2023.11.16

絵を売りたいならどこで売る?おすすめの売却方法や査定に関する注意点!

Category

絵画

Tags

絵を売りたいのなら、買ってもらえるお店や欲しい人を見つけて売ればいいだけです。
とても簡単なことです。

しかし、問題は、
「どうやって絵を欲しい人を見つけるのか?」
ということです。

また、できるだけ高く売るなら、信頼できる専門家に絵を査定してもらいましょう。
絵を売る際にも、相場や適正価格があるからです。

相手の事情や相場を無視して、無理に絵を売ることはできません。
この記事では、お持ちの絵画を売るためのおすすめの売却方法や査定に関する注意点について解説します。

また、絵画を初めて購入して大切に飾っていたけれど、新しい作品も欲しくなって、今所有している作品を手放したいと考えるケースもあります。

もちろん、購入した値段よりも高く買い取ってくれる場合もあり、絵の価値の奥深さが面白くてのめり込んでしまう人もいるくらいです。
今回は、下記のようなお困り事のある方に向けての情報提供になっています。

「今持っている絵の本当の価値を知るには?」
「高値で売れる絵について」
「引っ越しや片付けでまとめて絵を処分したい!」
「絵の買取業者の正しい選び方」

絵画などの美術品の収集が趣味で、コレクションを大切に保管している方は、新しい絵が欲しくなったら、別のコレクターに譲ったり、売却したりします。

絵画を購入した時の当時の値段は、現在とは全く異なるため、売却前には必ず正式な「査定」を実施してください。

絵画の買取では、買取相場を調べた後、新たに査定を依頼したほうがいいでしょう。
本記事では、絵を売りたい時に役立つ情報提供を行い、おすすめの売却方法や査定時の注意点などについて詳しく解説します。

昔から絵に興味のある方はもちろん、これから絵を集めたい方にとっても役立つ情報提供を行います。

初めて売るなら絵の買取サービスを利用

この章では、初めて絵を売る場合に利用できる売却方法についてご紹介します。

絵の買取業者とは?

絵の買取業者は、インターネットが普及した今では、簡単に探せるようになりました。

そのため、優良業者を選ぶポイントを押さえ、業者ごとに異なるサービスや査定額をよく比較検討したうえで買い取ってもらうかどうかを決断しましょう。

絵の買取業者選びのポイントは次の通りです。

  • 絵画を専門とした買取業者
  • 信頼できる鑑定士の存在
  • これまでの買取実績がオープンになっていること
  • 無料対応が可能(審査・査定、出張、宅配など)
  • 口コミの調査

