2023.11.20

絵画を高値で買い取ってもらうには?絵画買取・売却についての完全ガイド

Category

絵画

Tags

「絵画を売るサイトを探しているが、どこが良いか分からない…」
「有名な作家の絵画を譲り受けたが、本物かどうか確認したい!」
「所蔵している絵画を売ったら、いくらになるのかを知りたい!」

このようにお考えの方に向けて、今回は絵画の買取について詳しくご説明していきます!
絵画をできるだけ高値で売る方法や、買取の実例等の詳細情報もご紹介しますので、絵画の売却をお考えの方はぜひこちらの記事を参考にして下さい。

絵画の魅力 〜なぜ今、絵画が売れているのか〜

絵画には、人を癒したり感動させたりと様々な魅力があります。

ただ「日本の家屋は狭い」などの理由から、今までは海外に比べて比較的需要が少ない分野でした。

しかし近年、絵画の価値が見直されつつあり、それに伴い需要も高まっています。

こちらの章では、絵画の需要が増加している理由について解説していきます。

「おうち時間」の増加

コロナウイルスの流行をきっかけに自宅にいる時間が大幅に増え、ライフスタイルの大きな変化がありました。

それに伴い、住居空間を充実させ、在宅中の生活の質を上げてくれるアート作品に大きな注目が集まりました。

「活動や作家を応援する」動きが盛んに

最近ではクラウドファンディング等、ある特定の人物やプロジェクトを応援するシステムが一般化してきました。

アート業界においても「作家を応援したい!」という購入動機の方が増えています。

この流れから、美術品の購入は庶民には縁のないものと捉えられていた一昔前とは違い、今ではアート作品の購入はより身近なものになり、それに伴い需要も高まっています。

なぜ絵画の中古需要が高いのか?

上記の通り、絵画やアート作品自体の需要の高まりに伴い、それらの中古需要も増加しています。

アート市場は元々、プライマリーマーケット(作品が初めて世に出る市場)に加え、セカンダリーマーケット(中古市場)が盛んな業界です。

物故作家(すでに亡くなっている作家)の作品がセカンダリーマーケットに出品されることもあり、多くのコレクターがセカンダリーマーケットに熱狂しています。

それに、アート作品の価値は一度人の手に渡ったものだからという理由で必ずしも価値が下がるという訳ではありません。

アート作品の価値は下記の3点によって決定されるからです。

  • ・希少性
  • ・需要と供給のバランス
  • ・作品の魅力

そのため、購入価格より高く売れる可能性も大いにある世界でもあります。

絵画の歴史

絵画には様々なジャンルがありますが、代表的なものとして「日本画」と「西洋画」があります。

「日本画」は墨、胡粉、岩絵具などを使った日本の伝統絵画です。

「西洋画」には油絵、銅版画、水彩画、パステル画など様々な分野があり、「日本画」と区別する時は「洋画」とも呼ばれます。

それでは、日本画と西洋画の歴史をそれぞれ解説していきます。

日本絵画の歴史

侘び寂びを感じさせる渋みのある絵画から、金箔を使った絢爛豪華な作品まで幅広い作風で楽しませてくれる日本絵画。その歴史を辿ってみましょう。

【飛鳥・奈良時代〜平安時代】

飛鳥時代には「仏教」をテーマにした作品が多く、平安時代になると貴族社会の中で日本独自の芸術文化が醸成されていきました。(「源氏物語絵巻」、「鳥獣戯画」等)

【江戸時代】

平和な時代が訪れ「浮世絵」等に代表される庶民の文化が盛り上がりを見せました。

現在でも人気の琳派や、伊藤若冲・円山応挙で有名な京都画壇もこの時代に発展しました。

【明治時代〜現代】

明治時代以降は、文明開花を経て様々な画風や画材を使用するようになり、ジャンルも多岐に渡るようになりました。

西洋画の歴史

キリスト教と深く関わりを持つ西洋画。

どのような流れで、現在のような幅広いジャンルに発展していったのかを見ていきましょう。

【絵画の起源】

現存している最古の絵画は、諸説ありますがインドネシアの洞窟で発見された4万5500年前のイノシシの絵だとされています。

【12世紀〜16世紀ごろ】

細部まで描写された優美な表現が特徴の「ゴシック美術」が広まった後、遠近法が確立され立体感のある「ルネサンス美術」が発展。

かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロが活躍したのもこの時代です。

【19〜20世紀】

1860年代半ばには、モネやルノワールらにより、光を取り入れた表現が特徴の「印象派」が生まれました。

また、ほとばしる感情を表現した「フォービズム」や、ピカソやブラックなどに代表される「キュビズム」も登場。

【21世紀】

様々な時代を越えて、現在の美術には写実的な表現から抽象的な表現まで幅広いジャンルの作品が存在しています。

絵画買取・売却の基本情報

絵画の種類から売却方法まで、絵画を売る時に必要となる基本情報を詳しくお伝えします。

買取実績が多い版画の種類

近年、油絵などの原画に加え、多くの版画が買取業者で取り扱われています。

版画には下記のような種類があります。

  • ・リトグラフ
  • ・コロタイプ
  • ・シルクスクリーン
  • ・木版画
  • ・リノカット
  • ・銅版画
  • ・メゾチント
  • ・エッチング
  • ・アクアチント
  • ・ポショワール

