2023.11.15

翡翠(ひすい)の買取りポイントとは?注意点や方法について内容を解説!

Category

宝石

Tags

自分の所有している物品の中には、状態や需要度によって高値で買取りされる場合もあります。価値が無いように思える物でも、査定してもらうと高価買取りとなり、大きな収入源になる場合もあるため、一度業者に鑑定してもらうのは重要です。

買取商品の中にもいろいろありますが、その中で翡翠(ひすい)を所有しているなら、業者に査定してもらうのがおすすめです。ただ、買取りの際は注意点やポイントがあるので、内容を徹底紹介しましょう。

翡翠(ひすい)とは何か?

「そもそも翡翠とは何か?」と疑問を感じる人もいるでしょう。翡翠は東洋と中南米で古来より珍重されていた宝石です。特に中国では価値が高い物とされており、家族の財産として受け継いでいくことが必須とされていました。

日本でも置物として玄関先などに置かれることがあり、魔除けとして用いられていたこともありました。硬度は宝石の中でも低いので傷付きやすいですが、結晶が複雑に絡み合っているため割れにくく武器としても使用されていたほどです。宝石としても価値があり、深い緑色で透明度が高ければ高額で取引されることもあるため、買取品としても市場でよく見る機会があります。

翡翠(ひすい)の買取ポイントとは何か?

翡翠を所有しているなら買取りを考えてみることができますが、どのようなポイントがあるのか把握しておくのも重要です。翡翠は買取りされるときに、査定される部分があり、そこで価値が大きく変わることがあります。翡翠の査定ポイントについて、それぞれ紹介しましょう。

翡翠の種類

翡翠の買取りを行う際は、種類を査定されます。翡翠はジェダイト(硬玉)、ネフライト(軟玉)の2種類があり、一般的に産出量が少ないのはジェダイトです。市場に出回る数量も少ないため希少価値も高く、最高級のものであれば、状態によって100万円以上の査定になる場合もあります。

一方、ネフライトは産出量が多く、不純物が混じっている場合もあるため価値が低いです。宝石として査定してくれない場合もあるため、買取金額が予想以上に低くなる場合もありますが、ネフライトでも羊脂玉の場合は産出量が少ないので、高価買取りになるケースも生じます。翡翠の種類を考慮しておきましょう。

翡翠の色

翡翠は緑色という印象が強いように思えますが、白、黒、赤、ラベンダー、などのカラーがあります。同じ品質の翡翠でもカラーによって需要や人気なども異なり、状況によっては査定に大きく影響を与える場合があります。

緑色は翡翠の定番カラーでもあるため、査定の際に大きく減点されることはないでしょう。また、近年ではラベンダーの色も上品で鮮やかであるため人気が高く、価値が高くなりやすいカラーです。白色や黒色は翡翠としては鮮やかさが足りないため、色としても需要があまり高くなく、高額査定にはなりにくいです。

また、翡翠はムラが出やすい石になるので、カラーが均一になっているほど、査定でも高評価を得ることができます。ただ、均一でも着色加工がされているなら、価値は下がるので、自然色となっているのか確認しましょう。

カラット

翡翠の買取りのポイントになるのはカラット数があります。翡翠はカラット数が大きいほど、需要も高くなるため、査定額が大きくなりやすいです。カラット数が大きく、種類も需要の高い物であれば、価値があるので数百万円という買取りになるケースもあるでしょう。

ただ、ネフライトの場合は上記でも紹介しましたが産出量が多いので、カラット数が高くても数百万という高額な査定とはなりません。ジェダイトの場合はカラット数が大きくなる見込みであると把握しておきましょう。

加工処理

翡翠の加工処理の有無は査定に影響を与えるポイントです。天然の翡翠の場合は表面がザラザラしており、光沢感がないのが特徴です。そのため、見た目は宝石らしい雰囲気を感じることもありません。一方、加工処理されているのは、研磨をかけていたりワックスで光沢感を出していたりして、見た目も良く、表面も滑らかです。

翡翠は加工処理していた方が、見た目や肌触り感から高価買取りになりやすいですが、ランクはA〜Cの3つに分類わけされており、当てはまる種類によって価格は変わります。買取りの際に評価が高いのはAランクであり、特徴は研磨で表面が滑らかであり、無色のワックスで艶出しされていることです。

1番自然に見えるため、翡翠でも高価買取りを期待できます。Bランクの場合は漂白処理によって透明感を出しており、樹脂を染み込ませて光沢感を出しているのが特徴です。加工処理が少し目立つので、Aランクよりも査定額は低くなる可能性があります。

