2024.01.24

刀剣は高価買取可能?基本と買取方法を解説!

Category

刀剣

Tags

蔵に眠っている刀剣の買取をしてもらいたいけど、具体的にどんな方法があるのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、刀剣の買取に必要なものや買取相場、高く売れる刀剣のポイント、買取方法の種類、買取業者選びのコツなどについて解説していきます。

刀剣の買取について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

刀剣には登録証がセット

現代の日本で刀剣を所持したり売買する場合には、鉄砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)により鉄砲刀剣類登録証(登録証)が必須です。

登録証がない刀剣は買取業者に買取ってもらえないので、まず自分の持っている刀剣の正しい登録証が手元にあるか確認してください。

登録証は必ず原本が必要で、複写の登録証しかなかった場合は再交付の手続きをします。

また、せっかく登録証が見つかっても、別の刀剣のものや登録時に測定ミスがあったり、銘文の書き間違いなどがある場合があります。

登録証に記載された刀剣の長さや反り、銘文、目釘穴の数などが現物の刀剣と一致しているか念入りに確認してください。

登録証がなかった場合の手続き方法

遺品整理などをしていて刀剣を発見した時に、鉄砲刀剣類登録証の原本が一緒に見つからなかった場合は再発行の手続きが必要です。

登録証がない状態で刀剣を持っていると、法律違反となる可能性があります。

刀剣を発見してもし登録証がなかったら、近くの警察署に電話をして警察の指示に従いましょう。警察署で遺失物届を受け取り、刀剣の登録をしていた都道府県の教育委員会、または都道府県庁へ連絡し、手続きを進めます。

登録が不明なもの・確認できないものは再交付の対象とはなりませんので、新規での発行依頼となります。

登録証の再交付の手数料は3,500円、登録証を新規で発行する時は6,300円が必要です。

刀剣の買取相場

刀剣は美術品としての価値が高いものも多くあり、骨董品市場では高価買取の対象です。

種類によって数千万円になる刀剣もあります。

特に鑑定書付きの刀剣の買取相場は高くなります。

下記金額が買取金額の目安となるので参考にしてみてください。

・特別重要刀剣 5,000,000~10,000,000円以上

・重要刀剣 1,000,000~5,000,000円

・特別保存刀剣 300,000~3,000,000円

・保存刀剣 100,000~1,000,000円

また、有名な作家による刀剣も高い買取金額になります。

買取価格の例は下記の通りです。

・相州正宗 5000万円

・江義弘 2500万円

・藤四郎吉光 1500万円

・千子村正 1500万円

・長曽弥虎徹興里 3500万円

・山浦清麿 5000万円

刀剣が高く売れるポイント

高い買取金額で売れる刀剣にはポイントがあります。

鑑定士が見ている査定ポイントを詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

保存状態の良さ

刀剣は他の骨董品と同様に保存状態が良いものは査定金額が高くなります。

刀剣に疵(きず)や錆(さび)があるかどうかはチェック項目となっています。

錆や疵がないキレイな状態の刀剣は高価買取の対象ですが、錆や疵があったとしても場合によっては味と評価され、買取金額に影響しないこともあります。

所持している刀剣に錆や疵あっても売るのを諦めずに、まずは査定へ出してみるのがおすすめです。

刀装具が付属しているか

刀装具が付属している刀剣は、査定価格が高くなります。

刀装具とは、拵(こしらえ)に付属しており、刀剣を美しく装飾しているものを指します。

良質な刀剣の刀装具は、刀装具だけであっても十分に価値があるので、刀装具のみをお持ちの方も査定に出してみるのがおすすめです。

刀装具の主な種類は下記の通りになります。

・鞘(さや) 刀本体の刀身を納める

・柄(つか) 刀剣を持つ時に、茎(なかご)を内部に納める

・鍔(つば) 柄を握っている時に手が、刀身へ滑ってしまわないようにする

・目貫(めぬき) 柄の中央部位の表裏にある小さな金具

・小柄(こづか) 鞘へ付けられた緊急用の武器の小刀

・笄(こうがい) 鞘に付けられている身だしなみを整えるための小道具

鑑定書があるか

鑑定書のある刀剣は、査定では有利になるので高価買取が期待できます。

刀剣の鑑定書は、国の指定する国宝・重要文化財・重要美術品と公益財団法人 日本美術刀剣保存協会が指定する特別重要刀剣・重要刀剣・特別保存刀剣・保存刀剣のことです。

刀剣に鑑定書が付いていない場合は、有料ですが公益財団法人 日本美術刀剣保存協会へ審査を申請できます。

業物かどうか

刀剣が業物(わざもの)であった場合も高価買取になります。

業物とは、切れ味が優れている日本刀を指し、業良き物を意味しています。

刀剣は武器として使用されていたものでもあり、切れ味の鋭さは重要な指標であり、非常に注目されてきたのです。

江戸幕府御用の試刀家だった山田浅右衛門(やまだあさえもん)により、切れ味を認められた刀剣は、懐宝剣尺(かいほうけんじゃく)や古今鍛冶備考(ここんかじびこう)という書物へ業物として記載されています。

