2023.11.15

ビスクドールの買取りポイントとは?注意点なども紹介

Category

人形

Tags

自分の所有している物で処分を考えているなら、買取りも検討することができます。物品でも人気や需要があるなら、高値で査定してもらうことができ、予想以上の買取りになるケースもあるからです。

ただ、買取りの方法や何を査定してもらうかによって、金額は異なるので詳細な内容を把握しておく必要があります。もし、ビスクドールを所有しているなら、人気もあるため高価買取りしたいでしょう。詳細なポイントや内容をご紹介します。

ビスクドールとは何か?

ビスクドールとは磁器性の人形のことです。女性の形をしていることが特徴的であり、精巧な作りをしていることから人形としての価値は高い傾向があります。ビスクという言葉はフランス語の「ビスキュイ」から来ており、意味は「2度焼き」です。

これは、ビスクドールを作る際に頭や手など全身を2度焼きしていることから、呼ばれるようになったようです。ビスクドールはフランス語が使用されていることもあり「フランス人形」と言われることもあります。

価値が高く付きやすいのは、19世紀に製造されていたジュモール・ブリュ・ゴーチェと言われるブランドです。数ある中でも人気と希少性を兼ね備えているため、高額買取りを期待することができます。

ビスクドールで査定に影響する部分とは?

ビスクドールは製造方法によって分類されており、特徴も異なります。そのため、ビスクドールの内容を把握する点で、ポイントとして押さえておくのはおすすめです。どのような種類や製造方法になっているのか紹介しましょう。

ブレスドビスク

ブレスドビスクは原料となる陶度を型に押し込み、ブレスして成形し、焼き上げる製造方法のことです。昔ながらの方法になるので手間がかかる製造方法になりますが、細部にまでこだわった人形に仕上げることができるので、より繊細なビスクドールにすることも可能です。

古いビスクドールの場合は、ブレスドビスクの製造で行われていることが多く、繊細である分価値も高くなる傾向があります。こだわっている職人であれば、ブレストビスクの可能性もあるため、特徴として把握しておきましょう。

ポアードビスク

ポアードビスクは19世紀末から用いられるようになった製法です。型に液状の磁器を流し込み焼き上げるのが特徴であり、ブレスドビスクと比較すると手間がかからず、時間もあまりかからないため、大量に生産することができます。今では大量生産することが主流であるため、ボアードビスクで製造されているビスクドールが多いですが、繊細な部分まで技術が及ばないため、価値が低い物も多いです。

クローズドマウスとオープンマウス

ビスクドールには口にも特徴があり、閉じているクローズドと開いているオープンがあります。クローズドマウスの場合はただ閉じているだけでなく、口を真一文字に結んでいるものや口角が少し上がって笑みを浮かべているものなど、表情は豊富です。

また、クローズドマウスを用いているビスクドールは、昔製造された歴史あるものが多いため、買取り査定の際は高額な金額を提示してもらえる可能性が高いでしょう。オープンマウスの場合は口が開いている状態であり、簡単に布で覆っているものから、歯や舌を精巧に作成しているものまで様々です。

オープンマウスも細部へのこだわりまで確認するなら、高価買取りを期待でき口を閉じているビスクドールも年代により価値が変わります。それぞれ買取り前に確認してみるのが良いでしょう。

目の特徴によっても変わる

ビスクドールは目の特徴によっても、種類が異なります。特徴としては

  • ブロウアイ
  • ペーパーウェイトアイ
  • スリープアイ

があります。

ブロウアイは、熱したガラスに息を吹き込んで膨らませ、球状にしてから瞳を描いています。ビスクドールの目の中ではシンプルな製造方法となっており、中は空洞になっているのが特徴ですが、精巧な作りとはならないため、一流ブランドでは採用されていません。

ペーパーウェイトアイは、ガラス文鎮を作る技術を使用して目を製造しています。白い土台に色ガラスで虹彩を描き、さらに透明度が高い半球上のガラスを乗せる構造になっているため、視線なども感じることが可能です。グラスアイの中では精巧に製造されていることから価値も高く、買取りの際は査定の上でも大きなプラスにしてくれるでしょう。

スリープアイは、まぶたが開閉できるように仕掛けが作られている目になります。開閉させる仕組みとしては、仰向けに寝かせると重りが動いて目を閉じるなど、いろいろあります。子供向けのビスクドールに採用されていることが多いので、買取りの査定では大きな影響が出ない可能性もあります。

