2023.11.26

平子雄一の経歴や作品及び、査定買取について解説

Category

作家名

Tags

平子雄一の生い立ち

平子雄一(ひらこ ゆういち)は、1982年生まれの現代美術家です。岡山県生まれ。2006年にイギリスのウィンブルドン・カレッジ・オブ・アート絵画学科を卒業。2007年から東京を拠点に活動しています。

平子は、自然と人間の関係をテーマに作品を制作しています。彼の作品は、植物や動物、風景などをモチーフに、独特なタッチで描かれています。彼の作品は、見る人に自然の美しさと、人間と自然の共生について考えさせてくれます。

平子は、国内外で多くの展覧会に参加しています。2011年には、東京国立近代美術館で個展を開催しました。また、2013年には、ヴェネチア・ビエンナーレ日本館に出展しました。

平子は、現代美術界で注目されている若手アーティストの一人です。彼の作品は、見る人に自然の美しさと、人間と自然の共生について考えさせてくれます。

平子雄一の作風はどうやって形成されていったのか

平子雄一は、植物と人間の関係をテーマに、ペインティング、ドローイング、彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなど、多岐にわたるメディアで作品を発表しているアーティストです。彼は岡山県の地方出身で、自然に囲まれた環境で育ちました。高校卒業後、彼は渡英し、ロンドン芸術大学のウィンブルドン・カレッジ・オブ・アーツで学びました。ロンドンには広大な公園が多くあり、週末にはたくさんの人が訪れます。ある日公園を訪れたとき、人々が「自然って良いよね」と話をしているのを耳にして、大きな違和感を覚えました。彼は自然に対する認識と、その人たちの持つ認識が、明らかに違うと感じました。以来、どうして人はそこまで自然を求めるのか、都市の生活のなかで自然を求める感覚とはいったいなんなのか、と問うようになります。彼は自然が多い田舎で育った日本人の自分と、海外の大都市にある大学で美術を学ぶ日本人の自分という、そのふたつの要素が組み合わさったときにできるものがあると気がつきました。卒業制作においてはセルフカウンセリングのように、自分の経験を見つめ直すことを繰り返し、結果的に、自然と人工物の組み合わせを描いた、鉛筆による細密なドローイング作品ができあがりました。

平子雄一の作風は、彼の経験と背景、そして彼の興味や探求心によって形成されました。以下に、彼の作風が形成された要因をいくつか挙げます。

自然環境での育ち: 平子は岡山県の地方で育ち、自然に囲まれた環境での経験が彼の作品に影響を与えました。彼の作品には、自然と人間の関係がテーマとしてしばしば取り上げられています。

ロンドンでの留学経験が彼の視野を広げ、異文化との接触が彼の作品に多様性をもたらしました。

自然と都市の対比: ロンドンの公園で人々が「自然って良いよね」と話しているのを聞いたとき、平子は自然に対する認識の違いを感じました。彼は自然と都市、田舎と都会の対比をテーマに作品を制作するようになりました。

平子は卒業制作の際に、自分の経験を見つめ直すセルフカウンセリングのようなプロセスを経て、自然と人工物の組み合わせを描いた細密なドローイング作品を制作しました。このプロセスが彼の作風を形成する上で重要な役割を果たしました。

平子はペインティング、ドローイング、彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなど、多岐にわたるメディアで作品を発表しています。これらの異なるメディアを使いこなすことで、彼の作風は独自性を持っています。

以上のように、平子雄一の作風は彼の経験、背景、興味、探求心などが組み合わさって形成されています。彼の作品は自然と人間の関係をテーマにしており、多様なメディアを使って表現されています。

平子雄一の作品、作風

平子雄一は、植物や自然と人間の関係性をテーマに、ペインティングを中心にドローイングや彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなどの作品を制作しています。彼の作品には多くの木々や花々、花を飾る花瓶、木と人間が一体となったような人物が描かれています。これらのモチーフは、植物をはじめとする自然と、人間と都市とのあいだに生じる関係性をコンセプトとして描かれています。

平子は、自然や植物をテーマにした作品を通じて、自然と人間の関係について考えを深めてきました。彼の故郷は自然に囲まれた場所で、自然がある環境で育ちました。高校卒業後にイギリスへ留学し、ロンドンで都市的な生活を始めたときに、街路樹や公園の植栽など、人間が手間をかけてコントロールしている植物や自然の断片が気になったと述べています。

新型コロナウイルスの蔓延によって、平子は自分の有限性の範囲で、どれだけの作品を残すことができるのかと思うようになり、より制作に没頭するようになったと述べています。また、自然や植物をテーマにした彼の作品を見る人々の視点も変わってきたと感じています。

