2023.11.16

横浜で古書を買取してもらうなら?おすすめの売却方法や査定時の注意点を解説!

Category

古書

Tags

横浜にお住まいで、大切に保管していた古書を売却したいと考えているなら、できる限り高値で買取してもらったほうがいいのは当然です。

しかし、大都市である横浜であっても、リサイクルショップならたくさんありますが、古書の買取となると、いいお店が思い浮かばないのではないでしょうか?

今回は、下記のようなお困り事のある方に向けての情報提供を行っています。

「たくさんの古書があるけど処分する時間がない!」

「簡単に売却できる方法は?」

「引っ越しや片付けで大量の古書を処分したい!」

「できる限り高値で買取してもらいたい!」

このようにお考えなら、きっとこの記事が役に立つでしょう。

本記事では、横浜にお住まいで、今現在古書の買取を希望されている方に向けて、中古本店の正しい活用方法、その他の手軽に本を売る方法、宅配買取などの古書買取方法について簡単にご紹介しながら、売却や査定時の注意点などをわかりやすく解説しています。

古書の考え方について

こちらでご説明する「古書」は、「中古本」や「古本」のように安っぽい品物ではありません。古本は、今現在新品でも販売されている本のことです。古書とは異なりますので、その点をしっかりと押さえ、希少価値の高い「古書」は、高値で買取してもらえる可能性が高い品物であることを知っておきましょう。

すでに絶版となっている「古書」

古書といえば、すでに絶版となっていて、新刊が入手できないものです。

人気の古書になると、復刻版などが販売されていることがありますが、こちらが人の手に渡って販売される場合は古本となります。

古本は、発行されてから比較的新しい本のことです。一度誰かの手に渡った後に、古本屋などで安価に入手できる場合があります。

古書は、新刊では入手できないため、希少価値の高い本は古書として高値で取引される可能性が高くなります。

古書を売る時によくある失敗

古書は入手しにくく希少価値が高い、ということはすでにご説明しましたが、買い手によっては、全くその価値を評価してもらえない場合がある点にご注意ください。

希少価値や文化的価値のある古書もお店選びを間違うと、買取拒否や安値で買い叩かれてしまうでしょう。

鑑定や査定のプロがいない場合は、高価で価値のある古書であっても廃棄処分されてしまう恐れがありますのでご注意ください。

コレクターに売却するのが最もよい方法!

古書はその価値をよく理解している「コレクター」に買い取ってもらうのが最もよい方法で高値での買取が実現します。

古書は、一般の人にとってはガラクタでも、その古書を探しているコレクターにとっては「お宝」にもなりえます。

例えば、次のようなケースで古書を集めているコレクターがいます。

  • 復刻版がなく古書でしか読めないもの
  • コレクションとしてシリーズ本を収集
  • 特定の著者の本を全てそろえたい
  • 将来価値が上昇すると予想できる古書

古書を売るなら古くから買取をしているお店を選ぼう!

古書の多くはすでに絶版となっているような古い本ばかりです。

一般の本屋さんでは入手できないような貴重な本ばかりが多く、詳しく調査しなければ査定や相場なども正確に判断できない場合があります。

そのため、古書を売るなら、昔から買取を実施しており、古書の買取実績が豊富なお店を厳選しなければならないでしょう。

この章では、どのような基準で古書買取店を選ぶべきか、そのポイントのいくつかについてお伝えします。

あらゆるジャンルの古書買取に対応

本の種類は多種多様で、専門分野の本となると、その鑑定・査定も難しいため、正確に評価し、査定できるプロの鑑定士・査定士が存在する古書買取店を選んでください。

特定のジャンルだけの古書を売りたい場合もありますが、買取したい本の種類が多いなら、幅広いジャンルに対応したお店を選んだほうが買取総額は高くなることは当然でしょう。

買取方法が選べること

買取方法は、店頭買取のほか、宅配買取、無料の出張買取などにも対応しているところがいいでしょう。

横浜にも出張買取に対応している古書買取店・古本屋はたくさんあります。

ポイントは、どの買取方法であっても「基本無料」で対応しているかどうかです。

また、買取できなかった場合も、置き場所に困るのであれば、その場で処分してもらえるかどうかも確認しておきましょう。

横浜でおすすめの古書専門店とは?

