2023.11.17

絵画の買取方法のコツ

Category

絵画

Tags

所有している絵画が不要になったり別の資産に換えたい時には買取を検討されますよね。

「そうはいうものの、絵画の売却なんてやったことないし、どうやればいいのかな?」

「鑑定に出したら絶対売らなきゃならなくなりそうで不安・・・」

「どうしたらより高く買ってもらえるんだろう」

など、勝手がわからず悩んだり不安になったりする方は多いのではないでしょうか。

当記事では次の事柄について説明していきます。

  • 絵画の買取基準
  • 絵画の買取方法
  • より高く買い取ってもらうコツ

当記事を読むことで、皆様の所有している絵画がどのような基準、どのようなルートで査定されるのかが分かり、皆様のご希望に沿う価格で買い取ってもらうコツまで理解できます。

ぜひご一読ください。

絵画の買取基準とは

絵画の買取基準として業者がチェックするポイントは大きく分けて4つあります。

  • 美術品としての価値があるか
  • 需要があるか
  • 希少性があるか
  • 時代のトレンドに合っているか

4点について、順に説明していきます。

美術品としての価値があるか

皆様のお手もとにある絵画が美術品としての価値があるものと認めてもらえなければ、その絵画は売れません。

長く所有していたら思い入れのある品かもしれませんし、思い入れある品ならば皆様にとっては大切な絵画であることは間違いありません。

しかしそれが贋作だったとしたら、当然美術品としての価値があると認めてはもらえません。

価値のある絵画かどうかは買い取ってもらえるかどうかの最も大切なポイントです。

需要があるか

絵画はもちろん、すべての美術品についていえることなのですが、その絵画に需要がなければ、やはりその絵画は売れないでしょう。

どんなに素晴らしい絵画であっても、それを欲しい、必要だと思ってくれる誰かがいない限り、その絵画は買い取ってもらえません。

需要と供給が成立しない絵画は売れないのです。

希少性があるか

本物の絵画であったとしても、それが世の中に多数流通していたとしたら、その絵画は買い取ってもらえないおそれがあります。

世界にひとつしかないものと、いくらでも手に入るものとが同じ価値として評価されるわけはありません。

なかなか手に入らないものとしてその希少性が認めてもらえれば、所有している絵画は高価で買い取ってもらえる可能性は高いでしょう。

時代のトレンドに合っているか

その絵画を購入した時点では大人気だった画家の作品でも、時代とともにその価値が下がることがあります。

もちろんその逆もありますが、つまりはその時代のトレンドに合っているかが重要です。

そういう意味での「時期」をしっかり見極めることも買取には大切になります。

絵画の買取方法

実際に絵画を買い取ってもらうための方法もいくつかありますので、ここではそれを紹介します。主な方法として次の5つがあります。

  • 写真を送って鑑定してもらう
  • 出張鑑定に来てもらう
  • 宅配便で送って鑑定してもらう
  • 店頭に持ち込み鑑定してもらう
  • ネットオークションを活用する

順番にご説明します。

写真を送って鑑定してもらう

絵画を鑑定してもらうときに最もお手軽な方法がこちらです。

方法としては、買取希望の絵画を写真に撮って、郵便、メールなどで業者に送るだけ。

業者と顔を合わさずに査定してもらえる、24時間365日、思いついた時に査定してもらえるというメリットがあります。

このとき、付属品や画家のサイン部分、判子部分などの写真もあわせて撮って送ってください。

絵画についての説明資料などがあればそれも送るといいでしょう。

作品名、作家名、絵画のサイズ、箱書き(箱などあれば)、絵画の種類・技法、状態などの情報があればより精度の高い査定が見込めます。

出張鑑定に来てもらう

小さくても価値のある美術品を持ち歩く不安から解消されるのが出張鑑定です。

大きなものであれば、運ぶ手間などを考えたらこの方法が一番楽かもしれません。

出張鑑定している業者あてに、電話、メールなどで連絡をし、買取希望の絵画の情報をお伝えします。連絡を取るときにあらかじめお伝えする情報をまとめ、お手元に資料や付属品を準備しておけばスムーズに業者と打ち合わせできます。

実際に訪問していただく日時などを決めると、鑑定担当者が自宅まで足を運んでくれます。この段階での出張費は無料となっている業者がほとんどですが、気軽な査定を望んでいるのであればこの点については事前に確認しておくと、無駄な出張費を支払わなくて済みます。

査定のみを希望されている場合は準備する必要はありませんが、鑑定内容に納得ができ、買取手続きに進むのであれば、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。

