2024.01.24

花瓶に使える壺は買取可能?高価買取のポイントともにご紹介!

Category

花器

Tags

「大掃除していたら古い壺が出てきたけど、こんなの使わないよなあ」

「大きな花瓶があるんだけど、これって売れるの?」

「いったいいくらくらいで売れるものなんだろう?」

家にあった壺や花瓶は、そもそもどう扱っていいのかわからないし、売るとしても食器のように売れるものなのかが分からない、という人は少なくありません。

この記事では、壺や花瓶の歴史について触れながら、これらが実際に売れるものなのか、また高く売るためのコツがあるのかについて解説していきます。この記事を読んで、お持ちの壺や花瓶をどうすればいいのか、参考になれば幸いです。ぜひご一読ください。

壺や花瓶は売れるのか

壺や花瓶は売れるものなのか、という疑問がわくのも当然なのですが、実は壺や花瓶は思いのほか高額で売れたり、業者によって、見積金額に大きな差額が生まれるジャンルの品です。

つまり、その品の価値を見定めることが非常に難しいともいえるのです。

では、壺や花瓶といったものは、いったいいつから使われるようになったのでしょうか。歴史や花瓶の需要の移り変わりを紐解きながら、その価値をお伝えします。

花瓶の歴史

花瓶がいつから使われるようになったのか、はっきりしたことは分かっていません。

しかし花瓶(花立)は、香炉(香料を加熱して香気を発散させるための器)・燭台と並んで、仏教の三具足(みつぐそく:仏の供養に欠かせない3つの仏具)のひとつに数えられています。このことから、仏教が広まり、家庭にも仏壇などを置くようになったのち、室町時代ごろに座敷飾りとして花を生ける文化に発展し、花瓶が広まったのではないかといわれています。日本の伝統文化である茶道においては花瓶を「花入れ」と呼び、茶室を彩ったり茶席に華やかさを持たせたりする意味合いで用いられています。

花瓶の人気が高まっている

最近は花瓶や花器の人気が高まってきており、売買が盛んに進められています。海外で骨董品ブームが起きているのがその理由として挙げられます。特に中国の富裕層の間では、日本で流通している中国の骨董品を買い戻そうとする動きが活発です。なぜなら、日本で流通している中国の骨董品は、真贋の鑑定が正確に行われていることが多いからです。偽物に大金を払ってしまうなどのトラブルが少ないと考えられているのです。

2021年に開催された2020年東京オリンピックによって日本の文化が注目されたことも相まって、国境を越えての花瓶・花器の流通が増えているのです。

壺や花瓶を売るときの注意点

それでは実際に壺や花瓶を売るときに、どういう点に気をつければいいのでしょうか。ここでは基本的な注意ポイントを3つお伝えします。

壺、花瓶の査定ができる買取専門店かどうか

壺や花瓶は査定が難しい品物といわれています。それだけに近所の質屋やリサイクルショップで査定をしても、結局私たちと同じ素人が査定することになり、損をしてしまう可能性が高いと言わざるを得ません。思い入れのある大切な壺や花瓶を手放すのですから、ちゃんと骨董品としての査定ができる資格保持者や査定員が在籍している買取専門店を選ぶようにしましょう。

 

買取査定やキャンセルに関して費用がかからないか

思い入れのある品物であれば、いざ買取に来てもらったけど、やっぱり売りたくない…という気持ちになることだってあるでしょう。そんな場合でも対応できるように、出張買取の査定や壺、花瓶買取のキャンセルをしても手数料がかからない買取専門店を選ぶようにしましょう。特に複数のお店で相見積もりをする場合は、ここで売ると決めていないのに売らざるを得なくなるなどリスクがあります。十分に気をつけたいものです。

そもそも安心・安全な業者なのか

「出張買取をお願いしたいけど、自宅に入れるのはちょっと…」

「宅配で送ったらうちの住所が分かって直接取引に来たりしないかな…」

取引相手がどういう業者なのか、はっきりと把握できないと不安な気持ちになることがあるかもしれません。業者を選ぶ時には事前に情報収集をして、運営の歴史と査定実績のある買取専門店を選ぶようにしましょう。最近は写真を送って簡易査定してくれる業者もあります。査定員の顔が分かっていたり女性スタッフが在籍していると、さらに安心できるのではないでしょうか。

高価買取が可能な壺や花瓶とは

花瓶は状態の良いものが高く売れやすいですが、その年代や希少性なども非常に重要です。ここでは高く売れやすい花瓶の特徴について詳しく紹介します。

保存状態が良く、付属品が揃っているもの

壺や花瓶を売る場合、当然ですが保存状態は重要なポイントとして見られます。キズやヒビ割れ、色あせや黄ばみなどのない、保存状態が良いものほど高く売れる傾向にあります。言い換えれば壺や花瓶は小さなキズ一つで価値が下がってしまう品物ともいえます。取り扱う際には布製手袋を着用し、直射日光が当たらず湿気の少ない風通しの良い場所で保管してください。必要以上に触れないよう掃除は最低限にとどめましょう。また、購入時についていた箱や袋、説明書、鑑定書などの付属品が揃っていると高く売れやすいです。特に箱や鑑定書は花瓶が本物であることの証明になりますので大切にしてください。

