2023.11.26

ダニエル・アーシャムの買取について 

Category

作家名

Tags

今回は現代アーティストとして名を馳せるダニエル・アーシャムについてご紹介します。ダニエル・アーシャムは、1980年のアメリカで、幼い頃より建築やアパレルやインテリアに多いに興味を持ち、その後、さまざまな人々とコラボレーションを行うことで国民的人気を集めている現代アーティストです。

今回はそんなダニエル・アーシャムの経歴や作品、活躍ぶりについて徹底解説していきたいと思います。加えて、この記事を読んでいる方が一番に気になっているダニエル・アーシャムの作品の買取情報についても公開していきたいと思います。

貴方が今、お持ちのダニエル・アーシャムの作品はどのぐらいで販売出来るのか?気になりますよね。また高価格で売却するコツなどもお伝えいたしますので、最後まで読んでみてください。

ダニエル・アーシャムの経歴

ここからはダニエル・アーシャムの経歴について解説していきましょう。

ダニエル・アーシャムは、1980年、アメリカのオハイオ州にてうまれた現代アーティストです。彼の作品は、「Fictional Archeology」(フィクションとしての考古学)というコンセプトに基づき、その表現は立体、ペインティング、インスタレーション、そしてパフォーマンスなど多岐にわたります。

彼は幼い頃、ハリケーンが自宅を襲ったことにより自宅が倒壊し、再建することで空間に興味を持ち建築を学ぶようになったと言われています。そのことから彼は、オブジェそのものが魅力なのではなく、オブジェを通じて生み出される空間そのものに魅力を感じられるアーティストと言われています。ダニエル・アーシャムはアメリカマイアミで育ち、その後、ニューヨークにある建築、ファインアート、工学に特化した名門クーパー・ユニオン大学(The Cooper Union for the Advancement of Science and Art)に入学し、2003年に英国アカデミー賞である、ゲルマン・トラスト・フェローシップ賞を受賞しました。卒業後は大学時代の仲間と共にマイアミにあるスペース「The house」で活動を始めました。また、「精神に刺激を受けて思考を生み出すアート」と呼ばれるコンテンポラリーアートの世界で最も影響力がある、フランスの現代美術ギャラリー「ペロタン」と出会います。同時期には、振付家のマース・カニンガムのステージデザインを依頼されたことをきっかけにカニンガムのダンスカンパニーとともに世界を巡回することとなりました。二人の共通点として「空間」がポイントに挙げられます。空間の使い方を重視するダニエル・アーシャムと同じく、マース・カニンガムも空間を重視するダンス界の重鎮だからこそ、カニンガムはアーシャムの際立った才能を見抜いたと言われています。その後、彼は2007年にパートナーの建築家であるアレックス・ムストーネンとの出会いをきっかけに「スナーキテクチャー」を設立します。

彼らはこのプロジェクトを通じて、建築と機能性、デザイン性、ファッション性など、幅広いジャンルを横断しながら作品を制作したと言われており、このことが後に多くの著名人を魅了し、さまざまなコラボレーションが実現したと言われています。

そして、今はポケモンやDIORやティファニーと言った、有名人達とブランドのコラボレーションを数々製作してきました。今やその活躍ぶりは限られたジャンルに留まることなく、多くのミュージシャンやファッションデザイナーからも注目されているアーティストです。

アパレルやインテリアや建築と多彩な彼ですが、特徴として、白をモチーフとした作品が多く用いられています。例えば、ピカチュウとのコラボで登場した純白の石像や真っ白なスニーカーなど、身に着ける物や鑑賞するものまでありとあらゆる物が、白を基調として考えられています。

ダニエル・アーシャム 売却

ダニエル・アーシャムの作品をご紹介する前にまずは、彼に関する情報を少しでも知って頂けたらと思います。彼の作品情報と売却ポイントを知り、彼の作品を少しでも高く売却しましょう。

・ダニエル・アーシャムの買取価格とポイント

ダニエル・アーシャムの買取のポイントについて徹底解説していきたいと思います。評価基準が気になると言う方は是非ともチェックして少しでも高く販売しましょう。

作家評価

1980年にデビューし現在まで精力的に活躍しているアーティストです。

ダニエル・アーシャムは、アメリカのオハイオ州で生まれました。ファッションとして考古学を学び、独自のコンセプトを軸に彫刻を中心に、立体作品、インスタレーション、ペインティングなどの作品を手がける現役アーティストです。

