2023.11.22

清水規とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、査定買取で失敗しないための大切な情報!

Category

作家名

Tags

清水規(しみず のり)は、東京生まれの日本画家です。

現在も第一線で活躍する貴重な日本画家として有名で、国内でも海外でも高い評価を得ています。

これまで制作してきた清水規の作品は、どの作品も高値で査定・買取されています。

清水規の作品の大きな特徴は、作家独自の繊細な筆致と緻密な描写によって、色鮮やかな色彩をうまく使いながら「日本の美」を表現している点です。

モチーフになっているのは、日本でもごく普通に見られる自然の風景や寺院などです。

清水規の作品は、作品の数も種類も豊富であることから、メディアでも取り上げられる機会が多くなっています。

自身も「日本一数多くの作品をこの世に残すこと」を目標に掲げ、毎年コンスタントに全国各地での個展を開催しています。

このような理由から、これからも清水規の新しい作品は次々と生み出され、注目され続けるアーティストの一人といってもいいでしょう。

清水規の作品を探している方も、もちろんたくさんいらっしゃいます。

世間で話題になることも多く、多くの作品が高価査定で買い取りされています。

安定した多数の売買実績はありますが、美術品としての価値が大変高く、所有することにも大きな意義があります。

日本を代表する日本画家である清水規には、国内外を含めて世界中に熱心なファンがいます。

初めて査定を依頼すると、作品の真の価値に気づき、その評価額の高さに驚かれることでしょう。

本記事では、清水規の経歴や作品の特徴を中心に、清水規の作品の査定・買取価格の目安や作品の価値についてご紹介していきます。

すでに清水規に興味のある方はもちろん、初めて清水規の作品を集めることになった、といった方にとっても有益となる情報を提供していきます。

清水規とは

清水規(しみず のり)は、東京生まれの現代日本画家です。

20代で初の個展を開催して以降、精力的に活動を続ける活動的な日本画家です。

これまで制作してきた数多くの作品を見ても、どの作品も秀逸なものばかりとなっており、名作の数々を世に送り出してきた日本画家です。

清水規は、画家デビュー前の頃は、横山大観らの古い作品を修復する仕事に就いていました。

その後、画家としてデビューした、という経歴となっています。

まだ若いながらも現在に至るまで、東京をはじめ日本全国各地で個展を開催しており、一般の方でも作品を鑑賞する機会の多い画家であるといえるでしょう。

特に日本の「風景画」を得意とする気鋭の日本画家として、常に多くの人からの注目を集めています。

清水規の経歴

清水規は東京生まれの現代日本画家

清水規は、1962年に東京都文京区目白台に生まれました。

3歳までは、祖母のいる埼玉県大里郡妻沼町で育ちました。

美術学校と絵の修復

清水規は、東京池袋にある創形美術学校に入学し美術や絵画について学びます。

美術学校卒業後は、絵画保存研究所に就職しました。

絵画保存研究所に勤務しながら、横山大観や横山操などの作品の修復を手掛けていました。

また、同時に自身の作品制作にも励んでおり、初の個展を銀座松屋にて開催しました。

自身のアトリエでの制作活動

清水規は、自身のアトリエでの制作活動を開始するため、埼玉県秩父市にアトリエを構えました。

アトリエで制作活動に集中的に専念しながら、数多くの作品を生み出し、自身の個展で披露しています。

現在は、東京都練馬区にアトリエを移して、制作活動に専念しています。

現代日本画壇を牽引する若い担い手へ

清水規は、2005年には長野県善光寺「戸隠雪景」四曲半双屏風を奉納するなど、若いながらも現代日本画壇を牽引する若い担い手となっています。

そして、現在も精力的に作品を生み出し、世に送り出しています。

清水規の作風とは?

清水規の作風といえば、鮮やかで力強い色彩ながら、緻密で繊細な筆致をもって日本でよく見かけるような自然の風景や日本を象徴する寺院などを描き上げている点が大きな特徴です。

作家自身は「日本一数多くの作品を世に残すこと」を目標に掲げていることから、毎年全国各地での個展を開催することが通例となっています。

主に、写実的な日本画を得意としていますので、現在のトレンドと非常に相性が良い作家だと言われています。

モチーフには日本の風景や寺院などが多くなっていますが、あくまでも優しいタッチと色合いで描かれています。

清水規の場合は、バブル期の評価に比べると、現在の市場評価は落ち着いてます。

昔の相場を知っている方からすると、今は少し厳しい評価になっていますが、「バブル期」の評価とは比較するべきではないでしょう。

清水規の作品

清水規の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報としてご紹介します。

清水規が描く日本画の評価額は、おおよそ250,000円前後での買取価格になっています。

清水規が制作する日本画を買い取りに出した場合の価格は、査定した場所によって大きく異なります。

そのため、どこで売却するか、といった問題は、絵画の売却において大変重要なポイントとなるでしょう。

一定の買取相場を知りたい場合は、買取店では業界オークションの取引相場を特に重視して、買取価格を決定しているため、これまでの公開アートオークションでの落札結果などが参考価格になることがあります。

