2023.11.20

掛け軸の価値の見分け方のポイントとは?売却前に知っておきたい高値査定のコツ

Category

掛軸

Tags

すでに掛け軸をお持ちで、今の価値を知りたいと思ったら、掛け軸専門の査定士に正確な査定を依頼するのが一番良い方法です。

古い掛け軸をゴミ扱いにしてはいけません。

古いものが立派な美術品・骨董品だったというケースも多く、よく知らないまま、ネットオークションなどで格安で処分してしまって後で後悔する方も多いようです。

掛け軸の贋作も数多く出回っていますので、値段に関しては価値ゼロから数千万円を超えるような価値を持っている可能性があります。

ご自身だけで判断せずに、掛け軸に詳しい専門家や査定士にきちんと査定してもらい、相場の値段で買い取ってもらいましょう。

数多くの掛け軸をコレクションしている方も多いため、より目利きのできる買取専門店で査定を依頼するとびっくりするような値段がつくこともあります。

この記事では、お持ちの掛け軸をできる限り高く買い取ってもらうために、必要な価値の見分け方のポイントについてわかりやすく解説しています。

売却前に知っておくと、査定や業者選びで失敗することが少なくなるでしょう。

また、掛け軸は、骨董的価値がある場合は、購入時より高く買い取ってくれることがあります。

今回は、下記のようなお困り事のある方への正しい情報を提供する記事です。

  • 「掛け軸の価値の見分け方」
  • 「掛け軸の現在の価値を知りたい」
  • 「掛け軸が高値査定になるポイントとは?」
  • 「良い掛け軸買取業者の選び方」

本記事では、掛け軸をスムーズに買い取ってもらうために、掛け軸の所有者が知っておきたい大切なことについて解説しています。

具体的には、掛け軸の価値の見分け方、高値査定にするコツ、良い掛け軸買取業者の選び方のアドバイスなどです。

掛け軸の価値の見分け方について

掛け軸といえば、古き良き日本らしさが感じられる絵画のような美術品といったイメージがあります。

掛け軸は、日本家屋では当たり前のように飾られていましたが、今では和室なども少なくなってきており、一般のご家庭で見る機会も減ってきています。

本物の掛け軸とはどのようなものなのでしょうか?

この章では、掛け軸の価値の見分け方について詳しく解説していきます。

中国から伝来した掛け軸

掛け軸は日本だけのものではありません。

元々は、飛鳥時代に中国(隋や唐の時代)から仏教の伝来と共に伝わってきた魔除けなどの意味を持つ宗教的な美術品でした。

そのため、骨董品としての価値は中国の掛け軸のほうが高く評価されています。

日本と中国の掛け軸の特徴の違いは次の通りです。

日本の掛け軸は、繊細な水墨画のようなタッチで描かれている作品が多く、詩がありません。

中国の掛け軸は、荒々しいタッチで色使いも鮮やかです。詩と一緒に描かれているのが大きな特徴です。

掛け軸の価値は何で決まる?

歴史の古い中国の掛け軸は、価値も高くなりますが、実際に査定する場合は「古い」だけではなく、様々な要素を見て総合的に判断されており、作品によって大きく価値が異なります。

