2023.11.17

絵画好きの集う東京では、お望み通りの絵画買取の実現もできます

Category

絵画

Tags

絵画をお手元にお持ちのそこのあなた。

買取をご検討されたことはございませんか?

当記事では絵画、美術品の買取についてお客様にとって最高の条件をご案内するための秘策を伝授しています。

「絵画の買取を検討している」「我が家の絵画はもしかして値打ちものかもしれない」とお思いのあなたへぜひチェックしていただきたい内容となっております。

絵画の種類

ひとくちに「絵画」といっても、さまざまな美術品があります。

絵画は作成地や作家のルーツによって分類されることもありますし、描き方や用いた制作に素材によって分類されることもあります。

前者では「日本画」や「洋画」、後者では「リトグラフ」「版画」「シルクスクリーン」「水墨画」などが挙げられます。

その他「現代アート」「インテリアアート」「静物画」「浮世絵」といったジャンルわけをする場合もあります。

絵画の種類ごとに評価される点は異なるものです。

絵の具のグラデーションや墨の濃淡、点描の均一さなど、その絵画の特徴を踏まえた評価のポイントがあります。

絵画の評価には作品としての価値だけでなく、買取価格も関係してきます。

そのために、絵画の買取を検討の際にはまず「お持ちの絵画がなんという種類の絵画であるのか」を確認しましょう。

その上で「その絵画に評価がつくのはどのようなポイントなのか」をあらかじめ知っておくと良いでしょう。

日本のご家庭に代々受け継がれる絵画は主に「日本画」かもしれません。

まずは日本画とはなにかを簡単にご紹介していきます。

日本画について

「日本画とはなにか」という定義についての議論は現在でもなおなされています。

一般に「日本語」とは、西洋の油彩画と区別をするために使われる絵画区分です。より細かく「大和絵」「水墨画」「風俗画」などと分類することができます。

カンヴァスに油絵の具などを用いて書き上げる西洋画とは異なり、紙や木、絹などを表現していくものが、日本画の一般的な解釈だとされています。

なお日本画とは「日本人が制作する美術のこと」を指すという区別の仕方をされる場合もありますが、基本的には技法や画材により分類する考え方が一般的です。

日本画という区分は、明治20年代から30年代ごろに一般的な呼称として定着したと言われています。

日本画には比較的、画面を平面的な印象に仕上げた作品が多いです。

海外の絵画について

日本画の他にも地域によって絵画の種類はさまざまあります。

ここからは地域による絵画区分をご紹介します。

絵画の種類による違いは使用する画材だけではありません。

テーマや、目にみえる特徴にお国の個性が現れるものが多く、比較してみるととても楽しいです。

実は日本に集まりやすいのは「日本画」だけということはありません。西洋の絵画や海外の絵画も多く流通があるのが日本、東京の特徴とも言えるのです。

その訳は後ほど「日本と絵画の密接な関係」の見出しでお伝えいたします。

西洋画

日本画に対して「西洋画」という区分があります。

西洋画とは、ヨーロッパのあたりで生まれ発展した画法です。より細かく「油絵」「水彩画」「パステル画」「テンペラ画」「点描画」などと分類することができます。

西洋画は立体的な印象の作品が多いです。

投資図法、遠近法、光の明暗などをうまく活かして画面を彩っていくのが西洋画の特徴です。

東洋画

そのほかに「東洋画」というものもあります。

日本画は東洋画との共通点が多くみられます。東洋画とは中国や朝鮮の絵画のことです。

一般的には漢詩と絵が一体となった構造をしています。

絵画作品の中に文章も含まれるのが、東洋画の特徴です。東洋画には宗教などの文化的な考え方がよく現れます。

アジアやアフリカの絵画

アジアやアフリカの地域のアートは、より明度と彩度が高いことが特徴です。