歴史的・美術品的価値があるもの

骨董品として扱われる壺や花瓶は、数十年から百年以上前につくられたものを指しています。日本ではこの年数という部分でやや揺れが見られますが、このくらい前につくられている花瓶でさらに状態の良いものであれば、歴史的にも美術品的にも価値があるとみなされるため、高く売れやすいです。

希少価値があるもの

骨董品とみなされる壺や花瓶は一般的に古いほど希少価値があると考えられます。特に戦前につくられた花瓶は流通が少なく、1点ものが多いほか、戦時中に割れて失われてしまったものが多いため高く売れやすいです。高価買取される品にはやはり「希少性」がとても重要であるといえるでしょう。

コレクター需要があるもの

コレクターは希少価値のある年代物を求めていることが多いので、コレクター需要のある壺や花瓶は必然的に価格が高騰する傾向にあります。

近年の動向としては、中国人による中国美術品・骨董品の日本からの買い戻しを原因とする、中国美術の壺や花瓶の需要も高く、価格高騰しています。

有名作家が手がけているもの

日本の有名作家である「酒井田柿右衛門」をはじめとする有名作家が手掛けた壺や花瓶は、形や技法が異なる1点ものであり、希少性も芸術性も高い品となっています。このような作家ものの壺や花瓶は特に需要が高いため高価買取が期待できます。

高価買取をしてもらうためのポイント

希少品や作家ものなど、本来高い価値があるはずの壺や花瓶でも、保存状態や付属品の有無などによって買取価格が下がってしまうことが考えられます。壺や花瓶の買取については注意すべきことがいくつかあります。壺や花瓶をより高く買い取ってもらうための5つのポイントをご紹介します。

壺や花瓶の保存状態が悪くても修復はしない

花瓶は保存状態が良いものの方が高く買い取ってもらいやすい傾向があり、割れ・欠け・ヒビ・柄や装飾の剥げなど、保存状態が良くないと買取価格が下がってしまう恐れがあります。

しかしだからといって、自分で修復しようとするのはおすすめできません。花瓶を自分で修復した場合、修復痕がかえって作品の価値を損ねてしまい、買い取ってもらえない可能性も出てきます。保存状態が悪くても、修復はせずにそのまま査定に出すことをおすすめします。

なるべく早いタイミングで買取に出す

壺や花瓶は保存状態によって査定額が大きく左右されます。長く保管していると、湿気などの影響で経年劣化が見られるようになるものも少なくありません。また、壺や花瓶は割れやすいものが多く、大切に保管していても何らかの拍子で割れたりヒビが入ったりする可能性も否めません。売却を検討している花瓶があるなら、保存状態が良いうちに、なるべく早いタイミングで査定に出すのがおすすめです。

付属品をそろえておく

作家もの壺や花瓶には、共箱・保証書・小冊子などの付属品が付いてくることが多くあります。共箱や保証書には作家やブランドのプロフィール、作品名、制作時期、時代背景などの情報が入っており、査定士が作品の価値を判断するのに役立ちます。日本の作家ものなら、木の共箱に作者のサインや花押が入っているのが一般的です。付属品がすべて揃っていると骨董品コレクターからの需要が増え、買取業者としても再販しやすくなるので、査定価格が高くなりやすい傾向にあります。付属品がない場合は、花瓶本体を見て価値を見極められるような、骨董品を熟知した業者へ査定に出してみましょう。

出張買取サービスを利用する

出張買取とは、買取業者の査定士が利用者の自宅等まで来て査定をしてくれるサービスのことです。壺や花瓶は割れやすい素材でできているものが多く、買取店の店頭まで運んだり、買取業者まで送ったりする間に割れたり傷がついたりするリスクがあります。花瓶の買取を希望する場合は、自宅で査定してもらえる出張買取がおすすめです。花瓶本体を傷つけるリスクもなく、店舗までの移動時間や手間なども省くことができます。

まとめ

この記事では、壺や花瓶の歴史について触れながら、実際に売るときの注意点や高く売るためのコツについて解説させていただきました。壺や花瓶は作家ものが特に高く売れやすく、箱や鑑定書がそろっている場合はさらに高価買取が期待できることが分かりました。壺や花瓶は小さなキズ一つで価値が変動してしまうため、できるだけ自分でお手入れはせずに、そのままの状態で買取業者へ査定をお願いするのが安心です。持ち運びに不安を覚えるなら、出張買取を視野に入れてもいいでしょう。

骨董品やアンティーク品とよばれる壺や花瓶は査定が難しいため、買取業者によって買取価格に大きな差が出てきます。納得のいく買取価格を得られるよう、まずは一括査定が可能な弊社に一度ご相談くださいませ。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事