2023.11.17

不用と思われる絵画、ぜひ専門業者へ引き取りに!

Category

絵画

Tags

自宅や実家を整理していて、もし絵画が出てきたら……。

そんなときは、すぐに廃棄をせずに絵画の引き取りや買取を専門としている業者を探し、その絵画の価値をしっかりと見極めることをオススメします。

ではなぜ、絵画は専門業者に引き取ってもらうのがいいのか?

それには、しっかりとした理由があります。なぜ、絵画は専門業者に引き取ってもらうのがいいのか、絵画の引き取りについて、そのメリットやポイント、絵画の種類など詳しくお伝えしていきます。

絵画を引き取りに出すメリット

絵画はなぜ専門業者に引き取ってもらうのがいいのか?

そのことについて、わかりやすくまとめてみました。

絵画の正確な価値を見極めることができる

絵画の価値は、その作家や時代、技法などによって大きく変わるということをまずは知っておきましょう。例えば、作者の名前を聞いたことがないとしても、実は高価な作品である可能性も十分に考えられます。絵画を専門とする買取・引き取り業者にしっかりと査定してもらい、絵画の真の価値を見極めましょう。

適切な販売ルートが適正な価値評価につながる

絵画を買取ることを専門としている業者は、国内外の多岐にわたって販売ルートを持っています。そのため、絵画が適切な価格、適切な場所で売られていきます。こうした販売ルートをしっかりと確保されていることが、買取・引き取りを専門とする業者の強みです。こうした背景が絵画の真の価値を見極める背景となります。

意外な価値が発見されることも

例えば、絵画自体の価値が低くても、使用されている額縁や付属の装飾品が希少なアンティークである可能性があります。このような意外な価値も、専門の業者であれば見逃すことはありません。絵画での買取金額が低くても、額縁、付属装飾品で思わぬ高額買取となる可能性があります。

SDGsの観点からも推奨される行動

絵画を廃棄することなく引き取り評者を通して次の世代へと繋げることは、最近注目されているSDGsの観点からも推奨できる行為といってもいいでしょう。絵画は芸術品であり文化作品です。不用だからといって単に絵画を捨てるのではなく、新しい所有者に引き継ぐことは、文化や芸術の継承への貢献にもつながります。こうした視点からも、専門とする業者に絵画を引き取ってもらい、求められているところへ継承していくことは社会的な価値があります。

このように、絵画の買取、引き取りを専門業者にまず査定してもらうことで、思いがけない価値を知り、高額で買い取ってもらえる可能性があります。また、それだけなく絵画の引き取ってもらうことが文化、芸術の継承という視点で、社会的貢献を果たす価値ある行為で守ることがお分かりいただけるかと思います。

絵画の引き取りで避けるべきこと

次に、絵画の引き取るにあたって、できることならこれは避けましょう、ということをまとめてみました。

廃棄する

不用だからといってすぐに廃棄をすることは非常にもったいない話です。お住まいの自治体にもよりますが、絵画を「燃えるゴミ」として指定している自治体は数多くあります。それでも、額装されていたり、装飾品などがあったりする場合は分別廃棄が必要となります。キャンバス生地を打ち付けている釘などがあれば、それも対象になります。絵画の大きさによっては「粗大ゴミ」の扱いとなるケースもあります。その場合、廃棄する費用が発生することになります。大きさや重さによって、金額幅はありますが高額になると2000円ほどかかる場合もあります。なお、分別、廃棄費用については、各自治体によって条件が異なりますので、しっかりと調べる必要もあり、非常に手間ひまがかかります。

リサイクルショップでの買取

街中によく見かけるリサイクルショップ。一般生活用品、家電製品だけでなく、骨董品やアンティークなども店先に並んでいることも見かけます。近くで便利だからという理由で、リサイクルショップなどに持ち込むことはちょっと踏みとどまった方がいいでしょう。その場合は、そのリサイクルショップが、正しい価値評価を本当にしてくれるのかどうか、ということをしっかりと見極めてからにしましょう。先述した通り、絵画は隠れた価値があります。その価値をしっかりと見極めてもらうのであれば、経験と実績のある査定士が在籍し、買取・引き取り後の販売ルートを持っている専門業者で査定をしてもらうことが望ましいといえます。