アーティストたちは堂々とした筆使いで色鮮やかに書き上げます。

絵画作品の中に用いられるモチーフは、動物たちや自然などが多いです。

自然に囲まれた生活の中で、日々目にする者たちをアーティストが大自然の迫力さながらに表現していきます。

日本と絵画の密接な関係

実は日本・東京は、魅力的な絵画が集まりやすい特徴があり、魅力的な絵画を目にする機会も非常に多いとされる都市です。

日本や東京に集まるのは日本画だけではありません。

東京はどうして絵画に恵まれるのか。そこにはどんな理由があるのでしょうか。

ここからは東京が絵画に恵まれる主な理由を2点、ご紹介します。

日本は美術展が多い国

日本は世界有数の美術大国であると言われます。

美術の専門家がそう明言することもあるほど、日本は美術館と美術展が豊富な国です。

美術館が多く、それぞれの美術館ではほとんど年間を通して何らかの展示が行われています。

日本国内でゴッホ、バスキア、ピカソ、モネなど著名な画家の作品を所蔵している美術館は、東京を中心にたくさんあります。

美術大国の首都東京

美術大国である日本。

日本、特に東京は「絵画が豊富に集まる地域」であり、つまり「絵画の好きな人が集まる地域」であるとも言えるでしょう。

さらに素晴らしい絵画や珍しい値打ちものの絵画を所持している日本の方の寄贈や販売により、日本東京の美術市場はこの先もどんどん潤っていくことが考えられます。

絵画をはじめ美術のお好きな方は、東京の美術館巡りをしてみるのも良いかもしれません。

東京に豊富な絵画買取業者

絵画が豊かに集まる東京では、同様に絵画の買取も盛んです。

東京各地に絵画の買取業者が存在します。東京近郊にお住まいの方で資産になりそうな絵画をお持ちの方は、一度お近くまたは信頼の買取業者へ問い合わせてみると良いでしょう。

ご家庭で所持する貴重な絵画作品を買取に出すのであれば、できるだけ高い買取額をつけて欲しいと思うものです。

稀にある不正や詐欺まがいを働く業者へ買取を依頼してしまうことは避けたいです。

絵画の買取業者を選ぶ際のポイント「買取額」と「信頼度」を指標にしてみてはいかがでしょうか。

絵画買取業者を選ぶポイント

絵画の買取を依頼する際にはいくつかの買取業者を調べ「信頼度」と「買取額」を比較することをおすすめします。

具体的には「ホームページの信頼度」「買取実績の確認」「口コミの確認」「査定や買取の方法」を比較しましょう。

まずは比較をすること

初めに見つけた買取業者にそのまま絵画の買取を依頼してしまうことは避けましょう。

まずはホームページを閲覧してみましょう。

絵画のおおよそ買取額

オンラインでおおよその買取額を提示している買取業者も多いです。

作家名やブランド名を挙げて買取実績をホームページに公開している買取業者もあります。

お持ちの絵画を参照してみましょう。

電話での問い合わせも効果的です。

買取業者へ作品の概要を伝えれば、おおよその買取額を教えてもらうことができる場合もあります。

顧客満足度と口コミ

絵画買取業者を選ぶには、買取業者を外からリサーチしてみることも重要です。

ホームページばかりではなく顧客側の声をリサーチしてみると良いです。口コミサイトやレビュー、SNSのつぶやきなども確認すると良いでしょう。

顧客満足度の高い業者に絞ることで、よりあなたの満足いく絵画買取を成約させることができるようになります。

査定や買取の方法

絵画の買取は持ち込みだけではなく、出張査定をしてくれる場合や、オンライン査定をお願いできる場合もあります。

郵送買取ができる絵画買取業者も増えてきています。

実際に買取業者の拠点近くに住んでいない方でも、絵画買取を東京の買取業者へ依頼することができるようになってきているのです。

大切な絵画作品を預ける絵画買取業者を選ぶ際には「ホームページの信頼度」「買取実績の確認」「口コミの確認」「査定や買取の方法」を中心にして買取業者を比較しましょう。

