

「近くにあるおすすめの絵画買取専門店の選び方を知りたい」

このような問題を抱えている方や、疑問を持つ方に読んでもらえると、きっと役に立つ記事です。

本記事では、今現在、絵画の買取を希望されている方に向けて、骨董屋や中古品買取店の正しい活用方法、おすすめの買取店の選び方、オークションや委託販売などの各種買取方法についてご紹介します。

また、できるだけ高く売るためにどうすればよいのかといった査定時の注意点なども合わせて丁寧に解説していきます。

絵画とは

絵画という言葉を使うと、仰々しい額縁に飾られたものや、有名な画家や作家の作品が思い浮かびますが、簡単に言えば平面上に形を書き出し、表現したものです。

つまり、誰が描いた絵でも表面上で表現されていればそれは絵画と呼べます。

書く材料も決められておらず、油絵や水墨画、切り絵や版画なども絵画に分類でき、絵画と呼ばれる作品の種類は増え続けています。

絵画買取とは

絵画買取は、いらなくなった絵画を買い取ってもらい、お金に換金してもらうことです。

鑑定士に査定してもらい提示金額で取引したり、オークションに出品したりなど、いくつかの方法があります。

絵画は、壁に飾ると部屋の雰囲気が変わるため、おしゃれやインテリアとして購入されていますが、部屋のイメージに合わなかったり、引っ越しなどでいらなくなってしまうと、邪魔な物になってしまいがちです。

いらない絵画を売り、お金に換金することを絵画買取と言います。

押し入れや倉庫に眠っている誰が書いたか分からない絵も、芸術作品として買い取ってもらえる可能性があります。

絵画の種類

絵画はさまざまな色・素材・技法・様式で表現されています。

表現の仕方は年々細かくなってきており、多くのジャンルに分けられるようになりました。今回はその中の4つを紹介します。

日本画

日本画とは、日本の在来のさまざまな技法や様式を用いて表現される絵画の総称で、墨や岩絵具などの天然素材を主に使い、和紙の上に毛筆で描いた作品を指すことが多いです。

日本画は装飾のない額に入っているのが一般的ですが、絵画の種類によってさまざまな形があります。

代表的な日本画をいくつか紹介します。

種類特徴
浮世絵江戸時代によく描かれた風俗画で、遊女や芝居などを題材にしたもの
版画木や石に描きたい絵を彫刻し、絵の具やインクをつけ紙に転写させたもの
水墨画すべてが墨の色一色で描かれたもの
掛け軸描いた絵を裂や紙で表装し、壁などに掛けて飾るもの

明治期に西洋美術が日本に輸入され発展したため、それに対比する概念として日本画という画風が確立されました。

日本画の歴史は1000年を超える長いものとなっており、その間にさまざまな技法や作品が誕生しました。

日本画の代表格である水墨画の他にも、さまざまな時代に創作された多くの作品群があり、独特の構図や繊細な筆のタッチ、控えめで奥ゆかしい配色は、世界中の画家に大きな影響を与えています。

西洋画

西洋画は、西洋的表現様式を使用した精密な構想と緻密な色彩が施された絵画を指し、油絵、水彩画、パステル画などの総称として使われています。

光のコントラストや明暗を明確に表現する方法、立体表現、遠近法などさまざまな技法が使われており、描く素材も違ったりします。

西洋画の買取査定ポイントは、時代背景やどのような素材や技法が使われているのかなどの要素です。

各時代特有の技法を見分けることができれば、画家も特定でき、それが有名な人物であればあるほど高価買取が期待できるでしょう。

ピカソやゴッホなど有名な作家が多く、大抵は金や茶など装飾のある額に入っています。絵画の買取市場で人気があり、高値で取引されているので、処分したい西洋画があれば、1度査定してもらうことがおすすめです。

現代アート

現代アートとは、現代の社会情勢や社会問題を表現して、概念や思想を感じさせる作品のことを指します。いわば作者が込めた思考を自分なりに解釈して楽しむ芸術です。

現代アートは社会や世の中をテーマにしていることが多く、社会情勢や社会問題に関する知識がなければ理解するのが難しいでしょう。また、作品を自分なりに解釈した後、その作品について語り合える人がいないと完成しないアートとも言われています。

インテリアアート

インテリアアートとは、部屋を装飾するために飾るアート作品のことを指します。町並みや風景を描いた版画やポスターなどが多いです。部屋の雰囲気を変える目的で作成されるため、美術に関する知識がなくても、直感的に見るだけで鑑賞を楽しめます。

絵画の価値について

絵画の買取をしてもらう前に、どれくらいの価値があるのか気になるでしょう。絵画の価値は固定ではないため、売る時期によって金額が変わってきます。

絵画の価値の調べ方

手っ取り早い絵画の価値の調べ方は、鑑定士に聞くことです。作品や作家によって値段が違ったり、どんな技法や表現方法が使われているのかなど、絵画の価値基準は一般人には分からないため、その道のプロに聞いた方が確実です。

