2023.11.26

TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、査定買取に関するお役立ち情報です

Category

作家名

Tags

TIDE(タイド)(旧 IDETATSUHIRO(イデタツヒロ))といえば、ネコをモチーフとしたユニークなキャラクターを描き、リアルとバーチャルが同居した幻想的な景色を展開している現代アーティストです。

多くの人の目に留まりやすい愛らしいネコを描いていることから、若い人にも高い人気がありますが、美術的にも高い評価があり、国内でも海外でも認知されています。

これまで制作してきた作品も、高値で査定・買取されています。

TIDE(タイド)の作品の大きな特徴といえば、ネコをモチーフとした愛らしいキャラクターを前面に押し出しながらも、二次元の「生きもの」と三次元の「もの」で画面を構成している点です。

作品の細部に目を凝らして見ると、相当高い技術で描かれていることがわかっていきます。

例えば、ワンストロークで描いた美しいアウトラインや、スプレーを用いた質感のある塗装など、多様なペイントテクニックを駆使して生み出されるモノクロ世界は、層が厚くて奥行きがあるため、リアルとバーチャルが同居したような幻想的な景色を展開しています。

TIDE(タイド)の作品は、現代のアートシーンでも特に注目を集めています。メディアでも取り上げられる機会が多いだけではなく、その才能などもきちんと世界的に認められており、有名人やアーティスト、セレブたちも夢中にさせています。

現在も作風は進化しながら、新しい作品が生み出されており、これからも注目され続ける現代アーティストの一人です。

TIDE(タイド)の作品を探し求めている方が大変増えているのも事実です。

彼の作品はアートオークションにて超高額で落札されたことがあるからです。

その情報が美術にはあまり縁のない一般の人の耳にも入っており、彼の作品は高価査定・買取になる可能性が高いということがわかっています。

バブル時期のような高額な値段がつくこともありますが、彼の作品は美術品としての価値も高いために、その価値は相場に関係なく、将来的にも安定しているといってもいいでしょう。

TIDE(タイド)は、国内外を含めて世界中に多くのファンがいるため、査定を行うと、彼の作品を探している方が多いことに気づき、その人気の高さに驚かされます。

本記事では、TIDE(タイド)の経歴や作品の特徴を中心に、TIDE(タイド)の作品の査定・買取価格の目安や作品の価値についてご紹介します。

すでにTIDE(タイド)に興味のある方はもちろん、これからTIDE(タイド)の作品を集めたい、と考えている方にとっても有益な情報を提供していきます。

TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)とは

TIDE(タイド)は、1984年生まれの現代アーティストです。

20代前半に滞在していたオーストラリアで漫画家・歴史家で有名な水木しげる氏の作品に出会い、独学で絵を描き始めました。

2009年に東京に戻った後は、現代アーティストとしての活動を本格化させます。

当初は点描画をはじめとした鉛筆画を中心に制作をしていました。

一貫してモノクロームの世界を描き続けてきたことが知られています。

以降、表現力の高い絵画的アプローチに目覚めた結果、スケール感のあるキャンバス上での実験を続けながら、水彩絵の具やアクリル絵の具などを駆使した新技法を模索し、徐々にレパートリーを増やしつつ、現在の制作スタイルに至っています。

TIDE(タイド)は、一つのキャンバス上で2次元と3次元のモチーフを絶妙な関係で組み合わせながら、彼の子供時代の原風景やノスタルジアといった普遍的なテーマを混在させて、独自の絵画世界を確立した作品を公開しています。

TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)の経歴

TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)は1984年生まれ

TIDE(タイド)は、1984年生まれです。

オーストラリア滞在時に好んで読んでいた水木しげるの漫画に着想を得てアーティストとしての制作活動を始めました。

東京を拠点に絵描きを始める

TIDE(タイド)は、2009年頃から、東京を拠点に絵描きのキャリアをスタートさせています。

当初は、TIDE(タイド)ではなく、IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)名義で活動を開始していました。

国内外でのアートシーンで活躍中!

TIDE(タイド)は、東京を拠点にしながら、多くの作品を生み出してきました。今現在も、ロンドン、ニューヨークなどでのグループ展を数多く手掛けつつ、意欲的に自分の作品を発表しています。

2009年頃から、モノクロの作品を描き続けていましたが、近年はモノクロのネコをモチーフとした愛らしいユニークな作品が増えており、国内外問わず人気となっています。

年々国内外での活躍が耳に入ることが多くなっており、その知名度の高さもさることながら、作品そのものにも高い評価が与えられています。

IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)からTIDE(タイド)に名義変更

現代アーティストのIDETATSUHIRO(イデタツヒロ)がTIDE(タイド)に名義変更をしたのはつい最近のことです。

TIDE(タイド)への名義変更後に行われた東京原宿での個展では、「DEBUT」という意味合いのネーミングがつけられ、新たなスタートを切っています。

ちなみに、TIDE(タイド)は、作品の後ろにつけている自分のサインのことです。海外ではなぜか「TIDE」の認知度が高いため、ネーミングもそれに合わせて変更し、今後はTIDE(タイド)として日本だけではなく、世界中で活躍を続ける予定です。