不用だったらもう廃棄してしまおう、と思っても意外と簡単に済むものではありません。その手間ひまを考えたら、不用としても絵画を専門に引き取ってもらえる業者に依頼する方が何かと便利です。

なによりも、無価値と思える絵画でも実は価値が潜んでいた、ということも絵画の大きな魅力です。どうせなら、そのような絵画の魅力も満喫してみましょう。

絵画の種類について

絵画は、時代を超えて人々に感動を与え続けてきた芸術の一つです。その背後には、さまざまな技法や流派、そして対象が存在します。これらの多様性が絵画の深い魅力を生み出しているといってもいいでしょう。

そのような魅力ある大切な絵画を専門業者での買取、引き取りを前提とした査定を依頼するとしても、中には心にもない査定をする業者がいないとも限りません。買取、引き取り査定を依頼するのであれば、絵画に関する知識を持っておきましょう。

ここでは、絵画の種類や分類についてご説明します。

技法による絵画の種類

日本画

日本独自の美意識と技法が息づく表現を特徴とする絵画です。伝統的な色彩やモチーフを取り入れ、日本の風土や文化が表現されています。岩絵具や胡粉を使用し、日本の四季や風物詩を描き出します。

洋画

西洋の技法や様式で描かれる絵画です。日本画とは異なる視点や色彩で、多岐にわたる技法が存在します。主として油絵のことを示す場合が多いですが、水彩画、パステル画、ペン画、鉛筆画など、他にもさまざまな技法で表現される美しさでも魅力を持ちます。

油絵

油絵具を使用して木枠に麻や綿を貼ったキャンパスや紙、金属板などに描かれる絵画です。色彩の深みや重厚感が特徴で、絵の具の層を重ねることで立体的な表現が可能です。

水彩画

水と絵具を混ぜて描く絵画です。透明感や軽やかさが魅力で、風景や花、動物などを繊細に描き出します。透明水彩絵具(ウォーターカラー)と、不透明水彩絵具(ガッシュ)の2種類に分かれます。水の量を調整して、ぼかしたり、色を薄くしたりする表現が特徴的です。

水墨画

墨の濃淡を活かした絵画です。中国が唐と呼ばれた時代に成立したとされています。シンプルながら深い表現が可能で、風景や人物が描かれている作品が数多くあります。

版画

版を使用して複製される絵画。木版画や石版画など、使用する版の素材や技法によって複数の種類に分かれます。複製であるため多くの人々と共有できるのが特徴的です。

流派による絵画の種類

印象派

光や色彩を重視した絵画。瞬間的な風景や光の変化を捉え、新しい色彩の表現を追求しています。モネやゴッホなどが代表的な画家になります。

写実主義

現実を忠実に再現する流派。細部までの描写やリアルな表現が特徴です。代表的な画家としてはクールベやミレーが有名です。

ロマン主義

感情や想像を大切にした絵画。人々の心の動きや自然の美しさを感情豊かに描き出します。ジェリコーやドラクロアなどが代表的な画家として挙げられます。

新古典主義

古代ギリシャやローマの古典的様式を見直して、基礎として取り入れているのが特徴。形式美や均衡を重視し、代表的な画家としてはダヴィッドやアングルが有名です。

対象による絵画の種類

風景画

自然や都市の風景を描いた絵画です。四季の移り変わり、雄大で荘厳な自然の景色、また対象に都市の喧騒などを感じさせる作品など幅広い表現があります。

静物画

静止している物を主題にした絵画です。日常の小物や食材をアートとして描かれている作品が多くあります。

肖像画

人物を描いた絵画。モデルの心情や性格を表現することが求められていることも特徴です。自画像もこのカテゴリーに含まれ、画家自身の内面なども描き出すことを目的とした作品などもあります。

