2023.11.29

昔、親から買ってもらって遊んだアンティーク人形、今は物置の奥に眠ったままになっていませんか?

Category

人形

Tags

アンティーク人形=ビスクドールは全世界で愛されている骨董品で、総額一億円以上を集めているコレクターもいます。一方では価値がわからず家の中に放置されている品物も多くあるジャンルです。

本記事を読めばアンティーク人形についての興味がわき、特徴をわかりやすく理解できるだけでなく、売却の際には高価買取の査定のポイントを知ることができ、これから収集する際のポイントとしても参考になります。

アンティーク人形の起源は貴族のファッションの広告塔!

19世紀初期、ヘッド部分は陶器で、ボディ部分は粘土で作られた初期のビスクドールが誕生しました。もとはヨーロッパのブルジョア階級の貴婦人向けに、流行のファッションを宣伝するための広告媒体として製造されていました。当時は、赤ちゃんのような人形ではなく、大人のプロポーションの人形でした。ファッションの宣伝のため、当時の最先端の縫製技術や陶芸の技術の粋を集めて作られています。

その後、フランスで製版技術が進歩していき、流行のファッションを宣伝する媒体が人形やマネキンから本や印刷物などに変わっていきました。宣伝用として用いられた期間が短いために、ビスクドールは本来のマネキン人形という用途よりも、赤ちゃんのような子供用玩具という認識になったと思われます。

市松人形がアンティーク人形の歴史を変えた!

 紙媒体にファッションの広告塔の主流を奪われたビスクドールは、1885年に開かれたパリ万博で大きな変換点を迎えます。パリ万博で日本の市松人形が子供の姿で出展されており、人形がファッションの宣伝用ではなく着せ替え人形としての子供用の玩具やお守りとして展示されていました。一説では、日本でも子供時代から着せ替え人形を与えて、遊びながら針仕事などの縫製技術を学ぶようにするという教材としても用いられていました。

 子供の玩具用・教育用としての立場を築き上げていたビスクドールは、19世紀終盤には続々と有名なビスクドール工房が出来上がっています。それが、今でも高額で取引される有名ブランドの「ジュモー」「ブリュ」「ユレー」などの工房です。これらの作家と工房の特徴についてはのちに詳しく解説します。

アンティーク人形の中には400万円以上の品も!

 アンティーク人形には前述した「ジュモー」「ブリュ」など高額で取引されている品物が数多くあります。数万円から数十万円で取引されているものが大半ですが、中には人気の商品で保存状態の良いものは400万円以上で取引されています。

 本物?偽物?判断するポイントは、ずばり「刻印」!

刻印を見ると

何処の工房で製造されたのか?

製造された年代はいつごろか?

どれくらいのサイズで製造されたのか?

などがわかります。

 多くのビスクドールで刻印が刻まれている場所は、ヘッド部分やネック部分の裏側です。毛髪がウィッグになっている場合はめくりあげると見つけることができると思います。19世紀初期のビスクドールはヘッド部分については陶器で製造され、ボディ部分は粘土のようなもので製造されている為、高価で取引されている希少価値の高いビスクドールはヘッド部分に刻印されている傾向にあります。

人気の作家と工房についての特徴を解説

刻印以外にも作品としての出来栄えも査定のポイントとなります。高価買取されている作家と工房の特徴について解説していきます。

ブリュ(フランス)

  ブリュの工房で作られている人形の特徴は、その気品のある目元です。くっきりとした精巧なガラス細工で作られている目元は、「ブリュの瞳」とも呼ばれ他の作品とは一線を画す技巧で作られています。表情もやや大人びた表情をしているのが特徴です。また、一つのヘッド部分に二つの表情をもたせるサプライズヘッドという仕掛けや関節を自由に動かせてポージングをとらせることのできる仕掛けを施したのもブリュの作品の特徴です。ブリュの作品は、初期のころのやさしく丸みのあるかわいらしい表情から、晩年のきれいな完成された美しい表情に変化していきます。

 

ユレー(フランス)

  ユレーの工房で作られている人形の特徴は、人形が身に着けている小物やアクセサリーです。ユレーは人形を子供の裁縫やお世話などの教材として位置付けて制作していた作家です。子供の興味を引くために小物やアクセサリーなどにも趣向を凝らして、かわいらい世界観を築き上げていきました。その為、観賞用としての側面よりも着せ替え人形としての側面が強調されています。現代でも衣裳や小物だけでも多く取引されています。

ジュモー(フランス)

  ジュモーの工房で作られている人形の特徴は、当時の最先端のファッションを取り入れた衣装です。ジュモーの工房ではヘッドやボディを独自に製造しておらず、他社の人形を仕入れて衣裳を着せて販売されていました。当時、他の工房では衣裳を人形に直接縫い付けられて販売されていたものが多くありましたが、それでは流れゆく最先端のファッションを取り入れるためには毎回人形ごと買い替えなければなりませんでした。彼は本来のマネキンとしての側面を強く表現し、彼の類稀なるファッションセンスを用いて衣裳を商品として別個に販売するために着せ替え可能な衣裳の開発に力を注ぎました。

