2023.11.27

斎藤清とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、高価査定買取するためのお役立ち情報!

Category

作家名

Tags

斎藤清(さいとう きよし)は、福島県出身の日本の木版画家です。

すでに亡くなられた画家ですが、版画の研究を熱心に行い、独自の木版画技法を確立したことが高く評価されています。

もちろん、国内でも海外でも高い評価を得ている作品ばかりで、これまで制作してきた作品も高値で査定・買取されています。

斎藤清の作品といえば、木版画です。

斎藤清は、戦後、日本人として日本の現代版画のポテンシャルを世界に広めた第一人者として、日本よりも海外の美術界のほうでの高い人気や知名度があった点が大きな特徴となっています。

斎藤清の作品は、メディアでも取り上げられる機会が多いことで有名です。

彼の制作した木版画は、人間味に溢れ、温もりが感じられることから今でも大変な人気を集めています。

画家本人はすでに亡くなっていますが、独自の技法で制作された木版画には高い評価がつくことは当然で、いずれも高価買取になっています。

今後、新しい作品は生まれませんが、逆に貴重な作品を多数生み出してきたことで、これからも注目され続けるアーティストの一人といってもいいでしょう。

近年、斎藤清の作品を探している方が次第に増加していますので、査定や買取依頼も必然的に増えています。

たまに、世間で話題になることもあり、そのときは一時的に高価買取になる可能性もあります。

もちろん、美術品としての価値も申し分ありません。

斎藤清の作品は、これまでも安定した多数の売買実績があることから、所有する価値のある作品が多数存在します。

日本を代表する木版画家である斎藤清は、今でも国内外を含めて世界中に多くのファンがいます。

初めて査定を依頼されると、その人気の高さに驚くことになるでしょう。

本記事では、斎藤清の経歴や作品の特徴を中心に、斎藤清の作品の査定・買取価格の目安や作品の価値についてご紹介しています。

昔から斎藤清に興味のある方はもちろん、これから斎藤清の作品を本格的に集めたい、と考えている方にとっても有益な情報を提供していきます。

斎藤清とは

斎藤清(1907~1997年)は、福島県河沼郡会津坂下町出身の木版画家です。

独学で独自の木版画技法を確立したことが有名で、なおかつ浮世絵版画の技法や西洋作家の近代的造形を積極的に取り入れ、独自の日本的感情を表現したことが高く評価されています。

斎藤清は、1931年に上京して独学で絵を学び始めました。安井曽太郎の木版に魅了されたことがきっかけで、日本や西洋の各種版画を研究し続けました。

1935年には、油彩画で「国画会展」に初入選しました。

翌1936年には、国画会展版画部門で木版画「少女」を出品し、こちらも初入選を果たしました。

1944年には朝日新聞社に入社しており、1954年に退社しました。

1948年サンパウロビエンナーレで受賞するなど、国内外を問わず数々の賞を受賞してきました。

1976年には、福島県の県外在住者知事表彰において、柳津町名誉町民となりました。

1981年には、勲四等瑞宝章を受章し、1995年には文化功労者にも顕彰されました。

斎藤清は、故郷福島の会津冬景色を好んで主題としていましたが、奈良京都など古都の風景や花鳥を題材にした木版画においても新境地を開きました。

また、日本国内だけではなく、欧米諸国にも日本の伝統的木版画技法の解説や実技指導を行うなど、国際的な木版画の普及活動にも大きく寄与したことが広く知られています。

版画作品の他にも油彩や水墨画も数点残しています。

斎藤清の経歴

斎藤清は福島県生まれ

安井曽太郎の木版に魅せられ独自の木版画技法を確立

斎藤清は、1931年に上京して独学で絵を学び始めました。

安井曽太郎の木版に魅了されたことがきっかけで、各種版画を研究し始めました。

独学で独自の木版画技法を確立したことで知られていますが、伝統的な浮世絵版画の技法のほか、西洋作家の近代的造形なども積極的に取り込みながら、日本にしかないような風情や独自の感情を表現したことが高く評価されています。

朝日新聞社退社後はグローバルに活躍

斎藤清は、一時期新聞社に勤めていたことがありました。

1944年に朝日新聞社に入社し、1954年に退社しました。

その後、活躍の舞台は海外へと移ります。

1949年には、国画会会員に推挙されました。

サロン・ド・プランタン展に《ミルク》を出品し、1等賞を受賞しました。

その後、アメリカ、メキシコ、パリ、ニューヨーク、ハワイ、インド、カナダ、チェコスロバキアなどを訪問し、作品の出品や個展の開催のほか、版画の指導なども積極的に行いました。

