2023.11.22

那波多目功一とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、査定買取を考えている方にとって役立つ情報です!

Category

作家名

Tags

那波多目功一(なばため こういち)は、茨城県出身の日本の画家です。

写生に基づき、繊細でありながらも優雅な画風で今も現役で活躍している日本画家として知られています。

国内でも海外でも高い評価を得ている作品が数多く存在します。

これまで制作してきた作品も高値で査定・買取されています。

那波多目功一の作品の大きな特徴といえば、自然を徹底して丁寧に観察し、なおかつ彼自身の緻密な技術によって繊細な描写で描かれた風景画や花鳥画を数多く残していることです。

那波多目功一の作品をよく鑑賞すると、花びら一つ一つにまでこだわった繊細で緻密な描写は、花びらの重なりだけではなく、葉脈まで捉えて描きこまれています。

那波多目功一の作品は、大自然の中にある植物や自然の姿をそのまま描いています。

このような作品は、幅広い層に受け入れられやすいものであることから、那波多目功一の作品をよく知る人がたくさんいます。

新しい作品が生まれる度に、多くの方が注目しており、これからも魅力ある作品を描き続けるアーティストの一人です。

ネット上でのアートオークションなどが行われることが増えていますが、那波多目功一の作品を探している新しいファンの方も増えています。

那波多目功一の作品は、世間で話題になることも多く、高価買取になる可能性の高い作家です。

美術品としての価値ももちろんあります。

すでに、これまでも安定した多数の売買実績があります。

日本を代表する日本画家、那波多目功一の作品に直に触れ、所有したいと考えるファンは、国内外を含めて世界中にいらっしゃいます。

初めて査定を行うと、その人気や評価の高さに驚くことになるでしょう。

本記事では、那波多目功一の経歴や作品の特徴を中心に、那波多目功一の作品の査定・買取価格の目安や作品の価値についてご紹介していきます。

すでに那波多目功一に興味のある方はもちろん、これから那波多目功一の作品を真剣に集めたい、と考えている方にとっても有益な情報をお知らせします。

那波多目功一とは

那波多目功一は、1933年、茨城県那珂湊市(現・ひたちなか市)に生まれた日本画家です。

父は日本画家で有名な那波多目煌星です。

那波多目功一が高校2年生であった1950年に、第35回院展に「松山」が初入選し、若い頃からその才能を開花させていました。

さらに、翌年の第7回日展には「秋影」が初入選しました。

彼は、高校卒業後は普通の会社員として働き始めましたが、最終的に企業家の道を選んでいます。

その間、絵画の制作はコンスタントに続けており、意欲的に作品を発表していました。

1972年頃からは、日本画家・松尾敏男に師事しました。

1984年には、院展で「うすれ日」が日本美術院賞、大観賞を受賞しました。

日本美術院において特待となりました。

1986年の院展では、「燿」が日本美術院賞・前田青邨賞を受賞しました。

1999年には、前年院展に出品した「富貴譜」で日本芸術院賞を受賞しました。

那波多目功一に対しては多くの専門家が高く評価しており、現代日本画壇において着実に歩みを進め、現在ではその重鎮としても活躍を続けています。

現存作家の中では「花の名手」としても知られており、その中でも赤い薔薇が彼の作品を代表するモチーフとなっています。

那波多目功一の経歴

那波多目功一は茨城県生まれ

父は日本画家で有名な那波多目煌星です。弟は歌人・花香煌星です。

父の影響もあってか、自身が高校2年生であった1950年には、第35回院展に「松山」が初入選しており、若い頃からその才能を開花させていました。

さらに、翌年の第7回日展には「秋影」が初入選を果たしました。

働きながら意欲的に作品を制作し高い評価を受ける

那波多目功一は、高校卒業後、普通の会社員として働き始めましたが、最終的に企業家の道を選んでいます。

その間、絵画の制作はコンスタントに続けており、意欲的に作品を発表していました。

1972年頃からは、日本画家・松尾敏男に師事していたことが知られています。

院展には数多くの作品を出品し、毎年高い評価を受けています。

1983年、第68回院展において「廃園」が奨励賞を受賞しました。

1984年、第69回院展において「うすれ日」が日本美術院賞・大観賞を受賞しました。

そして、日本美術院の特待となりました。

1985年、春の院展において「小春日」が外務大臣賞・奨励賞を受賞しました。

1986年、第71回院展において「耀」が日本美術院賞・前田青邨賞を受賞しました。

1990年、第75回院展において「月輪」が日本美術院賞・大観賞を受賞しました。

そして、日本美術院同人となりました。

1995年、第80回院展において「寂」が文部大臣賞を受賞しました。

1999年、第84回院展において「富貴譜」が内閣総理大臣賞を受賞しました。

2000年、「富貴譜」が日本芸術院賞を受賞しました。

そして、日本美術院評議員となりました。

今もなお高い評価を受ける日本画壇の重鎮・那波多目功一

那波多目功一は、2000年以降も作品を描き続けており、各方面からも高い評価を受けています。