アーモンドマルセル(ドイツ)

  アーモンドマルセルの工房で作られている人形の特徴は、スリープアイの様な仕掛けを取り入れたお世話をする玩具としての人形です。スリープアイは人形を横にすると目が閉じて眠っているような表情になる仕掛けです。当時子供の世話をするための教材としての人形遊びが流行し、アメリカや本家のフランスなどでもコレクターが現れるほどの人気を誇りました。

モリムラ(日本)

  モリムラは1915年から1922年の7年間だけ製造された日本製のビスクドールです。

モリムラで制作された人形はモリムラドールと呼ばれ、現存する数は少なく希少価値が高いため、高値で取引されています。

当時、アメリカでは第一次世界大戦の影響によりドイツとの国交が悪化して、人形の輸入ができなくなってしまいました。そこで日本のモリムラが日本製の人形を製造し、アメリカに輸出したのがモリムラドールです。ヘッド部分は陶器でできておりやや日本人的な丸みのある表情を浮かべているのが特徴です。

日本で独自に製造された「和製ビスク」は西洋への憧れ!

 日本では上記のモリムラドールとは別に、和製ビスクとして作られたビスクドールも製造されています。現代でもファッションの最先端はフランスのパリという認識は強くありますが、第一次世界大戦の後に西洋に憧れを持っていた日本人は、日本独自で日本人向けにビスクドールを制作しました。俗に「さくらビスク」や「ママー人形」という名前で親しまれて多くの家庭で流行しました。日本の子供たちは、西洋の赤ちゃんを真似られた人形をお世話したり、一緒に寝たりして愛していました。西洋に憧れを持つのは今も昔も変わらないと感じられます。

アンティーク人形を高く買い取ってもらうためのポイントを伝授!

せっかくビスクドールを手放すのなら高く買い取ってもらいたいですよね?

そのためのポイントを伝授します。

保存状態をよく保っておく

  ビスクドールだけに限らず観賞用の品物は、保存状態の高く保つことが高価買取のためには必要です。製造時期から150年以上の品物もあり、きれいであればあるほど高額で取引してもらえます。品物の状態を悪化させないために高温多湿な場所を避けるなど保存状態に気を遣いましょう。ビスクドールはヘッド部分が陶器でできているため、落としたりぶつけたりしてしまうと、ひび割れや破損してしまうこともありますので丁寧に保管してください。

小物や箱などの付属品も捨てないで取っておく

  製造数の少ないビスクドールは保管のために専用の箱や保証書がついている品物も多くあります。製造の年代や作家など、刻印だけでは判別できないこともあるので、品物が本物である証拠となるので付属品は処分せずにとっておきましょう。また、ブリュやユレーのような作家の作品は、着せ替えの衣装やアクセサリーなどに特徴や、当時の最先端の技術や技法を凝らして作られている付属品もありますので、壊れていたり汚れていたりしても捨てないで取っておくことをおすすめします。

自分で修理したりしない

  少しでも高く取引をしてもらうために掃除したり修復したりする品物もありますが、ビスクドールでは、自分できれいにしたり修復することは絶対にやめてください。精巧で製造難度の高いビスクドールは下手に素人が修復してしまうと台無しになってしまう恐れがあります。

可能なら入手ルートもメモしておく

  高額な商品であるため、復刻品や偽物も多く流通してしまっているビスクドールは、本物と偽物の判別はプロでも誤ってしまうこともあります。その時に査定の手助けとなってくれるのが、その商品の入手ルートです。例えば、競り落としたオークションや骨董市がわかるならばメモや保証書をつけておくだけで査定がアップします。

製造初期のビスクドールは希少価値が高く製造期間も短いので、復刻品や偽物も多く流通しています。その為鑑定をお願いする業者選定も高額で買い取ってもらう際には重要なポイントです。多くの鑑定実績のある業者でビスクドール専門の鑑定士のいる買取業者に依頼しましょう。

まとめ

本記事では、ビスクドールの歴史や豆知識だけでなく、人気の作家や工房の作品の特徴についての解説、ビスクドールを高く買い取ってもらう際のポイントについてまとめました。世界中にコレクターの多いビスクドールは復刻品や偽物といった価値の低いものも多く流通しています。ご自身のお持ちの思い出のコレクションはせっかくだから相場以上の価格で引き取ってもらいたいと思うはずです。その手助けにこの記事が役に立てたら幸いです。

弊社では専門の鑑定士も多く在籍しておりますので、売却をお考えの方は是非お気軽に弊社にお問い合わせください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事