2023.11.29

アンティーク家具の引き取りは可能?買取も可能なのか

Category

アンティーク家具

Tags

「アンティーク家具の引き取りをしてもらいたい」「アンティーク家具って買取も可能なのか」などと思っている人も多いでしょう。アンティーク家具は人気があって需要がある家具です。ただ、アンティーク家具もいろいろありますので、買取が可能なのか、引き取りなのかを知っておくのがおすすめです。どんなアンティーク家具ならば引き取り可能なのか、買取が可能なのかを参考にしてください。

アンティーク家具とは

一般的にアンティーク家具とは、アメリカの関税基準では100年以上経っているものを言います。そして、100年以内のものを厳密にはヴィンテージ家具と呼びます。しかし、日本ではそれほど古くなくても、アンティーク調で趣のある古い家具をアンティーク家具と呼ぶことも多い傾向です。また、アンティーク家具が好きな人は多く、「歴史のある家具を置きたい」「人気のある歴史のあるブランドの家具を置きたい」「味わいのある家具を置きたい」といった人が多いため、需要が高いのが特徴です。日本や中国などのアジアの古い家具もアンティーク家具として、味わいのある家具が人気のものもありますので、どんな家具が人気なのか知っておくことが大切です。

アンティーク家具の需要と引き取りや買取について

アンティーク家具を持っていて処分したい場合に、引き取りが可能なのか、買取でも可能なのかが気になります。素人ではその判断がなかなかわからないことが多いのがアンティーク家具です。一般的に次のようなアンティーク家具の需要が高く、引き取りが可能で、高く買取をしてもらえる可能性のある家具です。 イギリスアンティーク家具

  • フランスアンティーク家具
  • 北欧ヴィンテージ家具
  • アメリカヴィンテージ家具
  • 和製アンティーク家具
  • 西洋などの洋風のアンティーク家具は歴史のあるものが多く、人気のブランドもあるために引き取りの需要も高い傾向です。また、日本のアンティーク家具も、味わいがあるために需要が高く、引き取りだけでなく、買取が可能となっています。これらのアンティーク家具を持っている場合は、引き取りが可能、買取も可能なことを念頭に置いておいてください。

    アンティーク家具の特徴

    アンティーク家具を引き取りや買取に出す場合に、アンティーク家具の特徴をよく理解しておくといいでしょう。アンティーク家具の特徴としては、次のような内容が挙げられます。 ウォールナット材やチーク材、オーク材やローズウッド材、マホガニー材などの貴重な高級天然木で作られたもの

  • 日本の家具の場合には、ケヤキ材、唐木材、屋久杉材、黒柿材などで作られたもの
  • 職人の手作業による細かな装飾や細工が施されているもの
  • 新しい家具でも古い味わいがあるように加工されたもの
  • アンティーク家具としての魅力は、今では貴重な高級天然木材使用など

    アンティーク家具の特徴としては、貴重な高級天然木が使われていて貴重ということがあります。天然木材は経年変化で味わいが出てくるのも魅力と言えます。100年経っている家具などは美しい艶のある色合いなどが魅力となるでしょう。また、アンティーク家具は、それぞれの制作地によってどんな素材が使われているのかも異なりますので、それぞれに味わいが異なるのも魅力です。

    デザイン性の良さや細かな装飾や細工

    アンティーク家具の良さは、その時代の特徴を表すデザイン性の良さ、職人の手作業による細かな装飾や細工にあります。手作りならではの魅力があるアンティーク家具が多くなっています。今では珍しい、その時代のデザインが貴重で、ブランド家具は特に人気です。また、それほど古い家具でなくてもアンティークな雰囲気に加工された家具はデザイン性に優れているため、引き取りや買取の需要も高くなっています。

    アンティーク家具の引き取りや買取がしてもらいやすい家具とは

    アンティーク家具の引き取りや買取がしてもらいやすい家具についても紹介します。どんな家具が実際に引き取りや買取が可能なのか、需要があるのかを知っておくことが必要です。西洋アンティーク家具と日本のアンティーク家具についても詳しく紹介しますので、参考にしてください。

    西洋のアンティーク家具の方が需要が高い

    アンティーク家具としては、西洋のアンティーク家具を置きたいという需要が高く、古い西洋家具を持っている場合は、引き取りもしくは買取がしてもらえる可能性が高くなっています。一方、アジアのアンティーク家具は需要が低く、例えば一枚板の豪華な座卓などや衝立などは、豪華ですが、洋風の家が増えたため、家になじみにくい場合や大きすぎて置けない場合もあり、需要が低い可能性があります。「大きくて引き取ってもらえない、買取ができない」という場合があるでしょう。高く買い取ってもらえる場合もリサイクルショップで4万円以下が相場となっています。西洋アンティーク家具の引き取りや買取については、家具の種類によって異なりますので、紹介します。

    キャビネットや食器棚

    キャビネットや食器棚は、長持ちするため古くて装飾が豪華でデザインが凝っているものは需要が高くなっています。また、天然木材のものも高く引き取りや買取が可能です。・サイドボード凝ったデザインや装飾、細工がされているものが多いために高く引き取りもしくは買取がしてもらえます。特に有名ブランドや職人の手作りの場合には高くなるでしょう。

