2023.11.16

絵を買ってもらうには?おすすめの売却方法や絵の値段の決め方について解説!

Category

作家名

Tags

絵・絵画は、必ずしも有名作家が描いた素晴らしい作品ばかりではありません。

もちろん、上手い下手に関わらず、自分が描いた絵であっても立派なオリジナル作品です。

自分が描いた絵を売る方法といえば、現代では複数の方法が用意されていますので全く売れないといった悩みは少なくなってきています。

ECサイトやSNSなどを通じて上手に売る画家も増えてきており、大きな市場に出回った多くの絵が買取や売却による方法で多数換金されています。

もちろん、購入した値段よりも高く買い取ってくれる業者もあります。

この記事では、自分が描いた絵や作品を初めて買ってもらうための手順や値段の付け方、おすすめの売却方法について解説しています。

今回は、下記のような疑問を持つ方に向けての役立つ情報提供になっています。

「自分の描いた絵を買ってもらう方法を知りたい!」

「絵の値段はどうやってつけたらいいのか?」

「絵の販売方法や継続的に売るにはどうする?」

「絵の買取業者の選び方」

世の中には、絵画などの美術品の収集が趣味の方がたくさんいらっしゃいます。

誰かが描いた作品がコレクションとなり、大切に保管されている、といったことも不思議ではありません。

自分の絵が高値で売買されるようになってきたら、ある程度の知名度があり、成功者としても認められるでしょう。

絵の売却前には必ず「査定」を行いますが、市場に流通していない絵の場合は、買い手が提示する買取価格と自分が希望する売却価格が全く合わずに乖離していたら、買ってもらえない場合もあります。

本記事では、絵のおすすめの売却方法や値付けの注意点などを中心に、絵を買ってもらう際に役立つような情報提供を行います。

昔から絵に興味のある方はもちろん、これから自分で絵を描いてみたい、と考えている方に対しての有益な情報提供になっています。

絵はなぜ売れるのか?

絵を買ってもらうには、買い手が必要です。

売買を考える場合は、買い手と売り手の希望が合わなければ、売買の話が成立しません。

そこで、売り手と買い手の両方の心理を考えたうえで、「なぜ価格が決まるのか?」について解説していきます。

絵を買う理由とは?

高額な絵を買ってもらうには、買い手が絵を買う理由や動機についてよく考える必要があるでしょう。

少しでも興味を持ってもらえた絵なら、もしかしたら希望価格で買ってもらえる可能性もあります。

しかし、他人が絵を買う理由は様々です。

例えば、次のようなものが考えられるでしょう。

  • 純粋に絵が好きで買いたい
  • その作家や作品が気に入っている
  • 記念やプレゼントとして買う
  • 投機目的

こうした買い手の目的に合わせて値段をつけて売る必要があるでしょう。

絵を売る側の対応も重要

絵を売るには、買い手の心理が行動に移るまでのプロセスをよく考える必要があるでしょう。

感情的に行動する人も多いので、理屈は必ずしも当てはまるわけではありませんが、初めて絵や作品に興味を持ってもらえた後は、買い手が持つ疑問や不安などを解消してあげることでスムーズに買ってもらえるでしょう。

画廊で絵を販売する際にも、絵を買ってもらうのに、様々な買い手との長時間の対話を通じて絵についての情報を伝え、何度も足を運んでもらう必要があります。

ECサイトやSNSを通じた絵画の販売は、知りたい情報がよく伝わらない恐れがあります。それでも、有名作家の作品であれば、知名度だけで売れることがあります。

知名度のない作家の絵を売る場合は、絵の価値のほかにも、作家や画家の正しい価値を伝えながら、疑問や不安を解消してあげるような情報提供を行うことが重要です。

絵の値段はどう決まっている?

絵の値段を決めるのは描いた自分自身です。

ところが、その値段で買ってくれるかどうかは全くわかりません。

買い手が欲しいと思わなければ、値段がつかないどころか、全く売れないケースもよくあります。

そこで、絵の値段はどうして決まるのか?、について見ていきましょう。

売り手の希望

売り手が決める絵の値段は、あくまでも自分が希望する価格です。

相場からかけ離れている場合が多いため、同じようなジャンルの絵を描いている作品を参考に、「買ってもらえそうな値段」に修正しなければならないでしょう。

例えば、簡単な絵の決め方があります。

  • 1号あたりの単価で換算する方法
  • 時給に換算する方法

この2つの方法でおおよその相場が決まってしまいます。

無名作家の場合は、制作時間や絵の大きさなどの労働力に換算して絵の価値が決まってしまう、ということです。

初めての場合は、小さなサイズの作品やポストカードなどがよく売れます。

自分で付けた値段ではなかなか売れないことが多いので、相場を基準にプラスマイナスの調整をしながら絵の値段を決めることになるでしょう。

初見で買ってもらう価格の目安は、数千円〜1万円前後になっています。

買い手の希望

買い手が買いやすい値段を付ければ、絵は売れます。

そして、絵を買ってくれる人も世の中には多数いますのでこちらでご紹介しましょう。

  • 美術愛好家・コレクター
  • 絵を見て感動する人
  • 癒しやパワーが欲しい人
  • 画家のファン
  • 特に応援したい画家の作品
  • 部屋に飾りたくなる作品
  • 同じ絵を描く人の教材として
  • 贈答品
  • 投機目的

絵にそれほど興味のない人も購入する可能性は十分にあります。

絵を買ってもらうことを考えた場合は、自分の好きな絵を描くだけではなく、買い手が欲しいと思う絵を描く必要があるでしょう。

つまり、絵を買ってもらうには「買ってもらう」ことを意識した絵を描く必要があるという意味です。

オークションなどの投機目的の場合は価格が将来高騰する!

