2023.11.21

古い勲章って高く売れるの?勲章の売買に関する情報を徹底解説!

Category

勲章

Tags

「家の引き出しにある勲章を売りたい。」

「勲章の売買がどこで行われているのかを知りたい。」

「勲章にはどんな種類があるのだろう。」

このようにお考えの方へ、今回は勲章の買取・売却について役立つ情報をお届けします。

こちらの記事を読めば、勲章の種類や魅力、売却方法、そして優良な買取業者を選ぶ方法等を知ることができます。

なお、勲章は複製品や付属品のみでも高く売却できる可能性があります。

家に勲章や類似品がある方は、ぜひこちらの記事を参考にして高額買取を目指しましょう。

勲章の魅力 

勲章を購入する人は、どの様なところに魅力を感じているのでしょうか。

勲章は、基本的に綬章者以外が身につけることを法律で禁じられています。

また、勲章を管轄している内閣府章勲局は、勲章を製造するためにかかった費用を一般公開していません。

つまり、勲章は中古で購入しても着用できず、素材としての価値も不明瞭なのですが、それでも勲章には熱心なコレクターやマニアが世界中に存在します。

魅力を感じるポイントは人それぞれですが、主な人気の理由をまとめました。

芸術的価値・デザインの美しさ

多くの勲章コレクターは、そのデザイン性に魅力を感じています。

例えば、旭日章は日本国旗でもある日の丸を中心に光線が配され、章と綬(リボン)の間には鳳凰が止まり、神聖な木とされる桐の花と葉があしらわれています。

他の勲章のどれを取っても、日本に縁のあるモチーフが用いられていて、とても美しい意匠となっています。

歴史的価値

勲章はその歴史的価値からも評価されています。

特に戦前や戦中の勲章は名誉の証でもあり、歴史と深い関係性があります。

コレクターには、歴史を感じられる品物として魅力を感じている方もいれば、歴史的価値のある物を後世に残すという目的でコレクションをしている方もいらっしゃいます。

勲章の歴史

現在、日本では毎年4月と11月に勲章が叙勲され、春と秋の風物詩となっています。

国から授けられる勲章は、日本の歴史と深い関わりを持っています。

こちらの章では、日本における勲章の歴史について主な出来事を解説します。

最初の勲章

日本で最初の勲章を受け取ったのは、日本人ではなくナポレオン3世を初めとしたフランス高官でした。

1867年にパリで開催された第5回万国博覧会にて、薩摩藩から授与されたため「薩摩藩琉球国の勲章」と呼ばれています。

勲章制度の始まり

現在の勲章制度は1875年、明治時代に始まりました。

当初は、大勲位菊花章、桐花大綬章、旭日章、瑞宝章、文化勲章、宝冠章の6種類の勲章と、現在は廃止となった金鵄勲章がありました。

金鵄勲章の廃止

金鵄勲章は日本で唯一の武功勲章で、戦争で特に活躍した軍人や軍属に与えられました。

受章者は数十万人に登りましたが、第二次世界大戦後、GHQの指示により廃止されました。

そのため数が限られ、コレクターの間では人気の勲章になっています。

有名な海軍大将等の勲章であれば、プレミアが付き数百万円に上ることも。

新制度の制定

2003年に勲章制度は大幅に改正されました。

改革前の勲章は、勲一等〜勲八等という風に数字で階級が区別されていましたが、改革後は現在の名称(大勲位菊花章、桐花大綬章、旭日章等)に変更されました。

勲章の基本情報

勲章を売るには、まず勲章に関する基本的な情報を知っておくことが重要です。

知識が無いために本当は価値の高い勲章を安く売ってしまった、といったことの無いよう、基礎知識を身につけておきましょう。

勲章の種類

現在、国家から授与される勲章は22種類あります。

種類の名称は以下の通り。

・大勲位菊花章頸飾・大勲位菊花大綬章・桐花大綬章・旭日大綬章・旭日重光章・旭日中綬章・旭日小綬章・旭日双光章・旭日単光章・瑞宝大綬章・瑞宝重光章・瑞宝中綬章・瑞宝小綬章・瑞宝双光章・瑞宝単光章・文化勲章・宝冠大綬章・宝冠牡丹章・宝冠白蝶章・宝冠藤花章・宝冠杏葉章・宝冠波光章

内閣総理大臣などが授与する大勲位菊花章頸飾は中古市場では見かけることがありませんが、旭日章あたりになると比較的頻繁に売買されています。

勲章の付属品

勲章が叙勲される際、授与者は必ず付属品も一緒に受け取ります。

付属品には下記のような品物があります。

・外箱・漆箱・勲記・略章・略綬・副章・刀緒・大綬・中綬・小綬等

勲章の売却方法

勲章の売買はどの様な場所で行われているのでしょうか。

こちらの章では、勲章の売却方法について詳しく解説します。

主な勲章の売却方法は以下の通り。

買取業者で売却

一番オーソドックスな方法は、勲章を買取業者で売る方法です。

  • 買取業者の店舗で査定をしてもらう店舗鑑定
  • 写真を送って査定をしてもらう写真鑑定
  • 品物を宅配して査定してもらう宅配鑑定
  • スタッフを家によんで査定をしてもらう出張鑑定