健康保険証やマイナンバーカードなど、本人確認書類を準備しておきましょう。

宅配便で送って鑑定してもらう

宅配便で買取希望の絵画を送れば無料で鑑定してくれる業者があるので、こちらを利用することも可能です。

査定してほしい絵画を梱包し宅配便で送ると、専門の鑑定担当者が査定してくれます。

宅配便で送る場合、やり方次第ではリスクが伴うので要注意です。

配達中に何らかの手違いで大切な絵画に傷がついたり破損が生じたりするおそれがあるほか、配達にかかる往復の送料が自己負担になる場合もあります。

また、配送する車内での保存管理状態が所有者側からは管理しづらいので、宅配で送ることで所有している絵画のもともとの価値が失われるおそれもあり、細心の注意が必要です。

しかし、地方在住で近くに信頼できる鑑定業者がいないなどの理由がある場合は、この方法に頼るしかないこともあります。

そのようなときには宅配業者を選ぶところからしっかりと検討し、信用できる運送業者を選ぶこと、運送業者とのこまめなコミュニケーションをとること、場合によっては保険をかけるなど、絵画の価値を落とさないように工夫してください。

店頭に持ち込み鑑定してもらう

買取希望の絵画が無理なく運べる大きさ・重さで、とりあえず鑑定のみしてほしい場合や、ご自身の住所を知られたくない場合には、絵画そのものを店頭に持って行って鑑定してもらうのもひとつの方法です。

この場合、絵画以外にも、付属品や絵画に関する情報が分かるものなどもあわせて持参する必要があるため、意外に荷物は増えることがあります。お店までの往来には気をつけてください。

持ち込んだはいいが、鑑定できる担当者が不在というおそれもありますので、訪問する場合は先にお店に連絡をし、訪問日時のアポイントを取っておいた方が無難です。

持ち込みの場合はその場での査定が受けられるので、売るか売らないかの判断がその場でできます。

査定に納得できなければ持ち帰ることになり、お店に持ち込み持ち帰ることで絵画に傷をつけることになるかもしれないので持ち込みは慎重に行ってください。

ネットオークションを活用する

手段のひとつとして、ネットオークションを活用するという方法はあります。

しかし買い手側が絵画の真価をきちんと判断できる方でないと、不当な金額でのお取引を強いられるおそれもあり、リスクが高いことは間違いありません。

まずは専門の業者で査定してもらい、絵画の価値を把握した後で、ネットオークションを活用するかどうかを決めても遅くはないでしょう。

ネットオークションの場合、梱包や送料の負担も自分自身にかかってきます。

輸送時のトラブルがあることまで考えると、ネットオークションは最後の方法と考えた方がよさそうです。

高額買取・4つのポイント

きれいにしておく

絵画を手放す可能性があるなら箱から出さないほうがいい、とまでいわれるほど、絵画の保存状態は買取査定の重要なポイントです。

箱から出さずに保管する場合、保管場所の温度、湿度には十分気をつけ、年に1度は箱を開けて換気し、直射日光のあたらない風通しの良い場所で1日か2日乾燥させてください。絵画の劣化は買取査定の減額に大きく響きます。

部屋に飾ってあるものなら、額やアクリルについている埃はきれいに拭いておきましょう。

絵画の情報が分かるようにする

絵画の作品名、作家名、絵画のサイズ、サインや判子、箱書き(箱などあれば)、絵画の種類・技法、状態が分かるようにしておいてください。

所有している絵画の価値を所有者自身が把握していないのでは買取業者側から信用されなくなるかもしれません。

価格の増減にも影響が出ますので、しっかりとした情報を業者に伝えられるようにしておきましょう。

いくつかの業者で相見積もり

数社の業者からの見積をとってみましょう。

買取業者にも得意・不得意があり、またその業者の在庫状況や顧客の有無によっても、買取査定が変わってきます。

また市場をどのくらいきちんと把握しているかによって、査定に大きく差が出ることがあります。

より納得できる査定をし、絵画を買い取ってもらうためにも、少なくとも4、5件の買取業者での相見積もりをすることが肝心です。

付属品を忘れずに

鑑定書や保証書はもちろん、額や箱などの付属品はすべて揃えておいてください。
買取査定の折に付属品の有無で査定額は大きく変わります。
付属品が揃っていた方が高く買い取ってもらえるので、あるものはすべてお渡ししましょう。

まとめ

絵画の買取基準は次の通りでした。

  • その絵画に美術品としての価値があるか
  • 市場で求められており、時代のトレンドに合っているか
  • 希少性があるか

また、絵画をより高い価格で買い取ってもらう方法は次の通りです。

  • 絵画をきれいな状態にしておく
  • 付属品をすべてそろえておく
  • 相見積もりをとり、納得、信頼できる買取業者とお付き合いする

皆様にとって大切な美術品である絵画をより高額で売却するために、美術品の買取査定に実績のある弊社にお声がけいただければ幸いです。まずはお気軽な査定からお任せください。皆様にとって納得できる取引となるよう、話し合いを進めてまいります。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事