2023.11.29

中古のペルシャ絨毯の買取相場や高く売るコツ、査定してもらえる業者の選び方!

Category

絨毯

Tags

引っ越しやリフォーム、お部屋の模様替えなどで古くなった絨毯は、古いものでしょうか?当時高い値段を出して購入した高級品でしょうか?

もし「ペルシャ絨毯」なら、中古でもかなりの確率で高値査定・買取が期待できます!

中古のペルシャ絨毯は、専門業者での査定を依頼すると、思わぬ高値で売却できます!

王朝を彷彿とさせる優雅な文様、独特の重厚感を持つペルシャ絨毯は、日常使用でも十分にその役割を果たしますが、丁寧に手入れをしながら、何十年も使用すれば、立派なアンティークへと変わっていきます。

美術工芸品としてのペルシャ絨毯は、タペストリーや高級インテリアとしての利用価値もあり、高値で評価されるため、昔から根強い需要があります。

伝統を受け継ぎながら優れた技巧が施され、美しい意匠をあしらったペルシャ絨毯は、多くの方を魅了する貴重な品物です。

もちろん、ペルシャ絨毯は世界中の人に愛され、古くなればなるほど、買取でも高価査定がつきます。

ペルシャ絨毯は、イランで丁寧に手織りで生産されている美術工芸品です。

特に有名産地のペルシャ絨毯は価値が極めて高く、日本での認知度も抜群です。

大切に使用していたペルシャ絨毯が古くなったとしても廃棄処分せずに、きちんと査定したうえで適正な評価で買取をする業者に引き取ってもらうべきです。

本記事では、大切に取り扱っていた中古のペルシャ絨毯の買取相場、高値で売るコツ、お手入れ方法、耐久年数、売却時の注意点、良い買取業者の選び方などについて、初めての方にもわかりやすく解説しています。

本物の中古のペルシャ絨毯なら間違いなく高価査定

ペルシャ絨毯は、今のイランで3,000年以上前から同じ技法によって制作されている手織りの高級絨毯です。

高級ペルシャ絨毯は、美術工芸品と同等の価値を有し、お住まいを彩るタペストリーなどのインテリア、または美術品として飾ったほうがいいのではないかと思えるほどの美しさがあります。

また、本物のペルシャ絨毯は、年間生産枚数が非常に少なく、入手困難な状態にあります。

小型サイズになるとますます品薄状態です。

中国製の偽物が出回っていることが多いため、ペルシャ絨毯の有名な産地を中心に選ぶと安心です。(クム、タブリーズ、イスファハン、カシャーン、ナインなど)

中古といえば、アンティークのペルシャ絨毯を専門に取り扱う買取業者もたくさんあります。

100年以上前に作られた年代物はアンティークに分類され、数百万円もの高価格で取引されることもしばしばあります。

人気のあるペルシャ絨毯とは?

この章では、査定でも高評価となる人気の高いペルシャ絨毯の特徴についてまとめました。

ペルシャ絨毯の美しさの基準

ペルシャ絨毯の良し悪しを判断する美しさの基準についても知っておきましょう。

  • 色の深さ
  • 素材の良さ
  • 産地ごとに異なるデザイン
  • 制作年数
  • 打ち込み密度

また、他にも未使用品、美品、流行の柄、寸法、まとめて売却するなど、各種条件が揃えば、高額査定につながりやすくなっています。

ペルシャ絨毯の柄や形状

誰が見てもペルシャ絨毯だという柄や形状についても確認しておきましょう。

やはりペルシャ絨毯としての人気の高いデザインになれば、買取査定でも高い評価が与えられています。

円形や楕円形のペルシャ絨毯は生産量が限定されており、希少性も高いことから高価買取しやすくなっています。

よく見かけるデザインとしては、長方形や正方形が多くなっています。

  • 中心部に円形模様のメダリオン
  • メダリオンと四隅の模様
  • メダリオンのない総柄
  • 幾何学模様
  • モスクをイメージした模様
  • 絵画や景色モチーフにした模様

高額査定を狙うなら制作後50年以上のペルシャ絨毯

制作後50年以上経過した高級品については「オールド」、100年以上経った品物は「アンティーク」として認識され、高価買取対象のペルシャ絨毯となります。

アンティークのペルシャ絨毯は、特に高い人気があり、高級品ばかりです。

高級品は、原則として天然染料を使用しています。天然染料を使用すると、高い品質を保持でき、大変長持ちするからです。

一般の比較的安価な普及品は、化学染料を使用しています。

また、シルクウールの中級品の中には、一部、化学染料を使用した品物もあります。

手触りの良さが決め手!