あまり聞き馴染みのない名称も多いかもしれませんが、例えばピカソやシャガールは多くのリトグラフを手掛けており、買取実例も豊富にあります。

草間彌生などの現代アートでは、シルクスクリーンがよく用いられています。

絵画の売却方法

それでは、気になる絵画の売却方法について詳しく解説していきます。

【出張買取】

出張買取では、買取スタッフが家まで来て絵画を査定し、その場で買取まで行います。

電話やインターネットから依頼することができ、作品を持ち出すことなく査定してもらえるので、手間や時間が少なく済むのがメリット。

また、買取が決まれば、すぐに現金を受け取れるのも嬉しいポイントです。

(指定口座に振込をしてもらうことも可能。)

買取価格に満足できない場合はキャンセルも可能。

【宅配買取】

宅配買取は、査定を希望する作品を買取業者へ配送し査定・買取をしてもらうサービス。

自分で作品を梱包する必要があるので、配送中に傷がついたりしないように注意が必要です。

絵画は温度や湿度の変化によって急激に劣化する可能性があります。

また、額も傷つきやすいので梱包には十分気を付ける必要があります。

【店頭買取】

店頭買取は、買取店舗に自分で作品を持ち込む方法。

持ち運ぶ際に作品に傷をつけてしまう可能性もあるので、大き過ぎる作品の場合は少し難しいかもしれません。

また、店舗に行く際には「鑑定書」や「箱」などの付属品を全て持っていく必要があります。

【写真買取】

写真買取は、買取を希望する作品の写真を撮り、それをメールや郵送で買取業者へ送って査定・買取をしてもらう方法。

忙しくあまり時間の無い方でも、時間を気にせず手軽に査定を依頼できるのがメリットです。

絵画の販売サイト

「絵画を売りたいが、忙しくあまり時間を取れない。」

このような方におすすめなのが、サイトを通して絵画を売る方法です。

絵画を売るためのサイトを下記にご紹介します。

公式サイトから直接業者に売却

美術品や骨董品を扱う業者の公式サイトから、絵画を売却することができます。

絵画を売る際、業者の公式サイトから直接アクセスするメリットは、まず店舗のサービス内容や買取実績を確認できることです。

そして、お問い合わせフォームなどから簡単に査定を依頼することも出来ます。

また、中間業者を通さないため手数料が引かれることもなく、高額買取をしてもらえる可能性が高い売却方法です。

どこの業者にすれば良いかお悩みの場合は、ぜひ弊社のサイトをご利用下さい。

絵画を売ることが初めての方でも、経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします!

