2023.11.20

千葉県在住の方々のための掛け軸買取 高額査定は可能?

Category

掛軸

Tags

千葉県在住の方々も現在、掛け軸をお持ちであれば、高額買取してもらえる可能性があるので、一度査定してもらってみてはいかがでしょうか。

千葉県にも、掛け軸を買取することができるお店がたくさんあります。

掛け軸を買取して欲しいと思ったときには、やはりできるだけ高い価格で買取して欲しいと誰もが考えることでしょう。

千葉県にある買取業者すべてが同じ額で買取してくれるということでもないため、あらかじめ売ろうと思ったときには、買取業者のリサーチも必要です。

今回は、千葉県在住の方々が、掛け軸を買取して欲しいと思ったときに、役立つ情報を提供します。

この記事では、

  • 千葉県業者に掛け軸を買取してもらう場合相場はいくら?
  • 千葉県の買取業者に掛け軸を査定してもらう前に自分でできることもある
  • 千葉県買取業者が高く買取する掛け軸とは
  • 千葉県の買取業者に掛け軸を買取してもらうタイミングはいつ?

について知ることができます。

お家に、売りたい掛け軸があれば、ぜひ一読ください。

千葉県業者に掛け軸を買取してもらう場合相場はいくら?

千葉県に在住している方々が、掛け軸をいざ業者に買取してもらおうと思ったとき、やはり一番気になるのは買取相場です。

掛け軸の買取相場はいくらですとはっきりとしたことを言うことができればいいのですが、残念ながら実際にはそうではありません。

掛け軸と一言で言うものの、その範疇はとても幅広く、買取業者に持ち込みをしても買取してもらうことができないこともあります。また、買取してもらうことができたとしても1000円程度ということもあります。

千葉の買取業者に行くのに交通費がかかってしまうようでは、持って行くにはいたらない……という判断になってしまうのかもしれません。

しかし、そうではないこともあります。どうせ数千円程度の買取価値しかない掛け軸だと思っていたところが、査定しもらえば、驚くことに数百万円だった……ということもあります。

つまり、掛け軸は、自分自身で買取相場を判断することもなかなか難しいため、とりあえずは信用できる買取業者に査定してもらうことがおすすめです。

千葉県の買取業者に掛け軸を査定してもらう前に自分でできることもある

千葉県の買取業者に査定してもらう前に、自分自身でも目利きできるポイントはあるので解説をします。

まずは、何よりも掛け軸のノウハウを知ることは大事ではないでしょうか。高価買取の可能性のある掛け軸は、箱がともなうものです。

まず、千葉県の買取業者で高額査定してもらうことができる掛け軸は、おおかた一流表具店において表装されているものです。横山大観であったり、川合玉堂などは、いつも同じ一流表具店に表装の依頼をしていることもあります。

著名な作家作品のオリジナルの掛け軸の場合、一流表具店が表装を施しているため、箱がしっかりしていることで高額買取の期待は高くなります。

また、掛け軸の箱は、掛け軸にダメージがかからないようにと、桐の箱で大事に扱われています。

桐は、耐火性があり、また、調湿度性であったり防虫性にも優れているという特徴があります。

著名な作家の掛け軸を所有しているという場合、もしも粗雑な箱に納まっているのであれば、偽物の掛け軸の可能性もあり買取対象にならないこともあります。

箱書き

箱書き箱は、保証書の役割も担っているので、箱に箱書きがあります。また、箱書きは、作家自身が画題と名前を自身で書き、判子を押します。そのようなものがあるかもチェックしてみるポイントです。

署名

そして、掛け軸の目利きのポイントは、署名です。署名は、なかなか素人目で目利きはできないでしょうけど、判子は、インターネットのデータベースなど活用して、照合をしようと思えばすることができるため、査定を依頼する前に確認してみる価値はあります。

これも判子が違う……という場合は、偽物の可能性があるため、千葉県の買取業者で買取されないこともあります。

掛け軸の軸先

また、掛け軸の軸先を確認してみましょう。「軸先」、または「軸頭」と呼ぶ、各軸の左右の細くなった芯のような部分です。優れた掛軸である場合は、そこの部分がほとんど「象牙」で作られています。

象牙であれば、近くで見ることで、必ず細かい縞模様を確認することができます。象牙色をしていたとしても、実際問題プラスチック素材ということがあります。そのような掛け軸の場合、買取業者に買取してもらうことができたとしても、かなり低い査定相場になるかもしれません。

木で出来ている軸先も買取業者の買取対象とはなるのかもしれませんが、なかなか高い買取額までは期待することができないでしょう。

ただし、中国絵画などで、木で出来ていて、かつ形が凝っている意匠の軸先が時々あります。そのようなものはかなり価値が高いものもあります。

実際問題、ケースに当てはまらないということもありますので、最終的には、千葉県の優良業者にゆだねることになるのではないでしょうか。

掛け軸の判子

掛軸を広げたとき、右下に「落款」と「判子」が押してあるので、箱の時と同様にデータベースと照合し、偽物の掛け軸はすぐに判明するかもしれません。

印線の細太であったり、微妙な傾斜角度の違いであったり……、本物の印影を隣に置き照合すれば、違いは素人目で見ても判断できるでしょう。

インターネットを使用していないという方々でも、書画印譜落款集成などと言った辞典があるので、一度図書館などで閲覧してみるといいでしょう。

そのようなことをしているうちに、段々と掛け軸に対してのノウハウも蓄積されていくことでしょう。

そして、偽物の掛け軸か否か、絵にも見極めるポイントがあります。木々の幹、枝が不自然に膨らんでいたりする場合、花弁の大きさが不揃いである場合などは、著名な作家の絵ではないのかもしれません……。

