2024.01.24

糸魚川産翡翠の原石買取のおすすめは?専門買取業者は?

Category

宝石

Tags

翡翠は人気のある宝石ですのでたくさん集めている人もいるでしょう。また、翡翠は宝石の形だけでなく、原石のまま販売されることもあるため所持しているという人も多いでしょう。置物や標本のような形で翡翠の原石を持っている、特に糸魚川産の翡翠の原石を持っている場合について、買取におすすめの石や業者を紹介しますので参考にしてみませんか。

翡翠とは

まず翡翠とは何かですが、新緑で半透明をしているのが特徴の宝石です。特に中国などや中南米で人気が高く古くから愛されています。中国では、他の宝石よりも高く評価され、腕輪などの装飾品や器、置物など様々な美術品に多く加工されています。古い時代には玉(ぎょく)と呼ばれて珍重されてきました。

また、翡翠は、鉱物学的には「硬玉(ジェダイト、ヒスイ輝石)」と「軟玉(ネフライト)」とに大きく分かれています。

翡翠の原石の魅力とは?

翡翠の原石は、中国で特に高い評価があり、不老不死や生命の再生の魅力を持ったものとして珍重されてきました。古代では貴人の遺体を翡翠を付けたもので覆うようなことも行われてきました。

また、中南米のニュージーランドやメソアメリカでも、まじないの道具として使われるなど、不思議な力を持った原石として扱われています。翡翠の原石には昔からそれだけ多くの国々が魅せられてきたと言えます。

また翡翠の色というと緑色が有名ですが、他にも白・淡紫・青・黒・黄・橙・赤橙など翡翠と言っても様々な色があるのが特徴です。

ただ、日本でも翡翠は採れるのですが、橙・赤橙色などの翡翠はまだ見つかっていません。

天然の糸魚川翡翠の貴重さ

日本でも翡翠の原石が昔から採れていて、新潟県糸魚川市の地域で、約5,000年前に世界最古の翡翠の加工が始まったと言われています。また、世界最古の翡翠大珠が山梨県で見つかっています。

翡翠の原石の特徴としてはとても頑丈なことが挙げられ、実は縄文時代前期(約7,000年前)から既に磨製石器として丈夫な道具として使われてきました。最初は道具として使われ、そののち宝飾品として使われています。縄文時代中期ごろ5,000年位前に勾玉などの宝飾品に加工されるようになっています。どこかで翡翠の勾玉を写真や展示などで見たことがあるという人も多いでしょう。

日本では天然の翡翠は「沈み込み帯」と呼ばれる限られた場所で形成され、純度の高い翡翠が見つかっています。糸魚川は、大地の裂け目とも言えるフォッサマグナの真上に位置するため、貴重な場所です。

日本で発見された糸魚川翡翠は古くからとても貴重なものとして扱われてきました。糸魚川翡翠はダイヤモンドやルビーなどの単一の鉱物でできた宝石とは違い、いろいろな鉱物が集まって作られたものとなっているため、それだけ希少性があるものでしょう。

外国産の翡翠には「軟玉(ネフライト)」も多い

「硬玉(ジェダイト)」の翡翠が形成される場所は限られているため、外国産の翡翠の場合には、産出量が多いのは「軟玉(ネフライト)」の方です。外国産の翡翠を持っている場合は、「軟玉(ネフライト)」の可能性が高いことも多くなっています。特に、明治期には中国から多くの「軟玉(ネフライト)」の翡翠が輸入されました。そのため、明治期のアンティーク品の翡翠の中には「軟玉(ネフライト)」の翡翠が多いのも特徴です。

翡翠を持っている場合は、いつ頃手に入れて、どこの翡翠であるか、産地をしっかり確認することが大切です。

翡翠の中には人工的に加工した翡翠も存在

また、翡翠は市場に数多く流通しています。「軟玉(ネフライト)」を加工して「硬玉(ジェダイト)」として販売している場合や色や艶を出すためにワックスをかけて人工的に見せているものもあります。

それらのものは、天然の貴重な糸魚川翡翠などとは価値が大きく異なります。買取を依頼する場合は、それらの価値の違いをしっかり理解してもらった上で買い取ってもらうことが重要です。天然の糸魚川翡翠の原石の価値をしっかり理解してもらうことが大切なのです。

糸魚川翡翠の原石の買取依頼する場合は

翡翠の買取を依頼する場合ですが、石の種類や色、透明度、質感、状態などで変わります。

糸魚川翡翠では、「硬玉(ジェダイト)」も「軟玉(ネフライト)」も採れますが、希少な「硬玉(ジェダイト)」の方が「軟玉(ネフライト)」よりも高価な買取です。

また、世界的には「硬玉(ジェダイト)」の翡翠が最も有名な産地はミャンマーとも言われていて、ミャンマー産の天然の翡翠で何も加工していないものが最も買取価格が高くなっています。そして、糸魚川も産地として世界的に知られています。限られた場所でしか形成されないのが「硬玉(ジェダイト)」の特徴です。

