2023.11.29

中古のペルシャ絨毯でも売れる?買取相場や高く売るコツ、査定買取前にやっておきたいこと!

Category

絨毯

Tags

引っ越しやリフォーム、お部屋の模様替えなどで不要になった古い絨毯をお持ちでしょうか?

また、購入時のことを思い出し、高い価格で購入した「中古のペルシャ絨毯」は今どのくらいの価値があるのか気になりませんか?

中古のペルシャ絨毯は、専門の買取業者で査定していただくと、期待以上の高値で買い取ってもらえます。

複雑な文様や独特の重厚感を持つ中古のペルシャ絨毯は、日常使用しながら丁寧に手入れをすれば、その後も何十年も使えます。

また、タペストリーや高級インテリアとしての利用方法もあります。

伝統を受け継ぎながら優れた技巧が施され、美しい意匠を持つ中古のペルシャ絨毯は、人気と実用性を兼ね備えた品物です。

世界中にペルシャ絨毯の需要があることから、買取でも高価査定がつきます。

中古のペルシャ絨毯も、イラン(古ペルシャ)では、丁寧に手織りで生産された品物です。

特に有名産地のペルシャ絨毯ならブランド価値も高く、日本でも高い人気があります。

大切に使っていたペルシャ絨毯も、古くなれば廃棄処分を検討しなければなりません。

中古のペルシャ絨毯でも、しっかりと査定したうえで買取できる業者が数多く存在します。

信頼できる買取業者をピックアップし、鑑定・査定を依頼して、最も高く評価してくれる業者に買取してもらいましょう。

本記事では、大切にしていたけれど、不要になった中古のペルシャ絨毯の買取相場、できる限り高値で売るコツ、お手入れ方法、耐久年数、売却時の注意点などについて、わかりやすく解説しています。

中古のペルシャ絨毯は買い取ってもらいやすい

ペルシャ絨毯といえば、今のイラン(古ペルシャ)で3,000年以上前から作られた伝統ある手織りの高級絨毯です。

高級ペルシャ絨毯は、中古でもそれが本物ならまさに美術工芸品といってもよい貴重な品物です。

また、中古のペルシャ絨毯は、お住まいを彩るタペストリーやお部屋のインテリアなどでも重宝されています。

実用品ではなく、美術品として飾って利用する方法もあります。

中古のペルシャ絨毯でも、実用性と耐久性を兼ね備えています。

クリーニングや補修が可能で、丁寧に取り扱えば、50年以上は使えるでしょう。

アンティークのペルシャ絨毯を専門に取り扱う買取業者も多いため、今お持ちの中古の品物でも50年前や100年前の年代物になれば、数百万円もの価格で取引されることもあります。

日本にも馴染み深いペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯と日本の関わりといえば、安土桃山時代にまで遡ります。

当時、シルクロードや中国を経て日本へと渡ったペルシャ絨毯を手にしたのは豊臣秀吉でした。

豊臣秀吉は、ペルシャ絨毯の美しさにすっかり魅せられ、 きらびやかなオーラを「身にまといたい」と思い、絨毯を裁断させ陣羽織(武士が陣中で着用した胴服)にした、というエピソードが残されています。

また、日本人は直に絨毯の肌触りを感じることを好み、天然染料を使用した自然な色合いの変化を楽しむなど、ペルシャ絨毯は日本の文化にも上手く調和できました。

日本とイランでは、靴を脱いで家の中で過ごす、という同じような生活習慣があったことも、ペルシャ絨毯が日本で普及しやすい要因だったと言えるでしょう。

産地が重要なペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯は、イランで作られた伝統的な手織りによる絨毯です。

1枚1枚手織りで作られており、貴重な品物です。

現在のイランにはペルシャ絨毯の有名な産地・工房が多数存在します。

産地によってペルシャ絨毯の価値が大きく変わりますので、その解説と注意点などをお伝えします。

イスファハン産のペルシャ絨毯

イスファハンは、ペルシャ絨毯の名産地です。

絨毯の絵柄には、王朝の建造物やモスクなどから着想を得たものが多いのが特徴です。

また、織りが繊細で色合いも華やかです。

買取価格は、20〜30万円です。

タブリーズ産のペルシャ絨毯

タブリーズは、ペルシャ絨毯の街です。

トルコ結びを特徴とする非常に繊細な織り具合が人気です。

デザインは、伝統のデザインのほか、マヒ柄、絵画調などと種類が豊富です。

ウールではなく、シルクを使用した絨毯もあり、高価査定がつきます。

買取価格は、約30万円です。

クム産のペルシャ絨毯

古くからのシルクの産地で、クムのペルシャ絨毯はシルク100%です。

「クムシルク」を使用した高級ペルシャ絨毯は、15〜20万円で買取されています。

ペルシャ絨毯の産地の中では歴史が浅く、アンティークが少ないといった特徴があります。

ナイン産のペルシャ絨毯

ナインは、ウール織物の産地として有名です。

ナイン産は、メダリオンや花をモチーフにした文様が多用されています。

買取相場は、30〜45万円で高めです。日本でも人気のある産地のブランドです。シルクを使っていると高額査定がつきます。

カシャーン産のペルシャ絨毯

カシャーンは、ペルシャ絨毯五大産地の一つです。

王朝御用達のペルシャ絨毯を早くから製造していたところです。

デザインは伝統的なものが多く、仕上がりも正統派といったところで、インテリアにもぴったりです。

ウール製が多く、その場合の買取相場は10〜15万円です。

買取後の中古のペルシャ絨毯はどうなる?