一括見積もりサイトで売却

絵画やその他の骨董品について、一括で見積もりしてもらえるサイトも存在します。

一括見積もりサイトを利用すると、1度に複数の業者の見積もりを確認することが出来ます。

ただし、悪徳業者もあり、実際は1社のみの査定にも関わらず一括見積もりサイトを装っていることがあるので、注意が必要です。

また、一括見積もりサイトに登録をしている業者は、サイトに手数料を支払っているため、その分買取金額は少なくなる可能性があります。

オークションサイトで売却

ネット上にあるフリマサイトやオークションに出品して売却する方法。

こちらの方法では、自分で価格等を設定することができますが、適正価格が分からない方や写真の撮り方に不安のある方には難易度が高い方法です。

また、作品によっては購入されるまで時間がかかることも予想されます。

アート作品には適切な梱包方法があるため、そういった知識のないまま配送をすると作品を傷つけ価値を落としてしまいかねません。

そのため、まずは買取業者に相談の上、買取に至らなかった場合にネットでの販売も視野に入れると良いでしょう。

高く売れる絵画の特徴

どのような絵画が高く売れるのか、気になる方も多いかと思います。

高く売れる絵画は、下記のような特徴があります。

人気や需要がある

人気のある作家やジャンルは日々変化していきます。

現在では、日本画、洋画、現代アート、インテリアアートが特に人気のジャンルです。

【人気の作家例】

日本画:東山魁夷、平山郁夫、片岡珠子など

洋画:アンディー・ウォーホール、カシニョール、藤田嗣春など

現代アート:草間弥生、奈良美智、村上隆など

インテリアアート:クリスチャン・リース・ラッセン、山形博導、笹倉鉄平など

状態が良い 

傷や汚れなどが無く、劣化が少ない絵画は高く売れる傾向にあります。

ただし、劣化が激しく見える作品でも、額を交換すれば状態が良くなることもあるので、一度買取業者に相談してみると良いでしょう。

希少性が高い

元々作品数が少ない作家の絵画や、市場にあまり出回っていない作品は高値がつく可能性があります。

絵画を高く売る方法・コツ・注意点

実際に絵画を売りたい場合、何に気を付ければ良いのでしょうか。

こちらの章では、高値で買取をしてもらうためのコツをお伝えします。

付属品も全て持ち込む

鑑定書や、額を収納する黄袋、差し箱、かぶせ箱等、絵画以外の付属品があれば、査定をしてもらう際に全て持ち込むようにしましょう。

状態を綺麗にしておく

できる範囲で作品を綺麗な状態にしておきましょう。

ただし、絵画はデリケートなのでダメージを与えないよう注意が必要です。

複数の買取業者に査定を依頼する

作品をより高く売却するために、少なくとも2〜3件の買取業者に問い合わせることをお勧めします。

買取金額を比較することで、大体の相場も把握することができるので、適正価格で売却することができます。

買取の実例

それでは、気になる買取の実例をご紹介します。

ご自身がお持ちの絵画を売却する際の目安としてご参考ください。

  • 村上隆

タイトル:「記憶の中のドラえもん」

特徴:シルクスクリーン、版画

買取価格:46万円

  • 藤田嗣春

タイトル:「白い猫 猫十態」

特徴:エッチング(銅版画)

買取価格:130万円

  • 東山魁夷

タイトル:「白馬の森」

特徴:版画(彩美版プレミアム)

買取価格:250万円

  • クリスチャン・リース・ラッセン

タイトル:「シャイニングマインド」

特徴:版画

買取価格:10万円

  • 草間彌生

タイトル:「かぼちゃ」

特徴:油彩

買取価格:4500万円

査定前の準備

買取をしてもらうための準備についてご説明します。

査定士のヒアリングに対する回答をまとめておく

査定・買取の際、必ず査定士から絵画に関する情報を聞かれます。

下記の内容について確認しておくと、スムーズな運びになるでしょう。

  • 購入場所、購入理由、購入者の名前
  • 作家名
  • 作品名
  • 制作年代
  • サイズ
  • 作品の完成度
  • 保存状態の良し悪し
  • 付属品有無
  • 希少性

作品の詳細が分からない場合は、絵画専門スタッフのいる買取業者に相談すると良いでしょう。
どこに照会するかお悩みの場合は、是非お気軽に弊社へお問合せ下さい。

本人確認の書類を準備

絵画の価値を査定して買取をしてもらう場合、パスポートや運転免許証などの身分証明書を提示する必要があります。

失敗しない買取業者の選び方

買取業者の数はかなり多く、どの会社を選べば良いのか判断が難しい場合があります。

そのような場合は、下記のポイントを参考に比較してみましょう。

絵画の買取実績が豊富か

買取実績が多い業者の場合、それだけ経験を積んでいるので、適正な価格で買取をしてもらえます。

買取実績は会社のホームページや店頭などで公開されているので、必ず確認しましょう。

専門知識のある査定士が在籍しているか

総合買取業者などでは、絵画についての専門知識が豊富でない査定士が鑑定を行う場合があります。

その場合、実際の価値よりも低く見積もられてしまう可能性があるので要注意です。

評価の良い業者か

今はインターネットで会社やサービスについて、評価・レビューを確認することができます。

悪徳業者の場合、悪い口コミが何件も出てくる可能性があるので、事前にチェックしておきましょう。

まとめ

今回は絵画の買取・売却について、基本情報から高値で買取をしてもらう方法まで、様々なお役立ち情報をお伝えしました。

これから絵画を売りたいとお考えの方は、ぜひこちらの記事を参考にして賢く買取の準備を進めていきましょう!

「絵画の買取をしてもらいたいけど、どこに相談すればいいか分からない。」

「まずは作品の価値だけでも知りたい。」

このようにお考えの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。
弊社には経験豊富な査定スタッフが在籍しているため、お手持ちの絵画の価値を見落とすことなく高額買取をさせていただきます。

遺品整理やお引越しの際にもご利用いただけますので、絵画をサイトで売ることを検討している方は弊社にお任せください!

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事