絵の売却方法について

この章では、比較的簡単にできる買取業者を利用した絵の売却方法の種類について解説します。

出張買取

無料の出張買取なら、大きな絵画でも梱包や搬出、運搬の手間が不要で、自宅にいながらにして絵の売却が可能です。

電話やメールで、あらかじめ絵画の詳しい情報を伝えておきましょう。

訪問日時決定後、適切な専門家が訪問します。

査定には絵画の保証書や鑑定書、付属品が必要です。

買取が成立するには、本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートも必要です。

買取金額は、即時現金払い、もしくは指定口座への振込にも対応しています。

査定額に納得ができない場合も簡単にキャンセルできます。

宅配による買取

絵の鑑定を行う業者が近くにない場合は、信頼できる専門家が絵画を査定する宅配買取を選びましょう。

絵については、自分で厳重に梱包して、業者へ送る必要があります。

この方法では、宅配中に絵に傷がついて、絵画が駄目になるリスクがあります。

往復送料が無料の場合、負担する場合など、業者によって対応が異なる点にご注意ください。

宅配買取では、業者選びが大変重要です。

送料が高いと逆に損をすることがあります。

美術品の運搬では、費用も高めで、温度や湿度管理も必要です。

利用する運送会社にも美術品であることを伝えておきましょう。

保険が利用できる運送会社も多いため、保険の有無も調べておいてください。

例えば、ヤマト運輸の「アートボックス(包装資材代等で約1,500〜1,900円)」なら低料金で配送可能です。

店頭買取を利用

自宅に来てもらう必要がなく、絵画の大きさが持ち運び可能なら、店頭に持ち込んで買い取ってもらう方法があります。

自宅に来られたくない方も多いため、鑑定や査定だけを受ける店頭での買取も問題ありません。

店頭買取の注意点は、箱や鑑定書などの付属品も一緒に店舗へ持ち込む必要がある点です。

専門家の詳細な鑑定が必要な場合は、事前に絵画の詳細や、来店日時を連絡しておきましょう。

店頭買取では、その場で査定金額やその査定額になる理由を伝えてくれます。

もちろん、査定金額に納得できない場合もキャンセル可能です。

高価な絵画の場合は、自分で運ぶと不注意で傷がついてしまうことがありますので、慎重に取り扱ってください。

写真での簡易査定

お持ちのスマホを使い、写真を送って査定・買取してもらう方法です。

24時間365日いつでも利用でき、業者と顔を合わせる必要もありません。

絵などの対象となる美術品なら、どんなものでも写真だけで査定してもらえます。

具体的には、絵画の写真を、メールや郵送で送るだけの簡単な手続きで完了します。

もちろん、作品以外にもサインや落款、判子の写真も撮って一緒に送ると査定額がアップすることがあります。

さらに、鑑定書、資料や箱書に関しても、しっかりと撮影して写真で送ってください。

写真以外には、作品名、作家名、絵画のサイズ、技法、状態などの正確な情報を提供してください。

すぐに結果が出る場合もありますが、時間が必要な場合は、後日結果の連絡がきます。

ネットオークションやフリマアプリを活用した売却方法

現在では、インターネットでの取引に慣れている場合に限定されますが、ネットオークションやフリマアプリを利用した日用品の売却方法も盛んです。

もちろん、絵などの美術品も上手く活用すれば売却可能です。

有名で実績があり信頼できるところは、ヤフオクやメルカリなどです。

注意点は、梱包の手間や輸送費用がかかることです。

また、輸送時のトラブル発生も多く、後処理が面倒になることも多いのでご注意ください。

絵は値段だけでその価値が決まるものではなく、大切な思い入れのある貴重な品物です。

素性のわからない相手よりも本当に価値がわかる絵画買取専門業者に査定をしたもらったほうがいいでしょう。

絵画買取専門業者に査定を依頼して値段がつかなかった場合に限り、インターネットオークションを活用しましょう。

絵を高く売るコツ

この章では、相場よりもできる限り絵を高く売るコツについて解説します。

作家の知名度を確認

特に作家の知名度は、査定額に大きな影響を与えます。

作家名、作品名、種類、技法、絵の大きさなどはもう一度しっかりと確認しておいてください。

知名度の高い作家の作品は、人気があるとされ、コレクターの買取実績も多く、相場も形成されているからです。

作品が本物かどうかを証明するためにも、サインや落款(らっかん)を確認してください。

キャンパスの裏や木枠などに何か書かれていることがあります。

希少価値の高いほど価値の高い絵

絵や美術品の価値は、作家が直接描いた本物の作品だけです。

レプリカや版画の場合は、枚数が少なくなるほど値段が高くなります。

この世に残された作品数が少ない作家ほど、査定額が高くなります。

また、「未発表作品」は、コレクターが相場よりも高い値段で買い求めるため、びっくりするような値段がつきます。

作家の描いた時期による価値の違い

作家の来歴は、絵の価値に影響します。

同じ作家でも、若い駆け出しの頃、円熟期、晩年などで作風が異なります。

若い頃の作品は、あまり評価されていないことがほとんどです。

晩年の頃の作品のほうが技術が向上しているため、高額で取引されます。

世間で最も評価されていた時期に描かれた作品を査定すると、驚くような値段がつきます。

また、その作家を象徴するようなモチーフや代表作品を持っていると、確実に高値で売却できます。

需要の高いジャンルで時流に乗っている場合

物の価値を決めるのは、需要と供給のバランスによるものです。

需要が高い絵は高価査定がつきますが、相場はトレンドによって少しずつ動いています。

高い知名度、有名な権威ある賞を受賞した作家の作品はそれだけでも価格が高くなります。

また、査定が高いジャンルを押さえておきましょう。

日本画、洋画、現代アートのメジャーなジャンルの中で高価査定になるのは、絵画を含んだ「現代アート」です。

絵の査定や売却についての注意点のまとめ

ここまでで絵の査定や買取の注意点などについて詳しくご紹介いたしました。

ここからはすでに人気作家の絵画作品を所有している方や、初めて所有してみたいと考えている方に向けて、高値査定や売却時のポイントについてまとめています。

作品の発売直後は高値になりやすい!

絵や美術品の査定買取の基本は、その作品や作家の知名度が高いと、査定額も高くなる点です。

また、作品の発売直後も高値がつくチャンスです。

メディアに登場する機会が増えるだけでも、認知度が上昇し、一時的に査定額がアップします。

過去に手掛けた作品でも高値で売れるチャンスです。

大手メディアで注目される機会を見逃さないこと!

すでに知名度の高い人気芸能人や誰もが知る人気の海外セレブが、自分が持っている作家の作品を所有している場合があります。

こうした情報が出ると、「突然人気が上昇」することがあります。

人気度や知名度は、査定額にも影響しますので、当然高値査定になります。

また、過去にトレンドとなった同じ作家の作品も売却可能です。

発売からかなり経った作品も、再度注目された時に高値で売れる場合があります。

メディアやニュースなどはしっかりとチェックし、売却時期を逃さないようにしてください。

また、アートオークションに登場するような希少価値の高い作品は、確実に高価買取されています。

作品のサイズ、作品のテーマによっても、査定金額は大きく変わるため、もし人気作家の絵画作品の売却を検討している場合は、弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、絵を売りたいならどこで売る?おすすめの売却方法や査定に関する注意点!と題してできるだけ初めての人にもわかりやすくご紹介しました。

お持ちの絵の価値や査定額が気になっている方は、信頼できる買取業者を探し、一度査定を依頼してみてください。

人気作家の良質の作品を探している方も、別のアーティストの作品が欲しくなってきてそろそろ手放そうと考えている方も、絵の査定・売却を検討しているならぜひ弊社にもご相談ください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事