2023.11.20

掛軸の詳しい鑑定方法が知りたい!価値の見分け方とは

Category

掛軸

Tags

「掛軸を持っているが、本物かどうかわからない」「どれだけの価値があるのか不明」という場合も多いでしょう。掛軸の鑑定をお願いしたい人も多くいますが、鑑定の方法がわからないことが多くなっています。

掛軸の鑑定はどのような方法で行われるのかを知ってみませんか。

価値の見かけ方について紹介します。

鑑定とは?

鑑定とは、価値がわからないものを「鑑定人の権威と信頼性をもとに価値を評価し明らかにすること」です。

鑑定は、通常は有料で行われるようになっています。鑑定料は、美術品1点につき30,000円~60,000円ほどです。高額の美術品の場合は、高額の鑑定料のことも多くなるでしょう。

また、鑑定のみが1点10,000円~20,000円、鑑定書発行料金が10,000円~30,000円と分かれている場合もあります。鑑定書は、本物か偽物か、科学的調査も元にした鑑定を行い、その評価を証明するものです。売買する際には、鑑定書を持っていれば、高く売りやすくておすすめです。

また、有料の鑑定をしてもらった場合、その結果、偽物であったとしても、無料とはなりませんので、注意が必要です。鑑定の申し込み手数料が必要のことを知っておいてください。

無料の鑑定方法もある

また、買取を前提にして無料で鑑定をしてもらう方法もあります。正式な鑑定書は発行されませんが、本物か偽物、贋作かがわかっておすすめです。買い取る際の査定額がわかりますので、無料で鑑定してもらうのもいい方法と言えます。

鑑定士とは?

掛軸を鑑定してもらう場合の「鑑定士とは」ですが、特別の資格を持った人物ではありません。美術や絵画などの作品を多く見て知識や経験を持った人物となっています。

多くの買取経験を積むことで、美術品の真贋を見る目や価値の評価を持った人物です。鑑定士から鑑定してもらうことで、きちんとした評価を知ることができておすすめです。

掛軸の鑑定方法とは

掛軸は多くのものが出回っていて、鑑定してもらわないと本物かどうかわからない、どんな評価があるのかわからないということも多い傾向です。

「本物だと思ったら鑑定してもらったら偽物だった」

「高額なものと思っていたら実際に鑑定してもらったら安かった」

ということはよくあるでしょう。

鑑定士が行う価値の見分け方について詳しく紹介します。

掛軸鑑定の際の価値の見分け方

掛軸の鑑定の際には、次のような点を中心にして価値が見分けられます。

・作者が誰か

・本物か偽物、贋作かどうか

・制作年はいつか

・歴史的な価値があるか

・美術的な価値はあるのか

・状態はどうか(折れ、シミ、キズの有無)

この中でも特に大きなポイントは、作者がだれか、また本物か、偽物、贋作かどうかが重要となります。

掛軸の鑑定は落款や署名が大事

掛軸の鑑定ではまず、落款や署名から作者がわかることが多い傾向です。

落款は印鑑のようなもので、掛軸の絵の隅の方に押してあります。 署名も絵の隅に筆で書かれていることが多くなっているでしょう。落款だけ、署名だけの場合と、落款と署名の両方が記してある場合があります。

これらが証明となって鑑定されます。ただ、素人ではよくわかりませんので、落款や署名によって、本物かどうか、誰が作家なのかを専門の鑑定士に鑑定してもらうのがおすすめです。

制作年についてや歴史的価値について

制作年については、どのような作品を多く制作していたのか、題材や構図を見て、鑑定士が判断することも多くなります。

例えば、

・宗教色が強いものは平安時代などの古い時代

・枯山水、花鳥風月を題材としたものならば鎌倉時代後半以降

・「道釈人物画」で道教や仏教関係の人物を描いたものは鎌倉時代前半以降からですが、多くなったのは江戸時代以降

・「吉祥画」(縁起もの)が多くなったのは江戸時代以降

これらを基準にして、年代が判断されることが多いでしょう。

実際の制作年がわかることで、歴史的な価値の評価も高まります。作品の希少価値についてもわかるでしょう。

掛軸は骨董品や美術品として扱われることが多い

また、掛軸は骨董品や美術品として扱われることが多いため、古美術商や美術商で査定をしてもらえることも多くなっています。掛軸の専門の鑑定士がいておすすめです。

また、買取専門店でも、掛軸の買取実績が多いところならば、鑑定の経験も多くて高額鑑定となることがあっておすすめです。

掛軸の美術的価値について

掛軸の美術的価値としては、水墨画の枯山水や面白い題材の花鳥画などの人気が高くなっています。

また、有名作家の場合は人気が高く、高額鑑定となっています。有名作家で希少価値のあるものは、とても高額となるのが特徴です。

掛軸の有名作家について

100年以上前のものが骨董として使われますが、江戸時代の有名作家などで、本物の作品の場合、とても高額な鑑定、買取価格となります。

それぞれの時代の作風、また作家による作風の違いがいろいろあり、個々に多くのファンがいます。

伊藤若冲(江戸時代の花鳥画の有名作家)

