2023.11.16

絵を売る時に考えたいこととは?どこでどの位で売る?

Category

絵画

Tags

絵を売る時には、「昔購入した絵を売りたい」「家に眠っている絵を売りたい」「たくさんある絵を処分したい」「絵を売る相談をしたい」と思うでしょう。

「どこで売ったらいいのか」「どの位で売ったらいいのか」を悩む人も多くいます。それらを解決する方法を紹介しますので参考にしてください。

絵を売る時にまず考えること

絵を売る時にまず考えることは、次のようなことが多くなります。

・いくつかの絵を持っているが、まとめて売った方がいいのか

・有名作家の方が売れやすいのか

・無名作家の場合買い取ってもらえないのか

・今高額買取となっている絵なのかどうか

・どこで売ったらいいのか

・どのような状態で売ったら高額で売れるのか

絵がどこで、どの位で売れるのかによって、絵を売るタイミングを考える場合もあるでしょう。「高く売れるならば売りたい」という人も多くいます。

そんな時に、「どこでどの位で売るのか」を自分で考えていくことが大切です。

絵を売る時はどこで売ったらいい?

まず、絵を売る時にはどこで売ったらいいのかですが、次のような買取専門業者があっておすすめです。

・骨董品や美術品、工芸品を扱う業者

・絵画・美術品専門の買取業者

・画廊

・絵画などのオークションを行う業者

・様々な品物を扱う買取業者で絵画の買取実績がある業者

有名作家の作品で古い絵は、骨董品や美術品、工芸品として扱われることが多いでしょう。貴重な価値があるために高い買取価格になります。

また、絵の価値は流動的なため変動します。今、人気がある作品もあるでしょう。オークションを行っている所など、絵の価値に敏感な所で買い取ってもらうのもいい方法です。

今、浮世絵や日本画は人気!骨董品や美術品業者もおすすめ

また、最近では日本文化を愛する外国人が増えています。浮世絵や日本画が多く買い求められています。一方、日本画や浮世絵をどこに売ったらいいのかわからない場合も多くなっています。

それぞれの絵を専門に扱う業者がありますので、例えば浮世絵や日本画の場合には、骨董品や美術品を扱う業者に売るのもいい方法です。

江戸時代の浮世絵は、骨董品、美術品で買い取られることが多く、海外からも日本ならではの絵として高い人気があるものです。本物であれば高額の買取査定がつくでしょう。

また、日本画は、墨・岩絵具(鉱石から作る顔料)・胡粉(貝殻から作る顔料)・染料(動植物から抽出した色素)などで描かれるのが特徴的です。海外からも日本画ならではの雰囲気が人気となっています。明治時代以降、西洋画と区別して言われるようになったのが日本画です。近代日本画の時代から多くの有名画家が登場しています。

浮世絵と日本画でそれぞれ有名な作家、人気のある作家を紹介しますので、知っておくといいでしょう。

浮世絵では、鳥居清長、葛飾北斎、葛飾応為、歌川広重、歌川国芳などが人気が高く、多く取り扱われています。

また、日本画では、東山魁夷、平山郁夫、横山大観、片岡球子、棟方志功、千住博、上村松園、中島千波、福王寺法林、前田青邨などが多く買取されている人物です。日本だけでなく、海外でも有名な人物が多くなっていて、高額買取も目指せておすすめです。

画廊やオークションを行う業者に絵を売る方法もおすすめ

価格の変動が大きな有名画家などの場合には、画廊やオークションを行う業者に買い取ってもらう方法もおすすめです。今の価値を評価して買い取ってもらえるでしょう。

また、オークションには海外から参加する人も多く、意外な作品が高く売れる可能性もあります。

現代アートなども、投資目的で購入する人も多いために人気です。作家の評価やこれから値上がりしそうな作品かどうかで、高額で買い取られることがあるのも特徴と言えます。

遠方の買取専門業者も出張買取や宅配買取があっておすすめ

いい買取専門業者が見つかった場合は、遠方であっても、依頼してみるのがおすすめです。最近では出張買取のエリアが広い業者や宅配買取を無料で行っている業者が多くなっています。

また、LINEやメールを活用して査定をしてくれる業者もあるので、遠方の業者でも検討してみるといいでしょう。

たくさんまとめて絵を売る場合は、持ち込みをするのも大変なために、出張買取してもらえる業者があれば助かります。まとめて売ることで、高く買い取ってもらえる可能性も高くなりますので、相談してみてください。

絵を売る時はどの位で売る?