リサイクルショップが中古のペルシャ絨毯を買い取った場合は、店頭にて販売する場合やネットオークションで出品することがほとんどです。

しかし、ペルシャ絨毯のことをよく知らない業者の場合は、他の産地の絨毯と一緒にして販売されていることも多く、安値で販売されてしまうことがあります。

ペルシャ絨毯専門の買取業者では、クリーニングや染み抜きをしっかりと施し、さらにはフリンジやエッジなども再生させることによって、新品同様の状態に戻して販売することが可能です。

中古のペルシャ絨毯を購入する場合は、かなりの目利きの腕が必要です。

アンティークやオールドを探していても、実際に現物を見ないで購入するのは危険です。

また、100年以上経過したペルシャ絨毯でも全ての品物がアンティークとして高価買取されているわけではありません。

古いといった要素以上に美術的・工芸的な価値を有し、コレクションとしての価値を持つアンティークやオールドでなければ高価査定にはならないでしょう。

高値がつく中古のペルシャ絨毯

中古のペルシャ絨毯を査定する際に、高値がつく重要なポイントについてお伝えします。

高値査定を狙うなら、次のポイントについてしっかりと押さえておきましょう。

ブランド価値の高い「五大産地」の中古のペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯の「五大産地」を知っておきましょう。

  • イスファハン
  • カシャーン
  • タブリーズ
  • クム
  • ナイン

「五大産地」以外のペルシャ絨毯は「ローカル」です。

ローカルの中古のペルシャ絨毯も、高品質で状態が良好なら、高額買取が期待できます。

アンティークの中古ペルシャ絨毯

天然染料が使用されており、長い年月を経て色合いにも磨きがかかるため、高価査定がつきます。

100年以上経過した中古のペルシャ絨毯は、「アンティーク」です。

アンティークは、希少性も高く、高値で取引されています。

50年以上100年未満の中古のペルシャ絨毯は「オールド」です。

目が細かいほど高級品

織り目の細かさは「ノット」で表現します。

ノット数が多いほど、織りが細かくなり高級品として評価されます。

ペルシャ絨毯購入時の鑑定書や証明書の存在

中古のペルシャ絨毯であっても、購入時の信頼できる鑑定書や証明書があれば、査定額がアップします。

中古のペルシャ絨毯を買取できる業者

中古のペルシャ絨毯を買取する業者は、探せばたくさんあることに気づきます。

初めて中古ペルシャ絨毯の買取を希望されるなら、多数の買取実績のある優良業者を選んでください。

その際、出張料や査定料、キャンセル料のない中古のペルシャ絨毯買取業者を選ぶことが基本です。

中古のペルシャ絨毯は、骨董品、高級家具などの専門店でも取り扱っていることがあります。

買取実績が豊富

業者のサイトを見て、中古のペルシャ絨毯の買取実績数や事例を探してみましょう。

産地別の買取事例が公開されていると信頼できます。

無料査定や出張買取に対応しているかどうか?

無料査定のみならず、出張料や査定料、キャンセル料も全て無料の買取業者がベストです。買取方法は、店舗・出張・宅配など、複数から選べるほうが利用しやすいでしょう。

また、LINEや公式サイトなどで写真を送って簡易査定が受けられるところもあります。

複数業者への査定を前提に相見積もりを行ってください。

中古ペルシャ絨毯の買取時の注意点

中古のペルシャ絨毯は、普段のお手入れの差が査定時に影響します。

この章では、一般的なペルシャ絨毯のお手入れ方法について解説します。

湿気に注意!

どのような絨毯であっても湿気を嫌います。

普段のお手入れ方法は、晴天時に2〜3時間ほど「裏干し」することです。

直射日光にさらすと、退色や黄変を起こしてしまうため、干し方には十分にご注意ください。

ゆっくりと日焼けさせれば、天然染料が醸し出す生地本来の味わいを楽しめます。

査定前に汚れやホコリを落としきれいに掃除すること

ペルシャ絨毯では、毛足が長く密度の濃いパイルを使用しています。

汚れても掃除機を使って汚れを除去できますので安心してください。

また、固く絞った濡れ雑巾で拭き取ると、簡単に汚れ除去ができます。

色が濃い汚れは、こすらずに吸い取るようにし、傷まないようにご注意ください。

汚れやシミ、虫食いに注意!

中古のペルシャ絨毯の買取専門店では、品物の査定時に、シミ、汚れ、破れ、臭い、へこみ、日焼け、虫食い、などをチェックしています。

汚れやシミなどが多いと、評価が下がってしまいますので、定期的に防虫加工(2〜3年毎)やクリーニング(5年毎)が必要です。

クリーニング代(補修や防虫加工を含む)の相場は、1平米あたり7千円〜3万円前後です。

修理代は、5〜10万円前後かかります。

修理内容は、房・エッジの交換や修理、タペストリーへの加工、虫食い穴やタバコ穴修理、パイル修理、シミ取り、色落ち・色流れ修理などがあります。

まとめ

本記事では、

中古のペルシャ絨毯でも売れる?買取相場や高く売るコツ、査定買取前にやっておきたいこと!と題して詳しく取り上げて解説いたしました。

お部屋の模様替えや引っ越し、廃棄したい、新しいものに入れ替えたいといった諸々の理由で、今現在お持ちの大切なペルシャ絨毯の査定・買取を検討している方は、この記事をご参考にしていただけますと幸いです。

また、今お持ちのペルシャ絨毯の査定・買取を検討している場合は、ぜひ弊社にもお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事