2023.11.17

絵画を高く売るには?買取業者の種類や売り方のコツを徹底解説!

Category

絵画

Tags

「もう飾っていない絵画があるけどどうしよう」「蔵に眠っている絵画は処分するしかないのかな」と絵画の処分の方法にお困りの方もいるのではないでしょうか。

中古の絵画の需要は高いため、絵画を手放すことを検討している方は、買取業者へ査定の依頼を出すのがおすすめです。

今回の記事では、絵画の売り方の種類、高く売るためのコツ、絵画の種類と相場、買取業者の選び方のコツを紹介していきます。

自分の持っている絵画を、少しでも高く売るために参考にしてみてください。

絵画の売り方

まず最初に、絵画の売り方の種類について紹介していきます。

それぞれ売り方に特徴があるので、自分にぴったりの方法を見つけるために参考にしてみてくださいね。

店頭買取 

絵画が持ち運び可能な大きさであれば、お店に持って行き、店頭で買取してもらえます。

店頭買取の特徴は、お店で査定金額や査定の理由を店員さんから直接聞けて、金額に納得できない場合は持ち帰れるところです。

まだ、絵画を売るか確定していない方や、自宅の住所を知らせずに鑑定を受けたい方におすすめです。

店頭に絵画を持って行く時は、鑑定書や箱などの付属品も忘れずに持って行きましょう。

また、絵画によっては専門家による鑑定が必要なケースもあるため、お店の方へ事前に来店日時や絵画の詳細について伝えておくとスムーズに鑑定してもらえます。

お店に持ち運ぶ時は、絵画に傷が付いてしまうと査定金額に影響するので、十分に注意して運んでくださいね。

出張買取

出張買取は、業者が鑑定をしに自宅に来てくれるので、持ち運びが難しい大きなサイズの絵画でも売りやすくて便利です。

買取に来てもらう出張費は無料なので、お店になかなか足を運びにくい方にもおすすめです。

出張買取の業者へ電話かメールで買取依頼の連絡をし、絵画の情報や状態を詳しく伝えます。買取の訪問日時に絵画の適切な専門家が来てくれるので、事前に絵画の鑑定書や付属品を用意しておくと慌てずに済みますね。

買取をしてもらう時は、運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類を用意しておきましょう。

査定金額に納得できた場合は、その場で現金でもらうか、もしくは指定の口座へ振り込んでもらえます。

査定金額に納得がいかなかった場合は、キャンセルできるので安心してください。

宅配買取

宅配買取は、段ボールへ絵画を入れて買取業者へ送り、査定から買取まで数日間かけて行う方法です。

査定に時間をかけて絵画の細部まで見て査定をしてもらえるため、適正の買取金額に近い価格で買い取ってもらえます。

宅配買取は、買取のスピードを重視していない方、じっくりと査定して少しでも適正価格で絵画を売りたい方におすすめです。

買取業者によっては、梱包するために必要な資材は無料でもらえます。

美術品である絵画は繊細な商材のため、温度や湿度も絵画の状態に関わってくるので、発送する時には梱包に十分注意してください。

フリマやオークション

絵画は、メルカリやヤフオクなどのフリマやインターネットオークションを使って売ることも可能です。

フリマやインターネットオークションは、買取業者を介さずに絵画を欲しい方に直接売却できるため、自分の好きな価格を付けられます。

しかし、絵画は美術品のため、自分で購入した時より価値が上がっていることもあるので、絵画の価値がわかる専門の買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