また、絵を売る時には、どの位で売るのがいいのかですが、大体の買取相場を知っておくことが大切です。また、絵はサイズによっても一般的には価格が異なりますので、大体の価格を知っておくのがおすすめです。

有名作家の絵を売る時の相場

有名作家の場合には、特に買取相場が決まっていますので、それを目安にすることができていいでしょう。洋画、日本画、現代アートの作家などの相場を知っておくのがおすすめです。

・ベルナール・ビュッフェ キャンバス 油彩「花瓶の花」6,930,000円

・モーリス・ユトリロ 板 油彩5,170,000円

・ギョーム・コルネイユ キャンバス 油彩 「満月のミミズク」2,750,000円

・ポール・アイズピリ キャンバス 油彩 「青い背景の野花」2,750,000円

・マルク・シャガール 紙 リトグラフ 「パリの魔術師」1,320,000円

・アンディ・ウォーホル シルクスクリーン 「COMMITTEE 2000」693,000円

・ジョアン・ミロ 紙 リトグラフ440,000円

・KYNE(キネ) 紙 シルクスクリーン「Untitled:B」 2020年341,000円

・ギィ・デサップの油絵310,000円

・小磯良平 キャンバス 油彩 「婦人像」9,460,000円

・草間彌生(弥生)かぼちゃ(Ⅰ)「永遠の愛」6,000,000円

・草間彌生 紙 シルクスクリーン・ラメ 「FLOWERS B 2005」2,420,000円

・草間彌生 紙 リトグラフ 「きんぎょ」2,200,000円

・梅原龍三郎 キャンバス 油彩 「薔薇図」5,720,000円

・鴨居玲 キャンバス 油彩 「化粧」4,620,000円

・荻須高徳 港町 ネルヴィ ジェノヴァ4,200,000円

・山口長男 板 油彩 「漂」3,960,000円

・東山魁夷 紙 リトグラフ 「緑の詩」2,420,000円

・東山魁夷 紙 シルクスクリーン 「緑映」330,000円

・藤田嗣治 白い猫「猫十態」より900,000円

・安井曾太郎油彩900,000円

・片岡球子 紙 リトグラフ 「牡丹咲く富士」858,000円

・千住博 紙 リトグラフ 「ウォーターフォール オン リトグラフ #Ⅰ’」715,000円

・棟方志功掛軸 御多貴乃図650,000円

・棟方志功の石版画数点300,000円

・千住博 紙 シルクスクリーン 「湖畔朝陽図」539,000円

・平山郁夫 紙 リトグラフ 「パルミラ遺跡を行く朝」517,000円

・平山郁夫 紙 シルクスクリーン 「砂漠らくだ行(月)」341,000円

・熊谷守一 紙 シルクスクリーン 「猫」440,000円

また、同じ画家でも油絵、リトグラフ、シルクスクリーンなどによっても値段が異なります。題材でも変わりますので、実際に査定してもらうのがおすすめです。

また、有名な絵画の骨董品的なものは、多くの贋作も多いため、一度しっかり鑑定士に見てもらってください。

絵の大きさと価格

絵は、大きさによっても価格が異なることが多くなります。絵の大きさは、号数で言われています。一号がハガキサイズ程度で、六号がA3、百号がふすま一枚半程度の大作となります。

そして、絵の価格は、画家本人または契約画商と話し合って決められ、それぞれの号数当たりの単価に号数を掛けたものとなります。

例えば、号数の単価が5万円の画家の場合には、6号で30万円、10号の絵は50万円などと計算されます。4号以下の場合は割高の計算がされ、15号以上の大作になれば大きさの割に割安な設定が一般的です。

例えば、有名な横山大観の絵は数十万円からあり、大作で希少価値がある場合には高額となり、1,000万円になることがあります。需要があれば、大きくても高く売れます。

無名絵画の場合は鑑定をしてもらって高く売りたい

また、「誰が書いた絵なのかわからない」「有名作家でないため買い取ってもらえるかわからない」という絵を売る時もあるでしょう。

そんな時は、絵の専門の鑑定士がいる所に売るのが大切なポイントです。誰の絵かを鑑定してもらってください。もしかすると、有名な画家のもので、高額の価格が付く場合もあります。他では、買い取ってもらえない絵も、買取が可能となる可能性があります。

また、無名作家の絵を売る場合は、絵の題材によっても価格が異なってくることも知っておいてください。インテリアとして飾りやすいものの場合は、価格が高い傾向です。

抽象画よりも風景画の方が高く売れる傾向があります。また、あまり有名でなくても、本画、肉筆画、原画は高く買取されやすくなります。いい額縁に入った絵も高くなる可能性があっておすすめです。

これらのことを参考に無名の画家の作品であっても諦めずに、鑑定士がいる所でしっかり見てもらうのがいい方法です。

まとめ

絵を売る時は、「どこで売ったらいいのか」「どの位で売ったらいいのか」について紹介しました。自分の売る絵がどんな所で買取されているのかをまずホームページのサイトなどで確認してみるといいでしょう。

骨董品や美術品、工芸品を扱う業者、絵画・美術品専門の買取業者、画廊、絵画などのオークションを行う業者、様々な品物を扱う買取業者で絵画の買取実績がある業者など、様々な所で買取をしてもらうことが可能です。

どこならば専門的に買い取ってくれるのか、実績があるのかを検討してみてください。

また、どの位で買い取られているのかも相場を確認してみるといいでしょう。適正な価格がわかっていい方法です。

今売るべきなのかどうかを迷う場合も、まずは査定してもらい、相談してみるのもおすすめです。価格に納得がいけば絵を売るといいでしょう。有名作家の作品や人気の作品などの場合、題材や構図、大きさなどによっても価格が異なります。

自分ではなかなか判断が付かないことも多くなります。買取査定や売却について悩まれる場合、他で買取が難しい作品などがあれば、弊社では高価買取も行っています。お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

絵を売る相談から受け付けていますので、どうぞお気軽にご相談頂きたいと思います。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事