2023.11.17

絵画を売却する際の5つの必勝ポイント

Category

絵画

Tags

自宅にある絵画を売りたいと思った。
売れるものなら現金化したい。
できることなら、少しでも高く売りたい。

絵画を高く売りたいと思っているけど、何から始めたらいいの?
高値で売るためには何を知っておくべきでしょうか?

この記事では、絵画の高価買取の秘訣について詳しく紹介します。

セクション1: 絵画の価値を理解する

絵画を売りたいときには、自分の持っている絵画がどれくらいの価値があるのかを正確に理解することが必要です。ここでは、簡単に価値を知る方法をご紹介します。

・絵画の詳細情報の整理

絵画を買取店に持ち込む前に、持っている絵画のことを詳しく知りましょう。絵画についての情報を調べることは、とても大切です。

・作家の名前

誰の作品か?

絵画の販売において、画家の情報を知ることは売る際の重要ポイントです。

画家の名前とサインがあれば、それを確認しましょう。有名な画家の作品は一般的に高値で取引されます。

ちなみに、海外の絵画オークションで最高落札額をつけられた作品は何かご存知ですか?

あの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが描いたとされる油彩画です。「サルバトール・ムンディ」との名前が付けられています。2017年11月15日にクリスティーズのオークションにかけられ、手数料を含めて4億5031万2500ドル(当時のレートで約508億円)で落札されましたこの額は、これまでの美術品の落札価格として史上最高額となりました。

1958年にオークションに出品された際には複製とされてわずか45ポンドで落札されましたが、2005年に美術商が1175ドルで入手した後、修復の結果ダ・ヴィンチの真筆とわかりました。驚くようなエピソードですね。

このように、価値を知らないで眠っているお宝は、まだたくさんありそうです。

・絵画の技法

技法によっては、作品の美しさや独創性を高めることができるため、それが買取価格に影響することがあります。具体的にご説明します。

最初に油絵についてご説明します。油絵は、色彩の表現力や光沢感を高めることができるため、多くの絵画の中でも高い評価を受けています。また、耐久性が高く、長期間保存することができるため、コレクターからも人気があります。

次に水彩画です。水彩画は、透明感や軽やかさを表現することができるため、美術愛好家から高い評価を受けています。

最後に版画です。版画は、独特の質感や色合いを表現することができるため、美術愛好家から高い評価を受けています。

ちなみに、世界で一番有名な油絵は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」であるとされています。

・状態とサイズ

絵画の状態は買取価格に影響します。たとえば、絵画に傷や汚れがある場合、修復費用がかかるため、買取価格が下がることがあります。また、絵画のサイズも買取価格に影響することがあります。一般的に、大きな絵画ほど高値で取引される傾向があります。

大きな絵画を制作するにはより多くの時間や労力が必要であるため、その分買取価格が高くなる可能性があります。また、大きな絵画は目立ちやすく、インパクトがあるため、コレクターからも人気があります。

例えば、パブロ・ピカソの「ゲルニカ」は、高さ3.5メートル、幅7.8メートルという大きなサイズで描かれており、価値が高いとされています。ただし、市場価格は常に変動するため、正確な金額を示すことはできません。

楽天市場には「ゲルニカ」のレプリカが販売されており、こちらの価格は40,700円となっています。

セクション2: 保存と保護に気をつける

自宅で簡単にできる保管方法をいくつか示します。

絵画は定期的な掃除が必要です。

絵画の表面に積もったほこりや汚れを取り除く方法は、やわらかい筆や乾いた布を使用することです。

ただし、強い圧力をかけないように注意してください。あまり強くこすると、表面の絵の具がはがれてしまう可能性があります

また、油彩画の場合は、水やアルコールなどの洗剤を使用しないでください。

絵画をきれいにするための手順をご説明します。

  1. 絵画を水平に置きます。
  2. やわらかい筆や乾いた布で、軽くふき取ります。
  3. 汚れが落ちない場合は、筆に少量の水をつけて軽くぬらし、汚れを取り除きます。
  4. 筆で汚れを取り除した後は、乾いた布で軽く拭き取ります。

以上の手順で、絵画の表面に積もったほこりや汚れを取り除くことができます。

ただし、貴重な作品や古い作品などは、プロの修復家に依頼することをお勧めします。

湿度が高いところで保管すれば、カビが発生しやすくなりますが、湿度管理は難しいです。。

簡単な方法としてはシリカゲルを使うと便利です。

シリカゲルは湿気を吸収することができる調湿剤です。絵画を入れた箱にシリカゲルを一緒に入れて保管すれば、絵画の劣化を防ぐことができます。

絵画の状態を適切に保ち、メンテナンスすることは、作品の価値を維持し、高く売却するために重要な要素です。絵画を売りたいときには、絵画の保管に少しの気遣いをすることで、買取価格に大きな差が生まれます。