Cランクは翡翠の粉末を練り固めており、塗料などでコーティングしているのが特徴的です。Cランクは希少性がないので数百円や数千円程度とかなり査定額は低いです。この点を踏まえて買取りを考えてみましょう。

透明度

翡翠を買取りしてもらう際は透明度も重要です。翡翠は透明度が高いほど、宝石としても綺麗であり、需要も上がるので査定評価も高くなります。一般的に翡翠は色が濃いほど透明度が低くなり価値が下がる場合もあります。しかし、色が濃いというのは本来の鮮やかさもあります。

そのため、色が濃厚で透明度が高いなら、希少性が高く価値があるので、査定額も大きく期待できるでしょう。ただ、透明度が高い物でも樹脂で固めているなど、加工処理が目立つ場合は査定額が低くなります。天然の翡翠で透明度が高いほど高価買取りを検討できるため考慮しておきましょう。

翡翠(ひすい)の買取り専門店の見極めポイント

翡翠の買取りをしてもらう際は専門性が必要です。リサイクルショップやフリマサイトなどの場合は専門家がいないので、所有している翡翠に価値があったとしても、高価買取りにならない場合もあります。

そのため、翡翠の買取りをしてもらう際は、専門の買取店を利用する必要があります。ただ、専門の買取店でも、見極めるポイントを把握しておくのは重要です。翡翠の買取専門店について内容を紹介しましょう。

翡翠の買取相場について記載されてある

専門店で査定してもらう場合は、買取相場が記載されているかチェックしましょう。専門店の場合は質の良さについて把握しているため、色の光沢度やカラット数について記載されており、どれくらいの価格になるのか表などで紹介されています。

翡翠について買取表などで相場を確認できるなら、価格もある程度予想できるので、低価格になることを防げます。翡翠の買取りについて注意事項があるなら、査定額が低くなるのか確認可能です。ホームページにアクセスしたときに、買取相場についてチェックしましょう。

買取実績があるのかチェック

専門店で買取りをする際は、実績の有無について確認するのも重要です。翡翠の買取りについて実績があるなら、専門性が高いので、細かい部分も確認した上で査定をしてくれます。翡翠は上記でも査定ポイントについて紹介しましたが、チェックする項目が多いので、正しく鑑定するには知識が必要です。

翡翠の買取りについて実績が少ない、または掲載されていないようなら、正確な値段を査定してくれるのか疑問を感じるでしょう。しかし、すでに買取りが数百など実績も多い場合は、翡翠の鑑定スキルも高いと期待できるため、高額査定になる可能性もあるでしょう。

実績はホームページにアクセスすることで確認でき、「月間MVP賞」や「ベストストア賞」など専門店として受賞経歴があると、より信頼度が増します。掲載情報を見てから申込みするようにしましょう。

成約率も確認

専門店での買取りは、成約率も考慮して選ぶ必要があります。買取りの依頼をしたとしても、申込みをした時点で成約するわけではありません。査定額が出た際に利用者が納得することで成約になるため、この確率も重要な数字です。

買取申込み数が記載されていたとしても、実際に成約された数が少ないようであれば、査定に納得していない人が多い可能性もあり、希望した買取りとならない場合もあります。実績数も多くて成約率も高いようであれば、満足できる査定額になることを期待でき、高価買取りとなる可能性もあるでしょう。成約率は80〜90%を超えているなら、問題ないはずなので目安として確認してください。

鑑定士の在籍有無についてチェック

鑑定士の在籍有無について確認することも大事です。鑑定士は知識や見極めのポイントを熟知しているため、正確な査定を行うことができます。翡翠に関してもポイントを熟知しているため、総合的な判断から買取金額を提示し、内容についても説明してもらうことが可能です。

鑑定士が多数在籍しており、さらに翡翠などの宝石について実績があるなら、信用度も高いので買取りを前向きに検討することができるでしょう。鑑定士は会社概要やホームページで掲載されている場合もあります。必ずチェックしておきましょう。

翡翠の買取アイテムは何がある

翡翠は単体として買取りしてもらうこともできますが、アイテムとしてすでに利用されている物でも査定してくれます。単体よりも小物やアイテムとして使用されている方が買取金額も高くなる傾向があるので、チェックすべきです。

翡翠の買取アイテムでも人気があるのは指輪やネックレストップなどです。翡翠について鑑別書などがあれば、一緒に出すとより高額査定になるケースもあるため、揃えて提出してください。

翡翠の買取についてまとめ

翡翠は天然物でカラット数が大きいなど、査定ポイントが高いなら高額で買取りしてもらえる可能性があります。専門店で買取りしてもらうのが最適なので、売却したい場合は一度査定だけでもしてもらうのが良いでしょう。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事