掛け軸を決める最も重要なポイントは、「作者」です。

特に有名作家が書いた掛け軸は、美術品や骨董品としての価値も高く、高値査定がつき、買取でも歓迎されています。

本物の見分け方

掛け軸は、近年制作された作品も含めて贋作も多数出回っています。

高額取引されているメジャーな作品になると、贋作も多数存在することから、偽物を掴まされないように注意しなければなりません。

特に人気作家の掛け軸は、9割が贋作だと言われており、安い価格で流通している作品はほぼ偽物だといってもいい、ということになります。

本物か偽物かを判断するのに、必要なポイントは、「落款」と「入手経路」の2つです。

「落款」は、作者が自分の作品であることを証明する印です。

作者オリジナルの印が使用されていることから、本物であることがわかります。

「入手経路」も大変重要です。

作者本人から誰に渡っていったのか、信頼できる人や組織・会社であることがはっきりしているならその掛け軸は信用できます。

お店で購入したものなどよりも、ある人から別のある人へと譲渡されたことがはっきりとわかっているほうが信頼できる入手経路です。

落款や入手経路は、それが本当かどうか判断することが難しいため、信頼できる専門家に鑑定を依頼するしかないでしょう。

価値のある掛け軸の見分け方

この章では、本当に価値のある掛け軸の見分け方について解説しています。

ただし、買取業者や査定士によって値付け方法が異なりますので、必ずしも高値で買い取ってくれるわけではありません。

複数の買取業者に査定を依頼し、最も高い値段を付けたところに買い取ってもらうようにしましょう。

有名作家の掛け軸は高価査定

有名作家の掛け軸なら、本物の作品として認められると、高価で査定されます。

今お持ちの掛け軸を見て、落款・サインなどがないか確認してください。

落款があれば、それを見ただけで誰の作品なのかがわかるからです。

しかし、ご自身で判断できない場合は、専門家に鑑定や査定を依頼してください。

希少価値に注目

掛け軸に限らず、美術品・骨董品は希少価値が高いものなら価値が上昇します。

しかし、出回っている数が多いと値段が下がってしまいますのでご注意ください。

古い年代に描かれた掛け軸

掛け軸は、年代が古いほど、流通している数が少ないため、高く評価されています。

掛け軸の制作年代を見分ける場合は、画風やモチーフなどを参考に行われることがあります。

偽物が多いと言われる入手経路に注意

掛け軸の価値は、入手経路が決め手となって決まることがあります。

しかし、オークション、フリマサイト、リサイクルショップなどで手に入れた掛け軸は、よく似ている作品ならたいていが偽物だと言われています。

しかし、相続や遺品整理などで、古い実家や物置から見つかった掛け軸は、本物である可能性が高く、専門の鑑定士や査定士に詳細な調査を依頼したほうがいいでしょう。

有名作家の作品は、入手経路がはっきりしており、誰から譲り受けたのかまでがわかります。

骨董品のコレクターや著名人などから直接譲り受けた掛け軸は、高額査定がつく可能性が高くなります。

掛け軸の状態の確認

掛け軸の本紙(絵が描かれた和紙)や表具(和紙や布で裏打ちした仕立てのこと)の状態が査定額に影響します。

状態がよければ査定額も高くなりますが、シミや汚れがあると査定額が下がってしまいます。

新しい掛け軸の場合は、保存状態が悪いと買い取ってもらえない場合もありますので、ご注意ください。

共箱の存在

掛け軸には共箱があり、共箱にも落款やサインが入っていることがあります。

偽物の場合は、落款やサインがなく、適当な造りで、後から付け加えたものなどが多いのでご注意ください。

高額買取されている掛け軸とは?

相場よりも高く買取されている掛け軸にはどのようなものがあるのでしょうか?

この章では、高額買取されている掛け軸の特徴についてご説明していきます。

年代の古い掛け軸

制作年代が重要です。古ければ古いほど残っている掛け軸の数が少ないため、価値が上昇するからです。

古い時代の掛け軸は仏画などが多く、観賞用ではありません。また、広く出回っていなかったため、数も少ない貴重な品物です。

数が少なくなった中国掛け軸

中国の掛け軸が少なくなった理由は、文化財保護を目的とした法律が定められたことによって、中国国外に古い掛け軸が出回らなくなってしまったからです。

すでに海外に出回っている中国掛け軸の数も少なく、希少性も高いので、より一層高額査定がつくようになってきています。

コレクターにも人気があり、当時の中国の文化などにも触れることができるため、貴重な品物となっています。

歴史的な価値のある掛け軸

無名作家が描いた掛け軸であっても、制作年代や歴史的価値のある貴重な作品なら、確実に高価査定で買取されています。

無名作家の場合は、専門家による鑑定・査定が必要です。実家や古い家屋に保管されていて、気になっている掛け軸があれば、一度鑑定・査定を依頼してみましょう。

信頼できる掛け軸買取業者を選ぶこと

この章では、掛け軸を専門に買い取りする買取業者の選び方の注意点について解説します。

掛け軸専門の買取業者であることが第一!

掛け軸の取り扱いを専門とする買取専門業者がおすすめです。

深い専門知識や高い査定技術を持った査定士が適切な買取価格を提示してくれるからです。

また、掛け軸を取り扱う業者は多いため、業者ごとに査定結果が大きく異なります。

複数の専門業者への見積もりを行い、査定額やサービス内容をよく比較検討してベストな業者選びを行いましょう。

掛け軸の買取業者選びのポイントは次の通りです。

  • 目利きのできる査定士の存在
  • 流通網の広さ
  • 査定の仕組みがオープンになっている

目利きのできる査定士

数百年前の掛け軸を鑑定・査定するには、レベルの高い鑑定士・査定士でなければなりません。

経験豊富で目利きも優れていることが前提です。

相場からかけ離れた査定額が出るようなら、売りたいと思っても売れなくなってしまうからです。

また、査定結果の理由についてもしっかりと解説してくれるようなら安心できます。

流通網の広さ

買取業者の流通網の広さは、掛け軸をより高く売るための大変重要なポイントです。

他の買取業者やコレクターなどの買い取り需要があれば、高く買い取ってもそれだけ高く売ることができるからです。

また、流通網が広いのであれば、同業者からも信頼度の高い買取業者だといえます。

査定の仕組みがオープンで信頼できるかどうか?

大切な掛け軸を査定するのに、査定方法がよくわからない、お金はいつ入るのか、といった基本的な仕組みが確立できていない業者はきちんと運営されていない、という印象を受けます。

作品を丁寧に取り扱うだけではなく、買取でも手厚い保証がついている、美術品や骨董品の取り扱いに慣れていることが業者選びのポイントです。

また、買取方法も豊富で、写真による簡易査定、店頭買取、宅配買取、出張買取などの利用しやすい買取方法を選ぶことができるかどうかも確認しましょう。

宅配買取の場合は、世界にひとつしかないような掛け軸を安全に配送できるのか、保険などの保証などもしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

本記事では、掛け軸の価値の見分け方のポイントとは?売却前に知っておきたい高値査定のコツと題し、誰にでもわかるように簡単にご説明いたしました。

掛け軸は、古くから日本でもおなじみの美術品です。

思った以上に数多く流通していることから、相続や遺品整理などで発見されることも多いようです。

このような掛け軸でも、信頼できる買取業者で査定すれば、思わぬ高値で買い取ってくれる場合があります。

特に、有名作家が手掛けた掛け軸は、高額買取のチャンスがあります。

また、お持ちの掛け軸の査定・買取を検討していて、迷っているのでしたらぜひ弊社にもご相談ください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事