他にも売りたい物がある時は出張鑑定、時間がない時は写真鑑定を利用するなど、状況に合わせて鑑定方法を選ぶと良いでしょう。

弊社には勲章に詳しい専門の査定士が在籍しているため、勲章を売りたいとお考えの方はぜひお問合せください。

実績豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

ネット上で売却

フリマサイトやネットオークションに勲章を出品し、売却する方法があります。

ただしこの方法は、自分で出品、購入者からの質問の応答、梱包、配送までを行う必要があり、慣れていない方には少し難易度が高いかもしれません。

高く売れる勲章の特徴

高値で売買される勲章には、いくつかの特徴があります。

知っていれば今からでも気を付けられるポイントもあるので、必ず確認しておきましょう。

希少性が高い

勲章は元々数が限られている物ですが、その中でも数の少ないレアな勲章には高値がつく傾向にあります。

現在は廃止された満州国勲章や金鵄勲章が良い例で、これから新たに授与されることのない勲章だからこそコレクターにとっては魅力的に感じる商品です。

特に希少性の高い勲章にはプレミアがつき、数百万円にもなる可能性もあります。

状態が良い

価値のある勲章でも、状態が悪いと買取価格が下がってしまうことがあります。

勲章の汚れを自己流でクリーニングをしてしまうと、脱色したり、傷を付けてしまったりして、その価値を落としかねません。

勲章のクリーニングは埃があれば払う程度にして、そのままの状態で鑑定をしてもらいましょう。

付属品が揃っている

コレクターは付属品も併せて手に入れたいと考えることが多いので、付属品が揃っていると高額で売却できる可能性が上がります。

引越しや遺産整理などで、誤って付属品を捨ててしまわないよう注意しましょう。

買取の実例

それでは、実際の勲章の買取実例を見ていきましょう。

なお、勲章の買取価格は状態の良し悪しや時期にもよりますので、以下の価格は参考までにご覧ください。

  • 勲六位景雲章

特徴:箱付き

買取価格:3万8千円

  • 勲二等旭日重光章 正章

特徴:副章付

買取価格:8万5千円

  • 功五級金鵄勲章

特徴:七宝に傷みあり

買取価格:1万3千円

  • 功四級金鵄勲章

特徴:共箱、略綬、勲記付

買取価格:4万2千円

  • 勲三位景雲章

特徴:なし

買取価格:11万円

査定前の準備

勲章を査定してもらう場合、どのような準備をすれば良いでしょうか。

準備をせずに買取をしてもらうと損をする場合もあるため、こちらの章では必要になる査定前の準備についてまとめました。

付属品の有無を確認

勲章は付属品と併せて売却する方が高く売れるため、箱、勲記、略章などの付属品が無いか探しておくと良いでしょう。

勲章についての情報を確認

勲章を査定してもらう際、査定士からヒアリングを受けます。

その内容に答えられると取引がスムーズになるため、以下の情報をできるだけ確認しておきましょう。

  • 購入場所、購入理由、購入者の名前
  • 作家名
  • 作品名
  • 制作年代
  • サイズ
  • 作品の完成度
  • 保存状態の良し悪し
  • 付属品有無
  • 希少性

確認方法としては、勲章や箱をチェック、勲記をチェック、譲り受けた人に確認などがあります。

優良買取業者を探す

買取業者へ売却する場合、優良な業者を選ぶようにしましょう。

中には、専門知識の少ない状態で査定をしている業者もあり、勲章の価値が分からないまま適正ではない値段をつけられてしまうケースもあります。

そのような事態を避けるため、優良買取業者の選び方を次の章で詳しく解説します。

失敗しない買取業者の選び方

インターネットで「勲章 買取」と検索すると、山のように買取業者のサイトが出てきます。

事前知識無しで、その中から間違いのない買取業者を探すのはかなり困難です。

買取業者を選ぶ際は、以下のポイントを必ずチェックしましょう。

勲章の買取実績が豊富か

買取業者と一言で言っても様々あり、取り扱うジャンルは幅広いものの専門知識に欠ける業者や、そもそも骨董品ではなくブランド品を主に扱っている業者も沢山あります。

そのため、必ず勲章の買取実績が豊富かどうかを確認しましょう。

実績が豊富であれば、その分信頼度も高まります。

悪い口コミが無いか

今はインターネット上で、会社やお店の口コミをチェックすることができます。

査定をしてもらいたい買取業者をある程度まで絞ったら、その会社の口コミ、評価、レビューを調べておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、勲章の売買についての基本情報や売却時の注意点などを幅広く解説しました。

大切な方から受け取った勲章、そしてそれを必要としているコレクターの方々、その架け橋になる役目を買取業者が担っています。

弊社にも勲章についての知識が豊富な査定士がおりますので、勲章をお持ちの方はぜひお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事