2023.11.26

武田鉄平とは?これまでの経歴や主な作品の特徴、高額査定買取に関する大切な情報をお知らせします!

Category

作家名

Tags

武田鉄平(たけだ てっぺい)は、山形県生まれの日本の画家です。

まだ比較的若い画家ですが、特徴ある抽象的な肖像画を数多く描いており、国内でも海外でも高い評価を受けています。

また、これまで制作してきた作品も高値で査定・買取されています。

武田鉄平の作品の大きな特徴といえば、独自の制作手法による抽象的な肖像画が大変有名です。

武田鉄平の作品は近年制作された作品が多いため、メディアで取り上げられ出したのもつい最近のことです。

アーティストとしてのスタートは少し遅めですが、まだ若いアーティストであることから、新しい作品が続々と登場し、これからも注目され続けるであろうアーティストの一人です。

そして、武田鉄平の優れた作品を探している方が増えてきています。

世間で話題になれば、高価査定がつきやすくなります。

美術品としての価値も高いため、これから多くの作品が取引されていくことでしょう。

日本を代表する現代アーティストになった武田鉄平は、国内外を問わずその名が知られるようになってきています。

査定をする度に、その価値が高くなっていることが実感できるはずです。

本記事では、武田鉄平の経歴や作品の特徴を中心に、武田鉄平の作品の査定・買取価格の目安や作品の価値についてご紹介します。

すでに武田鉄平に興味のある方はもちろん、これから武田鉄平の作品を集めたい、と考えている方にとっても有益な情報を提供していきます。

武田鉄平とは

武田鉄平は、1978年山形県生まれの画家、現代アーティストです。

幼少期よりアートに取り憑かれ、唯一無二の絵描きを目指すことを決意していました。

その後山形から上京し美術大学にて絵を学びます。試行錯誤を続けるもののなかなか注目されてきませんでした。しかし絵描きの道を地道に進み、諦めずに活動していました。

武蔵野美大出身の武田鉄平でしたが、故郷山形に戻る必要があり、家業を続けながら、約10年間ほとんど社会と接する機会を持たずに、自らのアートを追求し続ける期間が続きました。

武田鉄平は、この引きこもりのような期間を無駄にはしませんでした。

その間、吸収した膨大なアートのレファレンスを糧に、類い稀なセンスを発揮し、満を持して2013年より現在の独自の手法で制作を始めることができました。

アートを始めるのに年齢は関係ありませんが、37歳という遅いデビューになってしまいました。

そして、故郷山形での多目的アートスペースでの個展を開催することになります。

現代のコミュニケーションツールSNSなどを最大限に活用できたおかげで、世間からも大きな注目を集めることになり、2019年には自身の作品集の出版、東京での初個展開催と大成功につながることになりました。

武田鉄平の経歴

武田鉄平は山形県に生まれる

武田鉄平は、1978年に山形県で生まれました。

幼少期よりアートに取り憑かれ、唯一無二の絵描きを目指すことを決意していました。

美大でデザインを学ぶ

武田鉄平は、上京して武蔵野美術大学に入学し、2001年に視覚伝達デザイン学科を卒業しています。

卒業後はサイトウマコトデザイン室に入社しました。

美術大学で学びましたが、試行錯誤を続けたものの注目されることなく、絵描きの道を地道に進み、諦めずに活動していました。

2003年からフランスにも一時的に滞在しています。

武蔵野美大出身の武田鉄平でしたが、故郷山形に戻る必要があり、家業を続けながら、約10年間ほとんど社会と接する機会を持たずに、自らのアートを追求し続けました。

学び直しの期間

武田鉄平は、2005年に東北芸術工科大学に入学します。

今度はデザインではなく、樹脂や木工を学ぶことになります。

芸術や美術への道を諦めることなく、地元を拠点に学を深め、作品の制作活動を続けます。

その間、吸収した膨大なアートのレファレンスを糧に、類い稀なセンスを発揮し、満を持して2013年より現在の独自の手法で自身の作品の制作を始めることができました。

抽象的な肖像画を制作し始める

武田鉄平の作品に多い抽象的な肖像画は、2013年頃から制作を開始したものが多く、かなり特徴が際立った作風となっています。

個展の開催

2016年には、山形にて個展、2019年には東京にて、個展「Paintings of Painting」を開催しました。

故郷山形での多目的アートスペースで個展を開催しています。

現代のコミュニケーションツールSNSなどを利用できたおかげで、世間からも大きな注目を集めることになり、2019年には自身の作品集の出版、東京での初個展開催と大成功につながることになりました。