 

TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)の作風

TIDE(タイド)の作品の代表的なモチーフといえば、近年作品によく取り上げられるようになった「ネコ」といえるでしょう。

彼の作風の大きな特徴は、昔自らがよく見ていたアニメーションのように、背景はリアル(3次元)にこだわり、キャラクターはフラット(2次元)にしていきたい、という考えからスタートしている点が大きなポイントです。

不思議な雰囲気を出すために、スプレーや多様なペイントテクニックを駆使し製作されています。

寝室の布量の多いふわふわとしたところに、なぜかフラットなキャラクターがいるようなイメージがふと思い浮かんで、今の作風に至ったそうです。

ネコはいくつかモチーフがあった中から選んだ1つです。

最初はネコのぬいぐるみから描き始めて、それをフラットな状態にして、今のキャラクターに仕上げています。

しばらくはネコをモチーフにした作品を描いていくということです。

今後はネコ以外のキャラクターの作品も描いていくことが予想され、これからも新しいキャラクターや作風が生まれる可能性があり、作風の幅の広がりが楽しみです。

昔懐かしいアニメーションのようなフラットな作風は、TIDE(タイド)が家族と暮らしていた子供時代の原風景が影響しています。

つぶらな瞳で何となく憂鬱な表情をしている平面的な猫がモノクロの世界でノスタルジックな雰囲気を感じさせてくれます。

一言でいえば、リアルとバーチャルが混在したような世界観だといえるでしょう。

TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)の作品

TIDE(タイド)の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報として紹介します。

  • nap 買取価格 25万円
  • SLEEPLESS CAT 買取価格 100万円
  • GIFT ソフトビニールフィギュア 買取価格 60万円
  • CAT 1 買取価格 150万円

現代アーティストのTIDE(タイド)と聞いて、最初に挙げられるのが超高額で作品が落札された出来事です。関係者にはもはや大事件として認識されています。

この出来事は、証券会社のSBIが主催するライブ配信型オークションにおいて、「TWO OF US」が4,400万円という驚きの価格で落札されたことです。

普段アートシーンにはあまり注目していない一般人の間ですら話題に挙がるほどでした。

また、グラミー賞を何度も受賞している米ラッパー、カニエ・ウェストなどとコラボレーションし、世界での自らの存在価値を証明しています。

TIDE(タイド)と同様に、その作品は高騰し、最高落札価格は16億円に上ります。オークションが実施された2008年当時には大きな話題となりました。

TIDE(タイド)の作品は、世界中で高い評価を受けており、作品の価値も相当なものです。

これからもますます高い価値がつけられるであろう素晴らしい現代アーティストです。

TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)の作品は査定・売却は可能なのか

ここまででTIDE(タイド)の経歴や作品の特徴についてご紹介いたしました。

ここからはすでにTIDE(タイド)の作品を所有している方やこれからの所有を検討している方に向けて、高値査定や売却のポイントについてご紹介します。

作品の発売直後

美術品等の査定買取は、その作品や作家の知名度が高ければ高いほど、査定買取も当然ながら高くなります。

発売直後の作品の場合は、メディアで取り上げられる機会も増えます。

一時的に認知度や注目度が高まると、査定額がアップすることがあります。

TIDE(タイド)はすでに世界中から高い評価を集めるアーティストです。

過去に手掛けた作品を所有している場合は、状態が綺麗かつ発売直後の状態のままなら、しっかりと査定を行うと、かなりよい査定結果が出ます。

メディアで注目されるとチャンス

人気芸能人や海外セレブがアーティストの作品やグッズを愛用していることがSNSで公開されると、「突然注目される」ことがあります。

過去にトレンドとなった作品は、発売から長期間経っていたとしても、再度注目が集まって見直され高額査定になることがあります。

TIDE(タイド)は、世界的に評価の高い魅力的な現代アーティストです。

作品の売却を検討する場合は、こまめにメディアやニュースなどをチェックしてください。売却の時期のヒントを見つけることが出来るでしょう。

TIDE(タイド)の作品は、本人が手掛けた作品の数が少なく、超有名なアートオークションでなければお目にかかれないような希少価値の高い作品ばかりです。

もちろん、作品のサイズや作品の内容によっても買取金額は大きく異なりますが、TIDE(タイド)の作品をお持ちで売却をご検討の際にはぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、TIDE(タイド)IDETATSUHIRO(イデタツヒロ)の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点について詳しくご紹介しました。

「TIDE(タイド)は、すでに国内外での高い評価があり、現代アーティストとしての知名度も十分にあります。

これからTIDE(タイド)の良質な作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、TIDE(タイド)の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事