2023.11.22

瀧下和之とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、査定買取に知っておくべきお役立ち情報!

Category

作家名

Tags

瀧下和之(たきした かずゆき)は、熊本県生まれの日本の画家です。

古いけれど、どことなく懐かしく感じられる日本の伝統をモチーフにしたユニークな作品を多数制作しており、すでに国内でも海外でも高い評価を得ている画家です。

これまで制作してきた作品も、そのほとんどが高値で査定・買取されています。

瀧下和之の作品の大きな特徴といえば、ライフワークとなっている「桃太郎シリーズ」を見ると一目瞭然です。このシリーズでは、ユーモラスな可愛らしい鬼を表情豊かに描いています。

また、他にも風神雷神、龍虎などといった、日本の伝統的な題材を類まれな空間感覚と豊かな発想で表現した作品を多数世に送り出しています。

瀧下和之の作品は、メディアでも取り上げられる機会が多く、過去には故・横綱千代の富士やタカラジェンヌなどの有名人とのコラボレーションでも話題になったことがあります。

また、絵本、ぬいぐるみなどのグッズを多数販売しており、多方面での活躍で目にする機会が多くなっています。

まだ若手作家ということもあり、新しい作品が次々と登場していますので、今後も注目され続ける現代アーティストの一人です。

瀧下和之の作品を探し求めている方が急増しています。

世間で話題になれば、瀧下和之の作品についての査定や問い合わせなどの数が増えます。

タイミングが合えば、高価買取になる可能性が高まります。

瀧下和之の作品は、美術品としての価値ももちろん十分です。

それを裏付けるように、これまでも安定した多数の売買実績があります。

日本を代表する若手の画家である瀧下和之は、国内外を含めて世界中に多くのファンがいることがわかっています。

初めて査定を行うと、その人気の高さや価値の高さに驚くことになるでしょう。

本記事では、瀧下和之の経歴や作品の特徴を中心に、瀧下和之の作品の査定・買取価格の目安や作品の価値について詳しくご紹介していきます。

すでに瀧下和之に興味のある方はもちろん、瀧下和之の作品をこれから真剣に集めたい、と考えている方にとっても有益となる情報提供を行います。

瀧下和之とは

瀧下和之は、熊本県出身の日本の画家です。

1975年に生まれ、東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業した後、2001年には東京藝術大学大学院の中島千波研究室を修了しました。

瀧下和之は、東京藝大卒業後の2005年になると、本格的に画業に専念するようになっていきます。

出身地である熊本県だけではなく、東京都内なども含めて、日本全国で個展開催を継続して行っています。

また、同時にグループ展やアートフェアなどにも参加しており、他のファンの方が瀧下和之の作品を偶然目にする機会もあります。

2007年からは、日本から海外への展開を進め、ニューヨークやマイアミなどで開催されている各種アートフェアや展覧会などに作品を意欲的に出展しています。

今現在もその人気や知名度などは衰えることを知らず、海外からも注目されている日本の若手作家として知られています。

瀧下和之の特徴的な作風といえば、鬼をモチーフにしたユニークな作品を数多く手掛けている点です。

そのポップで愛嬌のある絵柄は、彼のファンではない方でも、一目すれば瀧下和之の作品であることがわかるほど、オリジナリティに溢れています。

また、絵画だけではなく、最近流行のフィギュアの分野でも大活躍していることから、若者からも絶大な支持を得ています。もちろん、若者だけではなく、幅広い年齢層からの人気もあることから、今後の動きや活躍などには大変な注目が集まっています。

瀧下和之は、日本水彩展での入賞、東山魁夷記念日経日本画大賞での入選などを経験しており、実績も豊富で、実力も兼ね備えています。

瀧下和之の経歴

瀧下和之は熊本県生まれ

瀧下和之は、1975年に熊本県中央町( 現 : 美里町 )に生まれました。

熊本県立第二高校 美術科に入学し、美術を学んで卒業した後、上京して美術系の大学を目指しました。

その結果、東京藝術大学に進学でき、1999年に同大学美術学部デザイン科を卒業しました。

2001年には東京藝術大学大学院の中島千波研究室を修了しました。

東京藝大卒業後は画業に専念

瀧下和之は、東京藝大卒業後の2005年になると、本格的に画業に専念するようになり、瀧下和之作品展を開催しました。

出身地である熊本県を始め、東京都内などの多くの人が集まる都心部などを含めて、日本全国での個展開催を継続して行っています。

併せて、グループ展やアートフェアなどにも意欲的に参加しています。

2004年には、熊本県美里町の町章のデザインにも採用されました。

瀧下和之の作風

瀧下和之の特徴的な作風といえば、鬼をモチーフにしたユニークな絵画作品を数多く手掛けている点です。

瀧下和之といえば、「鬼」シリーズだ、というぐらいファンの間では浸透しています。

そのポップで愛嬌のある絵柄は、彼のファンではない方でも、一目すれば瀧下和之の作品であることがわかるほど、オリジナリティに溢れています。

瀧下和之の場合は、通常の絵画作品のように絵の具を下地(キャンバスやボード等)に描くスタイルではなく、パネルに彫刻を施しつつ多彩な表現を試みている点が他とは異なり、非常に優れている点です。