また、建物に対して、直線が変に歪んでみえたり、瓦の描き方がいびつだったり、家の形が妙だったりするのは、経験値の浅い画家が描いた絵の可能性が高いです。

さらに、人物の顔を描くことはハードルが高く、高いスキルが求められています。

他はまずまず上手く描けていても、人の顔が上手くかけていない絵は注意しなければなりません。特別、美人画は描くことが難しく、美人が上手く描けている絵の場合、優れた掛け軸の可能性があります。

千葉県買取業者が高く買取する掛け軸とは

千葉県の買取業者が現在、積極的に掛け軸を買取しているとしても、依頼を受けたすべての掛け軸を高額査定する訳ではありません。 

買取業者が、高く査定する掛け軸の特徴は、以下となります。

  • 巨匠の大作は高く買取される可能性が高い
  • 掛軸の状態

巨匠の大作は高く買取される可能性が高い

おおかたどの買取業者でも、その掛け軸が「巨匠の大作」であると判明すれば、高額査定をすることでしょう。想像している以上の高額買取額がつく可能性も充分あります。それは、その買取業者がなんとしてもその掛け軸を欲しいと思っているからです。

「大作」とは、巨匠の中でも、生涯を代表する作品のうちのひとつであり、また、それに該当するレベルの作品のことです。

また、日本画の評価の高い掛け軸は、主には明治時代後期~昭和中期あたりまでに活躍した作家たちのものです。江戸時代の作家の場合、なかなか本物か偽物かの鑑定が難航し、すでに現在その価値を認められる収集家の数が減少しているので、よっぽど著名な作家の真作であることが保証されている掛け軸以外は、それ程高く買取してもらうことができない恐れがあります。

例えば伊藤若冲などと言った世界的に収集家がいる作家のものは不動の人気があり、千葉県の買取業者でも高く買取してもらうことができます。

さらに、江戸時代以前室町時代などになってしまうと、よけいに真贋の鑑定が難しくなるため、素性や来歴がはっきりした掛軸でない限り、正当性のある価値が認められることはないかもしれません。

また、大作の場合、書き込みが細かいことが多くあります。一方簡単に描かれてある作品は、作家が生活するためのお金稼ぎで慌てて描いた作品のことが多くあります。

さらに、中国の人気作家であったり、古い絵画のものは人気があります。斉白石や呉昌硯などは、年々買取価格が上昇している傾向があります。

そのような掛け軸をお持ちであれば、即、買取業者に査定を依頼してみましょう。

歴史的に著名な人物の「書」も、現在一部の際立った人物以外は、ほとんど高い査定価格が期待できない状態です。それでも、経歴が現在評価されている人物の場合は、査定価格が高くなる可能性があります。例えば、西郷隆盛、勝海舟、福沢諭吉……などと言った人物です。

なかなかお家の中から、そのような掛け軸が出没する可能性も低いのですが、もしあれば、驚くほどの買取額がつく可能性があります。

一方で、東郷平八郎や、乃木希典などと言った軍人の書いた書は、以前はかなり人気でしたが、現在戦争体験をした方々が高齢になっていることも背景にあり、求めている方々が次第に減少して買取価格は下落している傾向があります。

言われればそうかと思うものの、そのようなこともなかなか素人目では判断できない問題なのかもしれません。

掛軸の状態

千葉県の買取業者に査定を依頼するときには、状態も大きな査定判断のポイントです。シミや、ヤケ、黴、虫食い……などが見つかってしまえば、やはりそれだけ買取額は下がることになります。状態がかなり悪いと、実際問題、著名な方の掛け軸であったとしても、買取されないことがあります。

千葉県の買取業者に掛け軸を買取してもらうタイミングはいつ?

千葉県の買取業者に買取してもらうタイミングはいつなのでしょうか。

掛け軸の買取価格は年々下落している傾向があります。その理由は、掛け軸を飾るための床の間が段々となくなっている事、掛け軸自体を飾る習慣が段々となくなっていることをあげることができます。また、日本画を掛け軸として評価する愛好家たちが極端に少なくなっている事も理由のひとつです。

ですから、お家にある掛け軸をできるだけ高く買取して欲しいと思えば、そのタイミングは、即ということになるでしょう。どうしよか迷っているうちに段々と買取額が下がってしまうことになるかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、掛け軸を買取して欲しいと思っている千葉県在住の方々のために記事を書きました。

何よりも掛け軸を高く買取して欲しいと思えば、買取業者に今すぐ査定してもらうことです。

掛け軸は、現在、人気が急増しているということでもないため、今後価値の急騰を狙おうと思ってもなかなかうまくいかないのかもしれません。

それでも、買取業者にお持ちいただければ、価値ある掛け軸には、相当高い査定額がつくことがあります。

千葉県にもいろいろ買取業者があるので、まずは、優良買取業者選びからです。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事