この章では、横浜でおすすめできる古書専門店の特徴についてご紹介しています。

おすすめは、町の古書店、インターネットで古書を取り扱う専門店などでしょう。店舗持ち込みよりもインターネットの事前査定を受け付けている専門店のほうが、買取拒否になった場合でも無駄がなくて安心です。

店頭買取や宅配買取に対応

おすすめは、神奈川県内や横浜市内を主な営業エリアとしていて、店舗があるだけではなく、宅配買取などの複数の買取方法にも柔軟に対応しているのかどうかです。

例えば、古本の買取も受け付けているだけではなく、各店舗へ持ち込んでの店頭買取と、店舗まで宅配するだけで手続きまで全て完了できる宅配買取といった複数の種類の買取方法です。

メール査定を受け付けている

出張査定以外では、メールで古書の写真を送るだけで、事前に概算見積りがわかる便利な買取サービスがあるところもおすすめです。

ポイントは、見積もり依頼もとても簡単で、売りたい本の情報をメールで送るだけですぐに見積り金額を教えてくれるかどうかです。

大量の古書買取にも対応

大量の古書を処分する必要がある場合は、数千冊以上の大量の古本買取にも対応しているお店を選びましょう。

また、大手では買取不可とされたバーコードなしの古書でもきちんと査定し、買取するお店もおすすめです。

査定に納得してもらえるように、査定価格の背景の説明などもあって、他の古本屋よりも丁寧なところも探せば見つかるでしょう。

遺品整理にも対応

「遺品査定士」の資格を持つ査定員が在籍していて、遺品整理や不用品整理にも対応している買取専門店もあります。

必要に応じて依頼してみてください。

店主が古書好きで専門知識がある!

例えば、大学院で国文学や書誌学などを研究していた経歴を持つ店主が運営している古書買取店もあります。

専門知識が豊富でしかも幅広く、学術専門書や全集などの希少価値の高い本を中心に、趣味の本、写真集などまで幅広く買取対応しています。

買取分野が幅広い!

児童書をはじめ、ビジネス書・経済書・学術書・専門書、雑誌といった分野の古本買取に対応しているお店です。

特に、専門書・学術書・実用書といったジャンルの古本を高価買取してもらえると、多くのお金を手にすることができます。

買取で損をする可能性が高い方法

大手チェーンの古本屋、メルカリ、ヤフオクなどを利用した買取・売却方法です。

大手チェーンの古本屋は、古書の買取には向いていません。

できる限り安く売るために、値切られてしまう恐れが高いからです。

また、買取拒否になることも多いのが大手チェーンの古本屋です。

同じインターネットでもメルカリやヤフオクは、自分で値付けして売却するため、売れるまでにかなりの時間を要します。

古書になると、そもそもニーズが限られているため、売れるまでに1年以上かかるケースもあるからです。

ただし、お持ちの古書についての知識が深く、正しい価値や適正価格を知っているなら、メリカリやヤフオクを利用した売却でも問題ありません。

本を高く売るコツについて

古書に限らず古本を高く売るコツについて解説します。

少しでも高く買い取ってもらうことを目標に細かな点にも気を配りましょう。

専門書は高値がつきやすい

販売数が一時的に多かった直木賞や芥川賞などを受賞した本、ベストセラーと呼ばれる本は販売数が多いため、買取額が低く出る傾向があります。

逆に、市場での流通量が少ないといわれる専門書(医学、法律書など)や、マニアックなサブカル本、発行日から日数が経過していない本、などは高値がつきやすくなります。

保存状態が重要

傷みやページ折れ、破れなどの状態が悪い本は買取価格が下がります。

日焼けによる変色、シミ、飲み物をこぼした跡、臭いなどがあると、状態が悪い、とみなされ、どんな本でも査定額が下がります。

全集などをまとめて売ること

文庫や新書を例にすると、同じ作者、ジャンルをまとめたほうが査定がよくなります。

また、コミックの場合は、全巻セットになっていると、高く買い取ってもらえるでしょう。

全巻がそろっていない場合でも、できる限り巻数をまとめて買取査定を依頼したほうが高値査定がつきます。

付属品があると査定額アップ

付属品(CD、カバーなど)がついている本があります。

もちろん、それらが無いと買取額から減額されてしまいます。

各種付属品は、購入後捨てたりせずに大切に保管しておきましょう。

技術関連の書籍には、CDなどの付属品が多く、付属品を目的にその本を探している方が多いといった事情があります。

まとめ

本記事では、横浜で古書を買取してもらうなら?おすすめの売却方法や査定時の注意点を解説!、と題して、横浜での古書の買取・査定について詳しく解説いたしました。

これからお持ちの古書を売却したいと思っている方、査定・買取を検討している方は、この記事をご参考にしていただけますと幸いです。

もし、他にも古書の購入、査定・買取を検討している方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社にもお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事