特に東京に増えてきている絵画専門の買取業者は、買取額や信頼度のほかに多様なサービスを用意している場合があります。

あなたに都合の良いように査定や買取をしてくれる業者を選ぶことで、忙しい毎日でも絵画買取を無事に完了することができます。

絵画を高く買い取ってもらうための工夫

いくら買取値の高い買取業者を選んだとしても、状態の悪い絵画はやはり値段が下がってしまうものです。

絵画を買取に出す際に気をつけるべきことは一体なんでしょうか。

他の品物買取と共通する点と、「絵画の買取」独自の気をつけるべきポイントがあります。順にそれぞれの注意点を解説します。

買取に共通する注意点

買取値を高くする工夫の基本として、美品に近いこと、付属品の紛失がないこと、季節ものはタイミングを見極めることなどがあります。

買取値を高くする基本①できるだけ状態よく保管する

絵画では特に、劣化して絵の具が剥がれていたりしては値段を期待できません。

絵の保存状態を万全に整えましょう。

湿度50~60%、気温20度程度が絵画の保存に最も適しているとされています。

箱からは出し、置いての補完が望ましいです。

汚してしまったり、破損をしてしまわないよう気を配りましょう。

買取値を高くする基本②付属品は一緒に保管する

絵画に付属品はあまりないかもしれませんが、説明書きや、仕舞う時の専用の箱がある場合は一緒に保管しましょう。

対になるような作品は揃えて買取に出しましょう。

絵画の真贋鑑定書があればベストです。

買取値を高くする基本③季節ものは時期を見分けて買取に出す

季節ものとは、四季だけではありません。

絵画には作家やジャンルによって値段がつきやすい時期があります。

最近話題の作家の作品や、近年展覧会で話題となったジャンルの絵画などはタイミングを逃してしまわないことが重要です。

市場に気を配っておくと、より満足することのできる買取を実現できるようになります。

絵画買取ならではの注意点

一方で、絵画の買取ならではの注意すべき点もあります。

特に注意点2つ目として紹介する方法は、なかなか思いつかなかった方も多いのではないかと思います。ぜひお見逃しなくチェックしていただき、参考にしていただけますと幸いです。

買取値を高くする基本①絵画専門の買取業者に依頼する

美術品専門の買取業者や、絵画専門の買取業者が存在します。実際に東京にも絵画専門の買取業者は多く存在しています。

先ほどお伝えした通り、東京の絵画買取業者でも郵送買取などを行い全国に幅をきかせて買取を行っている業者はとても多いです。

せっかく絵画をお望みの方法で買取に出すのであれば、美術品や絵画専門の買取業者をおすすめします。

買取値を高くする基本②額縁をあらかじめ修理に出しておく

絵画では額縁も、とても重要な美術要素です。

額縁を修復や修理に出しておくことで、絵画の買取金額を高く交渉することができるようになります。額縁を取り扱う業者に一度問い合わせをしてみると良いかもしれません。

まとめ 東京で絵画を賢く買い取ってもらうために

ここまで絵画の種類の紹介や、絵画の買取についてのレクチャーをしてきました。いかがでしたでしょうか。

絵画は様々な観点から種類を分類することができます。

絵画の種類の定義については今もなお議論がなされている部分も多くあり、これからも発展のある学問であると言えるでしょう。

東京を始めとして日本は絵画がたくさん集まり、また絵画の好きな人がたくさん集まりやすい環境をしています。

東京では絵画の買取も活発に行われています。

今回は絵画の買取の際に気をつけたいポイントを「業者選びの注意点」と「買取額を高くするための工夫」の2つの観点からご紹介しました。

あなたの身の回りに絵画はありませんか?

もし絵画の買取をご検討中の方に読んでいただけたなら、1つでも多く実行していただくことで、よりご満足のいく買取を実現させることができるはずです。

当記事を絵画の買取に参考にしていただけましたら嬉しいです。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事