2023.11.27

画家の奥龍之介の作品は買取可能?作品の特徴と買取査定について解説

Category

作家名

Tags

東京生まれ。1945年に東京美術学校(現東京芸術大学)を中退。1953年に日展で初入選、同年紅葉会運営委員会賞、紅葉会賞を受賞。1967年第10回安井賞候補新人展に出品。1972年第15回安井賞展に出品。 彼は63歳という若さでこの世を去りました。

奥龍之介(おく りゅうのすけ)の生涯・功績

奥龍之介は昭和時代の洋画家です。

奥龍之介は日展で活躍した画家です。

【年譜】

1923年 東京で誕生

    大阪市北野中学卒業

1945年 東京美術学校油画 中退

1953年 日展初入選

    光陽会運営委員・光陽会賞

1967年 第10回安井賞候補新人展 「異郷」出品

1986年  63歳 没

奥龍之介の魅力

アーティストは光と影の両方を表現します。

奥の場合は、光を表現するために愛娘や楽器を選び、影を表現するためにあえて枯れ木や荒れ地を選んだような気がします。そして、この明白なコントラストこそが奥龍之介という作家の魅力なのかもしれませんね。

奥龍之介の流儀

奥龍之介といえば、<女性と楽器>を題材にした絵画や油絵ではないでしょうか? 優しい色合いの楽器と女性の構図は奥龍之介の代表作となります。肖像画のお手本のようなバランスで描かれた作品は古典西洋絵画の集大成とも言え、多くのコレクターを魅了しています。 モチーフに描かれている女性は奥龍之介の娘と言われています。肖像画だけでも高く評価されていたと思いますが、奥龍之介のもう一つの特徴は楽器です。

彼はクラシック音楽の才能があり、ヴァイオリンの演奏が上手でした。楽器を持つというアイデアは彼自身の経験から生まれました。彼は過去の作品にフルート、ヴァイオリン、マンドリンなどの楽器を使用していました。発売当時の印象は、女性と楽器の作品なら弾かなくても評価は変わらないだろう、というものでした。こうして一貫して絵を描き続けることで、彼は独自の作風を確立しました。

作風の特徴

東京・荻窪で生まれ育ち、軍人だった父親の転勤により大阪市立北野中学校を卒業し、東京美術学校(現・東京芸術大学)に学びました。第9回日展に初入選、光陽会員となり、光陽会賞、伊勢丹賞を受賞、安井賞展に2回入選します。彼はヴァイオリンの演奏を楽しんだ芸術家でもあり、彼の作品の多くはヴァイオリンの名手だった長女をモデルにしています。 荻窪画材店や株式会社プリハードとも縁の深い画家でした。

彼は、プリハードの特許技術を使用して、オリジナルのプリハード キャンバスに直接作られた複製プリントです。

紙に印刷された複製画よりも高い品質と表現力で、絵の寸法に合わせて額装を作成し額装するため、高級感のある仕上がりになります。

「少女と楽器」の光

奥龍之介は非常に写実的かつ緻密に物体を描く人ですが、彼が描いた最も有名な物体は「少女と楽器」のモチーフではないでしょうか。

では、なぜこのモチーフが頻繁に作られるようになったのでしょうか?

奥は東京美術学校(現東京芸術大学)で油絵を学びました。 学生時代には、同時代の他の多くの学生と同様に、レンブラントなどの作品の複製画を描いていたと言われています。

彼は非常に多才な人で、絵を描く以外にもクラシック音楽が好きでした。 特にヴァイオリンが得意で、かつては東京都交響楽団の団員でもありました。 このことからも、なぜ彼が作品の中でも特に有名な「楽器」をモチーフにしたのかが想像できます。

では、その「少女」とは一体誰なのでしょうか?