買取業者に査定してもらって査定金額に納得できなかった場合は、自分で売りたい値段をつけて、フリマやインターネットオークションに出すのも良さそうですね。

絵画を高く売るコツ

大事に取って置いた絵画を売る時は、できれば少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。

ここからは、絵画を少しでも高く売るためのコツを紹介していきます。

思い入れのある絵画を買い取ってもらう時の参考にしてみてください。

ホコリを取ってきれいな状態にする

絵画にホコリが付いている場合は、ハタキを優しくかけてホコリを取ってきれいな状態にします。

特に飾っておいた絵画は、フレームにホコリがたまりやすいので、きれいに拭いて査定に出すようにしましょう。

注意点は、ホコリを取る時は絵画に傷がつかないように優しく掃除することです。

きれいにしようと強く拭き過ぎたり、ハタキをかけ過ぎると逆に汚れや傷が付いて商品価値が下がってしまいます。

絵画の掃除は専門家でないと難しい場合があるので、きれいにしようと無理に掃除をし過ぎないように注意してくださいね。

額縁の修復をする

絵画の額縁にヘコみや傷みがあったり、留め具が外れそうになっている場合は、額縁の修復をしておくと査定金額が高くなります。

絵画では額縁も作品の一部なので、額縁がきれいな状態だと商品価値が上がります。

しかし、額縁は専門の業者に修復をしてもらう必要があるので、費用がかかるのが注意点です。

絵画の買取価格が、額縁の修復費用より低くなってしまうのを避けるため、事前に絵画のおおよその買取価格を把握してから、額縁の修復を依頼するのがおすすめです。

保管方法に気を付ける

絵画を売るまでに時間がある場合は、保管方法に気を付けて絵画が劣化するのを防ぐことがポイントです。

絵画は紫外線や湿気に非常に弱いので、湿気を吸ってくれる新聞紙などに包み、風通しが良くて直射日光の当たらない場所に保管しましょう。

どうしても湿気がある所に保管しなければならない場合は、湿気取りなどを置いて湿気がこもってしまわないようにしてください。

保管中はずっと絵画をしまい込んでおくのではなく、2週間から1カ月程度に1度は外気に触れさせるとカビなどを防げます。

すべての付属品を持ち込む

絵画に付属している保証書や鑑定書、箱、ギャランティカードなどは、査定に含まれるのですべて用意しておくと絵画の価値が高くなります。

絵画を購入した時は、付属品は捨てずに保管しておくようにしてくださいね。

有名な作家の絵画は、偽物が数多く出回っているので、保証書や鑑定書があると本物だと証明できるため買取価格が高くなります。

鑑定書をなくしてしまった場合は、事前に絵画の鑑定をしてもらって鑑定書を取得できます。

絵画のジャンルと買取相場

絵画のジャンルは大きく分類すると、洋画、日本画、現代アートの3つに分けられます。

有名な画家のものが高く買取されますが、一般的な相場について解説していきますので、査定に出す前に参考にしてみてください。

洋画

洋画は主に油彩画、水彩画、アクリル画、テンペラ画などがあり、買取価格は80〜2,000万円ほどになります。

有名な画家だと、ピカソ、シャガール、ビュッフェ、ゴッホ、藤田嗣治、東郷青児、中川一政、絹谷幸二などです。

日本画

日本画の代表的なものには、岩絵具で描かれた絵画や墨一色を使って濃淡で描かれた水墨画などがあります。

買取相場は、数十万円〜450万円ほどになり、洋画よりは低めの価格になっています。

有名な画家だと、片岡球子、東山魁夷、平山郁夫、千住博、岩沢重夫、森田りえ子などがいます。

現代アート

現代アートは、明確な定義はなく、社会風刺的な要素を含んでいる作品のことを一般的にいいます。

抽象的な作品が多く、見る人によって自由に解釈できて楽しめます。

買取相場は、日本画より少し安めで40〜300万円ほどです。

代表的な作家は、キース・へリング、アンディ・ウォーホル、バスキア、草間彌生、奈良美智、村上隆などです。

買取業者を選ぶコツ

実際に絵画を買い取ってもらうとなると、どの買取業者へ決めたら良いのか迷ってしまう方もいますよね。

ここでは、買取業者を選ぶコツについて解説していきます。

買取業者の築年数は長いか

絵画の買取業者を選ぶ時のポイントに、業者の営業年数があります。

買取業者が会社として長い期間にわたって存続していることは、買い取ってもらったお客さんから信頼されている証でもあります。

不当な価格を付けたり、スタッフの対応が悪いと、買取自体が成立しませんし、リピーターも付かずに長年会社として続きません。

査定実績を公開しているか

買取業者の公式ホームページに査定実績が公開されていると、査定金額や査定理由がわかるので、買取する時に安心感があります。

ホームページ上で、絵画をどんなに高く買い取ると記載されてあっても、実際の買取実績がない場合は信用するのは難しいですよね。

買取実績を見ることで、自分の絵画の査定金額の参考にもなります。

また、掲載されている査定実績が、あまりにも過去の日付のものしかないと、現在の査定金額の参考にはならない場合もあるので注意してくださいね。

複数の買取業者に査定してもらう

絵画を高く売るためには、複数の買取業者へ査定をしてもらうのがおすすめです。

複数の買取業者に査定してもらうと、自分の絵画の適正価格がわかりますし、値段交渉もしやすくなります。

絵画の買取は専門的なため、作品を正しく評価できる業者ばかりとは限りません。

業者によって得意分野や好み、在庫状況などによって査定金額が変わってきます。

せっかく購入して大事にしていた絵画ですので、1つの買取業者の査定金額で決めてしまわずに、少なくても3つ以上は査定してもらうと後悔せずに済むでしょう。

まとめ

今回は、絵画を売りたい方向けに、買取業者の種類や高く売るためのコツ、買取価格の相場を紹介していきました。

絵画の買取価格を高くするためには、なるべく絵画をきれいな状態にし、付属品などをすべて用意しておくことがポイントです。

絵画を売る時は、フリマやオークションを利用するよりも、絵画の買取専門業者へ査定してもらった方が、適正な絵画の価値で金額をつけてもらえるので安心です。

もう飾っていない絵画や、蔵に眠っている絵画のある方は、ぜひ買取業者を上手に活用して、高い値段で買い取ってもらってくださいね。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事