2023.11.06

アドリアナ・オリバーはどのようなアーティスト? 買取のタイミングを解説

Category

作家名

Tags

みなさんは、「アドリアナ・オリバー(ADRIANA OLIVER)」というアーティストをご存じでしょうか。

アドリアナ・オリバーのアーティストとしての出発点は、まずは写真家からでした。

彼女は写真という静止物から、「動きをとらえる」というスキルを学びとりました。静止画を超え出た静止画、それは、まさに彼女がつむぎだすカラフルであり、大胆な作品の根底にも垣間見ることができます。

今回は、さらにもっとアドリアナ・オリバーのアートについて深読みをしていきます。

現在、アドリアナ・オリバーのアートを所有しているという方々もいらっしゃることでしょう。また、関心をもちアドリアナ・オリバーのアートを欲している方々もいます。
そのような人たちを結び付ける手段が、買取市場です。

アドリアナ・オリバーのアートを売却したいけど、できるだけ高く買取査定して欲しいと思っている方々も、ぜひ一読ください。

アドリアナ・オリバーの経歴

アドリアナ・オリバー(ADRIANA OLIVER)は、1990年に誕生し、スペイン・バルセロナを拠点として活動し続けて来ました。彼女は、彫刻家の家系に育ち、小さいころからアートチックな形で自分を表現することが当たり前化されていたようです。

すべての経験値が、創造と結びつき、アドリアナ・オリバーの人生そのものが、アートと化しています。

彼女の最初のスタートラインは、写真家からです。彼女は、写真から動きをとらえる術を学び取ります。それは、静止画でありながら静止画を超えたダイナミズムを感じさせるテクニックです。

そして、写真は決して静に留まるものでなく、静を超え出るものであるという自覚はどんどん自己の中に蓄積されることになります。しかし一方では、所詮スタティックである写真には限界もあると彼女は痛感します。
写真の手法がどう静を超え出たとしても、所詮、写真は静止画に過ぎないのです。

今後彼女が世に送り出すアートも静止画に過ぎません。しかしそこには、写真からアートにシフトした彼女のパワフルな息吹が吹き込まれ、それだけでも特別感のあるアートとして人たちを感動させるに値します。

写真よりもアートは躍動に満ち満ち、ストーリーを生み出していきます。彼女は写真ではできなかったことをアートで実現できると信じ、その後アートと本格的に向き合うことになります。

あえてたくさんを語らない手法

アドリアナ・オリバーの作品には、あえて多くのことを語らない手法があります。そのようなアートに至った背景には、50年代・60年代のシネマトグラフィであったり、多文化主義であったり、ジェンダー研究の研究成果の影響があったと語られています。

本来私達に伝えるジェンダーを構成している記号であったり、キャラクターをいったん破壊してしまうことで、彼女は、形式にとらわれない本来存在している男性らしさや女性らしさを追い求めたのです。

アドリアナ・オリバーのアートを鑑賞していると、多くの方々が最初にシンプルタッチだと思うことでしょう。また、彼女の作品は原色を多用し、ストーリーと動きを暗示する形と線を表現的に使用しています。そこから滲み出してくるのは、この上ないジェンダーへの欲求です。

ジェンダーは、男性と女性を区別する意味合いです。しかし、この上ないジェンダーへの欲求とは、あえて区別されるものではなく共存する欲求です。

アドリアナ・オリバーは、日本で2年ぶりの開催となるという展覧会のタイトルに、「This Time,Tomorrow」とつけています。

そこには、どのような状況下でも、どのようなときでも、いつも誰かのそばにいたい、存在していたい、というメッセージが込められていると言います。

区別されたもの、そこから発するのは共存のメッセージです。アドリアナ・オリバーのアートからは、この上ない共存の叫びの声を聞き取ることができます。

そして、アドリアナ・オリバーは、何よりも大事なのは自分自身で何もかも説明してしまうことではなく、鑑賞した人たちが自由に感じ取ってもらうことだと語っています。アドリアナ・オリバーがほとんど自分自身の作品について語らないのは、人物に顔がないのと類似しています。

OUR DAY

OUR DAYというアートは、男女の仲睦まじいワンシーンのように見えます。しかし、目がないことで単にジェンダーの領域を超え、より側にいたい悲痛の声なるものが聞こえてくるようです。

このカップルがどのような道をたどり、そしてどのような道へと進んでいくのか、あとは鑑賞する方々の心の中で推測する以外に方法はありません。アドリアナ・オリバーのアートは、鑑賞する人たちと一体化し、躍動するストーリーを作り上げていきます。

THIS TIME TOMORROW

THIS TIME TOMORROW。こちらのアートは、小さい男の子と女の子、お父さんとお母さん、家族四人が椅子に座ってこちらを見ている画です。こちらにも、全員の目がありません。

ごくごく普通の家族絵にも見えるのですが、目がないことで語り始めていることがあります。

子どもたちが、それぞれ健康的に成長していってくれる希望以上に、成長なんてしなくていいから、いつまでもこのままの状態であり続けて欲しいという悲しい願いの声が聞こえてくるようです。