もちろん、同じ絵画でも流行や時代によって評価は大きく異なりますので、査定や鑑定は気になったときや売却前には必ず行う必要があります。

「寺院」「富士」は清水規のファンにも大変人気がありますので、高価買取になりやすい傾向があります。

清水規には根強いファンが多数存在することから、人気の作品によって査定額が大きく異なります。

現物をしっかりと確認し、作品の現在のコンディション等を含めてチェックし、評価額が決まっています。

また、作品の奥行きをしっかりと感じることができる直筆作品は、大量に流通できないために評価が高くつき、高価買取につながることが多くなっています。

特に版画作品の原画は、高価買取できる可能性があります。

ただし、印刷によるシルクスクリーンやリトグラフに関しては、買取価格がかなり下がってしまいます。

清水規の作品は、日本を代表する画家による作品であることから、世界中でも高い評価を受けています。

作家の知名度も加味すると、作品によってはさらに高い評価が与えられるケースもあります。

清水規の作品の査定・売却は可能なのか

ここまでで日本画家・清水規の経歴や作品の主な特徴についてご紹介いたしました。

ここからはすでに清水規の作品を所有してる方や、これから真剣に所有を検討している方に向けて、高値査定や売却のポイントについてご紹介していきます。

作品の発売直後で高値がつく可能性

美術品等の査定買取額を大きく左右するのは、その作品や作家の知名度です。

知名度が高ければ高いほど、査定買取も高くなる関係です。

発売直後の作品は、大々的にメディアで取り上げられる機会も増えます。

そのため、認知度や注目度が作品や作家にかなり集まります。

一時的に査定額が大幅にアップする可能性が高くなり、それが高値売却のチャンスになっています。

清水規といえば、知名度も抜群で、世界中からも高い評価を集めている優れたアーティストの一人です。

過去に本人が直接手掛けた作品を所有している場合は、状態が綺麗かつ発売直後の状態のままであれば、想像以上の高い査定結果が出ます。

メディアで注目されるとチャンスが広がる理由

人気芸能人や海外セレブが画家やアーティストの作品やグッズを愛用していることがさりげなく公表されることがあります。

こうした情報がファンや熱心なコレクターに伝わり、「突然人気が上昇する」といった現象が起こることがあります。

少し前とは違い、ネットやテレビなどのメディアを使った情報提供では、爆発的に情報が拡大することがありますので、高値売却できるチャンスが訪れることがあります。

また、過去にトレンドとなった作品なら、発売から長期間経過していた場合でも、再び人気が出て、再度注目され、多くの人が再評価するため、高額査定になることがあります。

清水規はまだ若い日本画家でありながらも、すでに世界的に高く評価されています。

彼の作品の売却を検討する場合も同様に、各方面での情報に敏感になることが重要です。

メディアやニュースなどで関連情報をしっかりとチェックしながら、売却の時期をご自身でも見極める必要があるでしょう。

アートオークションなどを検討している場合は、人気のある作家や作品が数多く出品されているため、落札価格も高額になることが多く、参加者全員にその結果もわかります。

熱心な特定のファンがいるような作品なら、アートオークションで高額落札される可能性が高いといえるでしょう。

清水規の作品は、アートオークションでもしっかりと高額で落札されています。

また、オークションの結果が買取価格にも影響することがありますので、参考にするためにも過去の落札結果の流れを追って様子を見る必要があるでしょう。

作品のサイズや作品のモチーフ、技法、仕上がり具合などによっても、査定して買取する場合は、その価格が作品ごとに大きく異なります。

また、買取の場合は、最新の市場価格などと比較してその価格が低いようなら、交渉で値段を上げてもらえる可能性もあります。

こうした理由から、清水規作品の売却をご検討の際にはぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、清水規の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点について詳しくご紹介してきました。

「清水規」は、多数の作品を意欲的に制作して公開しています。

そのため、国内外での高い評価があり、日本画界を牽引する若手アーティストとしての知名度も持ち合わせています。

これから清水規の良質の作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、清水規の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事