2023.12.05

象牙印鑑の買取価格について調査!高価買取のためのポイントも解説!

Category

象牙

Tags

みなさまは象牙印鑑をお持ちではありませんか。

もしお手元に象牙印鑑があり、売却をお考えの場合、

  • 象牙印鑑の買取価格はいくら?
  • 象牙印鑑を高価買取してもらう方法は?
  • 象牙印鑑の査定時のポイントは?

などの疑問をお持ちではありませんか。

今回は、象牙印鑑の買取価格と、高価買取のためのポイントについて紹介します。

また、象牙印鑑がどういうものか知らない方のためにも、わかりやすく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

象牙とは

まず、象牙とはどのようなものか解説します。

象牙は文字通り、動物の象の牙のことで、材質の美しさも相まって、古くから芸術分野や工芸品、製造業において広く用いられてきました。

しかしながら、アフリカゾウやアジアゾウなどは絶滅危惧種に認定されており、野生動物保護の観点から流通量も限られ、無加工の一本牙や全形を保つものの買取の際には、必要書類の提出が義務付けられています。

象牙印鑑の買取相場

本項目では、象牙印鑑の買取相場について解説します。

象牙印鑑の買取相場は、使用部位や状態によって変動します。

象牙印鑑の買取で重要なポイントは重量で、重さがあるほど、買取価格も高額になります。

象牙印鑑は重量が軽いため、高価買取になりにくい場合が多いですが、何本か査定に出すことで高価買取につながるでしょう。

しかし、象牙印鑑の買取を検討する上で熟知する点は、象牙の売買が気軽にできなくなる可能性があることです。

現在は、象の生態系保護の観点から、外国との象牙の輸入・輸出が禁止されているため、日本では個人で長く所有している象牙を「押し入れ象牙」と呼び、市場を循環させています。

象牙製品は、オークション・フリマアプリでの出品および売買が禁止されており、買取業者へ売却する際にも、あらかじめ「特定国際種事業者」として登録を受けた業者でなければ売却できません。