より正しい鑑定をしてもらいたければ、経験豊富なプロ鑑定士に聞きましょう。別の鑑定士よりも高い金額で買い取ってもらえる可能性があります。

絵画買取の相場

絵画買取の相場は変動しやすく、固定された明確な情報があるわけではありません。絵画は需要によって価値が決まるため、世の中に求めている人がいなければ価値は低く、求めている人がいれば価値が高くなります。絵画は、人の感性によって価値が決まるという特徴があります。

実際に売却しないと値段が分からないため、参考のためにも1度、プロの鑑定士に査定してもらうことがおすすめです。

3つの買取方法

絵画の買取方法は大きく分けて3つあります。買取業者に相談、オークション、委託販売です。それぞれ特徴が違うので、状況に合わせて選択することをおすすめします。

買取業者に相談

買取業者に相談し、その場で査定、買い取ってもらう売却方法です。販売手数料がかからない、金額交渉が行える、すぐその場で現金に換金できるというメリットがあります。

買取専門店に問い合わせ、査定、現物確認ができ次第、支払いが行われます。できるだけ早く換金したい方におすすめの方法です。ただし、業者の選択によって売却金額が変わる可能性があるため、自分が納得できる金額を提示してくれる業者を探さなければいけない場合があります。プロの鑑定士だったり、実績がある鑑定士は、良い鑑定士である可能性が高いため、そのような鑑定士が在籍している買取店を探してみましょう。

オークション

オークションは、最高価格をつけた買い手がその作品を買うという競売方式で、相場以上に高い価格で売れる可能性がある売却方法です。主にインターネットオークションと絵画専門オークション会社に委託するという2種類の方法があります。

オークションを主催している会社やサイトに問い合わせ、査定、作品提出、出品手続きをした後、落札されれば支払いが行われます。

落札されなかった場合は、各オークションごとで返却や再出品など対応が違うので、あらかじめ確認しておきましょう。買取業者に買い取ってもらうより時間はかかりますが、より高額で売却したいという方におすすめです。

委託販売

委託販売は、絵画専門の販売サイトや販売店に作品を展示、販売してもらう売却方法です。

売却専門のプロに売却時の手続きを任せられたり、委託先の知名度を借りることができるため、自分で売却するよりも手軽に高い値段で取引できる可能性があります。

販売して欲しい店舗やサイトと相談の後、販売し、委託者は売り上げ分の手数料を支払います。自分の販売希望額で販売しやすく、高く売りたいという方におすすめです。ただし、買い手が見つからない可能性もあるため、すぐ売却したいという方にはあまりおすすめできません。

高く買い取ってもらうコツ3選

高く買い取ってもらうためのコツを3つ紹介します。上手くいけば想定の何倍もの金額での取引ができる可能性があります。

買取店を選ぶ

各買取店によって金額が違う場合もあるため、できるだけ複数の店舗で査定をしてもらいましょう。絵画買取専門店には経験豊富なプロの鑑定士が在籍している場合が多く、そこで査定すると、最高金額を提示してくれる可能性が高いでしょう。

買取店を選ぶ際は、買取サイトに記載されている情報の他にも、口コミを調べるのもおすすめです。慎重に買取店舗を選択することが高額で買い取ってもらえるコツです。

保存

買取の際は、綺麗な状態かどうかで査定額がかなり変わってくるため、できるだけ買ったままの状態で保管しておきましょう。カビやシミがあると査定額がかなり落ちてしまい、本来なら売れていた金額で売れない可能性があります。直射日光に当てず、高温多湿の場所に保管しないように注意しましょう。

絵画のお手入れも大事です。1年に1度くらいは額縁まわりに溜まるほこりを拭き取り、箱から出して綺麗な状態を保ちましょう。その際、額縁に傷がついたとしても取り外さず残しておくことも大事です。額縁も絵画の一部であり、査定に関係してきます。できるだけ元の状態で保存しておくことをおすすめします。

付随する証明書や資料も、一緒に持っていけばより高額で買い取ってくれます。探しておくと良いかもしれません。

キャンペーン

特定の作家や画家の作品を、より高額で買い取るキャンペーンを開催している店舗もあります。別の店より更に高額で買い取ってもらえることが多いので、そのキャンペーン期間を狙ってみるのもおすすめです。

まとめ

本記事では「家にある絵画はどうやって売るの?買取や売却について徹底解説!」と題して、家の中にある絵画の売り方や買取について徹底解説いたしました。

絵画は綺麗な状態で保存しておくことでより高額で買い取ってもらえる可能性があります。納得のいく価格だったり、信じられないほど高額だったり、絵画の価値を知るには査定してもらうことが1番です。

もういらなくなってしまった絵画がご自宅にある方は、ぜひ査定・買取を検討してみてください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事