2023.11.16

絵の買い取りを依頼したい時の価値の調べ方や買取のポイントについて

Category

絵画

Tags

絵の買い取りを依頼したい時に、どのように価値が調べられるのか、また買い取りのポイントについてわからないことも多いでしょう。絵の価値の調べ方や買い取りのポイントについて見ていきますので、できるだけ高く買い取ってもらうための参考にしてみませんか。

絵の買い取りの仕組みとは

まず、絵の買い取りの仕組みから紹介します。

絵は、有名画家の絵、人気のある絵などが高額買い取りとなります。無名の場合は、芸術的に優れているとしてもあまり高額買い取りとならないことが多い傾向です。ファンがいる場合は高く買い取られる可能性もありますが、一般的に安くなります。

絵画は、業者がオークションや骨董市場などで販売できる価格を想定して、買い取り査定を出します。高くオークションや骨董市場で取引されているものが高額買い取りとなる傾向です。

絵の買い取りの際の価値とは?絵画の価値の調べ方

絵の買い取りの際の価値がどのように決まるのかについては、実はとても流動的です。画家が絵を制作して、発表し、評価されることで、芸術的な価値が付いていきます。後になって評価される場合も多くあるでしょう。

オークションや画廊でまず評価され、様々な価値が付けられ、買い手へ売る際の値段が決まっていくのが一般的です。

また、絵の買い手にも、様々な動機で購入する人がいることを知っておくのがおすすめです。

絵が購入される目的は様々

絵が購入される目的は、個人、企業、美術館などが購入する場合があり、それぞれに購入目的が異なります。

個人の場合は、好みに合うかどうかで購入したり、芸術性を見たりして購入することが多いでしょう。また、投資目的の場合は、今後高く評価され、価値が上がるものを買うことが多くなります。

そして、企業の場合は、自社に飾るのにふさわしいかどうか、格を上げてくれるかどうか、また投資目的で購入する場合があります。

美術館の場合には、所蔵することで、美術館の集客や話題となるのかなどが多いでしょう。

これらの様々な目的によって、絵画の価格も変動します。

評価され高く買い取りされる絵画とは

どんな絵画が高く買い取りされるのかを具体的に見て行きますので、参考にしてください。

絵にも流行があり、絵画のテーマによるもの、持ち主の人気などによっても価格に大きく影響していきます。

画風が流行して有名になる

画風が流行している有名作品の場合は、買い取り価格に大きく影響します。描き方、タッチ、色使い、デザイン、構図など様々なことで、印象が異なりますので、流行となっているものや人気の絵ならば、高額となります。

絵画のテーマが人気となる

絵画をモチーフにした映画や本が人気となった場合なども、絵の人気が一気に高まります。数年前の「ダ・ヴィンチ・コード」のように、人気が再燃することも多くある傾向です。

絵画の持ち主が有名人のため価値が高まる

また「有名人が絵画を飾っていた」ということで、価値が高まる場合もあります。「マイケル・ジャクソンが屋敷に飾っていた絵画」などで大きな価値が付くことがあります。

絵画の価値は変わりやすく流動的なのも特徴

そして、絵画の買い取り時の価値は、価値は変わりやすく流動的なものであることもよく知っておいてください。

昔、高額で購入したものだから、高額で買取可能ができるかどうかは、必ずしもわかりません。流行によって、値段が下がっている場合もありますし、上がっている場合もあります。

また、貴重なものとなったために、買取価格が上がっていることもあるでしょう。

時代や流行によるものや、主観的な判断によって絵画は売買されますので、決まった価格などはないものとも言えます。

そのため、よく鑑定してもらうことが大切で、現在の価値を評価してもらい、高く買い取りをしてもらうといいでしょう。

世界で買い取り価格が最も高い絵画ベスト10

ここで、オークションや個人取引で高額買取となった世界の絵画も紹介しますので、参考にしてください。買い取り日と落札金額や買取金額を見ていきます。どのような画家の作品が高額査定になるのかを知っておくのがおすすめです。

・1位:レオナルド・ダ・ヴィンチ「サルバトール・ムンディ」

2017年落札 約4億5000万ドル(約486億円)

ルネサンス時代の巨匠「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の作品が高額買取となっています。2021年にサウジアラビアの皇太子が所有していたことがわかったことでも話題の油彩画です。

・2位:デ・クーニング「インターチェンジ」

2015年買取 約3億ドル(約324億円)

オランダ人画家で抽象表現主義の先駆者「デ・クーニング」の作品です。油絵としては、当時とても高額で買い取りされたものです。筆をたたきつけたような独創的な力強いタッチが魅力となっている作品です。有名なアメリカの投資家、大手ヘッジファンド、シタデル創業者のケネス・グリフィン氏が購入しています。

・3位:ゴーギャン「いつ結婚するの?」

2014年 約3億ドル(約324億円)

後期印象派の代表し総合主義の創始者である「ゴーギャン」の絵です。タヒチに赴いた初期の頃の作品で、タヒチでの二人の女性が描かれた作品です。ゴーギャンの作品は、メッセージ性の強い作品も多く、人気があります。

