2023.11.27

画家の小木曽誠の作品は買取可能?作品の特徴と買取査定について解説

Category

作家名

Tags

小木曽誠は東京藝術大学美術学部絵画科を卒業し、第90回記念白日会展内閣総理大臣賞、第41回昭和会賞、日本美術賞、第1回ホキ美術館大賞展美術館館長賞受賞など数々の賞を受賞。才能ある写実主義の画家として美術界の注目を集めています。本記事では、学生時代の油彩画、水彩画、クロッキーなど約100点を展示し、彼の画業のすべてを紹介します。

小木曽誠は、四方八方から降り注ぐ美しい光に照らされる自然と生命の瑞々しさを見つめ続けます。彼の目と絵筆は写実的、あるいは現実を超えて、被写体の本質を描こうとするかのような力強さに満ちています。小木曽誠が追求する写実絵画の美しさと魅力をご堪能ください。

プロフィール

1975 奈良県に生まれます

1995 武蔵野美術大学絵画学部油絵専攻入学

1996 武蔵野美術大学退学

     東京藝術大学美術学部絵画科油絵専攻入学

2000 東京藝術大学美術学部絵画科油絵専攻卒業 O氏賞 学校買上賞受賞

2002 東京藝術大学油絵技法材料研究室後期博士課程入学

2005 東京藝術大学油絵技法材料研究室後期博士課程卒業

現在  無所属

展覧会歴

1996 小木曽誠、平山哲夫2人展(池袋、熊谷守一美術館2Fギャラリー榧)

1997 トウキョウセンタクキ展(池袋、清和荘)

1998 小木曽誠、大田和志2人展(東京芸大内学生会館)

1999 3人展(九段下、スペース空木)

     学校展(銀座、ギャラリー毛利)

2001 凛の会(渋谷東急本店)(以降、’02、’03、’04、’05)

2002 レスポワール展(個展、銀座スルガ台画廊)

     彩樹会(彩鳳堂画廊)

     美の視点(銀座ギャラリーニケ)(以降、’03、’04、’05)

     東美アートフェア(東京美術倶楽部)(以降、’03)

     中径展(府中美術館)(以降、’03)

2003 青木繁記念大賞公募展(石橋美術館一階ギャラリー、久留米市)

     葵の会(銀座スルガ台画廊)(以降、’04、’05)

     第十二期佐藤美術財団奨学生展(佐藤美術館)

     リアリズムの美学(阪急梅田本店)

     黒艶の会(銀座ギャラリーニケ)(以降、’04、)

2004 グループ展(ギャラリーアートもりもと)

     第80回白日会出品、新人賞受賞

     洋画新世紀展(洋協アートホール)

     第十三期佐藤美術財団奨学生展(佐藤美術館)

     期待の新鋭作家展(札幌三越)(以降、’05)

     個展(渋谷東急本店

     プチタブロー展(オンワードギャラリー)(以降、’05)

2005 第81回白日会出品、白日賞受賞、会友推挙

     FROM NOW ON 3人展(オンワードギャラリー)

     個展(阪急梅田本店)

2006 第41回昭和会出品、昭和会賞受賞

2007 アートフェア東京(日動画廊ブース)

2009 小木曽誠個展(日動画廊/東京、福岡)

2012 小木曽誠個展(日動画廊/東京、福岡)

2013 写実の世界展(日動画廊/福岡)

     第7回夏の会展(日動画廊/東京)

     Artist Today 2013(日動画廊/東京)

2014 写実の世界展(日動画廊/福岡)

2016 小木曽誠展 〜光と水を紡ぐ〜(日動画廊/東京、福岡)

2020 小木曽誠展~曖昧な境界線~(日動画廊/東京、福岡)

2022 小木曽誠展-写実(リアル)を超えて-(佐賀県立美術館)

作風

「小木曽 誠」は真実を写真のように捉えるリアリストです。

洋画家であり、鬼の解説でも有名なYouTuberであり、佐賀大学文化教育学部准教授の小木曽誠さんを紹介します。

YouTubeで人気の鬼実況シリーズ

小木曽氏は主に西洋生まれの画材を用い、写真のような真実を映す写実的な絵画を制作しています。先生ご自身もYouTubeでの鬼実況シリーズが人気で、独特の辛口な語り口の中にもユーモアあふれる人柄が画面を通してひしひしと伝わってきます。動画では絵の具のチューブを取り出すところから始まり、完成品までをテンポ良く紹介しています。

様々なリアリストアーティストがいますが、彼はSNSをよく使います。同じく卒業式が中止になった学生たちには「この異例の年を忘れないよう、美術コースで学ぶ学生たちに、困ったときにアートの創造力で幸せになれるということを伝えたかった」と話しました。SNSが使いやすくなった時代とは逆に、長年続くつながりが弱くなっている印象があります。ここで学ぶ学生たちがこれからも末永くつながりを持っていけることを願っています。」 先生からの特別なプレゼントをTwitterに投稿したところ、1,100件以上の「いいね!」をいただきました。 先生の美術に対する思いがとても伝わってきます。

小木曽 誠 写真のように真実を写す写実画家

時間を忘れてしまうような緻密な美しさです。

とても魅力的な先生ですが、出来上がった作品を見た瞬間、これが写真かと脳が錯覚してしまうほど、緻密な表現がとても美しいです。髪の一本一本、肌の柔らかな質感、光の加減、服の質感まで緻密に描かれています。

