2024.01.24

版画の売却方法について 買取相場や査定ポイントを徹底解説!

Category

版画

Tags

本記事をご覧のみなさまは、版画の売却をお考えのことでしょう。

しかし、

  • 版画はどこに売却すればいいの?
  • 買取相場はどれくらい?
  • 査定のポイントは?

などの疑問をお持ちではないでしょうか。

今回は、版画の売却方法を中心に、買取相場や査定ポイントに関して解説します。

これから版画の売却を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

各種売却方法のメリット・デメリット

本項目では、各種売却方法のメリットやデメリットについて解説します。

版画の売却方法の例は以下の通りです。

  • 版画専門業者
  • オークションサイトやフリマサイト

版画専門業者の利用

専門業者の利用では以下の買取方法が選択できます。

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 店頭買取

また、上記の方法以外にもメールやLINEでの査定を行っている業者もあるため、遠方からでも気軽に利用可能です。

版画専門業者を利用するメリットとして、プロの専門的な目線で適切な査定評価を行える点です。流通状況や相場などの専門知識を把握しているため、より市場価値に基づいた買取を行えます。

デメリットは「専門店」のため店舗数が少ないことや、悪徳な業者を選択した場合は強引な買取などで騙されるケースもあります。

ただし店舗数の少なさに関しては、現在は出張買取や宅配買取のサービスが充実しているため、デメリットがカバーされているといえるでしょう。

出張買取

出張買取は直接自宅に訪問して買取を行う方法です。

主なメリットやデメリットは以下の表の通りです。

メリットデメリット
・予定など融通が効きやすい ・時間の有効活用、掛かる時間の短縮 ・出張費用は基本的に無料 ・即日対応可能な業者が多い ・版画以外のものも一緒に買取に出せる ・査定後はその場で換金できる・出張買取に未対応の地域がある

買取専門店は基本的に限られた地域で営業を行っているため、極端に遠い地域への出張が難しい場合があります。

しかし、買取量や品目によっては遠方への出張が可能な場合もあるため、まずは店舗へ連絡してみましょう。

宅配買取

宅配買取は、宅配サービスを利用して買取を行う方法です。

主なメリットやデメリットは以下の表の通りです。

メリットデメリット
・日本全国どこでも対応可能 ・基本的に着払いのため送料の負担がない ・梱包キットを用意してもらえる・査定に時間がかかる ・交通状況にも左右される  

比較的便利なサービスですが、天候などによっては交通状況が乱れる場合もあります。

そのため、店舗への到着が遅れると査定結果が出るのも時間がかかります。

査定結果を早めに知りたい場合には、メール査定などを受けるのがいいでしょう。

店頭買取

店頭買取は、自ら店頭へ赴いて買取を依頼する方法です。

主なメリットやデメリットは以下の表の通りです。

メリットデメリット
・査定員に直接話を聞ける ・ある程度の価格交渉が可能 ・店舗や担当者の様子が確認できる・店舗が遠方にある場合は移動が大変

オークションサイトやフリマアプリの利用

インターネットやスマートフォンの普及に伴い、近年ではオークションサイトやフリマアプリでの買取も頻繁に行われるようになりました。

主なメリットやデメリットは以下の表の通りです。

 メリットデメリット
オークションサイト・ネット上で売却できる ・店舗へ行く手間が省ける ・自分の好きな時に売却できる ・人気アイテムは価格競争で高額になる可能性も・出品に時間がかかる ・落札金額に納得がいかなくてもキャンセル不可  
フリマアプリ・自分で価格を設定できる ・ネット上で売却できる ・スマホで手続きが完結する ・個人情報の扱いなしにもできる ・売却に手間取らず時間を有効活用できる・品物の価値を自分で調べる必要がある ・市場価格を逸脱した金額で出品する可能性がある ・必ずしも売れるわけではない

ネットで売買を行う際には、特に贋作の流通に注意が必要です。

今回紹介した方法だけでなく、美術専門オークションを利用する方法もあります。

開催会場も多岐に渡り、専門業者にオークション代行を請け負ってもらえるケースもあります。

美術専門オークションでは、買取業者への買取よりも高額買取になる可能性がありますが、必ずしも高額で落札されるわけではなく、現金化までに時間がかかる点がデメリットです。

版画作品の買取相場

版画作品の買取相場はさまざまです。

有名作家の作品であれば数万〜数百万円で取引されることもありますが、100万円を超える買取価格は珍しいと言われています。

ただし、買取金額は非公開であることも多いため、あくまでも目安の金額と考えた方が無難です。

有名作家でも流通量が多い作品は比較的価値が低い一方で、流通量が少なく希少性の高いものは高値で取引されます。

あまり名の知られていない作家でも数万円で取引される場合があり、最近の作家の場合は相場すら存在しない場合があります。そのため、今後大幅に価値が出る可能性は大いにあるでしょう。

