2023.11.29

ノンブランド食器の買取りポイントとは?高価買取りの方法についても紹介!

Category

食器

Tags

自分の所有している物品の中で、不要と思うものでも高値が付く場合があります。そのまま処分するよりも買取りしてもらう方が収入になる場合もあるため、自分の思い込みで決め付けるのではなく、一度査定してもらうのがおすすめです。

特に、ノンブランドの物品でも、状態や需要によっては高値が付き、高価買取りになるケースも生じます。もし、ノンブランドの食器を持っている人は、買取りすべきポイントがありますので内容を紹介しましょう。

ノンブランド食器とは?

まず、ノンブランド食器とは何か把握しておくのが重要です。ノンブランド食器の特徴とは、主に

  • 大量生産されている
  • 雑貨屋や量販店で販売されている
  • キャンペーンやくじ引きなどの景品としてもらえる
  • ネームバリューがない
  • ブランド名や独自のマークが記載されていない

ノンブランドの食器は主に多くの人が購入・入手できる物であり、安価な素材を使用して作成されています。キャンペーンやくじ引きで入手できる食器もロゴや職人が作成したマークなどが記載されていないようであれば、ノンブランドと言えます。雑貨屋や量販店で購入できる食器は全てノンブランドと言えるでしょう。

ノンブランドの食器を買取りしてもらう方法

ノンブランドの食器は大量生産されており、希少性も高くはないため、買取りしてもらうのが難しいように思えるでしょう。しかし、ノンブランドの食器でも買取りを行うことは可能です。どこで買取りしてもらうことができるのか、内容を紹介しましょう。

リサイクルショップ

ノンブランドの食器は、リサイクルショップで買取りしてもらうことができます。リサイクルショップでは、基本的に幅広い分野の商品を買取りしているため、ノンブランドの食器も対象になります。箱無しや使用品でも買取りしてもらうことも可能なため、お金に少しでも変えたい場合は持ち込みしてみるのも良い方法です。

リサイクルショップによっては簡易的なマニュアルを確認して金額を判断することもあれば、おおまかに食器一枚ごとに値段を決定している場合もあります。ただ、リサイクルショップは安価な査定になるため、高額での買取りには向いていないことを明記しておきましょう。

フリマアプリやオークションを利用

フリマアプリやオークションサイトは、自分で商品を出品して買取りしてもらうことができます。フリマアプリの場合は自分で価格を設定して、購入希望者からメッセージで連絡が来た際に交渉を行います。

購入者によって食器の状態の確認など知りたい情報について質問されるため、内容にしっかり答えましょう。また、買取金額について値下げ交渉される場合もあるため、臨機応変に価格を変更することも重要です。

交渉がまとまれば、金額を指定の口座に入金してもらい、自分は食器を発送することで完了です。オークションサイトの場合は価格の初期設定を行って、購入希望者の落札を待ちます。状況によっては初期価格よりも値段が上がっていくため、高値で買取りできる可能性もあります。

ただ、フリマアプリもオークションも買取りするまでに交渉など手間がかかることも多く、発送中に食器が割れるなどトラブルが生じる可能性もあります。リスクもあるため、その点を把握して利用すべきです。

フリーマーケットを利用

タイミングが合えば、ノンブランド食器はフリーマーケットを利用して売却することも可能です。フリーマーケットでは、お客様と顔を合わせて取引を行うことができるため、食器が未使用などであれば商品の良さをアピールしやすいです。

また、フリーマーケットの場合は直接お客様とやり取りを行うため、商品の発送や送料を計算する必要がなく、買取りをスムーズに行うことが可能です。食器の買取りとして前向きに利用することができますが、出店するだけでも数千円野手数料を取られるため、食器の買取りが不発に終わると、マイナスになる場合もあります。

また、売却できなかった場合は持ち帰る必要があり、運ぶ手間もかかりますし、利益を出そうと思えば、ある程度食器を揃えておく必要もあります。フリーマーケットは常に行っているわけでもないため、ある程度売却できる根拠がある際に利用するのが良いでしょう。

専門店で買取りをしてもらう

ノンブランドの食器を買取りしてもらう際は、食器を取り扱う買取業者を利用するのもおすすめです。買取業者であれば、価値を見極められる鑑定士がいるため、ノンブランドでも状態によっては高値で取引できる可能性があります。

また、買取業者では、骨董品や宝石など、他の商品も査定の知識を持っている場合があります。そのため、ノンブランドの食器と合わせて、他の物品も査定してもらうなら、高値で買取りしてもらえる可能性もあるでしょう。

買取業者の中でも食器を正確に査定できるのか見極めるためには、実績をチェックするのがおすすめです。食器の買取実績が豊富であれば、その分ノンブランドでも高値で買取りできる可能性が出てきます。買取りの方法として1番楽であり、高価買取りも期待できるため、利用を考えてみましょう。

ノンブランド食器を高価買取りしてもらうためのポイントとは?