ホキ美術館(日本画家の写実絵画を展示)の「森への回帰」シリーズ

太陽と影の幻想的な森の中で輝く二人の女性。 まるで目の前に存在しているかのように見えます。

現在ブームとなっている写実絵画は、知識がなくても誰でも簡単に視覚的に楽しめるのが魅力だと思います。

リアリズムは圧倒的で魅惑的です。これからも注目を集めること間違いなしです。

佐賀大学で西洋画を教えるイケメン男性

佐賀大学芸術地域デザイン学部准教授の小木曽誠さんを紹介します。

小木曽さんは写実的な絵を描きます。

写実絵画は写実絵画と呼ばれ、主に西洋で生まれた画材を用いて真実を写し取ったものです。

小木曽さんは美術団体主催の美術展で内閣総理大臣賞をはじめ、数々の賞を受賞しています。東京のデパートで個展も開いたという。

小木曽さんに教師を目指した理由を聞くと「最初は画家だけでは食べていけなかった。生徒たちの成長を見ていると自分の絵が生きてくる」と答えたようです。

生徒からは「生徒の描きたいものを尊重してくれる先生」と言われました。

先生が小学生の時に描いた作品です。小学5年生の時にルノワールの絵を見て画家になることを決意します。

先生が現在取り組んでいる作品です。油絵は乾燥に時間がかかるため同時制作することが多く、現在7~10点を制作しています。

ブラシの種類は200種類以上!

花田アナの絵を描いていただきました。

時間の都合上、事前に描いたものです。 とてもリアルに描かれています。

小木曽先生の仕事へのこだわりは「気」

気持ち、気合、根性などが重要なようです。

最高の旅(白馬・妙高)

4月24日から27日まで新潟と長野へ旅行してきました。 4月24日福岡空港8時20分発松本空港行きの電車に乗り朝6時に自宅を出発、松本空港までずっと動画編集をしていてあっという間に過ぎてしまいました。1時間半 到着後、レンタカーを借りました。

四国旅行

2023年3月30日~4月2日まで四国で開催! 四国まで630kmを走ります。しまなみ海道午前9時頃。 残念ながら電波状況が悪くライブ配信が出来ません。 そしてついに四国愛媛に上陸! ! 老舗の道後温泉にて。道後公園の生放送はたくさんの人に囲まれていました…。

奄美への旅

奄美は最高でした。人里離れた湿地のような手付かずの自然がとても私の琴線に触れました。素敵な写真をたくさん載せていきます。

奄美は最高です。奄美は素晴らしいですね。今日の加計呂麻島。 非常に満足。海の色、天気、風。 鳥のさえずりなど。 ガジュマルの木もたくさん見れました! ライブは出来ませんでしたが、とても満足です。最後に夕日を描こうと山に登ったんですが…。

横浜そごう個展について!

佐賀県立美術館での個展もあっという間に中盤となりました。 10月23日まで開催中! 西武池袋での個展無事終了いたしました。 ご来店いただき誠にありがとうございます! まあ、これは YouTube ファンにとっては熱いことです。 熱いもの。 …

個展★準備真っ最中!

やることはまだまだあるよ〜 チラシやポスターも投函します! ! ポスターもカッコいいですね!

小木曽誠の作品は査定・売却は可能なのか

小木曽誠の買取査定ポイント:作家評価 1975年から現在まで活躍した洋画家で、極めて緻密で緻密な技法を駆使し、究極の写実主義に挑戦しています。特に女性の描き方が美しく、薄紫を塗った後、緑に近い色のタッチで塗る分割筆法と呼ばれる手法を用いて、よりリアルな肌の質感を表現しています。

技術評価 油絵の具やテンペラ絵の具を用い、超絶的な技術と繊細なタッチで最高の写実表現を生み出します。手書きの作品は大量に流通できないため、評価が高く高価買取につながりやすい。

デザイン評価 イタリア、チェコ、ポルトガルなどのヨーロッパの風景や艶やかな女性像を得意としています。

小木曽誠の買取価格情報

セビリア

スペインのセルビアの街を描いた緻密な作品。伝統文化が色濃く残るフラメンコや闘牛のメッカで、細い路地が入り組んだ下町の雰囲気が感じられます。小木曽誠は全国的に人気が高まっているので、高額査定が期待できます。

冬を超えて

まだ寒さが残る早春。寒さに震えながらもそれを隠している女性の神秘的な表情を見事に表現した作品。小木曽誠は全国的に人気を集めているので、高額査定が期待できます。

モンタルチーノ

光のすきま

買取価格22万円、洋画 絵画、特徴 油彩

「柔脆な共存」B、厳選、希少画集・額装画、人気作品、現在25,000円

白い薔薇|油彩 P6号|サイン有|白日会,現在350,000円

「森へ還る」、厳選、希少画集・額装画、人気作品、現在30,000円

「静微なものたち」F、厳選、希少画集・額装画、現在26,000円

「静微なものたち」A、厳選、希少画集・額装画、現在25,000円

「柔脆な共存」A、希少な額装用画集の額装画、現在27,000円

「何度も」、希少な額装用画集の額装画、現在30,000円

「巡界する時の中で」B、希少画集より、新品額装付、現在24,000円

【フィレンツェ】、希少な額装用画集画、新品高級額 …現在25,000円

「静徹なものたち」B、希少な画集の額装画、現在30,000円

【巡界する刻の中で】A、希少な額装用画集より、現在33,000円

【静徹なものたち】C、希少な額装用画集より、現在28,000円

まとめ

小木曽誠はテンペラ絵の具やルネサンス以来の西洋絵画の技法を用いた、臨場感あふれる人物画で人気の高い画風を特徴としています。

約2年ぶりの新作個展となり、海外取材に行くことは難しいですが、北海道・知床など日本の美しさを改めて感じられる新境地をご覧いただけると思います。海外の豊かな色彩と北海道の雪の「白」は油彩の色をふんだんに使用しています。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事