作品集の装丁は、ファビアン・バロンが担当しました。

武田鉄平の作風

武田鉄平の作風といえば、かろうじてそれが顔であることはわかるものの、よく見てもあまり読みとれないような表情をしている抽象的な肖像画です。

一見すると、短時間で適当に描かれたような印象を受けますが、実物をよく見てみると、非常に精緻に描かれていることがわかり、丁寧で質感もしっかりとした作品ばかりです。

武田鉄平の制作方法といえば、同じイメージの下絵を20〜50枚ほど描くことから始めます。

その中でひとつだけ「絵」として自身が認めたものを作品の「主題」に選び、描かれた絵を主題として再び絵にしていくという独自の制作方法です。

1枚の絵の制作期間はなんと1年にも渡り、丹念に仕上げられた作品は、鮮やかな色彩を持ち、なおかつフラットでありながらも絵具の質感やストロークの痕跡が感じられる優れた表現力が大きな特徴です。

まるで時間の流れをも取り込んで制作されているかのような繊細な筆の動きや独特の質感などに高い人気が集まっています。

武田鉄平の作品

「絵画のための絵画を描く」をテーマに、シリーズ「Painting of Painting」作品の人気が高くなっています。

絵画のための習作などもあります。こちらは、「顔」は、もはや「俺」でも「おまえ」でも「誰か」でもなく、「絵画」になりたがっているといった意味があります。

絵画とは、絵を描くとは、といった根源的な問いを投げかけた話題の作品です。

武田鉄平の買取価格情報の一部が公開されていましたので参考情報として紹介します。

絵画のための絵画 012 見積価格150〜250万円(アートオークションでは4,830万円の落札価格がついたこともある作品です)

武田鉄平の作品は、主に油彩、アクリルで描かれています。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため、間違いなく評価が高くなり、高価買取が期待できます。

オリジナル作品は大量に出てこないことから、これからもますます高い価値がつくでしょう。

武田鉄平の作品は査定・売却は可能なのか

ここまでで武田鉄平の経歴や作品の特徴について詳しくご紹介いたしました。

ここからはすでに武田鉄平の作品を所有している方やこれから所有することを検討している方に向けて、高値査定や売却のポイントについての重要な情報をお伝えしていきます。

作品の発売直後

美術品等の査定買取を行う場合は、原則としてその作品や作家の知名度が高ければ高いほど、査定買取も高くなるといった傾向があります。

発売直後の作品の場合は、一時的ではありますが、メディアで取り上げられる機会が増え、認知度や注目度が高まるため、査定額が大幅にアップして買取できる場合があります。

武田鉄平は、近年注目されるようになった現代アーティストです。世界中からも注目されており、高い評価を集めているアーティストの一人になりました。

人気作品ではない場合でも、過去に手掛けた作品を所有しているなら、状態が綺麗かつ発売直後の状態のままであれば、期待以上の高い査定結果になることもあります。

メディアで注目されるとチャンス

人気芸能人や海外セレブがアーティストの作品やグッズを愛用しているといった情報は、SNSが浸透した現代では、非常に重要な広告の場となります。

こうした情報が流れると、「突然人気が急上昇する」可能性もあります。

また、過去にトレンドとなった作品を所有している場合や発売から長期間経過していて価値がないと思われる作品であっても、再度注目が集まる機会があれば、高額査定になることがありますのでご注意ください。

武田鉄平は、最近知られるようになった現代アーティストですが、日本でも有名になりつつあり、今後も評価が高くなると予想されている魅力的なアーティストの一人です。

武田鉄平の作品の売却を検討する場合は、各方面での情報に敏感になることが重要です。

日々流れてくるメディアのニュースなどをしっかりチェックしていると、売却の時期もわかるようになるでしょう。

武田鉄平の作品は、最近になって知名度が上昇し、人気作品の数がまだ少ないことから、評価もバラバラです。価値を見誤って安値で手放すことのないようにご注意ください。

すでに超有名なアートオークションでも高値で落札されている実績があることから、確実に高価買取になることが予想できるからです。

作品のサイズや作品の内容によっても買取金額は大きく異なりますが、武田鉄平作品の売却をご検討の際にはぜひ弊社にもお声掛けください。

まとめ

本記事では、武田鉄平の経歴や作品の特徴、その作品の査定価格の目安と売却時の注意点について詳しくご紹介してまいりました。

「武田鉄平」は、まだ世間に知られてから間もないアーティストですが、国内外の両方において高い評価が与えられており、今後登場する作品が大変期待されています。

これから武田鉄平の良質な作品を集めようと考えている方も、別のアーティストの作品が欲しくなって手放そうと考えている方も、武田鉄平の作品を査定・売却したい方は、ぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事