2024.01.24

仏像買取を東京で行う方法3選!査定時のポイントも徹底解説します!

Category

Tags

本記事をご覧のみなさまは、東京で仏像の買取を希望されていることでしょう。

しかし、

  • 東京で仏像を買取に出す方法は?
  • 仏像はどれくらいで売れるの?
  • 査定時のポイントは?

などの疑問をお持ちではないでしょうか。

今回は東京で仏像の買取を行う方法3選を中心に、高価買取のポイントに関しても詳しく解説します。

東京で仏像を買取に出す予定の方は、ぜひ最後までご覧ください。

東京で仏像を買取に出すメリット

東京は日本の首都であり人口も日本一のため、相対的に仏像のコレクター人口も多くなるでしょう。

東京で仏像買取を行うメリットは以下の通りです。

  • 専門の鑑定業者が多い
  • 貴重な仏像が多く集まりやすい

ここからは各項目に関して詳しく解説します。

専門の鑑定業者が多い

東京は仏像のコレクターが多いため、専門の鑑定業者の需要も高く取扱い店舗数も多くあります。

専門の鑑定業者が多数いるということは、東京ではより確かな鑑定・査定技術を持ったスタッフに依頼できるということです。

これは仏像の高価買取の可能性にも繋がるため、東京在住で仏像買取を希望される方はまずは専門の鑑定業者を利用しましょう。

貴重な仏像が多く集まりやすい

東京では人口や富裕層の多さに比例して仏像のコレクター人口も多くなるため、貴重な仏像が取引される可能性も高くなるでしょう。

そのため、買取業者の鑑定士もさまざまな仏像の鑑定を経験し、鑑定技術を高めることができます。

仏像の価値を自分で判断する前に、一度専門の鑑定業者に鑑定・査定依頼してみてはいかがでしょうか。

東京で仏像の買取を依頼する方法3選

東京で仏像を買取に出す方法は以下の3つです。

  • 仏像専門の買取業者を利用する
  • オークションサイト・フリマアプリを用いる
  • その他の買取方法

これより、各項目に関して詳しく解説します。

仏像専門の買取業者を利用する

仏像専門の買取業者を利用することで、専門知識を有するスタッフに鑑定や査定を依頼できます。

また、仏像専門の買取業者では、以下の買取サービスを提供しています。

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 店頭買取

出張買取

出張買取は、専門の鑑定知識を有するスタッフが自宅を訪問して買取を行います。

自宅にいながら査定が受けられ、自分の都合の良いスケジュールで予定を立てられるため、東京にお住まいの多忙な方にもおすすめの方法です。

仏像は持ち運びが難しい重たいものや取扱いに慎重さが必要なものも多くあるため、非常に便利な方法と言えます。

宅配買取

宅配買取は、宅配業者を利用して買取店舗へ商品を送る方法です。

連絡フォームなどで買取店舗へ事前に連絡すれば、梱包キットを送付してもらえます。

ただし、商品は自身で梱包を行う必要があるため、十分に梱包されていない場合は輸送中に破損のリスクがあります。

梱包には注意して発送しましょう。

店頭買取

店頭買取は、自身で買取業者へ商品を持ち込み買取を行う方法です。

専門の査定スタッフと対面で査定を行えるため、ある程度の価格交渉も可能です。

しかし、店舗が近隣にない場合は重い仏像を持って移動するのが困難な場合もあります。

遠方への移動が困難な場合には、出張買取や宅配買取の利用も検討しましょう。

オークションサイトやフリマアプリを用いる

現代では、インターネット環境の発達やスマホの普及に伴い、オークションサイトやフリマアプリの利用も一般的です。

場所や時間を選ばない点が魅力的で、忙しい方でもいつでも行える方法です。

しかし、オークションでは最終的に自分で価格を決めることが出来ません。また、フリマアプリでは買取価格を自分で設定するため、ある程度の知識を揃える必要があります。

市場価格から逸脱した価格を設定すると、売れませんしクレームの原因にもなりかねませんので注意しましょう。

リサイクルショップとフリーマーケット

リサイクルショップでも仏像の買取を行っています。

極端な破損などがなければ買い取ってもらえるでしょう。しかし、専門知識を有したスタッフがいるとは限らないため、予期せぬ買取価格になることも考えられます。こちらは買取金額の参考や、専門業者で値段がつかなかった場合の手段として、選択することをおすすめします。

フリーマーケットはあくまでも不用品処分の名目で行われるため、買取よりも譲る意味合いが強いでしょう。

高額での取引は難しいかもしれませんが、新しい持ち主に直接手渡すことができるのはメリットと言えるでしょう。買取業者では買取金額がつかない場合には、フリーマーケットを利用してみましょう。