晩年は、数々の功績が評価され、1981年、秋の叙勲で勲四等瑞宝章の栄誉を受け、1995年、国の文化功労者に顕彰されました。

1997年には、やないづ町立斎藤清美術館を開館し、その年の11月14日に永眠しました。

斎藤清の作風

斎藤清の作品の主な特徴といえば、木版で摺られた温かみがある作品の数々ではないでしょうか。

木版作家として有名な方は斎藤清のほかにもたくさんいらっしゃいますが、棟方志功と双璧をなすような知名度と人気を今も併せ持っています。

現在の市場価値を見ると、棟方志功の作品の方が平均すると高くついているようですが、木版画作家の中での斎藤清の作品の市場価値は、圧倒的に高額で取引されている作品が多数存在します。

斎藤清の作品の特徴の一つに「特定の地域」を題材にした連作・シリーズものがあります。

最も有名なシリーズとなるのが「会津の冬」です。

その「会津の冬」を代表的なシリーズとしながらも、京都、鎌倉などの日本の美しい風景がたくさん存在する場所を好んで表現してきました。

他にも日常の様子を描いた素朴で美しく温かみのある作品が多数残されています。

素朴で温かみのある木目を特徴とする木版と斎藤清の描く優しい作品は、相性が抜群に良いと言われています。

斎藤清の作品

斎藤清の作品で最も有名なシリーズといえば先程ご紹介した「会津の冬」です。

斎藤清の代名詞となっているほど人気の高いシリーズです。

「会津の冬」では、主に会津の冬景色を取り上げ、シリーズ化しながら制作してきました。

同じシリーズで100作以上制作されていることから、間違いなく斎藤清の代表的なシリーズ作品として知られています。

「会津の冬」シリーズの中では、重厚に重ねられた雪と古民家が描かれている作品が数多く高価買取されています。

斎藤清作品をみると、その多くが数十万円台の買取価格に落ち着いています。

しかし、シミ等のダメージが多い作品はどうしても評価が下がりますので、保管状態には十分にご注意ください。

また、限定部数ではない作品も、その多くが通常よりも評価が下がる傾向があります。

猫と少女 買取相場 4~6万円

門 鎌倉Ⅰ 買取相場 4~6万円

会津の冬(50) 買取相場 30~40万円

斎藤清の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報として紹介します。

「会津の冬」以外では、「猫」をモチーフにした作品は、高価買取されている事例が多数あります。

中でも密集した猫の造形と空間を木版画の魅力を十分に注ぎ込んで見事に表現した「猜疑」は探し求めている方が多い作品ということもあって、高価査定がつきます。

斎藤清没後20年以上経過していますが、死後もその作品の人気は衰えておりません。

版画作品は大量に摺っていることから、同じ作品が広く流通しているため、油絵や日本画などの1点モノ作品と比べると若干評価が下がってしまいます。

しかし、斎藤清が直に制作した木版は、高い値動きで推移しています。

しかしながら、斎藤清の制作した木版画が全て高価買取になるかといえば、そうではなくあくまでも作品次第といえるでしょう。

あえて高価買取を狙うなら、「シリーズ」ものでしょう。

斎藤清は「地域」というテーマをよく取り上げて版画作品をシリーズ化していたからです。

斎藤清の作品は、日本以外の世界中でも幅広く知られており、どの地域や国でも高い評価を受けていますので、高価査定になることの多い版画画家です。

新しい作品がこれ以上出てこないことを考えると、今後はその価値が高騰していくのも時間の問題でしょう。

斎藤清の作品は査定・売却は可能なのか

ここまでで斎藤清の重要な経歴や作品の特徴についてご紹介いたしました。

ここからはすでに斎藤清の作品を所有している方や、これから所有を真剣に検討している方に向けて、高値査定や売却のポイントなどについてご紹介していきます。

作品の発売直後は売却ポイント

美術品等の査定買取において、作品や作家の知名度の高さが査定買取にも影響します。

また、発売直後の作品は、メディアで注目され、取り上げられる機会が増えます。

一時的であっても多くの人の認知度や注目度が高まると、査定額の大幅アップにつながることがあります。

斎藤清のような世界中から高い評価を集めるアーティストなら、過去に手掛けた作品も高価査定になりやすくなります。

過去に直接手掛けた斎藤清の作品を所有しているなら、作品の状態が綺麗で、発売直後の状態を保持しているなら、期待値を超える高い査定結果が出ます。

メディアで注目されるとチャンスが倍増!

人気芸能人や海外セレブがアーティストの作品やグッズを愛用していることがニュースで公表されることがあります。

いつもではありませんが、「突然人気急上昇」といった現象が起こることがあります。

過去にトレンドとなった作品であれば、発売から長期間たっていても、見直しが行われ、再度高額査定になって注目されることがあります。

斎藤清のような著名アーティストの作品の売却を検討しているなら、各方面での情報に敏感になることがとても重要です。こまめにメディアやニュースなどをチェックしながら、売却時期を逃さないようにしなければなりません。

斎藤清の場合も、他の作品と同様に、作品のサイズや作品の内容によっても買取金額が大きく異なります。

斎藤清作品の売却をご検討の際にはぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、斎藤清の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点について詳しくご紹介してまいりました。

「斎藤清」といえば、国内外の両方で高い評価がついているアーティストです。

これから斎藤清の良質の作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、斎藤清の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事