高級ペルシャ絨毯は、手織りで制作されているため、本物の手触りの良さを感じることができます。

特にペルシャ絨毯の五大産地で作られた品物は、偽物や安物とは全く異なる手触りの良さを感じることができるでしょう。

ペルシャ絨毯の価値に大きな影響を与える「産地」

ペルシャ絨毯は、イランで作られた伝統技法を駆使した手織りによる高級な絨毯です。

そして、高い査定がつくのが、ペルシャ絨毯の有名な産地・工房で作られたかどうかです。

つまり、産地がペルシャ絨毯の価値を決める重要なポイントになっています。

イスファハン産のペルシャ絨毯

イスファハンは、ペルシャ絨毯の名産地で、高く評価されています。

絨毯の絵柄には、王朝の建造物やモスクなどから着想を得たものが多いのが特徴です。

また、デザインも良く、色合いも華やかです。

コルクウールが素材として高く評価されます。

買取価格は、20〜30万円です。

タブリーズ産のペルシャ絨毯

タブリーズもペルシャ絨毯の街で「トルコ結び」の繊細な織りが高く評価されています。

伝統のデザインのほか、マヒ柄、絵画調などと種類が豊富です。

シルクを使用した絨毯は、高価査定です。

買取価格は、30〜35万円です。

クム産のペルシャ絨毯

古くからのシルクの産地で、クムのペルシャ絨毯はシルク100%の「クムシルク」が使われています。

クム産の高級ペルシャ絨毯は、15〜20万円で買取されています。

ペルシャ絨毯の産地の中では歴史が浅いため、高級品でも買取価格が低めです。

ナイン産のペルシャ絨毯

ナインは、ウール織物の産地です。

ナイン産のペルシャ絨毯は、メダリオンや花などをモチーフにした文様が多く人気があります。

買取相場は、30〜45万円で高めです。

日本でも人気のあるブランドで、シルク製なら高額査定です。

カシャーン産のペルシャ絨毯

カシャーンは、ペルシャ絨毯五大産地の一つです。

歴史が古く、17世紀頃から王朝御用達のペルシャ絨毯を製造していました。

そのため、伝統的なデザインを採用しています。

ウール製が主流で、買取相場は10〜15万円です。

査定で高値がつきやすい中古のペルシャ絨毯とは?

中古のペルシャ絨毯を査定するなら、高値がつく重要ポイントを知っておきましょう。

ブランド価値の高い「五大産地」の中古のペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯を売買するなら「五大産地」を知っておくことは基本中の基本です。