答えは簡単、彼の二人の娘です。

奥龍之介の作品を見たことがある人ならわかると思いますが、彼が描く女の子たちは、とてもクラシカルな雰囲気の中に、瑞々しく、生き生きとして、美しく、そしてかわいらしく描かれています。

画家自身が愛情を込めて描いた作品からは明らかであり、絵の表情からも娘をとても愛していたことが伝わってきます。

「荒廃した世界」の影

奥龍之介が少女の絵だけを描いたかというとそうではありません。 あまり知られていないかもしれませんが、風景画も多く描いています。

さて、興味深い事実があります。 奥の描く風景画は、よく知られている少女画とは全く異なります。

彼の風景画では、枯れた植物や倒木、荒れた海、難破した船など、「爽やかさ」や「かわいらしさ」とは程遠いモチーフが描かれています。 むしろそこには荒涼とした荒涼とした世界が広がっている。 荒廃した世界の美しさはもちろんありますが、それは少女画とは対照的です。

裏では、東京美術学校の学生だった頃、学徒出陣して戦争に行きました。 彼は兵士だった父親も戦争で亡くしました。

奥さんは特に戦争については語っていませんが、この風景画を見ていると、当時の抑圧的な時代を詳しく語っているように思えます。

奥龍之介の作品は査定・売却は可能なのか

奥龍之介の現在の評価と価値

没後30年が経ちますが、今でも根強い人気を誇る作家です。

高価買取のポイントは<奥龍之介の代表的な構図>です。 女性や楽器を描いた油彩画のほか、男性+楽器、静物画などの作品を残しています。 基本的に女性と楽器の編成が多いため、高価買取には編成が大前提となります。 最終的には女性の顔や全体のバランス、雰囲気を判断して判断させていただきます。 油絵の中には描き込みが弱いものもあり、日本画の世界で良いとされる空間が奥龍之介の場合は軽視されることもあります。

ご購入時の注意点

美術品の中でも、油絵はひび割れやカビなどの傷がつきやすいものです。作品に現れるダメージの程度によって評価が変わりますので、現物を確認の上最終判断します。保管状態が最も重要ですが、製造後時間が経てば経つほど、損傷する可能性が高くなります。 彼の死後も、彼は最も活発に発行されている作家の一人ですが、時間には逆らえません。 現在、指定の鑑定機関がないので、現物を確認して判断します。

奥龍之介の買取査定ポイント

作家評価

明治から昭和にかけて活躍した洋画家。巧みな筆致で長女や孫娘の絵を滑らかな光沢で生き生きと表現するのが特徴。

技術評価

作品の奥深さを感じられる手描きの作品は大量に流通できないため、評価が高く高価買取につながりやすいです。

デザインの評価 繊細で愛らしい「女の子」は高価な買い物につながりやすく、 特にヴァイオリンが登場する作品は高価買取につながりやすいです。

奥龍之介の代表作

バイオリンを持った女の子

とてもクラシカルな雰囲気の中に、女の子たちが瑞々しく生き生きと美しく描かれています。作者の愛情を込めて描かれたことが伝わる作品。凛とした表情からは、将来はヴァイオリニストになるという夢があることがわかります。奥龍之介は高価買取を目指しているため、高額査定が期待できます。

バイオリンを持つ少女

可憐な少女は、日々の努力と練習によって、ヴァイオリニストになるという夢に一歩近づきます。 強い視線が決意の表れのように感じられる作品です。奥龍之介はマニアに愛される作品が多い作家なので、高額査定が期待できます。