おすすめはオンライン査定

刀剣を買取依頼する前に、手軽にできる画像のオンライン査定を活用するのもおすすめです。

オンライン査定は、メール査定やLINE査定などがあります。

どちらも刀剣の写真を送るだけで、目安の査定金額を知ることができてとても便利です。

メール査定は、スマートフォンなどで撮影した刀剣の画像を、メールフォームへ添付して買取業者に送ります。

LINE査定は、まずは買取業者のLINEアカウントを登録して、その後に撮影した画像を送ります。

買取依頼することを前提としている買取業者もあるため、刀剣を売る気持ちがまったくない場合は注意してください。

刀剣の買取方法

刀剣を買取業者に買取ってもらう方法は主に3つです

買取方法にはそれぞれ特徴があるので、詳しく解説していきます。

実際に刀剣を買取に出す時の参考にしてみてください。

店頭買取

店頭買取は、直接お店に刀剣を持ち込み、その場で査定してもらって完了できるシンプルな方法です。

家の近くに買取業者がある方や、刀剣の本数が少なかったり、刀剣の長さが持ち運びやすいものを所持している方におすすめです。

買取店舗の実際の雰囲気や、店舗スタッフの様子を自分の目で確認できるため安心感があります。

買取業者によって店頭買取は予約制の場合があるため、連絡をせず来店しても後日の査定・買取となってしまうケースもあるので気を付けてください。

刀剣を店舗に持って行く時は、刀の登録証や刀装具、身分証明書、印鑑をしっかり準備して行きましょう。

鑑定士に査定してもらい提示された査定価格に納得できた場合、その場で現金を受け取れます。

宅配買取

宅配買取とは、買取業者から送られてきた刀剣専用の箱へ刀剣を入れて送るだけで買取依頼ができるのでとても便利です。

刀剣をどのように梱包して発送すれば良いのか不安に思う方もいるかもしれませんが、買取業者が刀剣に適した梱包資材を用意してくれるので安心です。

刀剣を入れる箱には、登録証や刀装具、身分証明書のコピー、ある場合は鑑定書を忘れずに入れて送るようにしましょう。

買取業者のほとんどが、着払いの手数料無料で刀剣を査定してくれます。

しかし、登録証に不備などがあると、諸経費を自己負担しなければならない可能性があるので注意してください。

業者から詳しく査定結果を聞いた後、納得した場合は査定された金額を受け取ることができます。

買取キャンセルを希望する場合の返送料についても事前に確認しておきましょう。

出張買取

出張買取とは、自宅の玄関先まで買取業者が訪問してくれる便利なサービスです。

売りたい刀剣の本数が多い方や、長い刀剣で持ち運びにくくて困っている方などにおすすめの買取方法です。

注意点としては、出張エリアが限定されている事が多いので、自分の家が出張してもらえるエリアの範囲なのか確認する必要があります。

出張買取の手順としては、まず買取業者にホームページのお問い合わせフォームか電話で連絡をして訪問日時を確定させます。

約束した訪問日時に買取業者が玄関先まで来てくれるため、あらかじめ必要書類や刀剣を用意して待ちましょう。

目の前で刀剣を査定をしてもらい、提示された査定金額に自分が納得できたらその場で支払いまで完了できます。

納得のいく査定結果ではなかった場合キャンセルもできるので安心してください。

買取業者選びのコツ

刀剣の買取依頼をする時は、買取業者選びがとても大切です。

より良い買取業者に刀剣を少しでも高く買取ってもらうために、買取業者選びのコツについて2つ解説していきます。

買取実績があるか

刀剣の買取業者を選ぶ時は、ホームページを確認して刀剣の買取実績がある業者を選ぶのがおすすめです。鑑定士がいない場合などは、査定を受け付けてくれないでしょう。

また、刀剣は贋物が多く存在するため、買取実績の少ない鑑定士が鑑定すると、贋物との見分けがつかなかったり、相応しい価格で買取ってもらえないことがあります。

複数の店舗で査定してもらう

買取業者を選ぶ時は、複数の業者で査定してもらうようにしましょう。

刀剣の買取に力を入れている店舗だと査定価格が高くなったり、刀剣の在庫状況で買取金額が変わってくる可能性があります。

また、買取業者に在籍している鑑定士の知識量によって買取金額も異なるので、一つの買取業者の査定で買取を決めてしまうのはもったいないです。

少なくとも2つ以上の買取業者に査定依頼しましょう。

まとめ

今回は、刀剣の買取依頼をしたい方に向けて、刀剣を買取に出す時に必要な書類や高く売れる刀剣のポイント、買取方法、買取業者選びのコツなどについて詳しく解説してきました。

刀剣の買取には、鉄砲刀剣類登録証が必須になるので、まずは正しい登録証が手元にあるか確認してください。

刀剣の買取実績がある複数の買取業者に刀剣を査定してもらい、大事な刀剣をぜひ高く買取ってもらってください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事