象牙の買取が可能な市場自体が縮小傾向にあるため、今後も相場の伸びは期待できないでしょう。

希少価値が評価され、高く売れるうちに買取査定に出すことをおすすめします。

以下より、使用部位ごとの買取相場を解説しますので、参考にしてみてください。

外皮層〜中皮層部位

象牙印鑑は、最低ランクの外皮層部位を用いた印鑑でも、使用素材が象牙のため、耐久性が高く、印鑑としての機能面も優れています。

また、印鑑の素材で有名な黒水牛の象牙が高級品と再確認できるでしょう。

高級品「芯持」

象牙は、中心部に近い部位ほどランクが高くなり「芯持」と呼ばれます。

ランクが高い理由は、希少性と耐久性の高さにあり、1本の象牙から切り出せる量が少なく、耐久性に優れる点です。

一般的には、実印や銀行印、認印などに用いられます。

最高級品「日輪」

「日輪」は象牙印鑑の中で最高級品に位置しています。

最高級品に位置する理由として、他の部位とは異なる切り出し方法を用いることです。

通常の象牙印鑑は、象牙の表皮の模様に沿って縦に切り出しますが「日輪」の場合は、象牙の模様に対して横に切り出します。

横に切り出すことで、光の輪のような模様が、幾重にも広がって見えるのが特徴的です。

「日輪」も他の部位同様、大きさによって値段が異なりますが、小さいサイズでも高値で取引されます。

一般的には、実印や銀行印として用いられます。

高価買取される象牙印鑑の特徴

本項目では、高価買取が期待できる象牙印鑑の特徴を紹介します。

サイズが大きい

象牙製品は、重量で価値が決まるため、印鑑の場合もサイズの大きさや重量がポイントです。

1本あたりのサイズが小さい場合でも、10本以上所持しているなどの場合は、まとめて買取価格が付くことも多いため、高価買取が期待できます。

「芯持」の象牙印鑑

象牙の部位と切り出し方によって買取価格は変動します。

象牙は中心部分に近いほど目が細かく、密度が高い傾向にあり、耐久性にも優れているため高額になりやすいです。

象牙の中心部分を使った印鑑は「芯持」と呼ばれ、買取相場もやや高額になります。

「日輪」の象牙印鑑

象牙には木の年輪のような輪模様があり、通常の象牙印鑑は、象牙の表皮の模様に沿って縦に切り出すため、輪模様は作れません。

しかし「日輪」の場合、象牙の模様に対して横に切り出すため、光の輪のような模様が、幾重にも広がって見えるのが特徴的です。

模様の美しさや機能面も優れることから、高価買取となる可能性が高いでしょう。

付属品がある

査定の際には、印鑑と一緒に「印鑑ケース」などの付属品も一緒に提出することをおすすめします。

象牙印鑑の場合、印鑑ケースもワニ革などの高級な素材を使っている場合も多いため、付属品も一緒に査定に出す方が高価買取に繋がる可能性が高いです。

装飾が施されている

日本の象牙印鑑ではなく、中国骨董や篆刻用などの象牙印鑑の中には、彫刻や彫りなどの装飾が入っているものがあります。

施された装飾は、骨董品の価値を掴む手掛かりとなるため、メールやLINE査定で写真を送付する際は、必ず撮影しましょう。

査定の結果、貴重な中国骨董の象牙印鑑と判明した場合、骨董品としての価値が考慮されるため象牙本来の価格にプラスした買取価格になる場合があります。

本物である

言うまでもなく、本物の象牙で作られた印鑑であることは重要なポイントです。

象牙製品は特に高額で取引されるため、中にはプラスチック製などの偽物も存在します。

しかし、象牙の偽物にはかなり精巧に製作されたものが多く、専門の鑑定員でなければ真贋の判断が困難です。

また、象牙以外にも「くじらの歯」などは、買取価格のつく素材のため査定は専門の査定員に任せるのが賢明でしょう。

象牙印鑑の高価買取のポイント

本項目では、象牙印鑑の高価買取ポイントに関して紹介します。

綺麗な状態で買取に出す

象牙印鑑は綺麗な状態で買取に出しましょう。

汚れた状態では、査定時のマイナスポイントになりやすいです。

高価買取を目指すのであれば、できる限りこまめに手入れをして、綺麗な状態で買取に出しましょう。

早めに買取に出す

象牙印鑑の売却を決めた場合は、製品の状態が悪くなる前に早めに買取に出しましょう。

象牙製品は、象の生態系保護の観点から、買取市場が縮小しつつあります。

お手元の象牙印鑑の市場価値が下がらないうちに、売却を決めたら早めに買取に出しましょう。

複数の買取業者に依頼する

同じ象牙印鑑でも、買取業者により買取価格は異なります。

複数の買取業者に査定依頼し、高額の買取価格を提示した買取業者に売却する方法が効果的です。

現代では、店頭査定だけでなく、出張査定やメール・LINEを使用した査定などさまざまな方法があるため、複数の買取業者を利用しましょう。

象牙買取の注意点

本項目では、象牙買取時の注意点について解説します。

他の骨董品と異なり、象牙は野生動物の身体の一部です。

