2023.11.22

山口晃の現代浮世絵師としての魅力と買取査定・売却について紹介

Category

浮世絵

Tags

山口晃は、とても緻密に建物や風景を描く画家として有名です。また、緻密というだけでなく、騎士を馬型のバイクに乗せたり、瓦屋根を超高速ビルに載せたりするなど、時代を超えた自由でユーモラスな発想が魅力となっています。

緻密できれいに描かれた絵は遠くからでもよく目立ち、また近くで見ても楽しめる作品のため、書籍の装丁や広告ポスターなどにも多く活用されています。

成田空港の南ウイング出発ロビー壁面として設置されていることでも有名です。

そんな山口晃の魅力と作品の買取査定・売却について可能かどうかを紹介していますので、参考にしてください。

山口晃とは

山口晃は、東京都生まれで群馬県で育った、現代美術家、現代浮世絵師と言われている芸術家です。その細かな描写が日本の伝統的な大和絵や浮世絵のようなタッチとなっていると人気を呼んでいます。

とても細かい細密描写が得意で、大作を作るだけでなく、挿絵やポンチ絵などの作品も作っています。

幼い頃からとにかく絵を描くのが好きな少年だった山口晃です。漫画やアメリカン・コミックスのイラストにも興味を抱くなど、様々な絵を見て育ちました。彼のユニークな発想はそこから来ているのかもしれません。

東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻に進学後、日本のアニメや漫画、「お絵描き」に惹かれていった山口晃です。

日本美術や浮世絵を自分流に解釈した作風

古美術や大和絵にも影響を受け、日本美術や浮世絵を自分流に解釈した作風を展開しているのが特徴です。1997年に会田誠から誘われて「こたつ派」のグループ展に参加し、そこから有名なミヅマアートギャラリーを拠点に活動。

岡本太郎記念現代芸術大賞で優秀賞を受賞し、個展やグループ展を開催し有名になり、企業広告やパブリックアート、挿画なども制作しています。様々な作品を発表し、幅広い制作をしているのが特徴です。

山口晃の作品の特徴と魅力

作風の特徴はというと、水彩や油絵で、細かく日本の伝統的絵画の様式の絵を描いている点です。都市鳥瞰図や合戦図などの絵画はとても緻密なものとなっています。また絵画だけでなく、立体、漫画、インスタレーションなど様々な作品に取り組んでいます。

表現方法を問わず、描写し、発想を膨らますことにこだわり続けていると言えるでしょう。古い時代の人物や建物と新しい物が融合しているようなユニークに作風に特徴があります。彼が惹かれていった、まさに上質で緻密な「お絵描き」が魅力と言えるのかもしれません。

また、山口晃の作品は、ユニークな発想ももちろん楽しめますが、描写があまりに丁寧なためによくできている構成に思わず見入ってしまいます。本当に馬型のバイクに乗った騎士がいるように、写実したような魅力があるのが特徴です。

西洋のテーブル、チェアに座っている戦国武将を見ても、とても自然な描写に感じられる魅力があります。

奇抜なアイデアが詰まった絵でありながら、緻密な作風が多くの人を惹き付けます。その魅力のため、様々な公共的なスポットに作品が展示されているのもうなずけるでしょう。

また、どんな時に作品を作るのかについては、山口晃は次のように話しています。

「何か外的なインプットがあった時に思いつく」と言い、映像や画像や人の話がヒントになって、構想がひらめき、思いついたら描いています。

街の鳥瞰図などの緻密な作品も描いていますが、最近ではGoogleマップを活用するなどして正確に描くようになっているそうです。また、多くの人が知っている有名な東京タワーなどは、ゆるくユニークに描くことがあると言います。

彼にとって「あっ!」という驚きのある絵が成功で、今まで緻密な絵を描いてきましたが、新しい領域も試みたいと考えていると言います。

山口晃の経歴を紹介

1969年、東京都生まれ。群馬県桐生市で育つ

多摩美術大学を1年で中退

1994年、東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業

1996年、東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程を修了

1997年、会田誠に誘われ「こたつ派」展に参加

2001年、岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞を受賞する

2005年~PR誌「UP」(東京大学出版会)で連載を持ち、エッセイマンガ「すゞしろ日記」が好評。講演や文筆業などにも活動の幅を広げる

2012年、平等院にある養林庵書院に襖絵を奉納

2013年、『ヘンな日本美術史』で第12回小林秀雄賞受賞

その後も多くの個展を開催

山口晃の有名作品

緻密でよく見るとユニークな作品がたくさんありますので、有名作品を見てみるといいでしょう。

・「日清日露戦役擬畫|2004年」フランス重騎兵

小さな作品ですが、馬型のバイクに乗った騎士が細かく描かれています。頭部は馬、他はバイクの近代的な車体になっているものに騎士がまたがっています。特にバイクの内部が精密に透けたように描かれているのが特徴です。鉛筆、ペン、水彩でスケッチされ、緻密に描かれているため、実際に戦闘のための乗り物としてあるような想像をかきたてます。

