2023.11.13

加藤泉とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、査定買取に関する情報をわかりやすく!

Category

作家名

Tags

加藤泉(かとう いずみ)は、島根県出身の日本の画家であり彫刻家です。

加藤泉の作品は、一貫して「人間」をモチーフにしている点が大きな特徴です。

加藤泉は、これまで多くの特徴ある作品を生み出してきましたので、国内でも海外でも高い評価を得ています。加藤泉の作品の多くは、驚くような高値で査定・買取されています。

加藤泉の作品の大きな特徴といえば、人間をモチーフにしている点だと最初にお伝えしました。

彼の場合は、人間を漠然と描いているわけではなく、はっきりと「人間」とはいえないプリミティヴィズム=原始的な様相を示している点に注目すべきでしょう。

加藤泉は、芸術家として活動を始めてから30年近く経っています。

一貫して人間や人間の顔、そのかたちなどにこだわっています。

メディアでも取り上げられる機会が多く、普遍的な人の姿や人の顔といったテーマを追い続けるファンも多く、新しい作品が出る度に注目され続けるアーティストの一人です。

ストイックなアーティストとしての加藤泉の作品を探している方もたくさんいらっしゃいます。

世間で話題になれば、高価買取になります。

美術品としての価値も高く、これまでも安定した売買実績があるからです。

日本を代表する画家・彫刻家である加藤泉は、国内外を含めて世界中に多くのファンがいます。

初めて査定を行うと、思った以上に査定額が高く、その人気の高さに驚かされます。

本記事では、加藤泉の経歴や作品の特徴を中心に、加藤泉の作品の査定・買取価格の目安、作品の価値についてご紹介していきます。

すでに加藤泉に興味ある方はもちろん、これから加藤泉の作品を集めたい、と考えている方にとっても有益な情報提供を行っています。

加藤泉とは

加藤泉は、1969年生まれの島根県出身の男性アーティストです。主に油彩や彫刻などの作品を多数残しています。

彼は、武蔵野美術大学で油彩を学び、1992年に大学を卒業した後、数年の空白期間を経て作家活動を開始しています。

彼の作品の特徴は、一貫して人間の姿や顔などをモチーフにしている点です。

しかも、プリミティヴィズム=原始的な様相にこだわり、ワイルドで力強く、なおかつ繊細さとの絶妙なバランスを追求した彫刻作品などが有名で、高い人気があります。

加藤泉の経歴

加藤泉は島根県出身

加藤泉は、1969年に島根県で生まれました。

1992年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業しています。

胎児や宇宙人のような人間をモチーフにした作品を手掛ける

初期の頃の加藤泉の作品は、胎児や宇宙人のような奇妙な人間をモチーフにした油彩絵画作品を手掛けていました。

アートシーン以外では「まるでホラー」とも評されて話題となりました。

そのため、最初は彫刻よりも絵画作品のほうが多くの人の注目を集めるようになりました。

海外の美術展にも積極的に参加

2002年頃になると、加藤泉はイタリアやドイツなどの海外で開催されている美術展にも作品を出展するようになっていきます。

そして、2004年頃からは、立体作品も発表するようになっていきました。

2000年以降の加藤泉の海外での有名な出展

2005年、アメリカ合衆国ニューヨークのジャパン・ソサエティー・ギャラリーで行なわれた美術展

「リトルボーイ:爆発する日本のポップカルチャー」

 (Little Boy: The Arts of Japan’s Exploding Subculture)

 立体作品(「無題 2004」)と絵画作品を出展したことで、加藤泉が大きな話題となっています。

2007年、第52回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際企画展 (it:LII Esposizione internazionale d’arte di Venezia) に招待されました。

この国際企画展では、加藤泉の絵画作品である(『無題』2006年。国立国際美術館蔵)などを出展しています。

2017年、パリのポンピドゥーセンター・メッスの『Japanorama』展に参加しました。

その他の個展や展覧会

2016年、富山県下山芸術の森発電所美術館にて、

「この世界に生きている-加藤泉×陳飛」が開催されました。

2017年、東京のペロタンギャラリーにて、パリのイデムで作成したリトグラフによる新作を発表しています。

2018年、中国北京のRed Brick Art Museum、ソウルのペロタンギャラリーにて個展が開かれました。

加藤泉の作風

加藤泉の作風を一言で表現するなら次のようなフレーズがぴったりでしょう。

  • 「プリミティブな」
  • 「不思議な有機性を持つ」
  • 「力強く生命力に溢れた」
  • 「不気味な」
  • 「異形の生命体」
  • 「原始的生命体」
  • 「幼形成熟したキモカワイイ裸の人と植物」