時は止まっているような感じもします。しかし、決して停止してしまった訳ではなく、家族共通の時が内部で混沌と動き出しています。

LET GO

こちらは、一人の肖像画です。男性のようにも見えますし、女性のようにも見えます。
髪の毛の色と洋服の色が同じで、非常にシンプルさを感じます。

こちらのアートにも目がありません。人物がフラットに描かれていますが、ここから感じされるのは、アイデンティティの不在です。

では、アイデンティティとはどうして作られるのでしょうか。
このアートでは、まるでアイデンティティとは、他者との関係によって構築されるものだと語っているかのようです。

他社が側にいないで、アイデンティティ、アイデンティティと主張しても一体どのよう意味があると言うのでしょうか。アイデンティティが求めているのは、社会から認めてもらうことです。

Untitled

Untitledは、タバコを手に腕組みをする女性のブロンズ作品です。これまでのアドリアナ・オリバーの平面作品に描かれていた髪の毛の艶感が描かれておらず、マットな質感を感じます。

平面アートから立体アートに目を移せば、瞬間、写真からアートにシフトしたときのようなダイナミズムを感じます。アートは立体化して、これから、もっと躍動的に動き回ることを予感させます。しかし、それ以上躍動することは実際にはなく、内面にこもるマイナスベクトルの心の中のわだかまりの声が聞こえてくるようです。
それは人ともっと形態を超越して関わりたい悲痛な欲求です。

タバコも、自分が好きで吸っているというのではなく、単に人と関わるための準備のコミュニケーションツールに見えます。着ている服も、耳につけているイヤリングも、他者を自分に振り向かせるためのシグナルかのようです。

アドリアナ・オリバーの評価

アドリアナ・オリバーは、1950〜60年代のポップアートであったり映画、多文化主義であったりジェンダー研究から多くの影響を受けてきました。またシンボルを細かく観察し、最小レベルまで分解、分析し、ステレオタイプに問いかけています。

アドリアナ・オリバーは、意図して多くを語らず最小限なレイヤーと形状を使用することで、鑑賞する者たちが中立的環境下でアートを鑑賞し、それぞれ考えを巡らせる場を提供しています。

アドリアナ・オリバーのアートはどうしても目がないので、表情が乏しいという印象を受けてしまうこともあります。それで感想が終わってしまう方々もいるかもしれません。しかし、それもそれぞれの人たちの自由な発想です。それは違っていると主張できる人物は、アドリアナ・オリバーしかいないことになりますが、本人は多くを語ろうとしていません。

表情が乏しいという印象が間違いなのではありませんが、もう少しその場所に立ち止まっていると見えてくるものがあります。
こちらもひとつの個人的意見に過ぎないのですが、アドリアナ・オリバーのアートには表情が乏しい中に躍動する力を感じます。しかし、躍動を感じるものの、そこには単に静止したオブジェであるという限界もあります。そこで生まれた躍動感は、いったん停止し、逆方向へ向かい心の深層へと進行していくことになります。

アドリアナ・オリバーのアートは、内部から他者に対しての愛しさがほとばしりだし、男性はより男性らしく、女性はより女性らしさを主張し形式的ジェンダーの枠組みを超え出ようとしているように見えます。

アドリアナ・オリバーの作品は、査定・売却が可能?

この記事を読んでアドリアナ・オリバーについて関心をもった方々も多くいらっしゃることでしょう。また、現在、アドリアナ・オリバーのアートを所有している方々もいます。

ここでは、アドリアナ・オリバーのアートの査定および売却のポイントについて解説します。

通常であれば、そのアートや作家の知名度が高いほど、買取・売却の流れがスムーズにいくと言われています。

さらに、アート作品が発売直後のものであることによって、メディアで取り上げられるなどして注目度も高いため、より高い買取査定額を期待することができます。

無論、アドリアナ・オリバーは、現在、とても注目されているアーティストであるため、売却しようと思えば高い買取査定につながる要素はたくさんあります。
また、アート作品が綺麗な状態で維持できていることも買取査定額をアップすることができる要因です。
アドリアナ・オリバーを購入された方々も、いつか売却するものという認識のもと、丁寧に扱う意識をもつようにするといいです。
また、発売直後でなくても最近メディアで頻繁に取り上げられていると感じるときがあります。そのようなときが売却のいいタイミングです。例えばある有名芸能人が、アドリアナ・オリバーの作品を購入したというニュースが飛び込んできた時です。
それを知るためにも、頻繁にネットで、アドリアナ・オリバーをリサーチする姿勢をもつといいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、アドリアナ・オリバーのアートについて、また、買取査定、売却情報について解説しました。

アドリアナ・オリバーは、人間の内部をえぐるアーティストだと言っていいのではないでしょうか。アドリアナ・オリバーの作品を長く時間をかけて鑑賞することで、自分の心の奥底にあるやるせなさが暴露されたような感じにもなることができます。
まさに、現代の癒しとは、心のありかが明確にされることではないでしょうか。そのような意味では今後もっと注目されていくであろうアーティストです。

アドリアナ・オリバーは、人気のアーティストであるため、今後もっと高い買取査定額も期待することができます。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事