・「百貨店圖 日本橋三越|2004年」

ペンと水彩で緻密に描かれた日本橋新三越本店周辺の絵です。越後屋が東京の駿河町に店を出してデパートメントストアとして100年経った記念行事の際に描かれた作品です。古い地図も調べ、実際に古い時代にあったもの、なくなったものを取り合わせて描いています。まさに歴史が凝縮されている作品となっています。大和絵的手法を用いて雲で仕切られた鳥瞰図的な構成となっているのも特徴です。遠近法ではなく、並列的に緻密な建物が並んでいるため、見る者を飽きさせない作品となっています。

・「成田国際空港 飛行機百珍圖|2005年」

成田国際空港 南ウイングに飾られています。「南ウイング盛況の圖」と「飛行機百珍圖」の写真があります。成田空港を現在、過去、未来の姿を交えて描いています。ターミナルの中や飛行機の中が透視図になっているなど、いろいろと楽しめる絵画です。

江戸時代の旅人や施設などが登場し、温泉施設やお座敷のある3階建てジェット機などが描かれていてユニークです。こちらも大和絵的手法を用いて雲で仕切られた鳥瞰図的となっています。ペンで細かく書き込んだ水彩画の原画を、陶板に転写して壁画風に仕上げられています。

高さ3.8メートル、幅3メートルの大きさがありますが、近くに寄って細かくみたくなる作品です。日本についてもよく紹介している作品のため、空港にもふさわしい作品と言えます。

・「新東都名所 東海道中 日本橋 改|2012年」浮世絵でアダチ伝統木版画技術保存財団発行のものです。

現在の日本橋と首都高速の上に、広重の浮世絵を思わせる太鼓橋を描いているのが特徴です。都市の高層ビルの合間に浮世絵を感じる太鼓橋がかかっていて、人情味溢れる情景が組み込まれています。過去・現在・未来を合わせた懐かしくも新しい日本橋が作り上げられた木版画作品です。日本らしい歴史を感じる版画の技法を使いながら、近代的な新しい建物も描いた魅力あふれる作品となっています。

作品が見られる場所を紹介

山口晃の主要な作品を所蔵しているのは、東京のミヅマアートギャラリーです。

美術館や博物館のコレクションとしては、

「東京圖 芝の大塔|2005年」「東京圖 広尾―六本木|2002年」「東京圖 六本木昼図|2002年」が東京にある森美術館で見られます。東京の様々な光景を描写したものを見ることができます。時代の移り変わりなども発見できる作品ですので、ぜひじっくり見てみませんか。

「厩圖|2016年」が神奈川県横浜市の馬の博物館に所蔵されています。油彩・墨・水彩・アクリル絵具で描かれた165×318㎝の大きな作品です。こちらの馬も本体部分がバイクの車体になっているというユニークなものです。実際に見てみるといいでしょう。馬の博物館には馬にまつわる絵などがたくさん所蔵されています。

「平等院 養林庵書院 奉納襖絵「當卋早来迎、賽の河原、白道」|2012年」京都平等院養林庵書院に襖絵を奉納しています。和紙に墨で描かれた襖絵で部屋が囲まれています。こちらでゆっくりと現代浮世絵師、山口晃の魅力を堪能してみるといいでしょう。

山口晃の作品の売却は可能?買取査定はどのくらいなのか

山口晃の作品は、緻密な作品が多いためじっくりと楽しむことができる作品が多くなっています。また、過去、現在、未来など時代が混在している作品も多いために、それらをよく見てみるのがおすすめです。ユニークな発見があります。

国内外に多くのファンがいますので、売却にもおすすめです。

買取査定は高く、木版で10万~35万円ほどの作品が多くなっています。特に日本文化や建物に対する人気が高いこともあって、新東都名所シリーズなどは買取査定も高額です。売却時の買取査定は35万円ほどの作品も多くなっています。

買取で作品を探している人も多くいますので、売却にもおすすめの作品です。

まとめ

山口晃について紹介してきました。現代浮世絵師とも言われる山口晃です。歴史的な浮世絵の技法を使いながら、緻密で発想豊かな絵や版画を作っているのが特徴と言えます。

じっくり見ていると、様々な時代のものが一緒に描かれていることも多く、過去、現在、未来がいろいろ組み合わさった作品が多く見られます。

また透視図が緻密に描かれるなど、見る人を飽きさせない作品がたくさんです。インテリアとして飾ることはもちろん、いろいろな興味や想像力をかきたてる作品が多数ありますので、これから売却の際は、益々高値に買取査定が付くでしょう。

日本らしい作風のため、その雰囲気にも海外から高い人気があります。

今、高く買取査定してもらえる所を探す方法も良い方法ですし、もっと高く売れる状況を待って売却をすることも可能です。

ぜひ、紹介した山口晃の魅力をよく知った上で、買取査定と売却について検討されることをおすすめします。

そして、買取査定と売却について悩まれる場合は、お気軽に弊社にお問い合わせください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事