2023.11.13

金田涼子とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、査定買取に関する大切な情報!

Category

作家名

Tags

金田涼子(かねた りょうこ)は、まだ若いながらも現代アート界で活躍している現代アーティストです。

金田涼子の場合は、神や自然現象などの人知を超えた存在を女の子に擬人化して描いているのが、作品の大きな特徴です。

国内でも海外でも高い評価を得ている作品が登場しており、これまで制作してきた作品もかなりの高値で査定・買取されています。

金田涼子の作品の大きな特徴といえば、可愛らしい女の子たちがたくさん登場している点です。

しかし、この女の子たちはみんな神や自然現象などの人知を超えた存在を擬人化したものです。

金田涼子は、このような可愛らしさに大変な人気が集まっており、彼女の作品を集めている人が増えており、高値査定・買取になることが多くなっています。

金田涼子の作品は、メディアでも取り上げられる機会が増えています。

新しい作品が登場すれば、さらに注目され、絵画にも人気が出て、注目され続けるアーティストの一人となっていくでしょう。

金田涼子の作品を探している方も年々増えています。

世間で話題になれば、オリジナル作品なら高価買取になることが多くなります。

美術品としての価値ももちろん高く、これまでも安定した多数の売買実績があります。

日本の現代アーティストとして注目されている金田涼子は、すでに世界中に多くのファンがいるのも事実です。

査定して初めてその作品の真の価値に気づき、さらにお気に入りになっていく人が多いのも事実です。

本記事では、金田涼子の経歴や作品の特徴を中心に、金田涼子の作品の査定・買取価格の目安や作品の価値についてご紹介します。

すでに金田涼子に興味のある方はもちろん、これから金田涼子の作品を集めたい、と考えている方にとっても有益な情報を提供していきます。

金田涼子とは

金田涼子は、茨城県出身の現代アーティストです。

神や自然現象など人知を超えた存在を大小様々な女の子たちを描くことによって表現しているのが彼女の作品の大きな特徴です。

近年では、日本の土着的な文化や日常的な気配などをテーマとした作品を意欲的に数多く制作しています。

金田涼子の経歴

金田涼子は茨城県生まれ

金田涼子は、1991年に茨城県に生まれました。

その後、2014年に横浜美術大学を卒業しています。

まだ若いアーティストではありますが、東京を拠点に活動を続けています。

茨城北部の田舎で育つ

金田涼子は、茨城県生まれですが、実家が県の北部の田舎にあって、自身も雄大な大自然の環境の中で育ちました。

小さな頃は、その環境を意識することはなかったようですが、横浜や東京などの都会を拠点として作品を創るようになると、自らの生まれ故郷の大自然や歴史、伝統などを再認識するようになっていきます。

自分の生まれた環境から離れたことで、逆に生まれ故郷の大自然のことが理解できるようになり、山や自然、伝統行事などに興味を持ち、テーマに採り入れるようになってきています。

金田涼子の作品の一つ「果つ/拵え/希う」では、鹿児島の高千穂峰に登ったときのこと、そのお鉢の綺麗さに感動したそうです。

この作品は、その感動を忘れずに絵の中に取り入れつつ、誰もが知る日本の伝統的な行事である「ひな祭り」をテーマに3つの場面で表現したものです。

金田涼子のこれまでの受賞歴

2013年 リキテックスアートプライズ2013 入賞

2014年 横浜美術大学卒業制作展 学科優秀賞

2015年 ASIAN CREATIVE AWARDS vol.1 入賞(+DESIGNING 選)

アジア圏で展開するHRD Artist Label(HRD)と提携

金田涼子のプロモーションや作品展を手掛けているのは、HRD Artist Labelです。

HRDは、アジアで急速に人気が高まっている現代アート市場を中心として、日本人アーティストの海外展開を支援してきた会社です。

例えば、美術館やギャラリーでの作品展開催や作品のライセンス展開、ファッションブランドや映画俳優とのコラボレーション等、従来の枠にとらわれない方法によってアーティストのファン層の裾野を広げ、認知拡大を進めてきました。

日本でも2022年8月、代官山ヒルサイドフォーラムで大規模作品展「Moment to Last」を開催しました。

2023年はHRDの提携アーティストとアシックス中国のコラボレーションなどを発表しました。

HRDは、今後、中華圏・日本にとどまらず、アジア圏での展開を加速していく方針であることから、金田涼子とその多くの作品もアジア圏で目にすることが増えると予想されています。

