2023.11.22

日本画家 町田久美の太い線の表現の魅力と買取査定・売却について紹介」

Category

作家名

Tags

日本画家の町田久美は、和紙(主に雲肌麻紙)や墨、胡粉、岩絵具など、伝統的な「日本画」の素材、技法を用いながら、自由な表現を切り開いています。

和紙などの日本の素材を使い、大胆な余白に太い線で描かれた、ポップでシュールなキャラクターが魅力たっぷりとなっています。シュールさがずっと見ているとかわいいと、女性にも人気の作品が多くある作家です。

ちょっと不思議な世界感を感じる、日本画家の町田久美の魅力と彼女の作品の買取査定、売却ポイントについて紹介しますので、参考にしてください。

町田久美とは

町田久美は、日本画家ですが、ポップでシュールなキャラクターをシンプルな構図で描いているのが特徴です。主に日本画の画材を使っていますが、新しい感覚の自由な表現を行っていて若い人たちにも人気です。

町田久美は、美術大学を出て絵を仕事にすることを決め、線描にたどり着きます。当時彼女の絵は、イラストでも漫画でもなく、展示会向きではないと言われたそうです。

しかし、世界のどこかで、自分の絵の魅力をわかってくれる場があると、地道に活動を続けてきました。太い線でありながら、実は緻密な絵となっていることからも、絵への愛情を感じることができるのが町田久美の作品です。

描かれた太い線は実は細かな線の集結

絵の制作過程でも、妥協を許さない制作を行っているのが特徴です。太い線に見える線も実は多くの細い線が集まったもので、念入りに描かれています。面相筆で細い線が何度も緻密に描かれているため、その細かなニュアンスが見る者を惹き付けます。

また、彼女ならではの独特の構図も多くの人を魅了します。

いずれの作品でも、作家自身や社会との関わりにおいて、様々な疑問や距離感が描かれていて、独自の世界感が表現されていると言えるでしょう。キャラクターを描くことも多く、そのキャラクターからも様々な思いが感じられる作品が多くなっています。

町田久美の特徴・魅力

町田久美の作品は、キャラクターが墨線で太く描かれているのが特徴です。その太い線を描く際には、実際には細かな線を何度も重ねていることを紹介しました。

そして、キャラクターの瞳や口元には日本画的なグラデーションの技法が使われています。単純な墨だけでなく、青墨、茶墨などを繊細に重ねながら、単純なようでいて奥行きのある線を描いています。そうしたことが緻密な技法によって、不思議なニュアンス、陰影を描いているのが魅力です。

自身や他者との関係、コミュニケーションの問題などを表現

どの絵も独自の世界観を表現していて、自意識の葛藤や社会的な違和感、他者とのコミュニケーションに潜む不安などを示唆的に表していると言われています。

町田久美は制作する時間としては、主に夜中が多いと言います。夜中のストイックでネガティブな感情に浸りながら、時にはボロボロ涙を流しながら制作していることもあるそうです。そして、朝になってそれを再度客観的に見直す作業も行うそうです。そうして、独自の世界観を大事にしています。

不気味さと無邪気さ、神聖さと滑稽さ、力強さと繊細さなど相反するものが交差した情景を、経験からシンプルに描いています。

以前は、子どもをモチーフによく描いていた町田久美でしたが、現在ではセンチメンタリズムのあるものではなく、より普遍的な気持ちを描くように変化を遂げています。

長い間絵を描き続けている彼女ですが、どうしても人に興味があるということは普遍のテーマになっているようです。人そのものというよりも人間関係、コミュニケーションの断絶など、目に見えないものを形にしていきたいというのが彼女のテーマです。多くの作品を通して、人間関係に正解はないという、町田久美のメッセージが作品には描かれていると言えるでしょう。

町田久美の経歴を紹介

1970年群馬県生まれ

多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業

美大卒業後に創作と並行して縁起物を制作し始め、厚塗りから線描へと移る

30歳を機に縁起物を辞め、自分の描きたいものを描くようになる

その後、数々の賞を受賞するようになり、アムステルダムで個展を実施

2007年ソヴリン・アジアン・アート・プライズ 2007を香港で受賞

2008年文化庁新進芸術家海外留学制度でデンマークへ留学

第24回タカシマヤ美術賞(2014年)など多数受賞

主な個展としては「町田久美─日本画の線描」(高崎市タワー美術館、2008)があります。

また、2022年から武蔵野美術大学教授となっています。

町田久美の有名作品

町田久美の有名作品としては、シンプルなキャラクターが大きく描かれているものが多くなっています。シンプルながら、人間関係などにまつわる様々なテーマ、メッセージ性が描かれている絵がたくさんあります。印象の強い作品が多く、国内外で有名な作品が多数あるでしょう。一度見ると忘れられない絵であるということが魅力です。多くの作品の中から、有名な作品を何点か紹介します。

