2024.01.24

壺を売りたいとお考えの方へ

Category

骨董品

Tags

壺をお手元にお持ちの方は、壺の買取をご検討されたことはございませんか?

しかし大きくて、割れ物、壊れ物である壺が上手に買取できるのか不思議に思う方もいるかもしれません。ご自身で購入されたものではなくご自宅が保管している場合など、この壺にどれくらい価値のあるものかがわからない場合もありますよね。

当記事では壺を売りたいあなたにとって最高の条件をご案内するために、秘策を伝授しています。

「売りたいと考えている壺がある」「我が家にある壺はもしかして、値打ちものかもしれない」とお思いのあなたはぜひ、チェックしてみてください。

壺とは

壺とはそもそも、どのような定義があるのかご存知でしょうか。

壺は「胴が膨れていて、口がすぼんでいるもの」のことを指します。主に陶器製ですが、中には金属製の壺もあります。

一般的に口が開いていますが、蓋つきの壺もあります。蓋がついている珍しい壺は、液体などの保管に適していると言われています。

壺の歴史

数々の種類がある壺は、その歴史もとても古いです。

日本では縄文時代初期より壺を使用していたことが確認されています。

ヨーロッパや西アジアでは新石器時代に、農耕が発達したことから壺によく似た品物が使用されるようになりました。

一方で東アジアや中国では、仰韶文(ぎょうしょうぶんか)と言われる紀元前5000年から紀元前2700年ごろに登場したと言い伝えられています。

壺を辞書で調べてみる

「壺」について意味を調べると以下のように表記されています。

①つぼ。 口がすぼんだ容器。 「壺觴(こしょう)」「壺中」「茶壺」

②灸をすえる場所。 または、急所。

特に①は、壺の定義や形をよく表しています。

自宅保管は簡単か

このような特徴と歴史を持つ「壺」ですが、壺が好きで自分で購入された場合の他に、実家に伝わる壺をお持ちの方もいるかもしれません。自分で購入したものでなければ、種類などもよく分からず、売りたいものの処分にお困りかもしれません。

遺産や相続などをした品物のうち、特に壺は保管がしづらい品物とされています。

一体どのような点が、保管を難しくさせているのでしょうか。

壺は入れ物としての役割を担うため、ある程度の大きさがあります。

小さいものでもいくらか物を収納できるようになっているので、現代的な「小物入れ」のようなサイズのものはほとんどありません。

家具と並ぶようなサイズの壺が多く、中には人間ひとりと同じくらいのサイズのものまであります。

大きさがある分、収納や保管に手が掛かってしまうのは否めません。

壺の素材

壺のほとんどが陶器で作られています。

陶器は割れてしまわないよう安定したところで保管する必要があります。重ねて収納したり、近くに別の陶器製品を収納する場合には、間に紙などを挟むと傷がつきづらくなります。

さらに陶器は湿気を吸いやすいので、湿度管理が必要です。保管前に水で洗った場合には、きちんと拭いて乾かしてから収納するのがおすすめです。

丁寧に壺を保管しておくことによって、「壺を売りたいな」と思うようになった時に助けになるかもしれません。

高額で売りたい壺の特徴は?

壺の買取業界では、一体どのような壺が実際に高価買取されているのでしょうか。実は、入れ物としての用途だけではなく美術品や骨董品としても人気がある壺は、高値で買取されることも多い品物です。

中でもいくつか具体的な高価買取事例のある壺の種類をご紹介します。

歴史ある品

縄文時代から歴史が続く壺は、現在や近代に制作されたものも多いです。

その中でも比較的歴史のある、江戸時代や明治時代に作られた壺は、高価買取が実現しやすい傾向にあります。

近代工芸作家による壺作品

江戸時代や明治時代の壺が人気なのと同じく、その年代の作家の壺もとても人気があります。

有名作家のものはもちろん、素晴らしい装飾が施された作品を生んだ作家の作った壺も高価で買取ができる可能性が高いです。

年代や作家を知るために美術骨董専門の買取業者へ査定を依頼してみるのもひとつの方法です。素敵な壺をお持ちの場合は、ぜひ美術骨董買取業者へ相談してみてはいかがでしょうか。

伝統工芸技法で作られている壺

焼き物である壺には、伝統技法で作られた壺が含まれている場合があります。

有名な「有田焼」「伊万里焼」「備前焼」など、日本にはさまざまな焼き物の種類があり、それぞれに素晴らしく大変人気があります。

このような伝統的な技法を持って制作されている壺は、美術品としての価値が高く評価されやすい傾向にあり、高価買取が期待できる壺となります。

壺を売りたい時、どんな方法があるか

ここからは実際に壺を売りたいと考えている方へ向けて手順を紹介していきます。

まずは壺の買取を依頼する専門店や専門家についてです。

美術品や骨董品の専門買取店へ

壺は、現在美術品や骨董品としての価値が非常に高い品です。そのために、大手のリサイクルショップや大型買取店ではなく、美術品や骨董品の専門買取業者に依頼することをおすすめします。

