2023.11.26

ハビア・カジェハの経歴や作品及び、査定買取について解説

Category

作家名

Tags

ハビア・カジェハの生い立ち

アーティストのハビア・カジェハ(Javier Calleja)は、スペインのマラガ出身であることが確認できました。彼は1971年に生まれ、12歳から25歳まで器械体操でオリンピックを目指していたようです。マラガは彼の生まれ故郷で、彼のアートのキャリアの基盤となった場所です。

彼はスペインのマラガ出身で、その後アーティストとしての道を選びました。

カジェハは体育大学を卒業後にグラナダにある芸術大学に通うことになるのですが、両替所で働いて、2つの大学の学費を捻出していたそうです。

25歳位まではアーティストになることは考えに入れていなかったようなのですが、子供の頃から絵が好きで、絵は描いていたようなのですが、アーティストなど売れなければ食べていけないという考えがあったようで、絵の才能を認められつつも、本業にしようとは考えていなかったようです。

ですが、体操選手として25歳まで過ごしたときに、第二の人生を考えたら、得意なアートを勉強し直して、芸術家としてのキャリアを積んでいこうと決めたのだそうです。

今の作風になった経緯は、詳しいことは語られてはいませんが、当時のスペインではマンガ的な作風は受け入れられなかったらしく、違った作風を模索していたようですが、先人たちが道を切り開いてくれたこともあり、昔から好きだった作風である、コミックのキャラクターのような作風の作品を作るという路線に戻したのだといいます。

そうして、彼の愛らしいキャラクターたちが世界に生み出されていくことになったわけです。

彼の作品はとても愛らしく、特徴的なその目や大きな頭のキャラクターは、愛らしいだけではなく、ユーモラスな構図で描かれていることも多く、一見すると奇妙に見える作品も多くありますが、全てに漂う優しい作風が、とても可愛らしい作品に仕上げています。

体操選手であったという彼の経歴から、その素晴らしい体格から想像できないほど可愛らしい作品に、世界中のアートファンが魅了される日もそう遠いことではないかもしれません。

ハビア・カジェハのミッキーマウスへのリスペクト

ミッキーマウスはさまざまな現代アーティストの作家がリスペクト作品を発表しています。

ハビア・カジェハもそういったミッキーマウスファンの一人です。

彼はミッキーマウスをモチーフにして、多くの作品を発表しています。

エディションプリントなどを多く発表しています。

エディションプリントとは、エディション=版、バージョンのことで、同じ製品でも構成や改変された第何版、バージョンいくつといったような意味で、同じものを違ったバージョンで表している、といった意味に使われるものです。

つまり、ハビア・カジェハバージョンのミッキーマウスを発表しているということですが、世界の著名アーティストが、そのアーティストのバージョンのミッキーマウスを発表しているのです。

ハビア・カジェハもその一人です。

ハビア・カジェハの今後の作品の展望

潤んだ大きな瞳が特徴の、彼の作品は、スペイン国内で人気を博し、2017年の香港AISHONANZUKAギャラリーでの個展以降スペインや北米だけではなく、アジアの各地でも人気を博し、幅広い世界のアートファンを魅了して、人気を広めています。

ドローペイントから大型の立体作品などを手掛けている彼の作品は、とても愛らしいキャラクターですが、どうやって創造されているのか彼の思考から繰り出されるミラクルに、次回作への期待も高まります。ハビアの優しくポップな作品の裏にはどんなメッセージがあるのか、彼の作品を見ていると、深みのあるメッセージ性が垣間見えて、とても奥深い作品であると思えてきます。

今後どういった作品展開をやっていくのか、非常に興味のあるアーティストです。

ハビア・カジェハの作品の査定、売却は可能なのか

ハビア・カジェハの作品は、日本でもかなり人気のある作品ですから、様々な方法で買い取りをしてくれる買取店がたくさん存在します。

LINEで無料査定をやっている買取店もあります。

ネットでのカンタン査定でも、高額な査定額を提示してくれるお店も多数あり、そのアート性の高さに対する評価が高まっていることがわかります。

買取情報を掲載している買取専門店も存在しますから、参考にすることができます。

ハビア・カジェハの作品の買取価格相場

ハビア・カジェハの作品は、小型のものから大きなものまで様々な大きさの作品が存在しています。大きさだけが作品の値段を左右するわけではないのですが、大きなものは高額で取引されることも多いようです。