また、「硬玉(ジェダイト)」と「軟玉(ネフライト)」では、最高品質のものが全く異なりますので、買取の参考のために知っておくといいでしょう。高く評価される原石の色が違い、希少性が異なりますので紹介します。

翡翠の「硬玉(ジェダイト)」の買取の場合

翡翠の「硬玉(ジェダイト)」の最高品質は「琅かん(ろうかん)、インペリアルジェード」と呼ばれるものになります。透明感が高くエメラルドグリーンのような美しい緑色をしたものが最高品質として買い取られます。「硬玉(ジェダイト)」で透明度の高い「琅かん」のものを持っているとかなりの高額買取となるでしょう。

翡翠の「軟玉(ネフライト)」の買取の場合

また、翡翠と言えば緑色が多いのですが、「軟玉(ネフライト)」の場合、白色の「羊脂玉(ようしぎょく)、マトンファットジェード」と呼ばれるものが最高品質として考えられています。古くからトルキスタンのホータン地域で主に産出されるといる翡翠が最高品質となります。産出量が少なくて希少なため価値が高い翡翠です。

翡翠の買取の際に本物かどうかの見分け方

買取の際には、翡翠が本物かどうかは重要ですが、本物の翡翠は熱伝導率が高く、手に持ったときにひんやりとするのが違いです。手のひらで握っていても冷たいままならば、本物の翡翠の可能性が高くなります。また、表面はなめらかで、石鹸のようにしっとりしているのも特徴です。品質が高いものの場合はガラスのようにツヤツヤした質感となっているでしょう。

翡翠の原石の買取基準

翡翠の原石の買取基準ですが、カラット(重量、大きさ)、カラー、透明度、艶が重要なポイントとなります。濁りが少なく透明度があって、とろみを感じる艶のある宝石へ加工できる原石が高く買い取られます。

翡翠の場合にはサイズが大きくて色味が美しくても、濁りがあると安い買取価格となってしまう可能性があるでしょう。

糸魚川翡翠の原石は高く買取可能

そして、糸魚川翡翠の場合ですが、高い値段で買取可能となることが多くなります。糸魚川翡翠は、実際に糸魚川地域の原石を所有している人から直接原石を譲り受けないと手に入れることができないでしょう。加工業者が入らないため、無加工で天然ものとなりますので、高価買取となります。

本物である証明がしやすくて、高く買い取られやすい翡翠としておすすめです。

糸魚川翡翠の原石の買取を依頼したい!翡翠の買取業者とは

糸魚川翡翠の原石の買取を依頼したい場合は、古美術品店や骨董品店、買取専門店で宝石を買い取っている業者に依頼してみるといいでしょう。

ただ、宝石の買取を行っている業者でも、原石は買い取っていない場合もありますので注意が必要です。ジュエリーなどに加工することを前提として、翡翠の原石を宝石として買い取ってくれる業者を探すことで、高価買取につながることでしょう。

買取を依頼する場合は、糸魚川翡翠の原石が買取可能かをまず確認して、高価買取な業者を選ぶことが大切です。

翡翠の原石の買取業者を探すポイント

翡翠の原石の買取を依頼する場合は、原石をこれまで鑑定したことがあるかどうかが大事ですので、ここからは買取業者を探すポイントを紹介します。原石を見て、どのような価値のある原石なのかを査定できる鑑定士がいる所を探すことが大切です。

・ホームページなどでこれまで翡翠の原石を買い取った実績を確認

ホームページなどでこれまで原石を実際に買い取った実績があるのかを見てみてください。買取扱い品に翡翠があるかどうか原石の実績があるかを見て、実際に鑑定をしてもらうのがおすすめです。

複数の他の業者に買取依頼をしてみる

 また、複数の業者にも買取依頼をして、相見積もりを取ることも大切です。業者によって、査定額が異なることもありますので、比較してみるのもいい方法です。

多くの原石を持っている場合などは、特に相見積もりを取ってみるといいでしょう。

まとめ

糸魚川産翡翠の原石の買取について紹介しました。翡翠は、古い歴史を持っている石で、昔から様々な国で愛されています。愛好家も多いでしょう。

不老不死や生命の再生などの石として中国などでは珍重されています。自然が作り出したいろいろな鉱物が混じった翡翠はまさに貴重と言えます。

特に日本の糸魚川産翡翠は、その地質上の構造から天然の翡翠が採れる産地です。糸魚川翡翠を持っている場合は、買取業者に買取を依頼してみるといいでしょう。

宝石を買い取っている業者で、なおかつ原石の買取をしている業者を探してみてください。翡翠の原石を買い取って宝石に加工する業者に依頼することで、高価買取も可能となるためおすすめです。専門業者でないと、特徴や価値に気づかずに高く売れないことがあります。しっかり評価してもらえるように、例え遠くても骨董品や美術品の買取店、宝石の原石を買い取っている業者に依頼するようにしてください。

買取に悩んでいる場合は、まずお気軽に買取専門業者の弊社にお問い合わせ頂ければと思います。専門的に価値を評価いたしますので、一度お尋ね頂ければと思います。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事