絵を買ってもらう理由のひとつに「投機目的」というものがありました。

このケースでは、次の2つの市場があり、段階的に値段が上がっていく可能性があります。

  • プライマリーマーケット
  • セカンダリーマーケット

プライマリーマーケットは、一次市場といい、まだ人手に渡っていないような作品が多い市場です。作品の売出し始めの頃は、多くがプライマリーマーケットでの取引が行われ、将来性を見込んでの価値での買取が行われています。

セカンダリーマーケットは、一度誰かの手に渡った作品が取引される市場(二次市場)のことです。

亡くなった有名作家の作品やオークションで取引されている作品は、セカンダリーマーケットとなり、数百万円〜数億円の価値がつくこともあります。

将来の投機を目的とした絵画の購入も積極的に行われていますので、趣味と実益を兼ねて早くから無名作家の作品を購入するケースがあります。

知名度の高い作品や需要の高いジャンルの作品

物の価値を決めるのは、需要と供給のバランスです。

絵も同様に考えれば、需要が高い絵は、高価査定がつきます。

また、需要が高いジャンルの絵も高額査定です。

さらに、絵の相場も少なからず世間のトレンドに左右されています。

知名度が上がり、有名な権威ある賞を受賞すると価格が上昇します。

絵を売る方法

この章では、今現在考えられる現実的な「絵を売る方法」についてご紹介していきます。

個展を開催する

絵を10〜30枚は制作する必要はありますが、最もおすすめの絵の売却方法は、「個展」の開催です。

アーティストとしての実績にもなり、開催地での知名度もアップするからです。

通りすがりの見物客であっても、自分の絵を見てもらえるだけでも、将来買ってもらえる可能性がアップします。

個展だと多少お金がかかってしまいますが、個展の開催が難しい場合は、「グループ展」を開催して、仲間と協力し、お互いに切磋琢磨しながら経験を積んでみてはいかがでしょうか?

公募展に応募する

「公募ガイド」などを参考に自分に合った公募展を探して応募してみましょう。

参加費や送料などがかかりますが、比較的低コストで絵を見てもらえます。

売れる場合もありますが、賞金がもらえる公募展もあります。

何も実績がなくても、自身の経歴のひとつにすることができます。

イベントで出店して絵を売る

露店やイベント、フリーマーケットなどに出店して、オリジナルの絵や雑貨を売る方法です。

また、路上パフォーマンスを披露すれば、多くのお客さんにアプローチでき、大量に売れる可能性があります。

ギャラリーには来ないような人たちが対象です。

海外ではよく成功している絵や雑貨の販売方法です。

ブログやネットショップなどを活用する

自分の経歴や情報の整理、作品の発表の場として公式のブログやネットショップを開設しましょう。

絵と雑貨などを組み合わせて販売する方法があり、サイトの利用そのものは誰にでもできるほど簡単になってきています。

知名度が高くなってきたら、ブログやネットショップで情報発信しながら、絵や雑貨がコンスタントに売れるようになっていきます。

絵を買取してもらえるお店探し

絵を買い取ってもらうには、「買い手」が必要です。絵の買取でも業者探しが大変重要です。

直接コレクターに売ることが難しいことから、初めてなら絵画の買取業者に査定依頼を行い、買取できるかどうか見てもらいましょう。

売れるジャンルの絵を取り扱っている

日本で売れる絵のジャンルは主に次の3タイプです。

  • 日本画
  • 洋画
  • 現代絵画(現代アート)

特に人気作家の作品であれば、買取実績がありますので、高値で買取してもらえます。

さらに絵画に使用されている材料や描かれた対象に関しても特定ジャンルなら高く買い取ってもらえる可能性があります。

買取しやすい絵の種類は、次の4つです。

  • 油絵
  • 水彩画
  • 版画
  • モザイク画

よく描かれている対象は、次の4つです。

  • 人物画
  • 風景画
  • 静物画
  • 宗教画

これまでの絵画の買取事例・実績などは、公式ホームページなどで確認できる買取業者が多いので、しっかりと確認しておきましょう。

スピーディーな事前査定

複数の買取業者に査定を依頼する場合は、事前査定でおおよその相場や買取額を簡単に調べてください。

複数の買取業者へ事前査定を依頼するためにも、写真を使ったアプリやLINEでの簡易査定なら効率よく売却金額が把握できます。

また、事前査定なら即決する必要もありません。

買取方法が選べる

絵の買取方法は、自分に合った方法を選びましょう。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

最低限上記の3種類に対応していることが重要です。

この3つの中では、絵のサイズの大きさや梱包・輸送の問題もあるため、時間をかけた査定ができ、その場で現金にできる出張買取がおすすめです。

作品が売れるまで手元にあることや、成約後は査定員が責任を持って運搬してくれるため、運送時に傷がつく心配をする必要がありません。

出張対応可能

出張買取では、出張料や査定料などの各種手数料がかからない業者を選びましょう。
また、成約後はその場で現金にできるかどうかも確認してください。

まとめ

本記事では、絵を買ってもらうには?おすすめの売却方法や絵の値段の決め方について解説!と題して詳しくご紹介しました。

ご自身が描いた絵でも買い手がいれば売れます。

現在では、ご自身でも絵を売る方法が数多く存在します。

また、絵の価値や査定額が気になる場合は、信頼できる買取業者に査定を依頼してみましょう。

人気作家の良質の作品を集めている方も、別のアーティストの作品が欲しい方も、絵画作品の査定・買取を検討しているならぜひ弊社にお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事