ノンブランドの食器を買取りしてもらう際は、買取業者を利用できますが、できるだけ高値で売却したいはずです。ノンブランドの食器を高価買取りしてもらう際は、ポイントを押さえておく必要があります。どのようなポイントがあるのか内容を紹介しましょう。

付属品が揃っているか

ノンブランドの食器を買取りしてもらう際は、付属品が揃っているのか確認しておくのが重要です。付属品が揃っていると、食器としての価値が向上するので、単品よりも査定の際に好印象を与えることが可能です。

例えば、購入時の箱があることで食器としての価値を上げることができます。食器の保存や見栄えを良くすることができ、材質が木であればコレクターの評価も上がるので、査定アップの期待もあります。

また、ティーカップなどであれば、プレートやソーサー、ティーポットなどが揃ってセットとして買取りしてもらえれば、単品よりも買取金額は上がるでしょう。付属品を揃えて査定してもらうようにしましょう。

食器の汚れやほこりはしっかり拭き取る

汚れた食器やほこりは、しっかり拭き取ることも大事です。食器が汚れているなら、買取業者が査定をするときに印象が悪くなります。特に、食器の場合は食品などを載せるために使用するため、汚れやほこりなどがあることは、査定においても大きなマイナスポイントになるでしょう。

そのため、食器の汚れが目立つ場合は買取依頼する前にしっかり拭き取っておくことが重要です。ただ、汚れを落とそうとして、強く擦ってしまうと傷が付いてしまい、買取価格が下がってしまうケースも生じます。

そのため、汚れを拭き取る際も丁寧に取り扱い、完璧に落とすのが難しい場合は、無理をしないようにすべきです。また、未使用品である場合は、拭き取るなどの行為が見つかると、使用済みと判断されて価格が落ちる場合もあるため、何も手をつけずに行うのが良いでしょう。

単品よりも複数で買取りしてもらうようにする

ノンブランドの食器を買取りする際は、単品よりも複数枚で買取りしてもらうのがおすすめです。ノンブランドの場合は、ブランド品の食器よりも1枚の価値が低いため、単品だけだと査定も少額になってしまう可能性があります。

買取業者によっては、1kgで価格設定をしている場合もあるため、単品だと基準よりも低くて損をしてしまうケースも考えられます。そのため、ノンブランドの食器を買取りしてもらう際は、まとめて売却すべきです。

お皿やコップ、スプーンやフォークなど、それぞれ種類が異なっても、まとめて売却すれば重量や数によって査定をアップさせてもらえる可能性があります。複数枚だとどれほどの価格になるのか、実績を掲載しているなら確認しておくと、査定についても把握しやすくなるでしょう。

人気のある食器か確認

ノンブランドの食器を買取りしてもらう際は、人気の有無についても確認しておくべきです。中古品を査定する場合は人気の有無も確認され、需要がありそうであれば査定アップになる場合もあります。例えば、食器でも和ブランドであれば、見た目の良さなどから買取価格がアップする可能性もあります。

また、洋風でもデザインが良ければ査定をわずかでもアップして買取りできる可能性もあるでしょう。有田焼きやマイセンなどブランド食器であれば、買取金額も高値が付くことは当然ですが、ノンブランドでも人気のあるデザインであれば、査定に影響するため考えてみましょう。

ブランド品の食器には何があるのか?

ノンブランドの食器も状態や買取方法によって高値が付きますが、ブランド品の食器は需要があり、価値も高いため、より高値で取引ができます。ただ、どのような食器がブランドと言えるのか把握しておくのが重要です。

ブランドの食器は上記でも少し紹介しましたが、海外だとマイセンロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッドなどがあります。マイセンは2本の剣がクロスした双剣のマークであり、ロイヤルコペンハーゲンは、3本の波線と王冠のマークが特徴的です。

国内であればノリタケ、また有田焼や美濃焼きや有田焼など地域特有のブランドがあります。それぞれブランド品の食器は1枚でも状態が良いと数万円の買取りになるケースもあるため、所有しているなら査定してみるのも良いでしょう。

ノンブランドの食器を買取りしよう

ノンブランドの食器でも買取りすることは可能です。ポイントを押さえて査定をしてもらえれば、通常よりも高価買取りになるケースもあります。ノンブランドの食器は実績のある買取業者を利用するのがおすすめですので、ぜひ利用を検討してみましょう。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事