技法評価

彼の作品の特徴である、素材に石灰や火山灰、ガラスや黒曜石を使用する風変りな作品は、退廃的な作風で知られています。

作家自身が手がけたオリジナル作品は、世に多く流通したと言われています。

その為、物凄く高く評価されると言われているのです。

絵柄評価

彼がコラボしたミッキーマウス、ピカチュウなどのフィギアは国内外問わず人気があり、彼の作品の中でも特に高く評価されたと言われています。

そのため、ダニエル・アーシャムの作品をお持ちの人はご自宅にこの作品が有るかを確認してみましょう。

ここからは彼の代表作を紹介していきます。

・ダニエル・アーシャム ポケモンピカチュウ(大人気フィギュア)

ダニエル・アーシャム ポケモンピカチュウは大人気のキャラクターで、ダニエル・アーシャムとポケモンピカチュウのコラボレーションは、老若男女問わずに人気の商品です。

その為に、ご自身が今商品を持ち合わせている場合は是非とも販売を検討しましょう。

ダニエル・アーシャム代表作品

商品を高く販売するために少しでも作品とその評価を知りましょう。

リモワ

ドイツの高品質スーツケースメーカーの「リモワ(RIMOWA)」とコラボレーションし手がけた作品です。

この「ダニエル・アーシャムがデザインしたスーツケース」は、「ダニエルアーシャムのアート」そのものなのです。ディオールやリモワのアーティストコラボレーションは話題を呼ぶ1点となっています。

出張や旅行へ向かう際に是非とも持っていきたい1点となっています。

Hourglass white

まるで風化した過去の遺物の様に感じられます。

砂時計の中に瓦礫とカメラが埋められています。

この作品は、「時間の混乱」をアートで表現しています。

5万円~20万円前後の価格が付けられると言われています。

ダニエル・アーシャム売買価格

MICKEY MOUSE PLUSH

・立体作品

ダニエル・アーシャムとディズニーによるコラボレーションプロジェクトは、2019年に上海で開催された中国最大のストリートファッションイベントセミナーです。

ミッキーマウス限定のプロジェクト製作とされております。

ミッキーマウスのカラーの特徴は、無機質なカラーです。

ミッキーが逆に時代を超えた永遠性を感じている作品と言われております。

現代アート作家のダニエル・アーシャムは注目作家で今後の相場上昇も期待出来るので高値買取価格に繋がるでしょう。

・Crystalized Pikachu

石膏 クリスタルは、かなり人気で高額の価格が付くと言われております。その買取相場は35万円~40万円前後と言われております。高額商品で、コラボレーション作品なので高価買取が予想されます。自宅に所持している場合には探してみましょう。自分が持ち合わせていると言う方は直ぐに買取店へ向かいましょう。

・キーボード

この壊れ落ちてしまったキーボードですが、形あるものはいつか壊れると言われています。

奏でた音は風化されず演奏者の記憶の中にいつまでも残り続ける作品の1つとなっていますが、この作品の買取価格は5万円~8万円前後の相場となっております。

・Cracked Bear

石膏で作成した熊の置物は、時間の経過と共に壊れたイメージの作品として作られています。

白いくまのフィギアに青いスプレーで塗られた様な熊の人形ですが可愛く綺麗に作成されています。

この熊のフィギアの買取価格は、5万円~6万円前後とされています。

Future Relic Eroded Book

サマー2020メンズ コレクション ショーの舞台を彩ったオブジェを思わせる1作品です。

ディオール、メンズ アーティスティック、ディレクター キム・ジョーンズ、アーティスト ダニエル・アーシャム

この作品は本の上にバラが描かれている作品です。買取相場は40万円~45万円前後で現代アート作家のダニエル・アーシャムは愛好家達に知られていたと言われております。

Hollow Mickey Gray

BRONZE ERODED BASKETBALL

石化したバスケットボール

もし、未来人がこの形状のボールを掘り当てたら。

この作品はバスケットボール愛好家らに親しまれている1作となっております。40万円~50万円前後の価格が付くと言われております。

個展情報

ダニエル・アーシャムの個展「31st Century Still Lifes (31世紀の静物)」

ペロタン東京で開催されるイベントです。

このイベントは、本展では3つの新シリーズを発表した中身のギッシリと詰まった内容となっています。

アーシャム自身の立体や作品や図像を題材としインパスト技法をふんだんに使用して複雑なシーンを描き出します。

このイベントでは、自らが描き出す神の彫刻を表現する立体作品と言われておりますので興味のある方は是非チェックしてみて下さいね。

まとめ

ダニエル・アーシャムについて詳しく解説して参りましたが、いかがでしたか?

ダニエル・アーシャムは今や国民的スターへと駆け上がってきた訳ですが、作品はピカチュウやくまのフィギア、Future Relic Eroded Bookやミッキーマウスやスーツケースなどのコラボレーションは、どれもが素敵で拘り抜いた彼の気持ちのこもった作品です。展示会や作品を見る事で今よりダニエル・アーシャムの事を好きになれるので、貴方もお家にこの作品をお持ちの場合には今回の内容を参考に少しでも高く販売しましょう。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事