2023.11.21

古書を買取して欲しい 価値を正しく査定してくれる業者とは?

Category

古書

Tags

古書を買取して欲しいと思えば、買取業者に査定してもらい、依頼者が査定額に同意することができれば、現金が支払いされることになります。

しかし、どの古書であっても高い査定額がつくということでもありません……。買取業者によっては、古書ではなく新しいもののみを買取する場合もあります。

単純に古いものがいいか、新しいものがいいかといえば、新しいものがいいという方々が多いでしょう。

古書は、いわば古い本のことを言います。

そのような本でも、熟練した知識をもつスタッフが査定することで、高額買取される可能性は充分にあります。

それでは、古書は、どこに査定してもらうのがベストなのでしょうか……。

この記事では、

  • そもそも査定価値のある古書とはどのような本のことを言うのか
  • 査定価値の高い骨董的要素のある古書とは
  • 古書はいくら程度で査定される?
  • 古書はどこに査定してもらうのがベスト?
  • 古書を高額査定 トラブルに注意

について知ることができます。

古書をできるだけ高い査定額で買取して欲しい……と思っている方々は、ぜひ一読

ください。

そもそも査定価値のある古書とはどのような本のことを言うのか

そもそも古書とはどのような本のことを言うのでしょうか。

新刊は、ご存知の通り新しい本の事です。まだ誰にも購入されていない状態で、本屋さんやコンビニなどで販売されている本のことを言います。おおかた本というものは、このような形で購入されていることでしょう。

また「新古本」というものがあります。新しくて古い……ちょっと不思議な言葉にも見えてしまうのですが「新古本」は、誰にも購入されていない新しい状態の本のことで、購入されなかった新刊です。新刊の場合、一定期間を過ぎてしまうことで出版社に返却されることになります。そのような本が再び古本屋であったり、リサイクルショップで販売していることも多くあります。限りなく新刊のように見えるのですが、新刊の本来のルートとは少し違っています。タイムリーでもないため、懸賞の応募期間がもう過ぎてしまっている……ということもあるでしょう。

そして「古本」は、過去に誰かによって購入されたことのある本のことをいいます。古本は、古い本のことです。だからと言って敬遠される対象というわけでもなく、人から人へ広くわたった歴史、その本が多くの人に愛されてきたことを物語っていたりもします。

「古本」と「古書」が混同視されていることもあります。あえて分類すれば、古書は、絶版になってからかなり時間が経過し、新刊として手に入れることが不可能な本のことを指します。古本と比較すれば、古書よりも古本の方が若干新しく、現在、新刊でも買うことができるという感じでしょうか。(*古本でも新刊で購入できない週刊誌など例外もあります)

古書には、かなり査定額が高くなる可能性のある、国宝級の価値を持っているものも含まれます。

査定価値の高い骨董的要素のある古書とは

骨董的要素のある古書は、高い査定で買取される可能性があります。

「骨董」という言葉も頻繁に使用する言葉ではないため、いまひとつピンとこない……という方々もいらっしゃることでしょう。

おおかた骨董の要素は以下にあります。

  • 歴史的・美術的価値を持つか
  • 初版本か絶版本か
  • 状態が査定される

歴史的・美術的価値を持つか

その古書が高い価格で査定されるか否かのポイントは、歴史的・美術的価値を持っているかどうかです。

どのような内容なのか、誰が書いた本なのか、どの程度の時期に書かれたものなのか……などを、熟練したノウハウをもっているスタッフが、厳しい目をもって査定をします。

たとえば、江戸時代に書かれたものであったり、現代のテクノロジーの礎になるような学術的内容の古書であったり、歴史上に登場する偉人が書いたものなどと言った古書は、高い査定額がつく可能性が充分あります。

そのような査定価値に気づかず、資源ごみに出してしまうなんて本当にもったいないことです。

古書は、歴史的な価値や、学術本としての価値、また、アート的価値が付加価値として査定され、高額な買取額を実現することができます。しかし、古書は価値のわかる業者に査定依頼しないことには、価値が永遠に気づかれないまま、再生処分されてしまうことになるのかもしれません。

初版本か絶版本か

古書査定の判断基準は、初版本か絶版本かにあります。このようなジャンルの古書が高い査定額になる可能性があるのは、希少価値が存在しているからです。

市場にほとんど出回っていないような古書であれば、コレクターの方々はなんとしても手に入れたいと思うことでしょう。コレクター同士が価格を競争しあうことになり、どんどん値段が吊り上がっていくことでしょう。その古書の買取額は、急高騰する可能性も充分にあります。

初版本に関して何かしらの問題点が見つかったため、以降の本は内容が変更されているものもあり、そのような古書はさらに査定価値が上がることもあります。

しかし、それもそのことを知っている人が査定しないと見極めることができません。

状態が査定される

古書である以上、ある程度劣化していたり、損傷しているというのは仕方のないことなのかもしれません。しかし、古書の状態がどうなのかも査定されるポイントであるのは事実です。

ですから、今後古書を売りたいと考えている方々は、最初から保管などにも注意をする必要があるのではないでしょうか。直射日光にさらされている本は色褪せてしまったり、簡単に紙が傷んだりしてしまいます。日焼けは、買取業者で厳しく査定されてしまうポイントです。

湿気の高い部屋に長期間置かれてしまうことでカビが発生します。また、時間経過による劣化も査定のポイントです。

古書はいくら程度で査定される?