2002年には、日本芸術院会員となりました。

2005年になると、芸術文化の振興に大きく貢献した人物として、茨城県から特別功績者として表彰されました。

2008年には、旭日中綬章も受章しています。

那波多目功一の作風

那波多目功一の作品のモチーフとなっているのは主に花で、富貴花や薔薇などが主役となっていることです。

那波多目功一は、牡丹をはじめとする四季折々の花々や風景を主な題材としています。

そして、写生に基づいた、繊細で優雅な画風が特徴的なものとなっています。

もちろん、全ての作品において、那波多目功一自身が対象と真摯に向き合い、その本質を捉えようとする厳しい態度から生み出されたものです。

那波多目功一の作品全体を通じて言えることは、あくまでも写実を基礎としながらも、モチーフが本来持つ豊かな情感に加えて、那波多目功一自身の高い幻想性をアレンジさせたような印象を受けることです。

写実的でありながらも、日本画が本来持つ構図を組み合わせることで、厳かな雰囲気を醸し出しています。

華美な装飾が施されているわけではありませんが、彼独自の繊細な表現手法を駆使しているため、オリジナリティに溢れる作品に仕上がっています。

那波多目功一の作品

富貴花、牡丹、薔薇(ばら)長春花、爛漫の桜などの花をモチーフにした作品が人気です。

画集

新現代日本画家素描集. 11 「那波多目功一 : 四季花譜図」

万葉の花(画文集・共著)

那波多目功一の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報として紹介します。

那波多目功一の作品で最も評価が高いジャンルといえば日本画となります。

モチーフとしては富貴花、牡丹、薔薇などの豪華な花を描いた作品に高い評価が与えられています。

一方、流通量は少なくなってしまいますが、花以外のモチーフで描かれた絵画は、若干厳しい評価がつけられています。

また、初期の作品よりも、近年登場した新しい作品の方が需要が高く、取引実績数も豊富です。

那波多目功一の日本画作品の買取価格は、概算で数十万円台です。

しかし、花以外のモチーフになると、数万円台に下がってしまうことがあります。

具体的な金額は作品サイズ・描き込み具合・コンディション等により異なります。

那波多目功一作品の売却を検討している場合は、弊社にお気軽にご相談ください。

那波多目功一の作品は査定・売却は可能なのか

ここまで、那波多目功一の経歴や作品の特徴についてわかる範囲でご紹介いたしました。

ここからは現在那波多目功一の作品を所有している方や、これから所有を真剣に検討している方に向けて、高値査定や売却のポイントについてご紹介していきます。

作品の発売直後が売却のポイント

美術品等の査定買取において、その作品や作家の知名度はとても重要です。

知名度が高ければ高いほど、査定買取も高い、といった関係があるからです。

そして、作品の発売直後は、売却のチャンスです。

その理由は、メディアで取り上げられる機会が増えるためです。

一時的に注目されるだけでも、人気が出て査定額が大幅にアップすることもあります。

那波多目功一などの、すでに高い評価を受けている日本画家の作品なら、間違いなく高額査定です。

那波多目功一の過去に手掛けた作品を所有している場合は、状態が綺麗かつ発売直後の状態のままなら、期待以上の高い査定結果が出ます。

メディアで注目されると人気度がアップ

人気芸能人や海外セレブがアーティストの作品やグッズを愛用していることがニュースになることがあります。

また、最近誰もが利用するようになったSNSでも紹介されることがあります。

「突然人気が沸騰」して、作品やアーティストの人気も急上昇することがあります。

過去にトレンドとなった作品は、発売後、長期間経過していても、再度注目されることによって、作品の評価が見直されることがあり、高額査定がつくこともあります。

那波多目功一は、日本だけではなく、世界的にも評価の高い現代日本画家です。

作品の売却を検討する場合は、各方面での情報をしっかりと見ておきましょう。

こまめにメディアやニュースなどをチェックすることは当然です。

また、定期的に絵画の鑑定・査定を依頼し、売却の時期を逃さないようにご注意ください。

那波多目功一の作品は、本人が手掛けた作品の数は大変少ないため、希少価値が高く、アートオークションなどでも高値で落札されています。

公開されている落札情報などを基に買取査定をご依頼ください。

作品のサイズや作品の内容によっても買取金額は大きく異なります。

那波多目功一作品の売却を検討されている場合は、ぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、那波多目功一の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点についてわかりやすくご紹介いたしました。

「那波多目功一」は、専門家からの評価が高く、人気と実力を兼ね備えた日本画家です。

これから那波多目功一の良質の作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、那波多目功一の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事