買取相場については、前項でご説明しましたのでもう一度ご確認ください。

  • イスファハン
  • カシャーン
  • タブリーズ
  • クム
  • ナイン

これらの「五大産地」以外のペルシャ絨毯を「ローカル」と呼びます。

ローカルの中古のペルシャ絨毯であっても、高品質で良好な状態なら、高額買取されていますのでご安心ください。

アンティークの中古ペルシャ絨毯

独自の天然染料が使用されている高級品はかなり長持ちし、長い年月を経て素材の色合いにも磨きがかかるため、高価査定です。

制作後、100年以上経過した中古のペルシャ絨毯は、「アンティーク」として取り扱われます。

アンティークの絨毯は、希少性も高く、状態がきれいなら高値で取引されます。

そして、制作後、50年以上100年未満の中古のペルシャ絨毯は「オールド」と呼びます。

耐用年数

通常の絨毯の耐用年数は、5〜10年と大変短いものですが、ペルシャ絨毯は、80〜100年は使えます。

耐久性の高い素材で細かく織られていることから、頑丈で酷使しても80年以上の使用にも十分に耐えることができます。

羊毛を手で紡ぎ、草木で染めた糸を1年以上かけて手織りしています。

目が細かいほど高級品として査定

絨毯の織り目の細かさは「ノット」で表されています。

ノット数が多いほど、織りが細かくなるため、高級品として査定されます。

ペルシャ絨毯購入時の鑑定書や証明書の存在

中古のペルシャ絨毯は、購入時についていた信頼できる鑑定書や証明書と一緒に査定依頼を行いましょう。

鑑定書や証明書があると、確実に査定額がアップするからです。

中古のペルシャ絨毯を買取できる業者

中古のペルシャ絨毯を買取する業者は思った以上に多く、お近くのリサイクルショップ、骨董品店、高級家具店などでも査定・買取してもらえるでしょう。

しかし、初めて中古ペルシャ絨毯の買取を希望される場合、買取実績が豊富でよく知られている優良業者をおすすめします。

その際、出張料や査定料、キャンセル料のない中古のペルシャ絨毯買取業者を選びましょう。

買取実績が豊富

初めての場合は、業者の公式サイトを開いて確認してください。

これまでの中古のペルシャ絨毯の買取実績数や事例が公開されていますので、しっかりと比較検討してください。

より具体的な事例で、なおかつ、産地別の買取事例があるとわかりやすい親切な業者です。

無料査定や出張買取などに幅広く対応可能!

無料査定のみならず、出張料や査定料、キャンセル料などの各種手数料が全て無料の買取業者が良心的な業者です。

買取方法は、店舗・出張・宅配などがありますので、複数の方法から選べると安心です。

また、LINEや公式サイトなどで写真を送るだけの簡易査定も活用してください。

古いペルシャ絨毯の普段のお手入れ方法について

古いペルシャ絨毯は、普段のお手入れが重要です。

この章では、一般的なペルシャ絨毯のお手入れの注意点などについて解説しています。

日光に注意すること

絨毯は、長時間、直射日光に当てると、絨毯が変色しやすいといった特徴があります。

普段の利用も、日光が当たらず、風通しの良い部屋で利用してください。

レースのカーテンを閉め、室内を直射日光の影響から守ることも重要です。

湿気の多い場所での使用はNG

絨毯は、湿気を嫌うのが普通です。

特に天然で高級品であるペルシャ絨毯の普段のお手入れでは、晴天時に2〜3時間ほど「裏干し」させるようにしましょう。

ゆっくりと日焼けさせるような干し方をすると、天然染料が醸し出す生地本来が持つ自然の味わいを楽しめます。

査定前に汚れやホコリを落としきれいにすること

ペルシャ絨毯では、毛足が長く密度の濃いパイルを使っています。

汚れても掃除機を使って、簡単に汚れを除去できます。

また、固く絞った濡れ雑巾で優しく拭き取ると、汚れが除去できます。

シルクは繊細なので、丁寧に取り扱ってください。

濃い色の汚れ、飲み物をこぼした時の汚れは、こすらずに軽く叩いて水分を吸い取るようにして早めに対処してください。

汚れやシミ、虫食いを事前に予防すること

中古のペルシャ絨毯の買取専門店では、品物の査定時に、シミ、汚れ、破れ、臭い、へこみ、日焼け、虫食い、などを必ず確認します。

汚れやシミなどが多いと、評価が下がります。

そのため、専門店に定期的に防虫加工やクリーニング(5年毎)を依頼しましょう。

クリーニング代(補修や防虫加工を含む)の相場は、1平米あたり7千円〜3万円前後です。

ただし、修理をする場合は、一回5〜10万円前後の費用は覚悟しておきましょう。

修理内容は、房・エッジの交換と修理、タペストリへの加工、虫食い穴やタバコ穴の修理、パイル修理、シミ取り、色落ち・色流れ修理などです。

まとめ

本記事では、中古のペルシャ絨毯の買取相場、高く売るコツ、高値で査定してもらえる業者の選び方!と題してできる限りわかりやすく解説しました。

お部屋の模様替えや引っ越しで誰かに譲りたい、汚れがひどくて廃棄したい、新しい絨毯に入れ替えたいといった諸々の事情で、今現在お持ちの中古の高級ペルシャ絨毯の査定・買取を検討している方は、この記事をご参考にしていただけますと幸いです。

また、今現在、古いペルシャ絨毯の査定・買取を検討している場合は、ぜひ弊社にもお問合せください。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事