では、お持ちの骨董的価値のある古書は、一体どの程度の査定額を期待することができるのでしょうか。

「その古書の査定額はいくらですよ」と、はっきりしたことをここで言うことができればいいのですが、実際問題、古書の査定額は、依頼しないとわからないのが現状です。

古書の買取をおこなっている業者の多くが、古書の買取金額を開示していない……という現実もあり、ちょっとわかりづらい世界なのです。骨董品のようなものの査定は、開示を業者が伏せる慣習が未だあるようです。詳しいことがわからないため、詳細なことを知りたいと思えば、査定してもらう以外に方法はありません。

骨董的価値をもっている古書であれば、査定額は、何十万以上になる可能性も充分にあります。ただし、この古書は買取することができません……と言われることもあります。やはり、素人目ではなかなかわからないため、期待は、いい意味でも悪い意味でも裏切られることがあります。

古書はどこに査定してもらうのがベスト?

古書は、ボロボロであるため価値がないと考える方々もいるかもしれません。しかし、業者に期待されているのは骨董的価値です。状態が査定されるのは事実ですが、それ以外の

  • 歴史的・美術的価値を持つか
  • 初版本か絶版本か

などと言った買取ポイントがあります。

では、骨董的価値を見極めてくれるお店はどこなのでしょうか。

古書であったり、哲学書などといった専門書の買取は買取先に注意する必要があります。

古書などを売却するとき「リサイクルショップ」であったり「全国にチェーン展開している古本屋」を最初に思いつくのかもしれませんが、そのようなお店を選ぶのはあまりおすすめではありません。

そのような一般的な古本買取店では、価値の査定・調査よりも、本の発売日であったり、状態を優先させてしまう傾向があるからです。本来存在している骨董品の価値など全然見極められないまま、1000円程度の価格で店舗に並ぶ可能性もあり、古いから買取しない……ということもあります。

おおかたお客様は、本はやっぱり新しいものがいいと考えることでしょう。それは、骨董的視野で見ていないからです。骨董的視野で見ない限り、その古書は、古くて誰が今まで触ったのかわからないし、汚い……ということになるでしょう。

おおかた、街にはリサイクルショップが溢れているため、買取してもらうのはそのようなお店しかないと考える人たちもいるでしょう。そのような考えは、とてもリスキーです。

さらに、ISBNコードがないほどの古い書物は、一般的な古本屋では買取してもらえない場合が多いので、結果、資源ごみとして処分することを考えてしまうのかもしれません。

おすすめは古書買取専門店に査定依頼すること

そこで、古書は「古書買取専門店」に査定依頼することがおすすめです。

単に哲学書の古書といっても、古代哲学であったり、中世哲学のもの、近代哲学のものなど……その内容は多岐で、かなり膨大なジャンル数です。査定するスタッフは、当然のことですが、そのジャンル全部を理解した上で査定をしなければならないため、かなり熟練した専門的な知識が必要となってきます。

単にリサイクルショップに査定依頼するだけでは、専門的知識をもつスタッフはなかなかそこにはいません。単に、そのようなお店は、入ったばかりのアルバイトでも可能な独自ルールに則り適正な買取価格がつけられているだけです。

価値ある古書は、安易にリサイクルショップに持ち込みするのではなく、遠い場所でも古書買取専門店に持ち込みし査定依頼するというのがベストな選択肢です。

古書を高額査定トラブルに注意

古書を高額査定してもらおうと思えば、トラブルにも注意が必要です。古書ごときで詐欺は起こらないと考えたいのですが、古本でも悪徳業者がいます。

例えば、業者が突然勧誘し、安く買い取られてしまう事例があります。このケースでは、売主は一応断っているのですが業者にしつこく迫られてしまい……、古書だけでなく、お部屋にある貴金属も物色され、まとめて10000円以下という低価格で買取されてしまっています

一度業者をお家にあげてしまえば、強引な態度に、なかなか断れない……という高齢者の方々も多いことでしょう。本来、古書などに関心がなく、目的は貴金属なのかもしれません。

訪問買取のケースでは、突然押しかけてきたり、電話で勧誘したりする業者には注意が必要です。基本的に、お客様からの依頼がなければ、自宅での訪問買取を行っていけないはずなのですが。

詐欺を行う悪質な買取業者は、押しかけ強制的に買取業務を行ったり、しつこい電話勧誘を行っています。にこやかな対応をしてくれているとしても、そのような買取業者は安易に信用してはいけません。

買取を行う業者は、一番最初に企業名であったり、名前を明かすことが基本なのですが、そのような悪徳業者はできるだけ身元をバラしたくないため、名乗らないことも多くあります。

また、正規で買取を行う場合には、公安委員会から付与される「古物営業許可」が必要となります。買取業者が訪問買取に来たときには、名刺を確認するとともに証明証を持っているかも確認することをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、古書の査定について解説しました。

古書査定・買取にはトラブルも多いので、安易に不用品回収業者に依頼すべきではありません。

そのような業者が、古書の価値を理解しているはずはありません。

また、街のリサイクルショップなどに買取依頼をすれば、適正価格で買取されると思うのかもしれませんが、それも違います。そのようなお店では、古書を買取してくれないこともあるでしょう。

古書を適正価格が査定して欲しいと思えば、古書専門買取業者を利用するようにしましょう。古書買取専門店には熟練した査定スタッフがいてくれるため、正しい鑑識眼で古書の買取価値を判断してくれます。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事