    ライティングデスク・テーブル

    需要は少ないのですが、流通も少ないため、持っている場合は引き取りや買取を依頼してみてください。デザインものやブランドもの、天然木などは価値があります。ただし、状態が悪いものは低い値段での引き取りになります。また、ダイニングテーブルは、需要があるために引き取りや買取もしてもらえるでしょう。

    チェア

    デザインブランドのチェアなどは、高く引き取りや買取してもらえる可能性があり、セットで出すと高く引き取りや買取をしてもらいやすい傾向です。

    ドレッサー

    デザイン性に優れたものやブランドのものは、引き取りや買取も可能です。ただし、使用感があり状態が悪い場合も多いため、あまり高い引き取りが難しい可能性もあります。

    日本のアンティーク家具を持っている場合

    アンティーク家具としては、日本のアンティーク家具を持っている場合も多いでしょう。昔から家で使ってきたアンティーク家具や保管されているアンティーク家具を処分する場合、引き取りか買取かを迷う場合が多いです。日本の古い家具、アンティーク調の家具としては、主に江戸時代、明治時代、大正時代、昭和初期頃に作られたもののことを言います。和ダンスや文机、座卓などは日本的な和の魅力のある家具と言えます。大正ロマンと言われる家具や昭和レトロな家具も趣があって人気です。和製アンティーク家具も細かな装飾や細工が施されているものは引き取りや買取も可能となることが多いでしょう。和ダンスで言えば、佐渡箪笥、仙台箪笥、庄内箪笥、二本松箪笥などが歴史のある箪笥として高評価されています。

    アンティーク家具を引き取りか買取か迷う場合

    需要の高いアンティーク家具について紹介しましたが、アンティーク家具を引き取りか買取か迷う場合は、まず一度アンティーク家具の買取専門業者に見てもらうのがおすすめです。多くの場合、自分ではよく判断がつかないことが多いため、できれば次のことを自分でも調べてみるのが一つの方法です。家具の素材

  • ブランド名
  • 制作年
  • 制作地
  • 作者名
  • 家具の素材やブランド名、制作年や制作地、作者名などを見ておくといいでしょう。しかし、実際にはそれでも自分では引き取りか買取の判断がなかなかつかないでしょう。実際にアンティーク家具の買取専門業者に見てもらうよう依頼するのがおすすめです。その上で、引き取りや買取が難しい場合は、他の引き取り業者に依頼してみるといいでしょう。リサイクルショップや一般の家具買取専門店などに買取してもらう方法があります。アンティーク家具の処分に迷う場合は、次の順に依頼してみると高額で買取をしてもらえておすすめです。そして買取が難しい場合は、ゴミとして有料で引き取りを依頼することができます。
  • アンティーク家具買取専門業者に見積もりを依頼
  • リサイクルショップまたは一般の家具買取専門店に見積もりを依頼
  • 住んでいる地域の粗大ゴミに引き取りを依頼
  • アンティーク家具の引き取り依頼方法

    買取が難しい場合には、自治体に粗大ゴミとして出せるように依頼しますが、その依頼方法についても紹介します。ゴミとして引き取りを依頼する場合は、住んでいる地域の自治体に電話をして、有料で廃棄します。粗大ゴミとしての引き取り費用は、家具の大きさによって異なりますので、サイズを知らせて費用を教えてもらうといいでしょう。引き取り依頼の手順としては自治体によって異なりますが、次を参考にしてください。

  • 住んでいる地域の「粗大ゴミ受付センター」などに電話やインターネットで家具の引き取り予約を連絡する
  • 家具のサイズを伝え、引き取り費用を聞く
  • 費用に応じて有料ゴミの処理券をコンビニで購入
  • 購入した処理券に受付番号などを明記し、家具に貼り付ける
  • 引き取りを予約した日の朝までに、指定のごみ収集集場所に自分で家具を出す
  • 引き取りを依頼する場合は、自分で家具をゴミとして出す必要がありますので、大きな家具の場合は大変ですが、これらの手続きを踏んで処理してください。

    まとめ

    アンティーク家具を処分する際に、引き取りが可能なのか、買取が可能なのかについて紹介しました。アンティーク家具の特徴を紹介しましたので、該当する場合は引き取りもしくは高額買取を依頼してみるといいでしょう。家具の素材、ブランド名、制作年、制作地、作者名などによって高額買取となる場合もあります。自分では判断付かないことが多いために、アンティーク家具の引き取りや買取はアンティーク家具買取に詳しい専門業者に依頼するのがおすすめの方法です。アンティーク家具の引き取りや買取に実績のある会社ならば、正当な値段で買い取ってくれます。ぜひ、紹介したアンティーク家具の魅力をよく知った上で、引き取りや買取について検討されることをおすすめします。そして、アンティーク家具のことでしたら、まずお気軽に弊社にお問い合わせ頂ければと思います。

    この記事をシェアする

    Category

    Tags

    この記事をシェアする

    あなたにおすすめの記事

    人気記事