それは、絵画と木彫を融合させた彼独自の技法といってもよいのかもしれません。

素材が本来持つ立体感の上に、日本画的にした独特の対象物をあえて平面調にして描くというミスマッチから偶然に生み出された制作手法が、より洗練された雰囲気を醸成しているといってもいいでしょう。

また、デザイン化された鬼たちを見ると、老若男女問わず、誰もが親しみやすくなるような印象があります。限定部数入りのフィギュアや版画は、制作すればほとんどが完売するほどの人気の高さを誇ります。

こうした状況からすると、瀧下和之の人気の高さは間違いのないものとなっていますので、今後も期待される人気作家の一人としてメディア等に取り上げられることが多くなるでしょう。

また、絵画だけではなく、最近流行のフィギュアの分野でも大活躍していることから、若者からも絶大な支持を得ています。

もちろん、若者だけではなく、幅広い年齢層からの人気もあることから、瀧下和之の作品に興味のある方は、今後の動きや活躍などには目を離すことなく注目しておいたほうがいいでしょう。

瀧下和之の作品

「風神雷神」や「桃太郎図シリーズ」が人気です。

桃太郎図 鬼ヶ島で鬼退治(リトグラフ)

富獄風神雷神図(シルクスクリーン)

みる鬼きく鬼いう鬼 (エッチング)

九谷焼 色絵金彩 鬼に金棒。 買取価格30万円

赤鬼 買取価格4万5千円

青鬼 買取価格4万5千円

パネルに彫刻刀で彫られた独特の線描とアクリル絵具による斬新な作品の多くは、メナード美術館(愛知)、成川美術館(箱根)、熊本市現代美術館などの全国の美術館にも展示収蔵されています。

瀧下和之の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報として紹介します。

瀧下和之を鑑定するうえで、共通の高価買取のポイントとして知られているのが「描き込み具合」だと言われています。

瀧下和之の多くの作品には「引き算の美学」の考え方が作品を制作するうえで浸透していると言われており、無駄なものはほぼ描かれていません。

そのため、背景が全くない作品よりも、桜などの描き込みがあると高価買取される確率が高くなります。

ただし、高額査定の決め手となるのは、結局のところ作品全体のバランスが重視されることになるでしょう。

これまでの買取実績を見ると、絵画作品としては、数十万円台になるものがほとんどです。

まれに100万円を超えるような査定がつくこともあります。

フィギュアになると、数万円台〜10万円以上といったお値段がつきます。

絵画作品もフィギュア作品も、サイズが大きくなればなるほど評価額が高くなる傾向があります。

最終的にはサイズ・構図・モチーフ・コンディション等により具体的な買取時の評価が決定されています。あくまでも参考数値として認識しておいてください。

また、絵画とは別に、絵本・ぬいぐるみ・カルタなどのグッズの販売、過去には故・横綱千代の富士やタカラジェンヌとのコラボなども展開していますので、瀧下和之の作品に触れる機会も多いといえるでしょう。

瀧下和之の作品は、日本を始め、世界中でも高い評価を受けています。

所有している作品があれば、タイミングを見て鑑定・査定を依頼して現在価値を知ることが必要です。

瀧下和之もまだ若手の注目画家であることから、これからもますます高い価値がつく可能性があります。

瀧下和之の作品は査定・売却は可能なのか

ここまでで瀧下和之の主な経歴や作品の特徴についてご紹介してまいりました。

ここからはすでに瀧下和之の作品をお持ちの方や、これから所有を検討している方に向けての高値査定や売却のポイントについてご紹介していきます。

作品の発売直後は売却ポイント

美術品等の査定買取を希望する場合は、その作品や作家の知名度が高ければ高いほど査定買取も高くなることを知っておいてください。

そして、発売直後の作品は、メディアで取り上げられる機会も増えます。

そのため、認知度や注目度が一気に高まって、査定額が大幅にアップします。

瀧下和之のような世界中から高い評価を集めるようなアーティストなら、さらに高額査定となります。

過去に手掛けた作品でも、その状態が綺麗でなおかつ発売直後の状態を維持していれば、予想を超える査定結果が出ることがあります。

メディアで注目されたときの考え方

人気芸能人や海外セレブがアーティストの作品やグッズを愛用していて、さりげなく紹介することがあります。

すると「突然人気が急上昇」するといった現象が起こることがあります。

過去にトレンドとなった作品をお持ちなら、発売からかなりの時間が経過していても、逆に再評価され、査定額アップの要因となって、高額査定となることもあります。

瀧下和之のような世界的に評価の高いアーティストなら、すでにオークションでの落札結果も出ています。

作品の売却を検討する場合は、過去の売却情報や各方面での情報に敏感になってください。

こまめにメディアやニュースなどをチェックしながら、高値売却の時期を見極めましょう。

瀧下和之の作品は、作家が直接手掛けた作品の数が少なく、大量に出回ることはありません。希少価値の高い作品も多く、間違いなく高価買取されていますのでご安心ください。

しかし、作品のサイズや作品の内容、仕上がり具合などによっても買取金額は大きく変わります。

もし、瀧下和之作品の売却をご検討されているなら、ぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、瀧下和之の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点について詳しくご紹介してまいりました。

「瀧下和之」は、国内外で高い評価のある現代アーティストです。

作品の種類や数も豊富で、味わいや深みもあり、知名度も抜群です。

これから瀧下和之の良質の作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、瀧下和之の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事