構図や彩色技術が人気で、色鮮やかに花や鳥などをリアルに描いているのが魅力となっています。迫力のある画風が特徴で、今でも人気の掛軸です。

代表的な作品として「南天雄鶏図」、「日出鳳凰図」、「動植綵絵」、「群鶏図」などが有名となっています。

数十万円~100万円以上の高額買取も期待できる有名作家です。

宮本武蔵(江戸時代の剣豪、水墨画家)

剣豪として有名ですが、水墨画も高い評価があります。宮本武蔵ファンが多くいることから、掛軸や書画のコレクターが多く、高額の鑑定となります。

「布袋観闘鶏図」や「枯木鳴鵙図」などの作品が有名です。

・尾形光琳(江戸時代の画家、工芸家)

「琳派(りんぱ)」と呼ばれる流派の中心人物です。豊かなデザインや装飾性があり、掛軸だけでなく、工芸品や書なども人気です。多くの書画は文化遺産に登録されているほど貴重です。代表作としては「伊勢物語八橋図」、「松の図」などが有名となっています。

本物の掛軸ならば、とても貴重なため数千万の高額買取額となる場合もあります。

・渡辺崋山(江戸時代の武士、山水画家)

「鷹見泉石像」は国宝に指定されていて、掛軸も評価が高く、数十万円〜数百万円の高額買取となっています。

山水画を描き、影を描いて立体的に見せるのが上手です。

代表的な作品として「月下鳴機図」、「鹿図」などがあります。

・川合玉堂(明治・大正・昭和に活躍した日本画家)

国の重要文化財に指定されている双屏風の「行く春」などが有名で、豊かな技術で日本の自然を美しく描いていて人気です。掛軸でも高額買取の作品が多くあり、500万円以上の作品もあります。

代表作としては「渡頭春色」、「暮雪」などが有名です。

・竹久夢二(大正・昭和初期に活躍した作家)

抒情的な美人画が多くの人に人気です。大正ロマンの代表画家となっていて、今も多くのファンがいます。掛軸の買取も高額が可能です。

代表作としては「黒船屋」などが有名です。

・呉昌碩(ごしょうせき)(中国清朝末期~近代に活躍した画家・書家・篆刻家)

中国の画家で、中国掛軸として有名作家です。「四絶」や「清代最後の文人」とも呼ばれて称えられています。

日本でも、呉昌碩の中国掛軸は力強い作品に人気があり、数百万の高額買取が行われています。

牡丹やビワなどの植物を描いた作品が有名となっている作家です。

鑑定を依頼する際の探し方は?掛軸の鑑定士がいる所がおすすめ

掛軸の鑑定を依頼する際には、これまで多くの掛軸を鑑定してきた鑑定士がいる所がおすすめです。次のような所を探すといいでしょう。

・多くの掛軸の買取、鑑定をしてきた専門店

・掛軸が本物か贋作か、真贋の目利きができる店

・年代や作家などの価値鑑定ができる鑑定士がいる店

・現在の需要や希少価値、買取相場などに敏感な専門店

掛軸の価値は流動的ですので、需要や供給、人気について敏感な専門店がおすすめです。

掛軸は本物かどうか、偽物、贋作を鑑定士に見てもらうことが大事

掛軸を鑑定する際は、本物か偽物、贋作かどうかをよく見分けてもらうことが重要です。偽物や贋作が多いため、多くの買取実績があり、知識と経験がある鑑定士がいる所でしっかり鑑定してもらうことが大事です。

掛軸は年代と入手経路で価値を見分けてもらうのがおすすめ

また、掛軸は年代と入手経路で価値が見分けられ、鑑定の評価が大きく分かれます。次のような見分け方がありますので、参考にしてください。

・権威ある人から直接譲り受けた掛軸

・先祖代々受け継いできた掛軸

・掛軸の専門のコレクターや骨董店、美術商などの正規のルートで購入したもの

入手経路を調べることだけでも、本物かどうかを判断することもできます。正規のルートで入手したもの、歴史的に長く保管されてきたものなどは、高価な鑑定となることが多くなるでしょう。

まとめ

掛軸の鑑定方法について紹介しました。まず、鑑定がどう行われるのか、鑑定方法を知っておくことが大切です。

掛軸は、人気で需要が高いために高く売れる可能性が多くなります。世界中にファンがいて、歴史的価値があるもの、有名作家や題材、構図などによって高額買取となる可能性があります。

自分ではなかなか判断が付かないことも多く、偽物や贋作も多いために、鑑定は掛軸の買取実績のある専門業者、骨董品・古美術品などに依頼するのがポイントです。

鑑定してもらうことで、本物か偽物かを知ることができていい方法です。掛軸の「落款」などからきちんと調べて評価してもらえるように、知識と経験のある鑑定士に鑑定を依頼してみるのがおすすめです。リサイクルショップや一般の買取業者よりも高い鑑定額、査定額となるでしょう。

しっかり評価してもらえるように、例え遠くても掛軸の買取に実績のある業者に鑑定を依頼することをおすすめします。

掛軸の買取に実績のある会社ならば、正当な値段で鑑定してもらえます。ぜひ弊社のような専門業者にお任せ頂ければと思います。

掛軸の鑑定を考えている場合は、弊社にお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事