美術品や骨董品専門の業者には、専門家が常駐している場合が多いです。

お持ちの壺の価値をきちんと理解してくれる鑑定士に見てもらうことで、より正式な値段をつけてもらい壺を売ることができるようになります。

一方で美術品や骨董品の買取業者では、大手リサイクルショップなどに比べて買取成約まで時間がかかる傾向にあるので注意しましょう。

壺を売りたいと考えた時の手順

買取業者を決めたら、連絡をして査定をしてもらい、価格に納得すれば買い取ってもらうという手順を踏むことになるのが一般的です。

壺の査定には、主に出張査定買取、店舗査定買取、オンライン査定の3種類があります。順に実際の査定方法を紹介していきますので、お好みの査定方法をお選びください。

なお、買取業者によってはいずれかの査定方法に対応していない場合もあるので確認が事前に必要です。

古美術の査定方法①出張査定買取

まずは電話メール等で連絡をすれば日程調整を行うことができます。

自宅に当日査定の人が来てくれるので品物を見せてください。査定金額を聞いて納得ができない場合は断ることももちろん可能です。

納得のいく買取額を提示してもらうことができたら、支払いを受け取って業者に買い取ってもらいます。

古美術の査定方法②店舗査定買取

店舗での買取の場合も突然店舗へ出向くのではなく、まずは事前に品物の概要や希望の日時を連絡しておくことが望ましいです。

当日買取店舗まで壺を持っていき、鑑定士に見てもらいます。

一般に壺の査定はそう長く時間がかかるものではないためその場で査定見積額を聞くことができるのが、店舗査定買取の良い店だといえます。

古美術の査定方法③オンライン査定

現在多くの買取業者がオンラインの査定を導入しています。近くに希望する買取業者がない場合もメールや電話などで連絡をし、壺の写真を送れば査定金額を見積もりしてもらうことができます。

もし納得のいく査定額を提示してもらうことができたら、壺は郵送で送りましょう。

鑑定士と予定を合わせたrj、買取業者まで出向く必要が一切ない手軽な点がオンライン査定の良い点だといえます。

しかし壺は陶器が多く、郵送では破損のリスクがあることを忘れてはいけません。

壺を高く売りたい人におすすめの工夫

いくら買取実績の高い買取業者を選んだとしても、状態の悪い壺はやはり値段が下がってしまうものです。

壺を買取に出す際に気をつけるべきことは一体なんでしょうか。

壺に限らず買取価格を高くする工夫の基本として、美品に近いこと、付属品の紛失がないこと、季節ものはタイミングを見極めることなどがあります。

壺亜をできるだけ高い値段で売りたいと考えている場合には、ぜひ実行をしてみましょう。

買取値を高くする基本①できるだけ状態よく保管する

日焼けや傷みを避けるために、直射日光の当たらない風通しの良い場所での保管がおすすめです。

壺などの焼き物は日焼けをしてしまいますので、直射日光を避けて保管しましょう。

また、壺は過度な乾燥によりひび割れを起こしてしまう可能性もあります。適切な状況下で保管をするよう心がけましょう。

買取値を高くする基本②付属品は一緒に保管する

壺に付属品はあまりないかもしれませんが、収納用の箱や紐などがある場合は一緒に保管しましょう。

2つで対になっている壺や、蓋つきの壺の場合は、揃えて買取へ出した方が買取額は高くなる傾向にあります。

さらに作者のサイン入りであったり、歴史的価値のある文書の真贋鑑定書があればベストです。一緒に専門家へ見せるようにしましょう。

壺を売りたいというご相談お待ちしています!

当記事では「壺を売りたい」と考えている方へ向けて、壺の買取の内容をお伝えしてきました。

胴が膨らんで口がすぼんだ形をしている陶器製の入れ物である壺は、日本では縄文時代から使用が確認されているとても歴史のある品物です。

現代の日本では保存用器や入れ物としての役割よりも、美術品や骨董品としてのニーズが強い傾向にあります。中には蓋がついている壺や、金属製の壺も存在しています。

壺の価値は主に、作られた時代と、作った作家、作られた技法の3つの観点をもとに判断されます。

時代としては近年にあたる、江戸時代や明治時代の壺は高価で買取が成約しやすい傾向にあります。江戸時代と明治時代の壺作家の作品もまた、高価買取の対象となる場合があります。

お手持ちの壺について「売りたいなと買取を検討している」「詳しくは査定を行ってから決めたい」「売りたい壺がどれだけの価値があるものなのかを知りたい」などとお考えの方は、ぜひお気軽に一度弊社へご連絡いただければと思います。

壺の状態を見極め、ご満足いただける買取を実現させていただくためお話を伺います。

壺の買取についてお悩みの方は、ぜひ一度弊社へご連絡ください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事