平子は、自然や植物への疑問を表現するメディアとして、アートを選んだ理由について、小学生のころから絵に対する興味があったため、自分のなかにある疑問やフラストレーションをかたちにするときには、自然と絵になったと述べています。

自然と絵に対する興味があったといいますが、幼い頃の落書きなどが、彼を絵の世界に向けたのかもしれません。

平子雄一の作品の査定、売却は可能なのか

平子雄一の作品の査定や売却は、一般的には可能です。

ですが、若手の新進気鋭の作家ですから、流通量が決定的に足りていないので、需要と供給の関係で、出回っていない知名度の低さから、低い額で取引されることも考えられます。

そうはいってもそれは一般的な話で、彼の作品は人気が高まっています。

平子雄一の作品の買取価格相場

芸術作品の買取相場というのは非常に難しいものです。

もし売却を考えておられるのであれば、複数の買取業者か、美術商をあたって高い方へ売ることにしましょう。

平子雄一の作品の買取相場は、作品の内容、技法、サイズ、状態などによって異なります。ミライカ美術という美術品の買取専門店では、平子雄一の作品を高い買取価格で査定しています。買取査定のポイントとして、以下の要素が挙げられます。

 平子雄一は1982年から現在に至るまで活躍している現代アーティストであり、日本以外にもコペンハーゲン、ロッテルダム、シンガポール、台湾、韓国など、国外でも精力的に発表を続けています。

平子雄一は、植物と人間の共存についてのテーマを探求し、ペインティングを中心としながら、ドローイングや彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなど、多岐にわたる表現方法で作品を製作しています。主にキャンバスにアクリルで作品を製作し、ジークレーの版画なども手掛けています。

平子雄一の作品は、植物と人間の共存についてのテーマを探求し、現代社会における自然と人間との境界線を考えさせる作品が人気であり、評価が高いです。

ミライカ美術によると、平子雄一の作品の買取相場は、作品の内容によって異なりますが、例として「煩雑に並べられた植物と本たち」などの作品の買取相場は、15万円〜20万円前後の価格となります。平子雄一は注目作家であり、今後の相場上昇も期待されているため、高値買取価格にて査定されています。

参考:ミライカ美術

作品のコンセプト

平子雄一の作品のコンセプトは、植物や自然と人間の共存について、また、その関係性の中に浮上する曖昧さや疑問をテーマにしています。彼の作品はペインティングを中心に、ドローイングや彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなど、表現手法は多岐にわたります。観葉植物や街路樹、公園に植えられた植物など、人によってコントロールされた植物を「自然」と定義することへの違和感をきっかけに、現代社会における自然と人間との境界線を、作品制作を通して追求しています。

平子雄一の作品は、自然と人間の関係をテーマにした独自の視点と、緻密な技術によって描かれた作品が特徴です。彼の作品は、植物と人間の共存についてのテーマを探求し、現代社会における自然と人間との境界線を考えさせる作品が人気であり、評価が高いです。

彼の作品は、自然と人間の関係をテーマにした独自の視点と、緻密な技術によって描かれた作品が特徴であり、その魅力が多くの人々に認められています。平子雄一は、現代アートの分野で注目されているアーティストとして、今後もその活動が期待されています。

個性的な作風で、見るものを魅了する彼のスタイルは、今後も広く受け止められて広がってゆくでしょう。

制作期間

平子雄一の作品の製作期間についての具体的な情報は、サイズやモチーフ、作品への思い入れなどで変わってきますから、それぞれ違ってくると思われます。彼の作品は植物や自然と人間の共存について、また、その関係性の中に浮上する曖昧さや疑問をテーマにしており、ペインティングを中心に、ドローイングや彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなど、表現手法は多岐にわたります。

作品の製作期間は、作品のサイズ、技法、内容、アーティストのスケジュールなどによって異なります。平子雄一の作品は緻密な技術によって描かれており、植物や自然と人間の共存についてのテーマを探求しているため、一つの作品を完成させるのには相応の時間がかかると考えられます。

平子雄一の作品の製作期間についての詳しい情報は、アートギャラリーや展覧会のカタログ、アーティスト自身のインタビューなどで公開されることがあります。興味がある場合は、これらの情報源をチェックすることをお勧めします。

平子雄一は新進気鋭のアーティストですから、勢力的に作品発表が行われていますので、確認しておくことも必要です。

今はネットでも確認できる時代です。

ひょっとしたら彼の作品がネット上で閲覧できるかもしれません。最新作がネットギャラリーに出てくることも考えられます。

情報は確認しておくことをおすすめいたします。

まとめ

今回は平子雄一について書いてきました。

平子雄一は、現代アートの分野で注目されているアーティストとして、今後もその活動が期待されています。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事