セクション3: 買取先を選ぶ際の2つのポイント

絵画を売りたい場合、適切な買取先を選ぶことが大切です。ここでは、買取先の選び方について2つのポイントをご説明します。

ポイント1 信頼できる買取業者を選ぶ

絵画を売りたいときには、信頼できる買取業者を選ぶことが大切です。買取業者の評判や実績を確認し、信頼できる業者を選びましょう。

万が一悪質な業者に買取を依頼すると、価値を過小評価し、低額で買い取ることがあります。

また、契約書に記載されていない手数料を請求されることがあります。

一番ひどい例としては、代金が支払われないことがあります。

さらに、契約書に不備がある場合、トラブルに発展することがあります。

これらのトラブルを回避するためには、信頼できる業者を選ぶことが重要です。また、契約書をよく読み、不明点は質問するようにしましょう。

信頼性のある買取店5つの特徴

絵画を売りたいときに考えないといけないことは、信頼性のある買取店を選ぶことです。

信頼性のある買取店の5つの特徴を紹介します。

安心して絵画を売却するためにはこれらの特徴を頭に入れておきましょう。

1. 古い歴史を持つお店

信頼性のあるお店は、創業からの年月が長いことがあげられます。

永い歴史は多くの顧客から信頼されてきた証です。安心して利用できるお店は、創業から10年以上は営業しています。

2. 絵画専門鑑定士の在籍

絵画専門鑑定士が在籍している買取店を選びましょう。

絵画専門鑑定士は専門的な知識に加えて美的感覚・観察力を持っています。絵画の画家、時代、技法に精通しており、正しい査定ができます。鑑定士の鑑定結果は信頼できます。

3. 良質な口コミ

口コミがいいお店を選びましょう。顧客からいいレビューが多い買取店は信頼できます。多くの感謝の声や満足はレビューサイトで確認できます。

4. 古物商許可の有無

絵画の買取には「古物商許可」を持ち、その登録が必要です。古物商許可は、盗品の流通が増えたり、贋作が出回ったりすることを防ぐための必須の登録です。また、買取の際は身元を証明するものを提示しなければいけません。

5. 契約書があること

信頼性の高い買取店は、必ず契約書を交わします。売買のルール、買取金額の明示、支払いの期限、納品の予定などが明記された契約書を交わすことで、安心できます。

買取店を選ぶ際は、これらの特徴を持つ買取店にしなければいけません。信頼性のあることで、安心して絵画を高値で売却できます。買取店を慎重に選ぶことは、絵画を最高の条件で売却することにつながります。

ポイント2 複数の買取業者に査定してもらう

複数の買取業者に査定してもらい、価格を比較することでたくさんのメリットがあります。

できれば、多くの業者から査定をしてもらうようにしましょう。

一括査定を使えば一度の手間で済む

複数の買取業者から査定を受けることで、物件の相場を知ることができますが、何件ものお店を直接回るのはかなりの労力がかかります。そうしたときに一括査定を利用しましょう。

一括査定をすることで、複数の買取業者に査定依頼をする手間が省けます。

一般的に一括査定サイトは無料で利用できるので、安心して利用しましょう。

ただし、一括査定にはデメリットもあります。例えば、悪質な業者に引っかかる可能性がある点や、査定額と実際の売却価格に大きな開きがあることもある点です。

絵画買取一括査定サイトを利用して得をした人の声をお聞きください。

「一括査定サイトを利用したことで、自分が思っていたよりも高い査定額が出た。」

「複数の買取業者から査定を受けることで、一番いい条件で買取をしてもらえた。」

「一括査定サイトを利用することで、手間が省けた。」

「無料で利用できるので、気軽に査定依頼ができた。」

このように、一括査定はたくさんのメリットがあります。

一括査定のデメリット

便利な絵画一括査定ですが、個人情報の流出というデメリットもあります。

一括査定サイトには、個人情報を入力しなくてはいけません。セキュリティで保護されているとはいえ、個人情報が漏洩するリスクがあることも知っておく必要があります。

また、信頼できない業者に依頼してしまうリスクもあります。一括査定サイトに登録している業者はさまざまで、必ずしも信頼できるとは限りません。

その点については、十分注意しましょう。

まとめ

絵画を売りたいときにどうしたいいかをまとめると次のとおりです

適正な価格を把握する

一括査定を利用して、絵画の適正な価格を把握しましょう。

信頼性の高い買取業者を選ぶ

適正な価格で買い取ってくれる、信頼性の高い買取業者を選びましょう。

この記事では、あなたの絵画を高値で売るためのヒントやコツをご紹介しました。

絵画を売る際の参考にしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事