高価買取の版画作家例

高価買取される版画の作家例は以下の通りです。

作家詳細買取相場
川瀬巴水浮世絵の復興に尽力し、近代風景版画の第一人者ともいわれる100,000〜600,000円
東山魁夷風景画の分野では国民的作家といわれる250,000〜450,000円
平山郁夫代表作の「月下らくだ行」は特に人気が高い60,000〜210,000円
横尾忠則グラフィックデザイナーから版画など多岐に渡る才能を発揮し、現在でも精力的に活躍している30,000〜100,000円
畦地梅太郎山岳風景を題材とした木版画作品を多数発表したことで、「山の版画家」として広く知られる15,000〜40,000円

上記の表から、作家ごとに値段が大幅に変動することがわかります。

素人では判別が難しい事も多いので、まずは専門業者への査定や鑑定の依頼を検討しましょう。

版画の査定ポイント

版画の査定ポイントの例として、主に以下の3つがあげられます。

  • 印刷数が少ない
  • 有名作家の作品
  • 初摺りの作品

これより、各項目に関して詳しく解説します。

印刷数が少ない

印刷数の少なさは希少価値に繋がります。

版画作品では、19世紀以降、作家が本人の作品であることを証明するためエディションナンバーと呼ばれる数字をつけて販売する風潮が見られます。

例えば、「1/500」などのようにナンバリングしますが、若い数字であれば高価になるということではありません。ナンバーは摺られた後に割り振られるため、どれが初めに印刷されたものか判断できないためです。

印刷数が少ない版画は、希少度からコレクター需要が高くなるため、査定時に評価されやすいポイントです。

有名作家の作品

有名作家の作品は人気があるため、高値で取引されます。

生前没後などでも希少度や歴史的価値が異なる場合があります。

また、代表作の原版は高価買取が期待できるでしょう。

版画の売買では、有名作家や評価された経緯を知ることも重要です。

初摺りの作品

初摺りの作品は高値で取引されやすいです。

木版画では初摺り・後摺りという概念があり、初摺りの方が版木の状態が良いため希少価値があります。

版木を新しく作り直した作品は復刻版と言われます。

版画の高価買取ポイント

版画の高価買取ポイントは以下の通りです。

  • 作品の保存状態
  • 付属品の有無
  • 複数の買取業者で比較

上記の各項目に関して、詳しく解説します。

作品の保存状態

版画の高価買取には作品の保存状態が重要です。

汚れやシミ、ホコリ、色焼けやカビなどがあれば、査定の際にマイナス評価となります。

しかし、自身での修復はかえって状態の悪化にも繋がりかねないため控えた方がいいです。

版画は湿度や温度変化に弱いため、風通しがよく、直射日光の当たらない場所で保管しましょう。

付属品の有無

付属品の有無も高価買取のために重要なポイントです。

箱や額縁、来歴証明書などの付属品があることで、購入するコレクターが作品の情報を把握できるためです。

また、来歴証明書は本物であることの証明にもなるため、必ず保存しましょう。

付属品がすべて揃っていることで、再販時の需要も高くなります。

複数の買取業者で比較

複数の買取業者での比較も高価買取に効果的です。

買取業者によっては、得手不得手があるため、複数の買取業者に査定を依頼することでより高い価格を把握できます。

また、作家に特化した専門業者では、作家の出身地で売ることが高価買取に繋がる場合もあります。

ネットの口コミなども確認しながら、複数の買取業者に査定してもらいましょう。

版画の売却に関する質問

今回紹介する、版画の売却に関するよくある質問は以下の通りです。

  • 版画作品とは
  • 日本の有名な版画作家

版画作品とは何ですか?

版画とは、彫刻や装飾を施した板にインクを塗布し、紙に転写させて製作された絵画作品のことです。

1つの作品を同時に複数枚製作できることが利点です。

オリジナルの原画が1つしかない油彩や水彩画などと比べ、比較的安価で多くの人が所有し鑑賞できます。

日本では、飛鳥時代頃に中国大陸から木版印刷技術が伝来し、江戸時代には浮世絵版画の流行に伴い、急速な発展を遂げました。

版画は仏画や物語絵の下絵、装飾などに転用され、美術的な表現手段のひとつとなりました。

日本の有名な版画作家は誰ですか?

日本の有名な版画作家は以下の通りです。

  • 川瀬巴水:大正・昭和期に活躍した版画家で近代風景版画の第一人者
  • 吉田博:明治〜昭和期にかけて風景画家として活躍
  • 草間彌生:作品にドットのモチーフを多く用い「前衛の女王」の異名がある

ここにあげた作家はほんの一部ですが、その他にも有名な作家が多数存在します。

まとめ

版画は専門業者への売却が効果的だと分かりました。

版画を高価買取するためのポイントは以下の通りです。

  • 保存状態に気をつける
  • 付属品も買取に出す
  • 複数の買取業者に査定を依頼する

複数の買取業者へ査定を依頼することで、より高い買取が可能な業者を比較できます。

版画の売却をご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事