生態系保護の観点から、買取に関する項目が厳重に規定されているため、象牙本体や象牙印鑑を含む関連製品の売却の際には注意しましょう。

象牙の売買には登録証が必要

全形を保持した象牙の売買には、専用の登録証が必要です。

全形を保持した象牙とは、一本牙と形がわかる象牙を指し、買取が制限されています。

印鑑に装飾が施されていても、全形を保持した象牙と判断されれば買取はできません。

そこで、登録証があれば全形を保持した象牙でも売却が可能です。

「象牙のアクセサリー」や「象牙の彫刻」など、全形を保持していない象牙の買取に関する記載はないため、売却は問題ありません。

大掛かりな細工が施されており、全形の保持を自身で判断しかねる場合は、買取業者に写真を送って判断してもらうと良いでしょう。

ただし、象牙製品はオークション・フリマアプリなどでの売買が禁止されていますので、出品しないよう注意が必要です。

登録証の申請方法

一本牙の象牙を買取に出す際、自然環境保護センターに登録証を申請する必要があります。

申請書を作成する前に、

  1. 申請する象牙が本物かどうか
  2. 合法的に取得した象牙であるか
  3. 象牙の形状

を確認しましょう。

登録申請が可能な象牙は本物のみとなります。

偽物の象牙を登録したり、入手経緯を偽って登録した場合には、共に5年以下の懲役又は500万円以下の罰金、又はこれらの併科を科せられる場合があるため注意しましょう。

また、本物の可否に関しても、必ず本人が確認する必要があります。

他人に預け、本人の代わりに登録申請を行う行為も、預けた側や送付した側が上記刑罰の対象となりますので注意が必要です。

自身で象牙の形状判定が難しい場合は、自然環境保護センターへ問い合わせましょう。

象牙印鑑の買取手段

本項目では、象牙印鑑を売るための手段について解説します。

買取手段として、

  • 出張鑑定
  • 店頭鑑定
  • 電話鑑定
  • 写真鑑定
  • 宅配買取
  • メール・ライン鑑定

などが一般的です。

各項目に関して解説します。

 

出張鑑定

 

出張鑑定は、買取業者の鑑定士が、直接自宅に訪問して査定・買取を行う方法です。

自分の都合に合わせて日程を組めるため、店舗が遠方にある場合でも問題ありません。

また、買取を希望する品物以外のものも、ついでに査定・買取してもらえるため、不要な品物も用意しておくと良いでしょう。

店頭鑑定

店頭鑑定は、自ら店舗に行き、店頭で査定・買取をしてもらいます。

店舗が居住地の近くにある場合や、車での移動が可能な場合におすすめです。

しかし、自ら品物を運ぶ必要があるため、移動中の破損などには注意しましょう。

万が一、移動中の破損が心配という方は、その他の買取方法を検討してください。

電話鑑定

電話鑑定は、電話で鑑定してもらう方法で、過去のデータや市場価格などを参考にし、大まかな買取価格を把握できます。

実物を確認しないため、買取価格は市場価格などを参考にしたものとなりますが、おおよその買取価格が知りたい場合や売却するか迷っている際には、効果的な方法です。

 

写真鑑定

写真鑑定は、スマホの写真を用いて鑑定する鑑定方法で、撮った写真を鑑定業社のメールアドレスに送信することで、専門家による鑑定を行います。

鑑定には数日かかることもありますが、実物の写真があるため、より詳しい買取価格がわかるでしょう。

宅配鑑定

宅配鑑定は、査定・買取を希望する品物を梱包し、宅配業者を経由して買取業者に鑑定してもらう方法です。

スケジュール的に忙しく、出張鑑定や店頭鑑定が利用できないという方や、たとえ出張鑑定だとしても自宅に見ず知らずの人間を入れたくない方におすすめします。

しかし、輸送中の破損などを防ぐため、事前に十分に梱包作業を行いましょう。

もし心配であれば、写真鑑定や電話鑑定を利用するのも手段の一つです。

 

メール・LINE鑑定

買取業者によってはメールやSNSサービスのLINEを用いた鑑定が可能です。

買取業者のアカウントを友だち登録後、買取を希望する品物の写真と詳細をメッセージで送信しましょう。

 

 

まとめ

象牙印鑑には、

  • 外皮層〜中皮層
  • 芯持
  • 日輪

の3種類あり、象牙の中心部へ向かうほど高値で取引されることがわかりました。

高価買取の査定ポイントは、

  • サイズが大きい
  • 「芯持」の象牙印鑑
  • 「日輪」の象牙印鑑
  • 付属品がある
  • 本物である
  • 装飾が施されている

などの項目です。

また、象牙は生態系保護の観点から、一本牙の買取規制がされており、買取市場も縮小しつつあります。

お手元に象牙印鑑があり、売却を考えている場合には、早めに買取査定を受けることがおすすめです。

買取査定を受ける際には、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事