ハビア・カジェハの作品は3万円台から取引されていますので、売りたい場合は、少しでも汚れや傷、ほつれなどがないことを確認して、できるだけきれいな状態ならば、買取価格も高額になる可能性があります。もっとも、作品そのものの人気もありますから、小型作品でも高額なものが多く存在します。とても特徴的な愛らしい目が人気のキャラクター作品ですが、その中でも人気の作品がありますので、買取専門店などの査定を調べてから売却するのが良いでしょう。ハビア・カジェハの人気は上がっていますから、少し待てば値段も上がるかもしれませんので、売却を考えているのであれば、その時の時価をよく調べてからにしたほうが良さそうです。

1円でも高額に買い取ってもらう秘訣は、作品に傷や汚れがないか確認することです。

修正後があったり、改変してあれば作品としての価値も落ちてしまいますから、そのようなものがあった場合には、買い取り価格が下がってしまう場合もあります。

ハビア・カジェハの場合には、絵画ばかりではなく、小さなキャラクター作品もありますから、お子様がおもちゃとして扱ってしまい、傷が残ってしまったときなどは、買取に差が出てくることになります。

買い取ってもらう目的であれば、保管場所をしっかりしておかなければなりません。

材質によっては経年劣化で日焼けが残ってしまうこともありますから、保管には気を付けていないと、査定で高額な判定が出て来ないことがあります。

作品のコンセプト

ハビア・カジェハの作品は、大きな目が特徴的な、印象深いキャラクターが登場するものです。

日常的に起こりうるさまざまな出来事に対して、驚きとユーモアに満ちた作品を提示し続けるアーティストです。

ハビア・カジェハの作品は、色彩の変化やキャラクターの細部に到るまで繊細なアートに満ちた作品群です。

ハビア・カジェハの新作個展「NO ART HERE」(ここにアートはない)というコンセプトは自虐的な冗談ともとれるものですが、このセージによってカジェハの作品が深いアート作品として認知されているといったメッセージのトリックが仕掛けられていて、カジェハの感性の一端が感じられるものです。

カジェハのことを完璧に理解することは難しいでしょうが、作品や展開される個展に注目することで、カジェハの作品から、そのメッセージを理解して行く楽しみが深まっていきます。

カジェハの作品は大変奥が深いものです。

制作期間

ハビア・カジェハはスペイン出身のアーティストです。

元オリンピック選手という、少し変わった経歴のアーティストです。

小さい頃から絵を描くのが好きだったようで、スペインの有名なマンガ家である漫画家フランシスコ・イバニェス・タラヴェラの作品を真似るところからスタートしたとコメントしています。

ただ、12歳から25歳までは器械体操の競技でオリンピックを目指すという生活のために、生まれ故郷のマラガを離れバルセロナに住んでいました。

この頃から、体操よりもアートの才能があるといわれ続けていたと、コメントしています。

若い頃は、アートなんてお金にならない、食べていけないと思っていたらしく、オリンピック競技に集中していたようです。

ですが、25歳になったとき、体操しか無い人生ではいけないとの不安もあり、セカンドキャリアとしてのアート作家人生をスタートさせたそうです。

美術大学に通うために両替所で7年間働き、学費を稼いだようです。

現在のような作風になったのは、試行錯誤の末に、本当に自分の書きたかったことは初期の頃のマンガ的なものであったということに立ち返り、今の作風を確立したようです。

カジェハはさまざまな先人達から刺激を受けて、今の作風を確立していったようです。

まとめ

ハビア・カジェハの作品に触れていると、楽しい子供の頃にかえってしまったような感覚に浸ることができます。

キャラクターの愛らしい目つきや、独特な雰囲気のキャラクター作品は、見るものを魅了して、目にした瞬間からアートの世界に引き込まれていくのがわかると思います。

オリンピックの体操選手からアーティストに転身するという異色の経歴からも、彼の独特な世界観が形成されていった経緯が覗ける気がしますが、まだ彼の活動が明らかになっていない部分もあり、経歴が調べ切れていない所も有りますが、今後の作品や個展活動に注目していきたいアーティストであると言えます。

独特な癒し系のキャラクターは人気が高く、買い取り価格も今後の活動次第ではありますが、ますますアップして行くことが期待できます。

売却を考えておられるのであれば、実際に査定を受けてみてから買い取ってくれるお店を選ぶことができますので、査定だけでも受けてみることをお薦めいたします。

無料査定も気軽に応じてくれる買い取り専門店も多数存在しますから、どこで買い取ってもらうかは、しっかり選ばなければ、損をしてしまうことになりかねないので、買い取り店の選択は大切です。

ハビア・カジェハの作品の人気に期待するところです。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事