4位:セザンヌ「カード遊びをする人々」

2011年 約2億5000万~3億ドル(約270~324億円)

フランスの印象派画家で「近代絵画の父」と呼ばれる「セザンヌ」が晩年に描いた作品です。同テーマの5連作となっていて、2011年にカタール王室が購入しています。

5位:ポロック「Number 17A」

2015年 約2億ドル(約216億円)

抽象表現主義のアメリカの画家「ボロック」が、床にキャンパスを置いて絵の具をしたたらせながら描く「ドリッピング」という独特の技法で描いたものです。独自の世界観を描いているのが特徴となっています。こちらも、有名なアメリカの投資家、大手ヘッジファンド、シタデル創業者のケネス・グリフィン氏が購入しています。

このように、高額の買い取りが行われた絵画を見ていると、有名な巨匠の作品、その時代の画風を代表するような画家の作品、また独創的な絵画作品が高額となっています。

王室や投資家などによって買い取られることが多く、高額な金額となっていると言えるでしょう。

6位以下も、次のようになっています。

6位:ロスコ「No.6(すみれ、緑、赤)」2014年買取 約1億8600万ドル(約200億円)

7位:クリムト「水蛇Ⅱ」2013年買取 約1億8400万ドル(約198億円)

8位:レンブラント「マールテン・ソールマンスとオーペン・コーピットの肖像」2015年買取約1億8000万ドル(約194億円)

9位:ピカソ「アルジェの女たち(バージョンO)」2015年落札 約1億7900万ドル(約193億円)

10位:モディリアーニ「横たわる裸婦(赤いヌード)」2015年落札 約1億7000万ドル(約183億円)

絵の買い取りと売却のポイントとは

絵の買い取りのポイントや売却のポイントについてもまとめてみました。それぞれに、買い取り側が大切にしたいポイント、売る側が大事にしたいポイントがありますので、知っておといいでしょう。上手く売買を進めることができておすすめです。

絵の買い取りのポイント

絵の買い取りのポイントとしては、オークションなどにかけて高く買い取りが可能かどうかで決まります。そのため需要があるかどうかがポイントです。

以前は需要があっても、今は人気がないという絵もあります。また、これから人気が出そうな絵もあります。そうした需要を考えた上で、買取が行われるのがポイントです。

最初の購入時の価格だけでなく、買い手の市場の動きもよく見て決められるのがポイントです。

【買い取り時の具体的な6つのポイント】

買い取り時のポイントを具体的に6つ挙げると次のようになります。

・作家名

・市場での人気

・制作時期によって作風が変わる場合は制作年も大事

・絵画の希少価値

・絵画の状態

絵の売却のポイント

絵の売却のポイントとしては、売却の時期をよく考えることが大切です。今、評価が高いのか、人気があるのかをしっかり確認しておくことも必要です。

買取専門業者のホームページなどに買取相場などが掲載されていますので、確認しておくのがおすすめです。積極的に買取の募集が行われているものは高額買取の可能性も高くなります。

また、自社でオークションを行っている買取専門業者ならば、より敏感にそうした動きに対応して、高く買い取りをしてくれる可能性があるでしょう。

無名絵画を売るポイント

無名絵画を売るポイントについても紹介しますので、参考にしてください。無名絵画の場合は、売却が難しいのですが、需要があるもの、よく好まれるものならば売却することが可能です。

最近では、様々な絵を好む傾向があるため、以前よりも無名の絵でも売れる可能性が高まっていておすすめです。

・抽象画よりも風景画の方が売りやすい

・本画・肉筆画・原画は買い取り依頼がしやすい

・いい額縁に入ったもの

洋画、日本画、現代絵画など様々な種類の絵画がありますが、日本画なら本画(肉筆画)かをチェックすることが大切です。浮世絵などの場合木版を使った版画作品と浮世絵師が実際に肉筆で描いた「肉筆画」があります。「肉筆画」はオーダーメイドで作られたものとなっていて貴重です。原画と言えるものが高価買取となります。

また、買い取りが可能かどうかは、業者によっても異なりますので、できるだけ鑑定士がいる業者に依頼してください。似たような絵を買い取っている実績のある業者を探してみるといいでしょう。

まとめ

買い取りの際の絵の価値について紹介しました。高く買い取りが行われる絵は、どのような絵なのかを知っておくことが大切です。有名な画家の作品や独創性のある絵画、人気で多くのファンがいる作品は、高額買取となる可能性が高くなります。

また、絵の価値は流動的です。買取と売却のポイントをしっかり知っておくことが大切です。

そして、無名絵画でも高く買い取りしてもらえる可能性がありますので、鑑定士がいる所で査定してもらうのもおすすめです。

絵の買取査定と売却について悩まれる場合には、弊社は他で難しい作品なども高価買取ができる場合がありますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。専門的に買取をしていますので、ぜひお任せ頂ければと思います。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事