金田涼子の作風

金田涼子の作品といえば、神や自然現象などの人知を超えた存在をキャラクター的に描くという個性的な画風が大きな特徴です。

知名度が高まるにつれて、海外からの評判も高くなってきており、これからも期待されている現代アーティストです。

彼女の作品の中に登場するのは可愛らしい大小の女の子たちですが、台風や虹といった天候や自然現象をモチーフにしたキャラクターのシリーズには特に高い人気があります。

もちろん、日本のアニメ風のキャラクターと日本画との融合は現代の若い人にも参考になる作品ばかりです。

イメージは日本のアニメやコミック風ですが、あくまでも構図は日本の伝統的な絵画を踏襲しているかのようです。

普通に考えていたら避けてしまうような相反する二つの要素ですが、ごく自然にサラっと表現できているのが、金田涼子の作風の特徴だと言えるでしょう。

女の子は、どの女の子もふわっとした感じで描かれています。

しかし、あまり際立った個性を表しているのではなく、女の子たちの集合体として大自然の中に存在するものであると捉えています。

それは目に見えない存在のような不思議な印象を受けるはずです。

金田涼子の作品

主な個展

2020年「あめつち」・東京 / Gallery Yukihira

2021年 「金烏玉兎」・北京 / 北京当代潮流芸術画廊 42ArtSpace

2022年 「In Our Nature」 ・ロサンゼルス / Corey Helford

Gallery

2023年 『金田涼子 回顧展2020-2022 「幾星霜」』・台北 / ホテル「美寓meistay」

2023年「雪月風花」・上海 / 上海宝龍美術館

グループ展やアートフェアへの出展

2021年 グループ展「THEATER」・東京 / Artglorieux GALLERY OF TOKYO

2022年 グループ展「蝉鳴」・台北 / ホテル「美寓meistay」

2022年 グループ展「Moment to Last」・東京 / 代官山ヒルサイドフォーラム

2022年 グループ展「Intermission 幕間休憩」・上海 / Lyceum Theatre

2022年 アートフェア「ART TAIPEI2022」・台北 / 台北世界貿易センター

2022年 グループ展「Intermission」・東京 / 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM

2023年 アートフェア「アートフェア東京2023」・東京 / 東京国際フォーラム

その他、「199X」展のキュレーション。

金田涼子の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報として紹介します。

In our nature 買取相場は7〜10万円前後

星降り山 買取相場は10〜20万円前後

金田涼子の作品は、世界各地での個展の開催や展覧会に出展されるにつれて、知名度も高まりつつあります。

今までにないオリジナリティを求める方にも注目されており、作品が増えるにつれて買取価格も上がっていくことが予想されています。

まだ、若いアーティストであるため、新しい作品がこれからもたくさん登場します。

新しい作品が生まれる度に驚きが生まれ、高い価値が付けられていくでしょう。

金田涼子の作品は査定・売却は可能なのか

ここまでで金田涼子の経歴や作品の特徴についてご紹介いたしました。

ここからはすでに金田涼子の作品を所有してる人やこれから所有したいと検討している方に向けて、高値査定や売却のポイントについてご紹介します。

作品の発売直後

通常、美術品等の査定買取は、その作品や作家の知名度が高ければ高いほど、査定買取も高くなります。

特に、新しい作品の発売直後は、メディアで取り上げられる機会も増えることから、多くの人の認知度や注目度が高まって、一時的に査定額が大幅にアップし、高額買取のチャンスが増えます。

金田涼子は、まだ若いアーティストですが、世界中から注目されており、作品にも高い評価が与えられています。

無名の頃や過去に手掛けた作品を所有している場合でも、状態が綺麗かつ発売直後の状態のままなら、高い査定結果になることが予想されます。

メディアで注目されるとチャンス

人気芸能人や海外セレブがアーティストの作品やグッズを愛用していることがわかると「一気に人気が高まる」といった傾向があります。

過去に一度でもトレンドとなった作品なら、発売から時間が経過している作品であっても、再度注目が集まることによって、高額査定となる機会です。

金田涼子は、将来が期待されている魅力的な現代アーティストの一人です。

作品の売却を検討する場合は、各方面での情報に敏感になることが売却機会を見極める正当な方法です。

こまめにメディアやニュースなどをチェックしながら、売却の時期を判断するようにしましょう。

金田涼子の作品は、まだ年齢が若いことから作品の数が少ないという点が残念です。

しかし、まだ作品が世に出回っていないために、そう簡単にはお目にかかれないような希少価値の高い作品が多くなっています。

作品の種類によっては、高価買取になることがありますので、まずは信頼できるところに査定をお願いすべきでしょう。

また、作品のサイズや作品の内容によっても買取金額は大きく異なりますが、金田涼子作品の売却をご検討の際にはぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、金田涼子の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点について詳しくご紹介しました。

「金田涼子」は、まだ若い現代アーティストではありますが、すでに国内外で高い評価が集まっています。現代アーティストとしての知名度も高くなりつつあり、将来が楽しみな日本の現代アーティストです。

これから金田涼子の良質の作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、金田涼子の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事