歴史画

歴史的な出来事や伝説を描いた絵画です。過去の英雄や神話を通じて、人々にメッセージを伝えるなどを目的としたものが多くあります。

宗教画

宗教的なテーマを持つ絵画です。信仰心や神話を絵画という表現を通して、人々に教えや教義を伝える目的を持っていることも特徴的といえるでしょう。

風俗画

日常の風景や風俗を描いた絵画です。時代の生活や文化を反映し、後世にその時代の様子を伝える役割も果たしています。

このように絵画というのは多種多彩な芸術作品です。それだけに、どこに価値が隠れているかわかりません。それだけに、実績と経験豊富な査定実績のある買取、引き取り業者に積極的に問い合わせや依頼をしてみましょう。

絵画引き取り業者選定のコツ

絵画は文化や歴史を象徴した芸術作品であり、多種多様な種類、技法によってその価値が変わってきます。そのため、絵画を売却する際には、適切な価格で買取、引き取ってもらえる信頼性のある業者を選ぶことが何よりも重要です。以下は、絵画買取業者を選ぶ際のポイントをまとめてみました。

買取方法の選択を持っている

絵画の買取・引き取り方法には、店頭買取、出張買取、宅配買取などがあります。特に絵画はデリケートなアイテムであるため、運搬中に傷がつくリスクを考慮して、出張による買取・引き取りを選ぶことがおすすめです。そのため、出張対応を積極的に展開している業者を選ぶようにしましょう。

経験と実績のある専門の鑑定士が在籍している

絵画の価値は、作家や時代、状態など様々な要因によって変動します。真価の見極め、適正な価格での査定のためには、絵画を専門とした経験豊富かつ実績のある鑑定士が在籍している業者を選ぶようにしましょう。

口コミによる実績や評価が豊富な業者

実際に業者を利用した人々の声は、業者選びの大きな手がかりとなります。特に、接客態度や査定価格、取引のスムーズさなど、実際のサービスの質を知るためには、口コミや評価をチェックすることは欠かせません。

絵画に特化した引き取り専門業者を選択

美術品や絵画に特化した業者を選ぶことで、適切な価格での買取・引き取りが期待できます。一般的な買取業者と比べ、専門業者は絵画の常に変化する市場価値を把握し、販売ルート多方面を持っているため、より高い価格での買取・引き取りが実現可能です。

ダメージがあっても相談できる業者

絵画には、経年によるダメージや保存状態による劣化など、様々な状態が考えられます。そのような場合は、ダメージを素直に相談できる業者を選びましょう。知識をしっかりと持った専門業者・査定士は、ダメージを修復可能な状態かどうかを判断して買取・引き取りの査定をすることがあります。状態によっては大きな金額ダウンを免れる可能性もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

絵画とは、その一枚一枚に歴史や文化が凝縮されている芸術作品であり、作家の有無、時代、種類、技巧といったこと以外にも、そのときどきの市場の流通状況にその価値も変わってきます。それだけに非常に専門性の高い査定が必要になります。

当社では、経験豊富かつ専門性の高い査定士が数多く在籍していることから、お客様が大切にされている絵画の真価を丁寧に見極めさせていただきます。また、多方面にわたる販売ルートを持っていることから、高額買取についても十分にご期待いただけます。

出張査定を中心として、店頭や宅配といった買取、引き取りにも対応しています。お客様のご要望や状況に応じた柔軟に対応と、絵画にダメージがある場合でも、修復の見込みを踏まえて誠心誠意の査定をさせていただいております。

美術品、絵画の買取、引き取り専門業者として長年にわたってお客様より信頼をいただいている当社だからこと、安心した買取、引き取りをお約束いたします。

気になる絵画がございましたら、ぜひお気軽にお問合せ、ご相談ください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事