〈女性と楽器〉をテーマにした絵画や油絵で有名。

優しい色合いの楽器と女性の構図は奥龍之介の代表作です。

バランスのとれた人物画のお手本のような作品は、古典西洋絵画にも匹敵します。

集大成とも言える作品であり、多くのコレクターを魅了しています。

作品名:「ヴァイオリンを持つ少女」

肖像画だけでも高い評価を得ていますが、奥龍之介のもう一つの特徴は楽器です。

彼自身も作家であり、クラシック音楽の才能があり、ヴァイオリンの演奏も上手でした。

それは正しい。

他の曲にはフルートやマンドリンなどがあります。

一貫した絵描きで独自の作風を確立。

この作品は筆致や署名に疑義があり、模写と判断されます。

最終的な判断は読者に委ねられます。

でも、よく描けていると思うので、お気軽に飾っていただければと思います

存分にお楽しみいただければ幸いです。

奥龍之介 少女

伏し目がちな表情が印象的です。 人形を抱く仕草に愛らしさを感じます。

奥 龍之介(おく りゅうのすけ)

1923 ~ 1986 年

西洋画家。

紅葉会運営委員。

井原兎三郎に師事。

〈女性と楽器〉を主題とした絵画や油絵で有名。

優しい色合いの楽器と女性の構図は奥龍之介の代表作です。

バランスのとれた人物画のお手本のような作品は、古典西洋絵画にも匹敵します。

 集大成とも言える作品であり、多くのコレクターを魅了しています。

バイオグラフィー

1923年東京生まれ。大阪市立北野中学校卒業。

1945年、東京美術学校(現東京芸術大学)油画科中退。

1953年日展に初入選。 紅葉会運営委員であり、紅葉会賞を受賞。

1967年、第10回安井賞候補新人展(国立近代美術館)に『Another Country』を出品。

1972年第15回安井賞展に出品。

1986年に63歳で死去。

★作品名:『出てくるのを待つ少女』

演奏が始まるのを待つ少し緊張して硬い表情がよく表現されていました。

素晴らしい作品ですね。 さすがの一言。

サイズは10号もあり迫力十分です。

肖像画だけでも高い評価を得ていますが、奥龍之介のもう一つの特徴は楽器です。

彼自身も作家であり、クラシック音楽の才能があり、ヴァイオリンの演奏も上手でした。

一貫した絵描きによって、画家として独自のスタイルを確立しました。

☆この作品は本物であることを保証致します。

万が一正規品でなかった場合は返品・返金に対応します。

その場合、添付書類を添付してください。

存命の作者の場合、作者本人から、

亡くなった作家の場合は、遺族または指定鑑定士が発行したものとなります。

奥龍之介 フルートと女

顔は正面を向いてしっかり描かれることが多いですが、横を向いているのは珍しいです。

奥龍之介 薔薇

作品自体は良く描かれているが、構図は奥龍之介の代表作とは言えません。

奥龍之介 【五月の風】 1枚扱い 油絵 10号 共印 1984年 額装 ヴァイオリンを持つ少女 油絵 1枚 ◆真贋保証

現在 165,000円、即決 –

奥 龍之介 【調律】一枚絵取り扱い油絵 6号 額装共シール ヴァイオリン付き少女 油絵 1枚 本物保証

現在20万円、即決 250,000円

【正規品】【WISH】島根潔「木もれ日の小道」油絵15号 新緑林道の傑作〇元紅葉会評議員紺綬褒章 師範:奥龍之介 #23082446

現在 14,301円、即決 –

【正規品】【WISH】奥龍之介「かわいい演奏」 水彩 ヴァイオリンを弾く少女 〇少女像師 紅葉会運営委員会 講師:井原宇三郎 #23082103

現在 11,880円、即決 –

奥 龍之介 信作 油彩「出発を待つ少女」 サイズ 53cm×45.5cm F10号 東京に生まれる 紅葉会運営委員井原宇三郎に師事。

現在475,000円、即決 550,000円

奥龍之介(ヴァイオリンを持つ少女 No. F3) 油絵 実物 アクレ

現在31万円、即決 –

まとめ

アーティストは光と影の両方を表現します。

背面の場合、光を描くときは愛娘と楽器を、影を描くときはあえて枯れ木や荒れた地面を選んだ気がします。そして、そのあまりにも分かりやすいコントラストこそが奥龍之介というアーティストの魅力なのかもしれません。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事