仏像査定のポイント

仏像の買取相場は、作家物や保存状態などで大きく左右され、多くはおよそ10,000〜300,000円程度の間で取引されます。

仏像の査定時に確認するポイントは以下の通りです。

  • 保存状態
  • 付属品の有無
  • 作者
  • 使用される材質
  • 様式・種類
  • 製作された年代

自身で金額を判断することは難しいため、豊富な買取経験と知識を有した専門スタッフに査定や鑑定を依頼しましょう。

保存状態

仏像の保存状態は査定時に重要な確認事項です。

どんなに価値のあるものでも、傷や汚れのあるものでは買取価格が下がってしまいます。

仏像は木材でできているものも多く、梅雨の時期はカビなどの繁殖にも注意が必要です。

湿気が少なく、風通しの良い場所で保管しておきましょう。

付属品の有無

仏像の査定には付属品の有無も重要です。

共箱には作者のサインや落款などが記載されている場合があります。保証書は仏像が確かに本物であることの証明となるため、捨てずに保存しておきましょう。買取の際には付属品を揃えた上で、より丁寧に保管することが高価買取に繋がります。

作者

仏像の査定時には作者も重要視されます。

買取査定の際、はじめに「誰の製作物か」を確認します。有名な作家作品であれば高価買取が期待できますが、確認する手段としては付属品である保証証や鑑定書の有無が重要です。有名作家の作品は人気があるため、お手持ちの品物が作家ものであるかも確認してみましょう。

使用される材質

査定時には仏像に使用される材質も確認します。

仏像には、木や石、金属、漆や象牙などのさまざまな材質が用いられ、希少度の高い材質は高価買取が見込めます。使用される材質から仏像の製作年代を判断することも可能です。

仏像には純金で製作されたものもありますが、仏像本来の価値だけでなく金時価も加わるため、この場合は売却のタイミングが非常に重要と言えるでしょう。

様式・種類

仏像の査定時には、様式や種類も確認します。

様式とはポーズや手の組み方、表情、着ている衣装のことを指します。製作された年代の中で珍しい様式の場合は、高価買取される可能性が高いです。

仏像の種類は、

  • 如来
  • 菩薩
  • 明王

と分けられており、時代によりブームがあり人気の高い種類が異なります。

製作された年代

仏像は基本的に製作された年代が古いほど価値があります。

古い年代に製作された仏像は、現存するだけで骨董品的価値が高まります。特に木製の仏像はカビなどの劣化が著しいため、保存環境も非常に重要です。

東京で仏像を鑑賞できる施設

東京で仏像を鑑賞できる有名な美術館をあげてみましょう。

  • 東京国立博物館
  • 根津美術館
  • 半蔵門ミュージアム

東京国立博物館

台東区上野公園に所在する東京国立博物館は、日本で最初の博物館と言われており世界各国の仏像が数多く展示されています。

展示のテーマごとに施設が分かれており、東洋館ではアジア諸国の仏像やルーツを確認できるでしょう。

法隆寺宝物館では、奈良の法隆寺から移管した仏像をはじめ、300点あまりのコレクションが展示されています。

根津美術館

港区南青山に所在する根津美術館は、実業家の根津嘉一郎が自身の蒐集した古美術品のコレクションを保存・展示するために建設されました。

仏像のコレクションの中には釈迦如来や弥勒菩薩をはじめ、重要文化財に指定された彫刻も数多く存在します。

半蔵門ミュージアム

千代田区一番町に所在する半蔵門ミュージアムは真如苑(しんにょえん)が所有する仏教関連の美術品を一般公開するために建設されました。

館内には大日如来坐像や不動明王坐像など、平安や鎌倉時代の古くに作成された彫刻をはじめ、曼荼羅なども展示されています。

仏像に関するよくある質問

  • 都内で金の仏像を売りたいのですが、どこで買取を依頼すれば良いでしょうか?
  • 仏像はどのくらいの値段で買取されますか?
  • 仏像に傷や汚れがあっても買取できますか?

都内で金の仏像を売りたいのですが、どこで買取を依頼すれば良いでしょうか?

都内であれば、仏像の買取専門店がおすすめです。

金の仏像だと思っていても製品の種類がわからない場合や、メッキの可能性もあります。

そのため、はじめに仏像の買取専門店に駐在している専門の鑑定士に鑑定や査定を依頼すれば、製作年代や種類、市場価格などがわかります。それでも金額に納得がいかない場合やセカンドオピニオンが欲しい時には、貴金属専門店などで金として売却する方法も選択できるでしょう。

仏像はどのくらいの値段で買取されますか?

仏像の種類や使用される素材、保存状態に応じて価格が変動します。

そのため、決まった金額はありませんが、おおよそ数千〜数十万円以上と幅広い価格帯で取引されることが多いです。お手元に仏像があり金額が知りたい場合は、一度無料査定を依頼することをおすすめします。

仏像に傷や汚れがあっても買取できますか?

仏像に傷や汚れがあっても買取できます。

知識がない人が必要以上に入念な手入れをすると、かえって品物の魅力を損なう場合があります。売却前にはほこりを払う程度にして、そのまま買取に出しましょう。

まとめ

東京で仏像を買取に出す方法、査定のポイントなどをお伝えしてきました。

東京などの都市部は特に公共交通機関が発達しているため、店頭買取のために移動する手段が豊富にあります。他にも出張買取や宅配買取という便利な方法も選べます。

大切な仏像を売る際には自分に合った方法で、よりよい買取を実現してください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事