このように、ビスクドールの目についてもしっかり把握しておきましょう。

ビスクドールを買取してもらう際のポイント

ビスクドールにもいろいろな製造方法や作りがあるので、その点を押さえておくと高額な買取りとなる可能性があります。もし、さらに高額な買取りを行いたい場合は、他にもポイントを押さえておくのがおすすめです。どのような点を押さえておくべきなのか内容を紹介しましょう。

人気ブランドを押さえておく

ビスクドールは人気のブランドほど需要が高いので、買取りをするときも査定額を上げることが期待できます。ビスクドールの人気ブランドには例えば、ジュモーやブリュ、ゴーチェ、アーモンド・マルセドなどがあります。

ジュモーはフランスのビスクドールを代表する工房であり、可憐でやや憂いを含んだ表情が特徴的です。

ブリュはフランスで最大級のビスクドール工房の1つとして知られており、アンティーク品として高く評価されているので価値が高いです。

ゴーチェもビスクドールの製造は歴史があり、細部にこだわって作っているので、ブランドとしての評価も高いと言えます。ビスクドールのブランドはたくさんありますが、有名で老舗であるほど、精巧に作られているので、価値が高く、買取でも予想以上の査定になる可能性が高いです。自分のビスクドールについて内容をチェックしてみましょう。

ビスクドール全体でバランスが良いか

ビスクドールの買取りをしてもらう際は、全体のバランスが良いのかも確認しておくべきです。ビスクドールは全体的に精巧に作られていることが大きなポイントになりますが、それぞれのパーツの出来も重要になるからです。特に査定の際に見られるポイントは、顔、ボディ、目、衣装の出来栄えになります。顔については上記も紹介しましたが目の作りや口の精巧さが重視されます。

しかし、他にも表情や女性としての美しさも重要になるため、自分で見て魅力的であるのかチェックしておくのも重要です。また、ボディには木製のもの、山羊の皮に詰物をしたもの、おがくずなどを混ぜて作られたコンポジションボディなどいろいろです。

ボディの質が良く、触り心地も良いと好評価になり、価格が上がることに期待できます。また、ビスクドールのサイズも買取りには重要なポイントです。ビスクドールは大きいほど査定がプラスされやすい傾向があるため、サイズによって金額が変動する可能性もあります。これらのバランスを考慮して買取査定を考えておきましょう。

付属品があるなら揃えて提出する

ビスクドールを買取りしてもらうときは、付属品の有無について確認しておくのも大事です。例えば、希少性のあるビスクドールであれば、ブランドや作家の銘柄が入った専用の保管箱に入れられている場合があるので、一緒に査定の際に提出すると買取金額がアップされるケースもあります。

また、ビスクドールについて材質はサイズなどが記載された保証書があることで、信ぴょう性を得やすくなるため、買取額がアップするでしょう。ビスクドールの中には偽物が混じっている場合もあるため、買取業者に鑑定士がいたとしても、目に見える証拠がある方が査定の際にプラスされます。

また、ビスクドールのコレクターは箱も重視している傾向があるので、ブランド品であるほど有無によってかなり差額が生じやすいです。付属品が無くても買取りしてもらうことはできますが、所有しているなら紛失しないようにしっかり保管しましょう。

状態を良好にしておく

ビスクドールを買取りしてもらう際は、状態を良好にしておくのが重要です。ビスクドールがブランド物で繊細に作られていたとしても、ボディの部分が破損している、虫に食べられている場合などは、査定の際にダウンさせられる可能性があります。

ブランド品のビスクドールや付属品があっても保存状態が悪い場合は買取りの際に不利になるため、良い状態が維持できるように保存はしっかり行っておくべきです。湿気の多い場所などはカビや虫の影響を受けやすく、直射日光が当たる場所だと変色してしまう可能性もあるため、風通しの良い場所に保管して劣化を防ぐようにしましょう。

骨董品専門店で買取りしてもらう

ビスクドールは骨董品専門店で買取りをしてもらうのがおすすめです。リサイクルショップや普通の骨董品店の場合、専門の鑑定士がいないので、ブランド品のビスクドールを査定しても価値が正確に判断できず、買取金額の面で不利になる可能性があります。

骨董品専門店であれば、ビスクドールに使用されている材質や著名な方の刺繍や箱なども鑑定して買取金額をアップしてくれます。価値が高い要素がたくさんあるビスクドールほど、専門店での買取りが納得のいく査定になるため、サイトなどにアクセスして査定してもらいましょう。

ビスクドールは専門店で査定してもらおう!

ビスクドールを買取りしてもらうときは、査定ポイントについて把握しておくことが大事です。全体のバランスやブランド、付属肘など買取ポイントをしっかり把握しておくことで、高額査定になるケースもあります。専門店でまずは査定から依頼するようにしてみましょう。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事