・「来客| 2006年」

雲肌麻紙に青墨・茶墨・岩絵具・顔料で描かれています。微妙な色のグラデーションを味わうことができる絵です。シンプルな描き方ですが、耳に何か当てて聞いている構図がダイナミックで、メッセージ性の強い絵となっています。

・「雪の日 Snow Day| 2008年」

雲肌麻紙に青墨、顔料、岩絵具、鉛筆、色鉛筆でキャラクターが描かれていて、シンプルな太い線が印象的な絵です。何か不思議な雰囲気を放っています。

・「木馬| 2010年」

雲肌麻紙に青墨、茶墨、顔料、岩絵の具、色鉛筆などで描かれています。余白の中に太い線、細い線、白などで描かれています。シンプルですが、柔らかな線の描き方にも魅力が感じられる作品です。

町田久美の画集

2012年5月「町田久美画集」は、初期作品から最新作まで代表作を中心に収録されています。有名な「雪の日 Snow Day 2008」も収録されています。

画集に集められている絵は、代表作ですので、これに掲載されている絵は人気が高いものばかりです。

もし、売却や買取査定をお考えなら、「町田久美画集」に載っている作品をもとに考えてみるといいでしょう。

2021年6月「町田久美画集 五夜」は、“ベスト盤”作品集となっています。未発表のドローイング作品を多く掲載。夜に描かれた多くの作品が並んでいます。

作品が見られる場所を紹介

「深夜帯|2005年」が香川県高松市美術館に所蔵されています。組んだ手がアップでシンプルに描かれていて、メッセージ性が高くなっています。

「やさしいひとたち|2007年」が東京都現代美術館に所蔵されています。雲肌麻紙に青墨、茶墨、顔料、岩絵具、色鉛筆で描かれていて、白い手袋の手や構図が特徴的です。

「雪の日 Snow Day |2008年」は、国立国際美術館(大阪)に所蔵されていて、有名な作品ですので、町田久美の魅力を理解するために見に行ってみるといいでしょう。

「オモチャToy|2008年」の版画作品がニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵されています。個性を放った作品は、世界的にも人気で注目を集めています。

町田久美の作品の売却は可能?買取査定はどのくらいなのか

町田久美作品を売却したいと思う方向けに、売却は可能なのかについて見ていきます。

2012年に初めてともいえる「町田久美画集」が出ていて、日本だけでなく海外でも根強い人気があります。

オリジナリティのある画風、和紙(主に雲肌麻紙)や墨、胡粉、岩絵具など、伝統的な「日本画」の素材、技法を用いながら、自由な表現をしていますので、これらは海外でも珍しいでしょう。

シンプルな背景、そして繊細な筆を重ねて太い線で描いている技法は特に珍しいものです。

作品にはオリジナリティがあふれていますので、ファンも多くいます。

売却の買取査定の基準としては、2016年SBIアートオークションで、スクリーンプリントの作品が138,000円で落札されました。「Sato-chan1998-2006年」の青墨、岩絵具、雲肌麻紙、パネルで作られた額装が 2,415,000 円でした。

作品によって高いものもありますが、通常は、それほど高くなく、安定した価格です。

価格的にも様々な部屋に飾るのにも良いお値段です。色もシンプルなため飽きがこず、需要も高くなっています。また、部屋にインパクトを出すことができておすすめです。

また、売却や買取査定に関しては、1点ものの原画だけでなく、版画もたくさん制作されていることを知っておくことが必要です。日本画では珍しいのですが、銅版画でも制作されている作品があります。銅版画でのシャープな線が好印象となっています。

そんな原画と版画では売却の際の買取査定が異なりますので、詳しくは専門家に問い合わせてみるのもいいでしょう。またモチーフやサイズによっても買取査定が変わってきます。

まとめ

日本画家、町田久美について紹介しました。日本画としては、新しい感覚を持った絵が特徴で若い人にも人気があります。

和紙などの日本の素材を使い、墨、胡粉、岩絵具など、伝統的な「日本画」の素材、技法を用いて、大胆な余白に太い線で描いているのが特徴です。ポップでシュールなキャラクターがオリジナリティを発揮していると言えるでしょう。

また、太い線のように見えて、実は繊細な細い線が重なっているため、どこか柔らかで陰影がある印象です。実は緻密に描かれていながら、ダイナミックな構図も印象的で、多くのファンがいます。

国内外にファンがいますので、多くの需要があり、売却の際の買取査定はそれほど高くありませんが安定しています。売却の際にはこれからも買取査定の金額が上がっていくことが見込めるでしょう。オリジナリティあふれる魅力がたっぷりですので、今後も価値を増していくことが予想されます。日本的な絵の繊細な魅力も備えていますので、日本人気とともに海外でも人気が高まりそうです。

今、高額で買取査定してもらえる所を探すのも良い方法ですし、もっと高く売れる状況を待って売却をすることも可能です。

ぜひ、紹介した町田久美の魅力をよく知った上で、買取査定と売却について検討されることをおすすめします。

買取査定と売却について悩まれる場合は、お気軽に弊社にお問い合わせください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事