加藤泉と言えば、見た目には胎児とも宇宙人とも思わせるような原始的な生き物(つまり、人や人間、だという意味)をモチーフとしていることでよく知られています。

その生き物をよく見ると、まるで体から植物が生えているような感じがします。

一見可愛らしい様子をしていますが、見る人に少し不安を掻き立て、気持ち悪さを感じさせるものが多く、人間の本能に訴えてくるような何かを持っている作品です。

日本の風土や文化を元にした作風ではなく、モダニズムの時代に西洋のアートシーンで憧憬を集めたアフリカン・アート的な様式に近い、といったほうがいいでしょう。

絵画の作成時は絵筆を使わずに、薄い手袋をはめて指先に絵の具を付けて描くのが、加藤泉の制作スタイルです。

作品の中には、2メートルを超えるような大きなサイズの油彩作品もあります。

特徴ある作品になると、査定すれば1700万円の高値が付くなど、彼の評価は留まるところを知りません。

作品のタイトルにおいては、無理に意味を込めているものが少なく、あくまでも「無題」としながらも、見るものの想像力に訴えるようにして、各自の捉え方の違いによって、いかようにも受け取れるような作品が多くなっています。

また、2004年作の立体作品「無題」は、欧米のインターネットサイトで話題となったことで、インターネットユーザーがその作品に「SCP-173」という名前を付けてその他の作品も続々とキャラクター設定を行い、そこから「SCP財団」という共同創作サイトが作られるまでになりました。

加藤泉サイドは、この創作について二次創作であること、営利目的ではないこと、などを明記するようにと「消極的認証」をしているそうです。

アーティストの何でもない一つの作品が、インターネットを通じて世界中の人々を巻き込んで巨大な創作の渦を作り上げたという事実は、まさに加藤泉のクリエイティビティが成せるような稀有なエピソードだといえるでしょう。

加藤泉の作品

絵画作品では、キャンバスに描かれた一般的な油彩画の他、布地、動物の皮なども素材として活用されています。

描かれたユニークな人の姿や顔は、人間の二面性を表現しています。

美術に詳しい方が見れば、マーク・ロスコやバーネット・ニューマンなどの抽象表現主義絵画の画面構成を思わせるようなバランスで描かれています。

色使いは、黒を基調とした鮮やかな原色を多用しています。あくまでも原始的で神秘的、恐ろしさを秘めた生命の根源を表現しているかのようです。

加藤泉の作品は、19〜20世紀頃の西洋風土を土台とした抽象表現やプリミティビズム、モダニズムなどを彷彿とさせます。

油絵画から発展して生まれた彫刻作品は、絵画を立体に置き換えた作品となっており、よりダイナミックで人間よりも大きな造形に鑑賞者を圧倒していきます。

彫刻作品で使用されている素材は、木材や石などの天然素材の他、シリコンなども使われています。

ペイントはアクリル絵の具です。平面作品とリンクしていることから「立体物を支持体とした絵画」としての彫刻作品に仕上がっています。

近年制作された小型の彫刻作品は、ソフビを素材としており、フィギュアとして美術館とのコラボレーショングッズになったことで人気が集まっています。

このようなグッズは、誰にでも手に入る加藤泉の手軽なアート作品となっています。

加藤泉の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報として紹介します。

横スワル ドローイング 買取価格22.5万円

Untitled 5 I 買取価格35万円

無題(1) 買取価格35万円

加藤泉の作品は、世界中で高い評価があり、知名度もあります。

そのため、新しい作品が出れば、ますます高い価値が付けられるのではないでしょうか?

絵画のほか、版画作品やポスターなどの作品も発表されています。

さらに、オブジェなどの立体作品も精力的に制作している作家です。

こうしたことから、想像以上に加藤泉の作品の買取ジャンルは多岐にわたります。

国内の美術館でも企画展が定期的に開催されていますので、海外の有名ギャラリーでも取り扱いがあります。

国内と国外の両方で注目度の高い作家だと言われています。

加藤泉の作品は査定・売却は可能なのか

ここまでで加藤泉の経歴や作品の特徴についてご紹介いたしました。

ここからはすでに加藤泉の作品を所有してる人や、これからの所有を検討している方に向けて、高値査定や売却のポイントについてご紹介いたします。

作品の発売直後

美術品等の査定買取は、その作品や作家の知名度が高ければ高いほど、査定買取も高くなる傾向があります。

また、発売直後の作品は、メディアで取り上げられる機会も増えることから、注目されやすくなり、一時的に査定額が上がります。

加藤泉はすでに世界中から高い評価を集める現代画家・彫刻家です。

過去に手掛けた作品を所有している場合は、状態が綺麗かつ発売直後の状態のままなら、想像以上の高い査定結果になるでしょう。

メディアで注目されるとチャンス

人気芸能人や海外セレブがアーティストの作品やグッズを愛用していることがわかると「人気が高まる」ことがあります。

過去にトレンドとなった作品なら、発売からかなりの時間が経過していても、再度注目が集まれば高額査定となることがあります。

加藤泉は、世界的に評価の高い魅力的な現代画家・彫刻家です。

作品の売却を検討する場合は、各方面での情報に敏感になり、こまめにメディアやニュースなどをチェックするといいでしょう。

加藤泉の作品は、特徴的な代表作があることや、どの作品も希少価値の高い作品ばかりであるため、確実に高価買取できます。

作品のサイズや作品の内容によっても買取金額は大きく異なりますが、加藤泉作品の売却をご検討の際にはぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、加藤泉の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点について詳しくご紹介しました。

「加藤泉」は、すでに国内外で高い評価があり、それを裏付けるような知名度も持ち合わせています。

これから加藤泉の良質の作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、加藤泉の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事