2023.11.15

買取専門店でニーズの高い一枚板のダイニングテーブルとは 

Category

アンティーク家具

Tags

一枚板の魅了されている方々って結構多いです。一枚板によって、お部屋には自然と共存しているかのような奥深さがもたらされることでしょう。

今、一枚板を買取専門店に売却査定してもらうことで、かなり高い価格がつく可能性も充分あります。

今回は、一枚板のダイニングテーブルに特化した記事を書きました。

この記事では、

  • 買取専門店が注目している一枚板のテーブルの魅力
  • 一枚板のテーブルを買取専門店が高く買い取る理由
  • 買取専門店で高額でも一枚板は長くもつからコスパがいい
  • 一枚板のダイニングテーブルは買取専門店で高額査定が可能

について知ることができます。

一枚板に関心をお持ちの方々はぜひ一読ください。

買取専門店が注目している一枚板のテーブルの魅力

今、買取専門店が注目しているアイテムといえば、まさに一枚板のダイニングテーブルと言っていいでしょう。

一枚板は、家具やテーブル、衝立……など様々な用途で使用されています。

「一枚板」とは、巨大な木から切り出される板のことを言います。中には、一枚板に使用される木は、樹齢200年~300年ほどのものもあります。

ですから一枚板は決して大量生産できるものではなく、切り出してしまったあとは気の遠くなるような年月を待ち育てていかなければなりません。

人間たちよりも木々の方がずっと長く生きる場合もあり、一枚板としてお家に取り入れることで、お家にたくましい生命力が宿ったような抱擁感を得ることができます。

もちろん一枚板は、今後も長くもち続けられるものであり、使い続ける程味わい深く、今後家族たちの年輪も一枚板に刻まれていくことでしょう。

あまりにも私達の身近には、規格化されたものが多く、大量生産できるため安価に購入することができるメリットもあるのですが……。

ただ、どうしてもそのような生活が当たり前に見えてしまったりし、自分たちの個性を見失うこともあるのではないでしょうか。

一枚板のテーブルを買取専門店が高く買い取る理由

一枚板は様々な家具を作り出すことができます。その中でも代表格といえば、ダイニングテーブルと言っていいでしょう。

まさにダイニングの真ん中に一枚板のテーブルがあれば、圧倒的存在感をもたらすことができます。

メーカーでは一枚板のダイニングテーブルを製造する場合、その自然を活かしたままの形状にすることが多くあります。

従来であればダイニングテーブルといえば、しっかり寸法が測られた長方形の形をしています。お部屋は、ほとんどがそのような寸法で仕切られていることでしょう。それが、お部屋にあるものをすっきり整理するために合理的方法であるからです。ですから、すべてが一枚板のように自然の形そのままという訳にはいかないのでしょう……。

だからこそ、たったひとつだけである特別な一枚板の自然の形状が、お部屋に異種の風をもたらし、かつ、「アンバランスの調和」をもたらして個性的インテリアを演出してくれます。

若い頃は、なかなかこんな自然美をお部屋の中に取り込もうという気持ちは起こらないかもしれません……。やはり、若い人たちは、機能性であったり、流行となっている格好良さばかりに注目がいってしまうものです。

逆に言えば、一枚板のダイニングテーブルを置こうという気持ちは、大人たちの発想から生まれる「ゆとり」と言っていいのではないでしょうか。決して多くの人たちが一枚板のダイニングテーブルを求めていると言い切れないのかもしれませんが、ゆとりのある大人たちから一定のニーズが存在しているのが、一枚板のダイニングテーブルです。

買取専門店で高額でも一枚板は長くもつからコスパがいい

買取専門店を覗けば、一枚板のダイニングテーブルは結構値段が高くてびっくりした……という方々もいるのではないでしょうか。

実際問題、一枚板のダイニングテーブルは希少価値が存在しているため、買取専門店でも高額で買取をし、高額で再販します。中には、とてもじゃないけど買えない……と言ったものもあるでしょう。

確かに、一枚板のダイニングテーブルは、買取専門店では、高額で再販しています。

しかし、もしも普通の家具を購入された場合、板の反りであったり、はげ、又、きしみであったり、接続部の緩み……など状態により、5年から10年程度で再び新しいものに買い替えを検討しなければならないでしょう。

しかし、頑張って買取専門店から購入した一枚板のダイニングテーブルは、正しい使い方やお手入れをしている限り、長い期間使い続けることができ、結論を言えばとてもコストパフォーマンスの高い家具であるということができます。

一枚板のダイニングテーブルには、高い強度や耐久性があり、さらに、害虫にも強いという特徴があります。

よって、一枚板のダイニングテーブルは、決して一代で終了してしまうようなものではなく、親から子どもさんへと代々継承することが可能です。

親が使用していたものを、ずっと子どもたちが引き継ぎ使い続けている……。

そんなものも、ひとつふたつあっていいのではないでしょうか。しかし、現状、そのようなものが段々と私達の身の回りから消え去ろうとしています。

一枚板のダイニングテーブルは買取専門店で高額査定が可能

一枚板のダイニングテーブルは、買取専門店にもっていけば、高額売却査定される可能があります。

ですから、そのようなものがお家にあれば、必要なくなったときに独自で処分してしまうのではなく、ぜひ、買取専門店で査定をしてもらってください。

ただし、様々な一枚板があり、それぞれによって買取専門店の売却査定額が違うのも事実です。

  • 木の種類によって売却査定が違う
  • 奥行きによって売却査定が違う
  • 杢目によって売却査定が違う
  • 耳の状態によって売却査定が違う

木の種類によって売却査定が違う

まず、一枚板は、木の種類によって、売却査定額が違ってきます。

一枚板のダイニングテーブルと一言で語ってしまうものの、詳しく言えば、その種類は、おおよそ200種類にも及びます。

その中でも買取専門店が高く売却査定する可能性のある一枚板は、「屋久杉」、「神代」です。

屋久杉は、知名度も高い世界遺産にも登録された、希少価値を誇る木材です。国内だけでなく、海外の樹種すべて数えても屋久杉ほど希少性がある樹種はほとんどありません。

また、神代は化石木とも呼ばれることがあり、火山灰など特別な環境の地中に延々と眠っていた木のことです。神代特有の灰褐色と、かつ、屋久杉にも匹敵する希少価値により買取専門店でも注目している木材です。

このような一枚板のダイニングテーブルを所有しているとすれば、当然かなり高い買取価格を期待することができます。

また、「欅」、「栃」、「ウォルナット」と言った木材の一枚板のダイニングテーブルも買取専門店で高く売却査定してもらえる可能性があります。

欅は、良質な木材と杢目模様の美しさが高く評価されている樹種です。現在、高い人気で、買取専門店でも高めの売却査定相場となっています。

栃は、白く淡い色合いが人気の一枚板です。お部屋と容易に調和することからも人気となり、買取専門店の売却査定相場も上昇しています。

ウォルナットは、アメリカ産の木材です。シックな感じで、暗めの色合いが高級感ある雰囲気をもたらしてくれるため、売却査定相場も高め傾向です。

逆に、買取専門店に依頼してもそれ程査定額が高くないものもあります。それは、「杉」、「松」あたりです。

そもそも杉は、人工美林と呼ばれ人が手をかけ育てている樹種です。ですから、素材が比較的手に入りやすいため、リーズナブル価格になりやすいです。

また、松は、天然の油(松ヤニ)を分泌します。一枚板ダイニングテーブルも、表面が段々とザラついてしまうと言った理由があり、ややリーズナブル価格で取り扱われることが多くあります。

しかし、そのような木材も買取専門店では現在、積極的に買取しているため、ぜひ一度査定してもらうことをおすすめします。

奥行きによって売却査定が違う

また、一枚板の奥行きにも注目してみましょう。

一枚板は、一本の木から取れる天然の素材となります。そのため、天板の形であったり、サイズ・幅、大きさは、もともとの素材の大きさに大きく左右されることになります。

一枚板の奥行きというものは、木の樹齢に大きく左右されるため、買取価値に大きな影響を与えます。

通常テーブルとして使用するものであれば80cmから90cmあたりの奥行は欲しいところですが、おおかた木々は、1cm成長するのに1年程度年月がかかると言われています。

ですから、通常のテーブルとして使用されるにいたる80 cmから90cmの一枚板となるためには、少なくとも樹齢80年から90年の木であることが条件と言えます。

奥行きのある一枚板のダイニングテーブルが、より高額買取になってしまう理由も納得できるところでしょう。

杢目によって売却査定が違う

杢目(もくめ)とは、木を切り出した時の材面部にあらわれる木材組織によってできる多面模様のことを言います。

一枚板のダイニングテーブルは、それぞれが様々な杢目をもっています。

笹杢(ささもく)は、屋久杉によく見られる杢目として知られています。笹のような感じで、ギザギザで尖ったような杢目であることから笹杢と呼びます。

光明(こうみょう)も屋久杉によく出現する杢目模様です。木に対して無理な力がかかってしまい、まっすぐ伸びることができなかった場所に現れます。光の反射にムラがあり、特徴的な陰影があります。

縮杢(ちぢみもく)は、年輪に対し真横にキラキラとした杢目が入ります。縮杢は、雨、風であったり、枝の重みなど状態に耐え忍ぶことで幹の部分に入り、その状態は特に栃などに起こります。

縮杢(ちぢみもく)は、樹木の表皮が変異し、瘤状です。このこぶは、落雷、雪などの気象的要因であったり、また、熊が引っ搔いたり・鳥が巣を作ったりするなど、さらに、老化であったり、遺伝性……などと言った要因から発生する希少性があります。

このような杢目の一枚板のダイニングテーブルは、自然美をより感じとることができ、観賞価値が高いとされ、買取専門店でも注目している一枚板です。

耳の状態によって売却査定が違う

そして、一枚板の耳にも注目してみましょう。

一枚板のダイニングテーブルの特徴のひとつであるのが耳部分です。

一枚板の最大特徴でもあるのが耳と言ってもいいでしょう。この耳は良質木材、また、徹底管理され、熟練した職人さんが揃ってはじめて上質に仕上げることができます。

また、一枚板の耳は様々な要因で取らざるを得ない場合もあります。

その理由には、虫食いもありますし、腐敗してしまったせいであるかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、注目度の高い一枚板のダイニングテーブルについて解説しました。

一枚板のダイニングテーブルによって、お家の中には自然美の豊かさを取り入れることができます。

一枚板は、希少性があり、高額であることも特徴のひとつとしてあげることができます。

現在、買取専門店では、一枚板のダイニングテーブルを高く売却査定しているところです。

いつまでも、お家の中で一枚板のダイニングテーブルを大事に扱うことも当然ひとつの選択肢ですが。もしも、現在必要としてない状態であれば、ぜひ買取してもらうことも検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事